国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<南アジアは「インド経済圏だ」。静かに捲土重来を期すニューデリー

2018/12/17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月17日(月曜日)
          通巻第5919号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 南アジアは「インド経済圏だ」。静かに捲土重来を期すニューデリー
  モルディヴ大統領がモディ首相と会見、当選以来初の外国訪問はインドだった
**************************************

 モルディヴの新大統領ソリは、12月16日にニューデリー入りした。
親中派のヤミーン前大統領を大差で破って、大統領ポストを射止めたソリは、初めての外遊先を中国ではなく、インドとした。このことは、南アジアにおける地政学の地殻変動を物語る。

 ソリは12月17日にニューデリーでモディ首相らとインド政府要人と会見し、18日にタージ・マハールを見学後、帰途につく予定。

 モルディヴは、空港拡張工事、並びに首都マーレと海の上を結ぶ海上橋梁など合計13億ドル(モルディブのGDPは30億ドル)の「借金の罠」に落ちて、南の珊瑚礁にある印度空軍基地を追い出す構えにあった。背後に中国の暗躍があり、中国は借金のカタにモルディブの16の岩礁を借り受け、突貫工事で埋めたてて人口島を建設し、軍事基地かする野望があった。

 モルディブは、この中国からの借金の返済に窮しており、先例は隣国スリランカが、借金を返済できずにハンバントタ港を99年にわたる中国の租借を認めざるを得なかったように、先にこの財務問題を解決する必要がある。
 ソリはインドからの立て替え返済を要求しており、インドは捲土重来を期すために相当大胆な措置を講じるだろうと予測される。

 前述スリランカにおいても親中派ラジャパクサ元大統領の首相への返り咲き「政変」は、七週間にわたる国会の紛糾後、最高裁勧告によりラジャパクサ元大統領は首相就任を断念した。背後にインドのロビィ工作があったことは明らかである。

 インドが次に対策を講じるのは中国と国境紛争をかかえるブータンへの梃子入れ。
そしてマオイスト政権に転覆し反インド姿勢を鮮明にしているネパール、さらにはミャンマーとの国境近くに位置するチッタゴン港の近代化工事と開発を中国企業が行っているという安全保障上の脅威の存在。

実質的には、それほどの中国の進出ぶりを脅威視しており、南アジアの地域リーダーとしての立場を回復するためにも、インドは静かな影響力行使を続けている。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1828回】              
 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(1)
諸橋徹次『遊支雜筆』(目?書店 昭和13年)
 
          ▽
 諸橋轍次(1883年〜1982年)といえば、1925年から72年まで37年の歳月をかけて『大漢和辞典』(全15巻)を完成させたことで知られる漢学者である。
 
 『遊支雜筆』の出版は盧溝橋事件勃発の翌年だが、冒頭の「小序」によれば「今皇軍が朝な夕な君國の爲に勇戰奮鬪して居らるるところ」には、大正7(午)年、9(申)年、10(酉)年の3回にわたって訪れている。かつて見聞した「遺跡が、今度の事變によつて如何樣に轉變するかは豫斷を許さぬ」。だが変化したとして「此のささやかな記録でも、後日訪古の資料となることもあらう」と、出版社から声を掛けられたこともあって、「敢えて二十年前の殘夢を茲に公にすることにした譯である」そうな。
 
 世界最初の本格的漢和辞典作りに37年も取り組み、しかも完成寸前を戦災で焼かれながら再度取り組み、殆んど失明寸前まで目を酷使しながら完成させたという謹厳実直を絵にかいたような漢学者であるだけに、これまでに見た政治家や経済人などとは違った視点からの記述がみられる。
  3回の旅行記を合わせたものだが、じつは何年に旅行した時のものなのか必ずしもハッキリしない。そこで敢えて年代は記さないことにし、大正7(1918)年、大正9(1920)年、大正10(1921)年の4年間に跨る旅行記として見ることにした。
 
 ここで当時がどんな時代であったかを知っておくのも、旅行記を読み進むうえで参考になろうかと思うので、簡単に記しておく。
 
 先ず日本だが、シベリア出兵、米価暴騰をキッカケとして富山から関西各都市に米よこせ運動が拡散、第1次世界大戦休戦条約が成立し、西園寺と牧野を講和使節としてパリに派遣(大正7年)。パリにおける講和条約調印、シベリア撤兵開始、普通選挙論台頭(大正8年)、「尼港事件」発生を受け同地占領、経済恐慌発生(大正9年)、ワシントン軍縮会議、安田善次郎・原敬暗殺(大正10年)。一方の中国は激動が続いた時代だが、後への影響を考えるとロシア革命の影響を受け雑誌『新青年』を軸にして新文化運動が活発化(1918年)、五・四運動(1919年)、陳独秀による社会主義青年団組織(1920年)、中国共産党の成立、孫文大総統就任(広東政府成立)と孫文・マーリン会談(1921年)――まさに物情騒然たる時代の中で諸橋は大陸を旅行したということになる。
 
 「一度支那の地に遊んだ人は屹度同じ感じに打たれて歸ります」と、印象的な書き出しだ。
「傾いた古塔や破れた城壁に充たされた支那の各地を旅行しますと、萬人が萬人、皆破國(亡國ではありません)の俤といふ淋しい印象を抱くのであります」。田舎、「或は過去の都跡といふ樣なところへでも參りますと、其處には何一つ生き生きした氣分はありません」。まさに「一圓の光景は只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に滿たされて居るのです」というから、諸橋が目にした光景は陰々滅々としたものだったらしい。
 
 水の都と讃えられる蘇州で孔子廟を訪ねると、「驚くことには牀板一圓は鳥の糞ではありませんか。梁の上、額の裏、無數の蝙蝠が飛びあるいて、(中略)どう見てもお化け屋敷としか思はれぬのであります」。聖人中の聖人を祀る孔子廟の無残な姿が凡てを表している。
 
 歴史の長い名刹は「殆んど豫想の外に淋しい感じが湧いてゐます」。「其處に僧が居ります。僧といつても乞食より汚い」。かくして「異國の旅人には只何となく、『こゝは破國である。こゝに來たものは破國の淋しい俤を偲ばなければならぬ』といふ囁きが聞えるやうな氣がするのであります」。
  それにしても旅行の初っ端から諸橋が目にした光景は、無残極まりない。幕末以来の旅行記で亡国といった表現は数多く目にしたが、「破國」の2文字は初めてだろう。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮脇淳子氏との対談本『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
 と宮脇氏の著作『モンゴルの歴史〜遊牧民の誕生からモンゴル国まで』の読了後感です。
 この対談本は2015.12発行の『中国壊死 〜百年変わらない腐敗の末路』の改題版。『中国壊死』は発売直後に既に読了していた。たまたま宮脇淳子氏の著作『モンゴルの歴史〜遊牧民の誕生からモンゴル国まで』を読了したタイミングで宮脇淳子氏との、この対談本の出版を知り、即AMAZONにて予約購入・読了したばかり。
 本書は前著の内容を殆ど変更せず改題したとのことであるが、その内容の鮮度とともに   面白さも失なわていない。3年前にはまだトランプ大統領は存在せず、習近平も「はえと   トラ叩き」つまり政敵の排除作業中であり、独裁体制は未確立だった。
 3年前の12月発行の前著ではその直前11月に習近平が発表した一帯一路構想への   言及は無理だったとしても、AIIBのシナの意図(鉄とセメントなどの過剰生産物の一掃と過剰労働力の転用)を正確に捉え、その末路を予言されているのは、さすがチャイナウ   ォッチャーとしての宮崎先生の面目躍如と言える。
 宮脇氏のモンゴル学者としての著作『モンゴルの歴史』もすでに11月24日の本メルマガで宮崎先生も書評済みであるが、小生も本対談本の読了前に丁度読み終えたばか   りである。
 余談ながら、本書を図書館で借り出したところ巻頭に宮脇淳子氏から奥山篤信氏への   謹呈のサインがあり、奥山氏が図書館へ贈呈されたものと思われる奇縁に恵まれた。   本書はモンゴルの古代から現代までの通史として、恐らく世界に一冊しかない世界的偉   業と言える。この偉業も師であり夫君である岡田英弘氏の存在が大きく寄与しているので   あろう。
岡田英弘と言えば、かって王岐山が岡田氏の著書を絶賛し、人にも読むことを薦めたという。嘘に嘘を重ねたシナ人自身の書く歴史ではなく、日本人の書いた本当の歴史に現代のシナ人指導者も魅了されたのだろうか。
 岡田氏、宮脇氏ともに世界的歴史学者であることはシナ人も認めるところだが、日本のいわゆる東洋史学界という左翼に支配された閉鎖集団からは両氏とも無視され村八分状態   だったとは、宮脇氏自身の講演でも耳にした。
 日本の東洋史学が司馬遷の「史記」や歴代王朝の歴史書という嘘に嘘を重ねた資料を金   科玉条としており、現代でも毛沢東が政治的に改竄した通りの中国近現代史を教科書にし   といると宮脇氏も指摘されている。
日本の東洋史学会という蛸壺学会の未来は中共の消滅と運命を共にするしかないのかも知れない。
なおモンゴルがあの時代に中央アジアからヨーロッパにまたがる世界帝国を築き得たのは何故かという疑問に対する小生の答えはこうである。
まずモンゴル騎兵の強さは勿論であるが、歴代ハーンが征服地の略奪を許したことが最大の理由だろう。略奪には食料だけでなく、婦女子が含まれる。これで血気に逸る若い騎兵たちの食欲と性欲は存分に満たされたろうからである。
(ちゅん)。



  ♪
(読者の声2) 貴誌前第5918号の書評:北影雄幸『天皇論の名著』で、「天皇制廃止論をかくと期待して岩波書店」とありますが、現在の政府もその傾向があると思われる。
『天皇陛下の御退位に伴う式典についての考え方(案)』を読むと、正殿「松の間」見取り図に、天皇に総理が対峙している。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/taii_junbi/dai2/siryou2.pdf
 総理でなく、今上陛下が新天皇に譲位の旨を伝えれば、儀式は一日で終わる。それなのに、譲位でなく退位させることの意志が明白である。現行憲法第一条に「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とあるから、「譲位」などと勝手なことは許さない、国民の代表である総理が「退位」の寿詞を述べる以上のことを友人に話したら、キチガイ扱いされました。
  (TA生、川崎市)



  ♪
(読者の声3)週末の読書で、宮崎正弘さんの「青空の下で読むニーチェ」を読む。途中ではあるがめちゃくちゃ面白い書物だ。大学生時代にニーチェを生半可に齧った覚えがあるが、宮崎さんのこの本を読んでニーチェの深さにハマって「知的極楽感」を満喫している最中。絶対お勧めの一冊
   (石平)
       ◇◇◇ ◇◇ ○◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新作予告 & 発売中の新刊! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    
♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇ ○□◇ ○□◇ ○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ▲
(新刊予告 1月10日頃発売)
宮崎正弘『日本が危ない! 一帯一路の罠』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 メディアが決して報じない中国の世界戦略の裏側、世界は逃げ出しているのに、日本はなぜ、実態を見抜けないのか? 「一帯一路」は「末路」なのに、日本は「協力する」と前向きなのは危険では?(予価1500円)
          ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/17

    ナチス第四帝国の総統ジョージ・ブッシュ・シニアの死以来、世界の金融システムの支配を巡る戦い、すなわち人類の未来を決める過程を巡る戦いは、今やSWIFT国際銀行間電子決済システムの支配が中心となった。



    最終決戦はこの惑星を昔から支配してきた13家系と、アメリカ軍産複合体を支配している能力主義のグノーシス・イルミナティの間で交わされている。ジョージ・ブッシュ・シニアが“処刑された”のを受け、この戦いはある種のクライマックスを迎えつつあるのだ。



    実はG・H・W・シェルフ(ブッシュ)は人道に対する罪と児童売買と扇動罪と叛逆罪で2018年9月10日に起訴された。彼は自身の軍事法廷の審問で、家族やシープルのために自分の名声を無傷のまま保つべく、処刑ないしは自殺扱いにするよう、司法取引をしたようです。トランプが死刑宣告に署名をしました。



     処刑されたのはクローンだった可能性もあります。我々は彼が6月に死んだとの情報も入手しているのですから(また別のクローン)。ブッシュというかシェルフは1992年1月に寿司を喉に詰まらせ、バーバラ・ブッシュに毒ナプキンで止めを刺されたと考えています。



    諸々の軍事法廷は2019年1月2日に開始される予定です。」



    【※ブッシュの本名だと噂される「シェルフ」。】





    米国大統領のドナルド・「トランプは第41代大統領ブッシュが国葬とならないよう気を配っていた。レーガンがしてもらったような棺を馬に牽かせる待遇は、この処刑された犯罪人には許さなかったのだから。



     勝者が総取りということで、トランプは元ブッシュ政権の司法長官だったビル・パーを自身の次の司法長官に選び、更にそれを12月7日という[真珠湾記念日の]『汚名と共に刻まれるであろう日』に行なった。