国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<孟晩舟(ファーウェイ副社長)逮捕・拘束劇のミステリー

2018/12/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月20日(木曜日)
          通巻第5924号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 孟晩舟(ファーウェイ副社長)逮捕・拘束劇のミステリー
  保釈金は誰が支払ったか? 中国は三人目のカナダ人を拘束
**************************************

 裁判は2月6日にバンクーバーで開廷される。カナダのスパイ防止法に照らせば最長30年の懲役刑。あるいはアメリカに身柄を引き渡すか。

 優柔不断で決断力に乏しいトルードー首相は、司法長官を通じて、裁判所が判断するとし、政治介入を避けている。
他方、中国はカナダ人三人を中国国内で理由なく拘束し、無言の圧力をカナダ政府にかけているが、この三人のカナダ人は全員が親中派である。だから「仕組まれた芝居」ではないかと懸念する声もあがっているという。

 孟晩舟(ファーウェイ副社長)は12月1日に逮捕・拘束され、11日に巨額の保釈金を積んで保釈されたが、誰が支払ったかというのもミステリーの一つである。

 報道に拠れば五人の「友人たち」が220万ドルを用意したという。
その五人とは1999年にカナダに移住した中国人夫婦、孟に不動産を斡旋した不動産代理店(やはり中国人)、97年に仕事で一緒にモスクワへ行った元ファーウェイの社員(中国人)、そして隣に住むヨガのインストラクター(女性)という構成なそうな。

 孟の夫も520万ドルを用意するとした。不動産証券を緊急の担保で差し入れたと報じられているが、ほかのメディアは夫が海外逃亡を企てているようだと真偽の確認の取れない情報もある。
 
 逮捕から拘束、これにともなう米、中、カナダの駆け引きが国際政治の舞台裏が熾烈に続いている。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1830回】        
 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(3)
諸橋徹次『遊支雜筆』(目?書店 昭和13年)
 
          ▽
 最高学府の北京大学では蔡元培が音頭を取って「進?會といふ修養の會」が組織されたが、参加資格の1つが「不賭」だという。「日本に於いては無上の恥辱として退けられるその同じ言葉が、支那に於ては時宜に適した切要な箴言として迎へられるといふ事は、同文善隣の支那帝國の一大恥辱」というべきだ。つまり最高学府であっても教授から学生まで博奕は日常生活の中に組み込まれているということだろう。

 「支那の制度の不統一無秩序には、實際閉口せずには居れません」。ともかくも貨幣制度から言葉、それに生活の仕方までがテンデンバラバラ。乞食にしても人力車夫にしても、無駄に時間を過ごすばかり。「何か生産的な職業もありそうなものだと、つくづくあきれました」。使われるべき人力は空費されるばかりである。
 
 だが「既に精力の空費になれた支那の人は、一面又無意味なことをやつて平氣で居ります」。「一つ一つの事其自身さへ全然無意味なことをして怪しまぬ支那の人でありますから、況して一つ一つの事自身に意味があれば、其の相互の矛盾撞着から生ずる全體としての無意味、勢力空費といふやふなことは存外平氣な茶飯事として甘受するのであります」。
 
 かくして「破れたる國の無形の俤は、この邊に最も多くあらはれて居ると思ひます」。
 
 この「破れたる國」では「成るべく上下貴賤の區別を明瞭にして、其の間の懸隔を大にしやうといふのが、支那國民の一面の心理と思はれます。又事實上下貴賤の甚だしいのが支那國民の生活の實状であります」。やはり「支那の貧民は慥に日本の乞食以下の汚い風采をして、慥にそれ以下の生活を營んでゐると思ひます」。「おそらくは四億の支那人中、二億くらゐはこんな状態に居るのではありますまいか」。
 
 次いで諸橋は墓の観察に移る。なぜなら「墓を見ることは支那研究の一つの方法」と考えるからだ。
 
 漢口で「純粋支那式の小學校」を見学する。「?場の後ろの方に二つ三つの棺が重ねられて居ります。?場に棺桶といふことは一寸われわれ日本には見られぬこと」だが、その理由は「若し萬一のことがあつた場合に、棺の用意が整はぬとあつては名?にも關することだから、豫めこの通り用意をして置くのだと云ふこと」だ。「兎に角嫁入り仕度よりも葬送のしつらひに多くの注意と費用とを用ひることは事實であらうと思はれます」。
 
 上海でも蘇州でも、郊外に出ると「其處には畑の中に無數の土饅頭が見えます。或るものは徑十間もありませう。或るものは五間もありませう。或るものは一間に足らぬと思はるるものもあります。此は悉く人の墓でありまして、古墳累々といふ句は靜かに其の實況を示して居ります」。
 
それはそれで異様な光景としかいいようはないが、「殊に旅客にとつて異樣に感ぜられる事は、生々しい棺桶が其のまゝ畑の中に置かれてある事であります」。年を経た棺は「風雨に露されて、中から腐肉がたゝれ出て、臭氣鼻を衝く事がある」そうな。「狐狸之を食ひ蠅蚋■之を食ふといふ孟子の言葉は、誠に實況を寫したものでありませう」。3年間は土で蔽わない習慣という。だから「多數の墓地の粗雜不手入れは、言ふに堪へない甚だしい程度」であり、「祖先崇拝の國民として、墓地には最善を悉くさうといふ考がありながらも、何とこの體たらく」ということになる。
 
 墓の体裁はもとより、収入の面はもちろんのことだが、「思想の上でも制度の上でも」、「支那人の生活に極端な懸隔」がある。「極端な自由民本主義」もあれば「極端な舊弊を守るものがある」。「各方面に両極端の存するといふことは、統一整正を要すべき國家に對しては、矢張り『破れたる俤』を宿す原因では無からうかと思はれる」。
徹頭徹尾の「破國」。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「ソフトバンク してみたことか!」。ちびっ子の上げ底靴の社長さんお気の毒に! 日本中で携帯不通状態が起こり大騒ぎ!
サウジ投資もカショギさん暗殺で危ういところあのシナのスパイ企業の筆頭株主さん、そして公開して初値1463円は公募2%安、引けは売りが殺到してわずか1282円。
 こんな株を買う馬鹿野郎というより国賊の会社を見識もなく買った低脳どもザマアミロだ 騙される方が悪いとはこのことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000076-reut-bus_all
    (AO生、世田谷)



  ♪
(読者の声2)貴誌をよんでいると何となく分かるのですが、ソフトバンクの上場は売り出し価格を下回るだろうという予測はしていました。
 老生の周りはNTTの夢がわすれられなくて事前申し込みをした人もおりました。
 しかし老生、貴誌の見通しの元、ファーウェイ、ZTE、そしてアリババなどの最近企業ニュースに接しておりますと、どうしてもソフトバンクって、日本の会社には思えず、かと言って、これは絶好のタイミング、最初から暴落を見越して1250円で買いをいれたのですが、終値は1283円。ま、よく、この線で停まったと思います。
   (GH生、大坂)



  ♪
(読者の声3)貴誌5923号のソフトバンク株式上場関連の記事中、「一口15万円ではまずいと判断され、小口の百株でも買える措置がとられた。つまり小口分散で個人投資家からかき集める戦術に切り替わった」
と述べられているのは、少し表現に誤解を招く部分があります。
 売り出し価格は1500円で、1単位は100株ですから、もともと申し込みの最少単位は15万円であったはず。
ただしIPO(新規株式公開)では、初値が売り出し価格を上回ることが多いので、申し込み株数が、売り出し株数の数倍以上となり、抽選による割り当てとなるのが通例です(NTT株売り出し時のフィーバーがなつかしい)。抽選の方法に関しては、証券会社によって異なりますが、大手証券会社などは大口顧客や過去の取引実績の良い顧客に多くのIPO株を割り当て、残り(10%くらい)をその他の個人投資家に抽選で配分することが多いと言われています。
 ところが、今回のソフトバンク株のIPOは、過去最大の売り出し株数、資金吸収であったこと、また、宮崎氏が述べられているような直前の状況から、応募倍率は2倍程度と、過去の大型IPOに比べても低かったようです。本日(12月19日)の日経朝刊は「主幹事証券によるとSB株には個人を中心に売り出し額の約2倍の需要があったもようだが、過去の大型案件と比べると見劣りする。資本市場情報のキャピタル・アイによると日本郵政グループ3社の上場時には5〜15倍の需要があった。」と述べています。
 したがって、当初は、競争倍率が最低でも数倍であることを想定して、一般個人顧客にも、最低でも数百株単位の申し込みを前提として勧誘していたものが、直前の事情変化により、最低単位である百株の申し込みも積極的に受け付けるようにしたものと思われます。
 12月15日付日経新聞は、「日本最大の新規株式公開(IPO)、ソフトバンク(SB)の東証1部上場が19日に迫り、投資家による購入申し込みが14日締め切られた。売り出し額が最大2兆6千億円と巨額な上、投資家の需要積み上げ期間中にはタイミングの悪い出来事も相次いだ。国内の証券会社は『背水の陣』で販売に臨んだが、応募倍率は2倍弱と過去の大型IPOに比べ低くなった。
 『なんとか売り切った』。大手証券のIPO担当役員は胸をなで下ろす。既存顧客だけでは到底さばききれず、若手を中心に営業員の多くが新規顧客の開拓に奔走した。休眠口座で取引実績のない顧客にも電話をかけ、あの手この手で需要積み上げに取り組んだ。」と報じています。

   (CAM)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    
♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇□◇○□◇○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

        ▲
(新刊予告 1月10日頃発売)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 メディアが決して報じない中国の世界戦略の裏側、世界は逃げ出しているのに、日本はなぜ、実態を見抜けないのか? 「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?(予価1500円)
          ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/20

    フリン中将の件

    ・フリンは前回の裁判でFBIの取調べに対して虚偽の発言をしたことを撤回しませんでした。

    ・軍を辞めてインテルの会社を作り、トルコ政府の為に働いていたのですが、外国諜報登録をしていないことが判明し、裁判官やマスコミから売国奴だと罵られた。

    ・外国の諜報機関としての登録する方法は二つあるのですが、彼はそのうちのひとつに登録しているが、わざと言わずに登録していないと答えたのです。

    ・FBIに嵌められた形で嘘つき呼ばわりされているが、それもこれも、この後に続くヒラリークリントン財団を裁判でやっつけるための伏線である。







    クリントン財団は嘘ばかりついている。外国に情報を流しているのに、どちらにも登録していない。今マスコミは大声でフリンを批判しているが、その批判は全てこの後に続くクリントン財団の裁判に向けられるように、フリンと裁判官は準備しているのです。

    クリントン財団の方がはるかにひどいので、マスコミがクリントン財団を売国奴と攻撃せざるを得ないように、準備しているのです。

    Qもフリンも、愛国者が愛国者を守ると言っている。







    ・先週フランスの黄色いベスト革命がベルギーに飛び火⇒直ぐにベルギー首相が辞任。

    ・マクロンは往生際が悪い⇒クーデターが起こる







    イスラムの黄色い革命も





    トランプが公約どおり全てのアメリカ軍を直ぐに引き上げると宣言した。⇒シリアの平和が戻る







    トランプは「我々はシリアのISを負かした、トランプ政権としてそこにいた私の唯一の理由です」とツィートしている。









    アメリカ軍がシリアでしたこと

    1大都市のインフラを空爆して人が住めないようにした。

    2難民を作り欧州へ行けば市民権がもらえると騙し追い出した

    3石油支配を容易にする為に傭兵を移住させようとした

    しかし、プーチンが元の木阿弥にした。

    アメリカ軍が撤退するればトルコがクルド人たちを攻撃できると言っているが

    ・シリアの石油地帯を占領しているクルド人勢力は石油地帯をアサドに返還して、共に国つくりに参加し、元の土地に戻ると声明を出している。







    対アサド強硬派のロスチャイルド家来のアメリカ将軍がバーレーンで自殺して見つかった。

    もう誰も中東和平を止めることはできない。











    クルド人にも平和が戻る







    日本を売り飛ばして来た、売国官僚や議員達の化けの皮が剥がされる時がやって来ました。

    ホワイトハウスのトランプに直接訴えかけることが出来る。

    まだジャパンハンドラーと言われている人が、少し残っています。今まで支配層達のパペットで、小児性愛犯罪に手を染めていない人はいませんから、彼らもこの二、三ヶ月のうちに秘密起訴状によって逮捕され、政界から消えて行く。そうなればもうこっちのものです。ロスチャイルドと繋がっている売国議員や官僚達も淘汰されて行くでしょうね。

    今が、日本が本当の独立を取り戻すチャンスなのです。Qが私たちに勧めているように、一人ひとりがデジタル戦士となって、支配層の悪巧みを暴露し、ネット上で真実を拡散し、彼らと戦って行こうではありませんか。

  • 名無しさん2018/12/20

    アメリカに戒厳令が迫っている。クリスマス以降ということ。1月3日にはアメリカ議会に今年の秋の選挙で当選した議員が加わり、新たな会期が始まります。

      宇宙絡みのディスクロージャーがやはり予定されている気配です。その証拠として、首都ワシントンD.C.での複数回の停電や、史上初のペンタゴンの監査で使途不明金を結局追跡できなかったこと、トランプがニコラ・テスラと繋がっていることなど。



      ダークウェブに出されたというメッセージで言及されている映像でフリン中将が語った内容とは:



      「我々【トランプ陣営】には軍隊がついているのです。いいですか、私は兵士として、将官として、退役した将官として【言わせてもらいますが】、我々にはデジタル兵士からなる軍隊がついているのです。なぜなら現在の我々が置かれているのは、我々から見て、そして私から見て、内乱なのです。皆さん、これは内乱さながらです。良く言ったとしても政治における不正規戦でしょう。

      そして先の話は語り継がれていくでしょうが、我々には市民ジャーナリストと呼ぶ方たちがついています。というのも、我々のメディアにいるジャーナリストたちは実のところ、この国に対してというよりも、彼ら自身に対して害を及ぼしたからです。彼らは比類なき傲慢さを露呈して、自らを害しました。そしてだからこそアメリカの人々は情報というものを乗っ取ろうと決意した訣です。彼らは情報というものを乗っ取り、それをソーシャルメディアを通してやってのけたのです。」





      2016年大統領選挙の一週間後のスピーチでした。お上に弱い日本では、まだまだ大手メディアを鵜呑みにする市民が多いですが、果たして傲慢な情報統制に立ち上がる日が来るでしょうか。それとも最後の最後まで、上から右に倣えで変革するつもりでしょうか。

  • 名無しさん2018/12/20

    中国製スマートフォンや情報通信機器については、今年2月の米上院情報委員会で、FBI(連邦捜査局)やCIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)、DIA(国防情報局)の高官が、米国人の安全を脅かすという見方を示した。



      米国は、中国政府による、海外の中国人研究者や技術者を破格の待遇で呼び寄せるプログラム「千人計画」も危険視している。米国防総省は6月、米下院軍事委員会の公聴会で、「(千人計画の)目的は、米国の知的財産を獲得することにある」と警告した。FBIは「千人計画」で選ばれた人物を3年前から捜査対象としており、今年も次々に逮捕者が出ている。



      反中国共産党の華人らが「千人計画=入獄計画」と揶揄(やゆ)するほどだ。



      この「千人計画」との関係が指摘されているのが、孟容疑者逮捕と同じ日に亡くなった、米スタンフォード大学の張首晟(ジャン・ショウチャン)教授だ。 

  • 名無しさん2018/12/20

    ファーウェイの孟晩舟CFOが逮捕された日に、米スタンフォード大学の張首晟(ジャン・ショウチャン)教授が亡くなった。張教授はファーウェイとの関係があったとされ、他殺説が有力のようです。

      この事件は、カルロス・ゴーン氏の逮捕にも関係しており、世界覇権をかけた5G戦争だ。

      ただ、この問題はそれほど単純ではありません。一見、米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの「ファイブアイズ」と中国との5G戦争に見えるのですが、それは表の話。裏側ではこの逮捕は、中国主導の5GによるNWO(新世界秩序)を破壊するための工作です。なので、今回の作戦を、習近平氏も賛同しています。

      ファーウェイの孟晩舟CFOが、江沢民につながる軍部の工作員である。また、中国に多大な投資をしてきたのがロスチャイルド家である。

      彼らがいかにして世界を破壊し、自分たちは中国のゴーストタウン(建設されたまま誰も住んでいない高層ビル群)に移住し、中国支配の5GによるNWO体制下で、世界を支配する計画だったか。

      今回の一連の事件は、このような陰謀を破壊するために行われた。こうした中国を中心とするNWOの完成に、ロスチャイルド家や中国政府が絡んでいたことは、先の米大統領選で、ロスチャイルドの甘言に惑わされて、中国政府がヒラリー・クリントンを支持していたことからもわかる。

      激しい戦いが背後で続いているのですが、結果は決まっています。なぜなら、内側はもちろん、表層のレベルですら、彼らは徹底的に滅ぼされている最中だからです。

  • 名無しさん2018/12/20

    孟晩舟(ファーウェイ副社長)逮捕・拘束劇のミステリー

      保釈金は誰が支払ったか? 中国は三人目のカナダ人を拘束

    **************************************



     裁判は2月6日にバンクーバーで開廷される。カナダのスパイ防止法に照らせば最長30年の懲役刑。あるいはアメリカに身柄を引き渡すか。



     優柔不断で決断力に乏しいトルードー首相は、司法長官を通じて、裁判所が判断するとし、政治介入を避けている。

    他方、中国はカナダ人三人を中国国内で理由なく拘束し、無言の圧力をカナダ政府にかけているが、この三人のカナダ人は全員が親中派である。だから「仕組まれた芝居」ではないかと懸念する声もあがっているという。

  • 名無しさん2018/12/20

    【朝鮮総連破産で拉致被害者救出とスパイ防止法実現へ!】【抗議街宣・朝鮮総連本部をさら地にする会】【高倉健主演映画に描かれている終戦直後に在日朝鮮人が日本人にしたこと】https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/3dee9ed3bfb0128910f9785d5142c3e7

    日本政府の原発輸出案件が全滅、日立の英原発計画が凍結へhttps://buzzap.jp/news/20181217-sell-nuke-plant-to-uk5/

    「サタンの勢力に覆われた国」とキリスト教の司教たちが嘆くアメリカの今の姿。しかし、悪魔というものは本当は…https://indeep.jp/what-god-and-satan-in-my-mind/

    山本さんのワクチン講演会@桑名

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=8&cid=11

    リアリズム

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiHp4qOh63fAhWbM94KHca_BnwQ_AUIDigB&biw=790&bih=461&dpr=2

    牧瀬里穂:山下達郎「クリスマス・イブ」のMVに出演 

    https://mantan-web.jp/article/20131111dog00m200058000c.html

    ライタイハン

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

    ■欧米消費者政策団体 新育種技術をGM技術とするよう提言・要請 

    http://organic-newsclip.info/log/2016/16090741-1.html