国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<マティス国防長官解任は米軍の士気低下に繋がる怖れ、

2018/12/25

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月25日(火曜日)
          通巻第5928号 <年末特大号>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マティス国防長官解任は米軍の士気低下に繋がる怖れ、
 トランプ、「シリア撤退」は最初の蹉跌に直結、共和党が動揺
****************************************

 トランプ政権がぐらりと揺らいだ。
 ウォール街株価大下落はトランプはFRB議長解任発言から始まった。
ムニューチン財務長官は銀行幹部らと会見したが、説得に失敗。マルバニー首席補佐官代行の士気能力に疑問符がうたれた。
「トランプ党」に窯変していた共和党内が亀裂、反トランプ陣営がシリア問題で結束し始める。

 シリア撤退はマティス国防長官にとって寝耳に水の出来事だった。
抗議を籠めて辞任を言えば、トランプ大統領は二ヶ月前倒しで、しかも「解任」で報復するという、なんだか大人げない。ホワイトハウス内部の結束が乱れている現れだろう。

 シリアからの米軍撤退は唐突でありすぎたため、地域の軍事バランスを崩す。
だからロシアとトルコは歓迎、クルドは「米国の裏切り」と捉えた。クルド梃子入れを半信半疑で応じてきたクルドの二大勢力も、内ゲバより、ISとの戦闘が優先した時代には油田地域も抑えていた。イラクが奪回し、クルドの収入源は立たれたが、それでも堪えてきたのは米軍の駐屯と武器供与が継続されたからだった。
 いま米軍が撤退すればクルドは危機に陥る。

 民族自決が国際政治の根幹にあるとすれば、トルコ、イラク、イラン、そしてシリアとの戦闘継続で、自治区を維持し、いずれの日かの独立を夢見得てきたクルドにとって、この米軍撤退はまさに裏切り行為に思えるだろう。
 新彊ウィグル自治区で繰り返された悲劇、チベット独立への悲願、すべてはクルド族の独立国家への夢に繋がっていた。
 
 トランプ政権前途に暗雲が立ちこめた。新聞コラムに曰く。「ペンス副大統領よ、準備は出来ているか」。
    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 「全ての人間の生命を燃焼し尽くすために」、この対談は行われた
「いい死に方を得るためには、どのような生き方をしたらいいのか」

  ♪
執行草舟 v 横田南嶺『風の彼方へ  ――禅と武士道の生き方』(PHP研究所)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 禅の老師・横田南嶺(臨済宗円覚寺派管長)の印象を「悲風千里より来たる」と執行氏が譬喩する(執行氏に関しては小誌で殆どの著作を書評してきた)。
 この禅匠を相手に執行氏は「武士道の根源的精神をぶつけて」、哲学を語り合ってみようというのが、本書の編まれた理由だった。
 「全ての人間の生命を燃焼し尽くすために話合われた」のだが、それは「いい死に方を得るためには、どのような生き方をしたらいいのかということに(対談目的は)尽きよう」と執行は言う。
 したがって冒頭から思想・哲学・芸術、そして宗教、武士道が語られ、仏光国師、般若心経、白隠和尚、聖ペテロ、山岡鉄舟、山本玄峰、三島由紀夫、フェノロサ、北条時宗、パール博士、特攻隊など話題は豊饒、多彩、会話は弾むようでいて、思想の本源を語るわけだから各フレーズは長くなる。
 近代史の解釈では、大東亜戦争、特攻隊への解釈に近代的合理主義による裁断めいた記述もあるが、それぞれが独自の思想信条をもっていることであり、また福沢諭吉への低い評価も気になる読者が多くいるかも知れない。
 それよりも、評者(宮崎)としては本書を通じた次の二箇所がとくに心象深かった。

 横田「小学生のころから、死の問題を解決するのは座禅しかないと思って、今日までやって来ました。でも、周りを見ると、死を考えることを隠そうとしている。それが大変な問題だと思います」
 執行 「進化論の誤用によって、無条件の長生きがすばらしい価値になってしまった。しかし、とにかく生きろ生きろというのは、すべての人を不幸に陥れる考え方だと思っています。そして死そのものを悪徳にしてしまった」(中略)「長生きしたいと思うこと自体が不幸な人生だと気づいていない。たとえば、本当の愛を知れば人間はその愛の中で、いまここで死んでも悔いはないのです」(286p−287p)

 横田 「死を見るから、生が輝くという執行先生のお言葉は同感です。死を思わないから生が輝いてこない。玄峰老師が亡くなるときのお言葉が、『旅に出る』です。『旅に出る、着物を用意してくれ』と」
 執行 「人生を一言で表す本質的な言葉だと思います。僕が知る限り、いい人生を送った人は、みんな死が本体だと思っています。たとえば松尾芭蕉もそうです。体当たりの野垂れ死にを覚悟して生き切りました。死ぬ前に読んだ『旅に病んで 夢は枯野を 駆けまわる』は有名です。僕はそこに死への覚悟というものを感じます」(208p)
 こういう本を読むと読書の至福を感じるものでもある。

          ○○■□○☆○□■○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ●○●○● ●○●○● ●○●○● ●○●○● ●○●○● ●○●○● 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
 著者に聞く/宮崎正弘先生インタビュー
『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版)をめぐって
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
                (『月刊日本』、正月号からの転載です)

■ニーチェの思想は朗らかである

――宮崎さんがニーチェを書くとは意外な気がします。どうしてニーチェを書いたのですか?

宮崎 ニーチェは日本で最も有名な哲学者だけど、日本で最も誤解されている哲学者でもある。そこで、自分なりにニーチェの思想と格闘しながら、その誤解を解いてやろうと思い立ったのですよ。
 ニーチェが日本で誤解される理由はいくつかあって、まず翻訳の問題がある。そもそもニーチェの語彙や文章は多義的且つ多彩です。いかようにも解釈できる。ニーチェはわざと多義的な文章を書いて読者を悩ませて、自分の思想を読者自身に咀嚼させようとしたのでしょうね。読者に自分自身を咀嚼させるというか。だから、ニーチェの翻訳は翻訳者自身の解釈が色濃く反映されることになります。いくつかの日本語訳を読み比べたんだけど、各々が全然違う。
 次にキリスト教の問題がある。
ニーチェは「神は死んだ」と言いましたが、この言葉はニーチェ個人から突発的に出てきたものではなく、宗教改革以来の教会批判の延長線上で出てきたものです。それで「神が死んだ」というのは、アリストテレス以来の「形而上学が死んだ」ということで、神と形而上学の死亡宣告によって、ニーチェはギリシャ哲学以来の思想を全てひっくり返した。ところが日本人はキリスト教的な「ゴッド」の概念も、ギリシャ哲学以来の「形而上学」の概念も持ち合わせていなかった。「ゴッドは死んだ」と言われても、当時の日本人には意味不明だった。
 その結果、日本ではニーチェ主義がいわゆる「ニヒリズム」と誤解されて、虚無主義や厭世主義、悲観主義と混同されてきた。ニーチェには暗いイメージがつきまとっている。
 それは間違いです。ニーチェは「強く生きろ」と断言した哲学者です。ニーチェの思想は快活で朗らかなのです。だからニーチェは「青空の下で読む」べきです。ニーチェは真夜中の暗い書斎なんかで読むものじゃない、陽だまりの公園で芝生に寝っ転がりながら読むものじゃないかということです。

■なぜ日本人はニーチェが好きなのか

――ニーチェの思想は多義的で、しかもキリスト教の歴史的文脈から出てきたものだから、日本人にはよく理解できないで誤解が広まっている。それなのに、どうしてニーチェはこんなに人気があるんでしょうか?

宮崎 ニーチェは日本人の感覚にしっくり来るのです。ニーチェの死生観は日本人の感覚にもピッタリです。というのはニーチェはギリシャ哲学以来の西洋思想をひっくり返したでしょう。そして、ギリシャ哲学以前の東洋思想に回帰してくる。
 『ツァラトゥストラかく語りき』はニーチェの代表作ですが、「ツァラトゥストラ」とは「ゾロアスター」のドイツ読みです。ゾロアスター教は拝火教とも言われる古代ペルシャの宗教で、ユダヤ・キリスト教の原型になった。
 ニーチェは仏教も評価していました。
ニーチェは「永劫回帰」という思想を打ち出しましたけど、これは仏教の「輪廻転生」と似ています。輪廻転生は日本人の感覚に浸みこんでいて、鎌倉武士以来、日本の武士は「今はこれまで」と言って死んでいく。「今は」これまでとは、「今生はこれまでだ」という意味ですから、また生まれ変わることが前提になっているわけで「七生まで同じ人間に生まれて、朝敵を滅ぼさばや」と誓って刺し違えて自刃した楠正成・正季兄弟もそうです。それに対して、「今や」これまで」は「もうこれまで」という意味で、一回きりの人生がここで終わる、次はないということで中国人的です。
 ニーチェ思想には、仏教をはじめとする東洋思想の影響がある。だから、日本人の感覚に合う。

■ニーチェ、三島由紀夫、西部邁

――本書はニーチェを縦糸としていますが、福田恆存、三島由紀夫、井尻千男、西部邁などニーチェを論じた保守思想家たちが横糸として登場します。

宮崎 「他の人はニーチェをどう論じているんだろう」と思って色々読んだのですが、予想以上に多くのニーチェ論にぶち当たった。なかでも、特に印象に残っているのは西部さんです。非常にニーチェ的な人だったと思います。
 西部さんは20年前からずっと自死について書き、自然死は病院死に他ならぬ、俺はただ生存することに意味を見出さない、使命が終わったと自覚したら自分の始末は自分でつけると公言していました。私は「ああ、この人自殺するな」と感じていました。そして、西部さんは自殺しました。西部さんは弱く死んだのか。そうじゃない。西部さんは強く死んだのだ。僕はそう思います。
 実は西部さんの自死は、三島由紀夫の自死と似ていないようで似ているんです。三島さんは「今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる」と言って切腹しましたが、この叫びは西部さんの死にも響いていると思います。二人とも、自殺とは悲観や絶望から生まれるだけのものではないということを示したわけです。戦後日本に対する完全なアンチテーゼですよね。

――宮崎さんは自殺について考えますか?

宮崎 わたしは非常に楽天的ですから。悩みがないわけじゃないけど、悩んだところでしょうがないでしょう。だから悩まない。悩んだら暗くなって深みに落ちていく。そこからペシミズムが生まれてくるわけでしょう。だからニーチェは、人々は解決できないことを悩んでいるが、これは愚かであると真正面から叱りつけて、「強く生きろ」と断言したわけです。悩んでいる人は青空の下でニーチェを読むといいですよ。

――宮崎さんは『青空の下で』ニーチェを読んでいたのですか。

宮崎 いや、それはレトリックだから(笑)。まぁ若いころには海岸に寝そべって本を読んだりしたけど、全然頭に入りませんでしたよ。
         ●○●○●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1832回】          
――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(5)
  諸橋徹次『遊支雜筆』(目?書店 昭和13年)

          △
 洛陽駅で「少し高いとは思ひながら」も5銭で新聞を買って読んでみた。「どうやら前に見たことの或る記事だらけ」。そこで日付をみると「四、五日前の古新聞」。しかも値段は「一枚二錢と明記せられてゐる」とは・・・嗚呼、ナサケナイ。

  北京の古跡でのこと。案内すると着いてきた守衛が「樓上の影暗いところに參りますと、入場の際にはお錢はいりませぬと斷つた」にもかかわらず、「笑顔を作つてそつと手を出します」。そこで「此は常の事だから思つて、財布つ中から四五錢出して渡さう」とした。その瞬間、別の仲間がやつて来た。すると、先に付いてきた守衛が間髪を入れずに「聲も高々と『お錢は入りません、お錢は入りません』と」。そこで諸橋は「よくも恥しくもなく言ひたものだとつくづく氣の毒に感じました」と。普通なら腹を立てるだろうが、「氣の毒に感じ」るところが諸橋流というのか。

  どこでも街の道幅は狭い。初めから狭いのかというと、そうではない。道の一方の側が「一寸誤魔化す」。すると、もう一方の側も「一寸誤魔化す」。これを繰り返すうちに「人が皆やればやらぬ者が損だといふので、とうとう仕舞ひには正直な人さへ」誤魔化す。かくして道幅は狭くなる一方だ。そこで道路は「成る程新しい町より舊い町の方がせまいやうに感じる」。

  「?僞」の次は「自衞」である。
 「支那の人の自分を守るに嚴重なことは可笑しいほどであります」。周囲は厚い煉瓦壁で、窓は極端に少なく、入口のカギを占めれば完全密閉。外からも入れないという家の構造は、「いづれ防禦を目的として作つたものに相違ありません。窓の小さいのも同じく外敵を防止する一つの方法でありませう」。地震や台風の被害を考えた日本の家屋と違い、やはり「支那の家屋は火事と盗賊を防ぐ爲に出來てゐる」。「町や村は家の大なるものであ」って、周囲を高い城壁で囲み、「東西南北の城門は出入りの人を嚴視して居」る。「城といふ同じ言葉でも支那は日本とは意味が違ひ」、都市全体を意味する。こういった家、村、町、都市、大都市に共通する外敵の侵入を防ぐための構造を「擴大して國家全體を一つの守禦下に置かうとしたのが秦の始皇帝でありま」す。

  家の壁を厚くするのは、「是も一つの自衞の一方でありました、田舎にまゐりますと今でも壁を破つてお錢を出す家があるさうであります」。そういえば1970年代半ばのカンボジアで森の中から出現した共産勢力のクメール・ルージュがプノンペンなどの都市を制圧すると、先ず華人商店などの壁を破壊した。こういった行為を、当時の我がメディアは「都市を知らず都市生活を憎み、都市の破壊を目指す共産勢力の蛮行。無知がさせるアホな行為」などと揶揄の口調を込めて批判していたが、じつは彼らは野蛮でも無知でもない。華人商店の壁が財産の隠し場所であることを十二分に承知していたのだ。無知はどっちだ。

  「地圖を土匪にでも見附けられ」て襲撃でもされたら大変だから、まともな地図がない。「今でもなほ田舎の旅館には夜具も布團も貸しませんが、もとはといへば旅客に持ち逃げされるのを恐れての事だと申します」。上海が発展しているのは、生命財産を自己防衛できないことを悟った連中が「外國の力の下に其の庇護を受け入れようとすることから來た結果に外ならない」。

 要するに「支那の國民は(中略)極端な自衞家であり、また可なりの?僞家であります」。「面從腹背はいふまでもなく?僞」であり「形を異にして質を同じうした自衞であり」、これこそ「破れたる國の中に生存する國民の積極消極二面の工夫」である。
彼らの個人主義は「自衞を主とした主張」であり、形式主義は「?僞を餘儀なくした方法」となる。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)12月21日の韓国軍による自衛隊機へのレーザー照射は誤射ではなく意図的なものであることはほぼ確実です。しかも、反日将兵の独断ではなくおそらく軍首脳さらに政権中枢の了解あるいは指令があったのでしょう。
 最近、韓国軍幹部が文政権の言いなりに動く親北のものに入れ替えられていることは、たまに小さく日本のマスコミも報道しています。しかし、実際には驚くべきことが行われているそうです。
検察が出鱈目な調書を作って良心的な韓国軍幹部にいうことを聴かなければこの調書で起訴すると脅迫しているそうです。最近小さく背景説明もなく日本のマスコミで報道された韓国軍少将の自殺もこれが原因とのことです。私ですら知っていることですから、当然日本や米国の諜報機関さらには政権中枢は知っているはずです。
こんなことをされても公に抗議することもクーデターを起こすこともできないのが韓国軍の現状のようです。韓国の今後の動きはこの状況を認識した上でかたるべきでしょう。
私は、来年第一四半期に米軍が北朝鮮に対して先制攻撃を行う確率がかなり高いと推測しています。
理由は二つあります。
先ず、最近北朝鮮が米国政府にとって容認できない重大な6月の首脳会談の裏約束を破ることを行っています。ひとつは米国へ届くミサイルの開発を再開したことです。もうひとつは、米国に敵対する勢力への武器輸出を大幅に拡大し、しかも以前とは異なり高度な武器まで輸出し始めていることです。
もう一つの理由は、米国軍が先制攻撃した場合、北朝鮮軍は38度線を越えて侵攻し、100万人以上の民間人が死ぬと言われてきましたが、おそらく実行できないであろうという見方に変わってきているらしいということです。
つまり、開戦30分で北朝鮮の全戦闘能力を破壊するような絨毯爆撃を行う必要はなく、攻撃目標に数発ミサイルを撃ち込むことが可能です。それをおこなえば金政権は大幅に譲歩するであろうと私は見ています。おそらく米国政府も同じ見方をしていると思います。
来年はいろいろな変化があっても良い歳となるよう祈念いたします。
   (當田晋也)



  ♪
(読者の声2)なんという美しく神々しい天皇陛下 天皇陛下万歳
 何度お聞きしても涙がこぼれでる美智子皇后への天皇陛下の美しい愛の表現 涙無くしていられない僕のセンチメンタリズムだ!ああ<旅>という表現がピカイチだ。
庶民にとっても夫婦愛とはこれなのだ!これこそ日本人の魂の健全な表現形態だ 嗚呼痺れる 涙が出てくる最高の本日の記者会見だった
・・・・・・・・・・・・・・
明年4月に結婚60年を迎えます。
 結婚以来皇后は、常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてきてくれました。また、昭和天皇を始め私とつながる人々を大切にし、愛情深く3人の子供を育てました。振り返れば、私は成年皇族として人生の旅を歩み始めて程なく、現在の皇后と出会い、深い信頼の下、同伴を求め、爾来この伴侶と共に、これまでの旅を続けてきました。
 天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います。
 そして、来年春に私は譲位し、新しい時代が始まります。多くの関係者がこのための準備に当たってくれていることに感謝しています。新しい時代において、天皇となる皇太子とそれを支える秋篠宮は共に多くの経験を積み重ねてきており、皇室の伝統を引き継ぎながら、日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います。
 美しい天皇陛下のお言葉全文
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181223/k10011757541000.html
    (奥山篤信)



  ♪
(読者の声3)私がどんなに努力しても、歌手やプロスポーツ選手にはなれるわけがない。だから、彼らがどのような高収入を得ようと、しょせんは別世界の話と思わざるを得ない。また彼らの成果は基本的に「個人」としての能力、努力によって勝ち取られたものである。
原則として、その陰で泣いているような「犠牲者」は存在しない。しかし、ゴーンの「手腕」なり「成功」なるものは、要はしがらみもない外人だから思い切ってやれた、という側面が大きい。
私にも絶対に「不可能」というような、「質的」に及ばないような「能力」ではないだろう。
そして、彼の「剛腕」の陰では、それを支えた多くの方々の協力と助力、リストラにあった多くの人々の犠牲と涙がある。
そもそも、(特に、ニッサンのような製造業の場合、)創業者やオーナーでもない人物の「個人」としての「能力」が、一般管理職、従業員に比べて数桁も違うほどの高収入に値するものとは思えない。
私のような者が一流プロ野球選手になることは「不可能」であろうが、監督になることなら、「意志」と「努力」によれば、絶対に不能ではないだろう。たとえプレイヤーとしての能力が劣っていても、PCを使ったデータ処理、確率理論の活用によって、相当に成果を出せる可能性がある。しかしいかに優秀な監督であっても、弱小選手ばかりでは、「手腕」を発揮しようがないのではないか。
かつて、長嶋「監督」の指揮下で巨人が成績低迷したとき、長嶋「監督」にとっての悲劇は、長嶋「選手」を使えないことだといった意見があったと思う。たしかに、チーム成績が監督の手腕に依存する程度は相当に大きいだろう。しかしながら野球の世界で、監督の報酬が主力選手のそれをはるかに上回るというようなことはないのではないか。また、相撲の世界でも、現役続行にこだわるケースが見られることがあるのは、たとえ親方になっても、収入が現役時に比べて相当に減少するからであろう。
仮にゴーンの手法、実績が、余人には真似のできない独創的で卓抜したものであったとしても、それに対する超高額報償が10年以上もの期間、継続して与えられるべきであったのだろうか。
平時に要求される能力とは、緊急時(戦時)に発揮されるものとはかなり異質であるのではないか。
 一連の報道を通じて感じるのは、ゴーンの品性下劣さ(それは、刑事上の処罰程度とは関係ない)とともに、ニッサン日本人経営陣の不甲斐なさである。
   (CAM)
        □◎□○ど△◎□◇く○◎○□し□◎□○や○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    
♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
 ■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

        ▲
(新刊予告 1月10日頃発売)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版。予価1500円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――メディアが決して報じない中国の世界戦略の裏側、世界は逃げ出しているのに、日本はなぜ、実態を見抜けないのか? 
――「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?
    (「中国は世界の工場、世界の市場、そして世界のゴミ箱へ」)
*******
(目次)
序 章 中国の世界支配という野望
         (次は金融戦争、そして通貨戦争へ)
第一章並外れた風呂敷を拡げる得意芸
第二章 アメリカの中国排斥は21世紀の「マニフェスト・ディスティニィ」
第三章 マハティール・ショック以後、アジアに燃え拡がる反中感情
第四章 欧州、中東でも中国期待はが夢幻に
第五章 アフリカも夢破れてシルクロードは廃墟
第六章 中国国内で矛盾が大爆発
第七章 日本はいかに対応するのか
終 章 かくて「一帯一路」は末路 (地図、写真多数)
          ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(年末年始の刊行について)年末年始は随時発行となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/26

    ニーチェ、私は大好きな人の膝枕で読んでみようかしら☆

  • 名無しさん2018/12/26

    静かなる精神改造 / 性から始まる破壊工作

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68746694.html

    国連移民条約反対派の論調

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53305318.html

    やさしい日本人

    http://ccce.web.fc2.com/irarenai.html

    断末魔の韓国

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

    ボディコンワンピース

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiLz6Sdi7zfAhUKV7wKHQynAR0Q_AUIDigB&biw=1097&bih=531

    永遠の旅人

    https://ameblo.jp/noriemonmania/entry-11605809970.html

    ★某高校生の韓国修学旅行レポート

    https://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e264d146ce3f72ee96a4c606df91d0a3

    「医療費不支給取り消し」の後ろにあるもの

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=13&cid=11

  • 名無しさん2018/12/25

    マティス国防長官解任は米軍の士気低下に繋がる怖れ、トランプ、「シリア撤退」は最初の蹉跌に直結、共和党が動揺←すこし心配です。

  • 名無しさん2018/12/25

    トランプ大統領は、シリアだけではなく、アフガニスタンからも米軍を撤退させようとしています。“今後数ヶ月以内にアフガニスタンに駐留する7000人の米軍の撤退プロセスを開始するよう指示”した。アフガニスタンの平和を望む人々は、皆、トランプ大統領の決定を歓迎しています。

      ところが、ダンフォード統合参謀会議議長は気に入らないようです。この期に及んで、“アフガニスタンを訪問し、アフガン駐留に変更なしと演説”したのだとか。

      ダンフォード議長も、マティス長官も、米軍の良識派に属していると思われるのですが、彼らは古い頭の持ち主らしく、彼らにとっての最大の脅威は、ISよりもロシアなのです。

      要するに、彼らの言う国益とは、アメリカの一極支配がずっと続くことなのであって、世界が多極化に向かうことを許すことが出来ないのです。要は、時代遅れの人間だと言えるでしょう。

      良いところがあるとすれば、ロシアの軍事力には敵わないことを理解しており、ロシアと戦争すれば、地球に誰も住めなくなることがわかっているため、絶対にロシアとの戦争をしないというところです。この部分だけは、理性が働いていたと言えるでしょう。

      彼らがアフガニスタン駐留にこだわるのは、ここを経由して、中国やロシアにISが名前を変えたテロリストたちを送り込めるからです。こうした行為が国際法に違反しているということは気にしていないようです。国益のためなら、どんなことでもするというのが、彼らの論理のようです。

  • 名無しさん2018/12/25

    西洋文明の再起動が2019年に計画されている。連休に渡る米政府の閉鎖は壁を作ることとは無関係であり、金融再起動とやってくる軍事裁判に対処することが全てである。









    しかし、これからやってくることは、米政府を乗っ取り破産させた犯罪者たちを逮捕するのみに留まらない?それは一神教を悩ましてきた問題を解決することである。









    クリスマスイブの12月24日、人々がこの休日の背後にある歴史的真実を思い出すにはよい時期である。事実はイエス・キリストがいつ生まれたかは知らないので、初期のキリスト教会は古い太陽新年を乗っ取り、太陽をイエスで置き換えました。これが実情です:12月21日の冬至に、太陽は最北端に沈みます。その後三日間は同じ場所に沈むように見え、その後12月25日に南に寄って沈み始め、太陽の新年が誕生する。従って、キリスト教会はイエス・キリストとキリスト教の素晴らしい教えを否定することなく、人々にクリスマスの真実を告白し、伝える必要がある。









    これらの問題は、カレンダーの更新に基づく天の動きと一致させるという議論と共に、新年の幅広い公共の談話の一部になるでしょう。それは、世界権力の最高レベルでエルサレムに神殿を建設し、その年を国際的自由都市の変えると言う決定が下されたからである。2019年が歴史書に載る年になる可能性が高いのはこのためである。









    これらの歴史的変化の準備として、世界平和への道を開くために米軍は様々な紛争地帯から撤退している。世界通貨リセットの再設定には平和と敵対行為の停止が必要なので、米大統領ドナルド・トランプは、深層国家とシオニストを終わらせるためにシリア、アフガニスタン、イエメンとウクライナから撤退をしている。









    世界金融システムの再起動に向けて準備が進められている。現在の米ドル、ユーロおよび日本円基準のシステムは破産し、機能不全である。特にこれは、かなり長い間倒産状態であった米国に当てはまる。それは、現状の米政府の閉鎖は米政府のある種のチャプター11再編につながるであろう。









    例えば、欧州の王族は、歴史上の債権、農場債権および米国政府に対するその他の債権は支払わなければならないが、システムを破綻させずに支払うことはできないと認めている。









    しかし、バチカンを支配している欧州王族とP2フリーメーソンとの議論は、再起動なるものについて基本的な決定がなされていなかったことは明らかだ。









    しかし、現在のシステムが閉鎖されていることは明らかだ。これは、米政府の閉鎖だけではなく、12月には社債が発行されていなかったこと、そして2008年のリーマンショック以降、米国の株式市場が最大の下落したことにも見ることができる。









    https://abc7news.com/finance/stocks-headed-towards-single-worst-month-since-2008/4945054/









    https://www.zerohedge.com/news/2018-12-16/bond-market-has-frozen-first-time-2008-not-single-junk-bond-prices









    しかし、彼らが合意したことの1つは、将来の計画機関が数兆ドルの予算で設立されるということ。この組織の法的および財政的枠組みは舞台裏で交渉されています。









    アジアの秘密結社を含む最高レベルで合意されているもう一つのことは、犯罪は特に米国のシステムから根絶することになる。









    その面で、米国で封印された起訴状が7万件に達した。逮捕されたすべての犯罪者を収容するために、ニューヨークとカルフォルニアからグアンタナモ湾に二つの捕虜船が送られている。



    2 Huge Prison Barges Headed to Gitmo NOW

    https://www.youtube.com/watch?v=6vxVugybdLs









    トランプが下院議長のポール・ライアンに「2017年12月20日からの、重大な人権や汚職に関与した人間の財産封鎖や差し押さえする国家緊急大統領令13818号が1年間延長された」という通知を送ったことは、次に来る事のサインを見ることができる。









    イスラエルとサウジアラビアの犯罪者もまた、裁判に直面するだろう。その目的に向かって、所謂ホワイトハットが臓器を盗み、サリンガス攻撃を偽造し、そして歴史的財宝を略奪している犯罪組織であると言う詳細かつ広範な証拠を提供してきました。そのことは、俳優のジョージ・クルー二ーがグアンタナモに向かっている多くの有名人の一人になることを意味している。









    https://www.rt.com/news/447091-white-helmets-terrorists-russia/









    大量殺人のベンジャミンネタニヤフ首相と生きたまま顔を剥ぐモハメッド・ビン・サルマンは裁判を受けることになる他の犯罪者である。また、予定されている裁判は、バイデン、ペンス、クリントン、ブッシュ、ロックフェラー、ロスチャイルド、デュポン、岩崎他の刑務所に入るにはあまりにも裕福だと思われていた犯罪者達である。









    また、マイク・フリンの判決は2019年3月13日まで延期されている。その間にFISAの機密解除、軍事法廷、その他の真実爆弾が投下される。









    高度犯罪者の廃除が問題なく行われるようにするために、「トランプは、トランプ嫌いのルース・ベイダー・ギンズバーグが癌に屈したので、真の保守の過半数を固めるために別の最高裁判所判事を指名する」。最高裁判所長官ジョン・ロバーツが脅迫を受け自由主義者に揺れているようなのでガバナフよりさらに重要なので、彼も排除されるかもしれない。









    ギンスバーグ判事へのメッセージ:あなたの目標である女性と少数民族の平等な権利は社会の枠組みの一つになっているので、優雅なうちにお辞めなさい。









    もう一つ注意することは、12月にジョン・ケリー海兵隊長とジェームス・マティス大将がそれぞれホワイトハウスの首席補佐官と国防長官を辞任したと言う発表があったことである。マークミレー陸軍最高司令官がジョセフ・ダンフォード海軍少将の後任になると言う次期参謀長の指名の発表もあった。









    米国防総省の最上位にいる3人の海兵隊員全員の交代は、単に彼らが槍の先端になるという彼らの目標を達成したからである。米海軍と陸軍に今後発生するであろう、より大きな組織上の問題と再建の問題の面倒を見守るであろう。









    また、マティスとケリーは米政府が正式に破産する前に政権を去ることを望んでいる。彼らはその代わりに軍事法廷の監督に集中するであろう。ワシントンの既成勢力が一掃され、犯罪者たちが裁判を受ければ、両名は2020年に公職に復帰することを検討している。









    ロバート・デニールが、すべての退役軍人は戦争を嫌い、利益のために戦争を行おうとする者を軽蔑していることも最もよく知っているベテラン・トゥデイ編集長のゴードン・ダフによって国防長官の候補に選ばれたと言う話は良いニュースである。









    https://www.veteranstoday.com/2018/12/21/secretary-of-efficient-defense-or-secretary-of-wasteful-war-robert-david-steele-as-a-candidate-the-only-candidate-with-a-grand-strategy/









    ダフは本能的にトランプに反対であり、スティールはトランプの支持者であり、ダフがスティールがトランプ政権の国防長官になることを望んでいる構図は興味深い。









    責任ある方法で一般市民に秘密の軍事ハイテクを提供する一つの方法として、スティールの「すべての資源を公開する」アイディアを試験ゾーン(おそらく満州)で実装することに関する真剣な議論がある。









    スティール氏は、指名について尋ねられたとき、選出された場合、軍事用の秘密技??術の公開を許可するだけでなく、議論されていることが待ち望まれている「秘密の宇宙計画」の開示を実行するために最善を尽くすと約束した。









    これらすべての変更が行われる正確なタイミングはまだわかりません。私達は1月に軍事法廷を約束されました、しかし世界的な通貨リセットはまだ知られていません。









    しかし、5月がその時になりうると言うヒントがある。ベルギー首相が先週辞任したところ、ベルギー国王は彼に5月まで留まるよう求めたことである。

  • 名無しさん2018/12/25

    12月23日から24日にかけて、フクイチでの異常が見られた。「無数の白いもの」が流れていたが波頭などではなく、現れては消えていた。24日午後には1号機、2号機の間で閃光が走った。空気中の放射性物質濃度を測定するダストモニタリングは、なぜか24日から表示されていません。国や東電が必要な情報を出してくれないことは今や常識。

      ところで、埼玉県の市民グループ「みんなのデータサイト」が福島原発事故による放射能汚染の状況を調べ、分かりやすい図解付きの本にされました。

     「図説17都県 放射能測定マップ+読み解き集」という書名です。

     青森県から静岡県までの17都県下3400ヶ所の土壌を各地の市民測定所が調べ、放射性セシウム濃度を地図にまとめたそうです。独自の測定値だけでなく公的機関のデータ分析もあり、また、2111年までの濃度の推移予想図も載っているそうです。農作物や山菜、魚、ジビエの汚染度解析など市民が生活の中で知りたい情報が「盛り沢山」網羅してあり、ズバリ「無用な被曝を避けるために役立てて下さい」と書かれています。11月からの販売に対して購入希望者が殺到し、あっという間に6000部を売り上げたというこの本、さっそく取り寄せてみよう。

  • 名無しさん2018/12/25

    神祭る

    昔の手ぶり 忘るなよゆめ

    https://www.reiki-circle.jp/kurashi/?p=964

    在日、反日勢力との戦いがはじまった

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/12/23/2726%e3%80%80%e5%9c%a8%e6%97%a5%e3%80%81%e5%8f%8d%e6%97%a5%e5%8b%a2%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%af%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e2%91%a0/

    ブッシュ葬儀劇場

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/181222.pdf

    【パリ発】国営放送にデモ ネットにもテレビ受信料「政府広報に払いたくない」http://tanakaryusaku.jp/2018/12/00019348

    広瀬 牧瀬

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%BA%83%E7%80%AC%E3%80%80%E7%89%A7%E7%80%AC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjAtsyh0LnfAhUEebwKHaXQA2IQ_AUIDigB&biw=853&bih=413

    「やさしさ」という技術

    https://brave-answer.jp/13044/

    未熟児へのシナジス、大丈夫?

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=12&cid=11

    韓国の食品会社がシロップをバキュームカーで運び摘発

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

    山下達郎「クリスマス・イブ」30周年記念盤に、牧瀬里穂ゲスト出演のショートフィルムhttp://www.billboard-japan.com/d_news/detail/16302/2