国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<退役軍人の抗議デモは沈静化していなかった

2018/12/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月12日(水曜日)
        通巻第5913号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 退役軍人の抗議デモは沈静化していなかった
  山東省では抗議集会が暴力化していた事実が判明
**************************************

 2016年に北京のど真ん中、長安路にある中央軍事委員会のビル前に集まりだした数百、数千の退役軍人が座り込みを開始し、待遇改善を訴えた。
 群体性事件といわれる抗議集会など、中国では禁止されているが、警察は相手が軍人だけに、ただちに鎮圧に動かず、バスがとまり、交通渋滞が重なり、メディアが注目した。

 この事件は習近平政権に深刻な衝撃をあたえた。よもやまさか「党に従属する」軍隊が執行部に牙を?くとは!

 その後も、各地で退役軍人による抗議行動が頻発し、とくに2018年には江蘇省、浙江省の各地、とりわけ鎮江市における退役軍人の抗議行動は数千の規模となった(死者がでたという情報も出たが、未確認だ)。
当局は退役軍人等の不満に対応するとして、とくに中越戦争で傷痍軍人となったOBなどへは特別の交付金、さらには退役軍人の多くに「再就職」の斡旋を強化するなどしてきた(中国では退役軍人を「栄民」と呼ぶことが多い)。

 10月4日から7日にかけて山東省平度市の人民大会堂前に、各地から集まった退役軍人数百名が座り込みを開始し、出動した人民武装警察(武警)とにらみ合った。かれらは山東省青島ばかりか、遠く安徽省、江蘇省、河北省、河南省、遼寧省から、お互いに連絡を取り合いながら、三々五々あつまったことが判明した。

 抗議集会は10月5日に暴徒化して、警戒中のパトカー、警備車両などをひっくり返し、乱闘に発展、警備側に34名の重軽傷がでたという(『多維新聞網』12月11日)。当局は「暴徒は『退役軍人』を装った犯罪者、十名の首謀者を拘束した」と発表した。
    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)通巻第5912号の「読者の声」で、私が、約10年前に在日から民事提訴を受けた経験を少し述べました。民事訴訟などは私の人生で初めての経験で、訴訟手続きなども全てが初めて知るものでした。
それまでアホウ学士である私は、提訴するためには、(原告の住所、氏名の特定が必要であろうから、)訴状に、住民票、外国人登録証ぐらいは添付するべきとされているのではないかと推測していたのですが、実際はそのようなチェックというか(形式)審査もないのですね。
したがって原告は外国人登録証も付すことなく、登録証に記された本名ではない通称(日本名)で提訴してきました。しかるに我が国の放送等では、何時のころからか(彼らから、そういう抗議、主張がなされたのでしたよね?)、半島の方々の人名、地名は本国の発音で表示されています。
それにもかかわらずアジア大陸の方々、その他の国の方々の人名、地名についてはそうではないのが普通です。そして、西洋の人名、地名など、本国語による発音、表示ではなく、英語の発音、表記で行われるのが通例だと思います。
これなども、考えればおかしな話だと思っています。
 今後、入管法改正により大量の外国人が中長期的に入国してくると、外国人による犯罪、裁判なども大幅に増加してくると思いますが、社会の多くの側面でいろいろな問題が起こってくるのでしょう。
 ゴーンの拘置所収監で、接見面会の際の会話で許されるのは、日本語のみだということがわかりました。 
外国語で行われたら、外国語を十分に理解できる職員が立ち会わない限り、その内容をまったくチェックできないことからすれば当然のことでしょう。ゴーンについては外国大使館員による面会も行われているようですが、こうした際は日本語で行われているのか、それとも外国語のわかる職員が立ち会っているのでしょうか? 
しかし基本的に、「お客さん」である観光客など一時滞在者の場合は別として、日本国内での公式的手続きは日本語によって行われるべきは当然のことでしょう。
私は、大阪市内の公立図書館で、ひらがな、英語、ハングル、中国語による表示がなされているのを目にしたときは、その異様さに少し驚いたものです。
私は日本語と、事実上の国際語である英語を併記しておけば十分だと考えます。簡単な英語も理解できないようなレベルの外国人の中長期的滞在を許すべきではないと考えるからです。
東京都内でも、駅名などにハングル、中国語まで併記してある例が増えています。もちろん、これは観光客、一時的短期滞在者に向けての配慮でしょうが、私は過剰なサービスだと感じています。
米国などでは、公的施設の利用や、公的手続きの際に、どの程度の外国語数についての配慮がなされているのでしょうか? 
米国でもヒスパニック系人口の増加によって、ヒスパニックに対してはいろいろな配慮がなされているようですが、これなども本来はおかしな話だと私は考えています。
米国憲法は英語で書かれているのであり、したがってこれに基づく(公的)主張は英語によって行われるべきではないかと考えるからです。
   (CAM)



   ♪
(読者の声2)宮崎さんの新刊『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版)を拝読、まさに目から鱗の連続でした。それにしても、分野違いかと思われたニーチェ、拝読すればするほどに西部邁さんが「宮崎さんは思想家」と言っていた意味がよく呑み込めた気がしました。日本人のニーチェに対する誤解の度合い、見当違いのニーチェ理解を経過もよく理解出来たと思います。
  (RS生、大手町)

  ♪
(読者の声3)御新刊の新書『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版)を「青空の下」ではなく、近くの喫茶店で二時間で読み終えました。
難解な哲学書ではないし、文章が平明で、速読でしたが、全体にじつに配分もよく、ニーチェを縦軸に、西部邁、三島由紀夫、井尻千男の各氏の思想と行動が横軸となって、パノラマのように立体的でもあり、しかも最後に『日本の武士道こそニヒリズムだ』という独特な解説ですが、本当にそう思います。
この本、多くの人に読んで貰いたいと思いました。
  (KH生、所沢)



  ♪
(読者の声4)災害やテロといった出来事が起きた時、日本人は「絆」の精神を発揮し、常に世界の賞賛を浴びる助け合いを行って来ました。
しかし同時に敗戦以来の日本は、そのような危機発生時の備え等に関しては、どうしても世界標準から見ると不十分な部分も少なくないようにも思われます。
チベットに生まれインドで育ち日本に50年以上滞在して、世界の現実を深く理解すると同時に、第二の故郷日本を心から愛するチベット人国際政治学者が懇切に解説してくださいます。
安全保障や危機管理そして国際機関等に関して非常に重要な知識を得られることと思われます。
貴重な機会ですので、多くの方々のご参加を待ち申し上げております。

とき   1月15日(火曜日)午後6時〜8時 (受付5時30分)
ところ  憲政記念館・第2会議室(千代田区永田町1-1-1/国会正面向側)
講師   ペマ・ギャルポ
     (1953年、チベット生まれ。1959年、インド亡命。1965年来日。1976年、亜細亜大学卒業。1978年、上智大学国際学部大学院中退。1980年、ダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表。1990年、岐阜女子大学教授。2000年、同女子大学併設南アジア研究センター長。2005年、桐蔭横浜大学大学院法学研究科教授。同年、日本国籍取得。2018年、拓殖大学国際日本文化研究所教授。
【参加費】 2000円 
【主 催】グローバル・イッシューズ総合研究所
【共 催】一般財団法人尾崎行雄記念財団共催
【協 力】株式会社近代消防社
【要予約】以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。
https://ozakiyukio.jp/information/2018.html#1205



  ♪
(読者の声5)「とびっきりの講演会」のお知らせ
?演題 「科学と研究〜未来社会はどうあるべきか〜」
?講師 国立研究開発法人理化学研究所理事長 松本 紘 先生
?日時 平成31年1月29日(火)PM6:00〜
?定員 先着90名(要予約)
?場所 神奈川県民サポートセンター3F 304号会議室(JR横浜駅西口徒歩3分ヨドバシカメラ裏手)
?問い合わせ先 045-263-0055 
       ◇◇◇ ◇◇ ○◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新作 好評発売中! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
絶賛発売中 !
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
    
♪♪♪  
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
  AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
          ○□◇ ○□◇ ○□◇ ○□○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中! Advertisements
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++

『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

   ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++

宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった虚構国家中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 西部 邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/12

    フランスの抗議デモが、単なる増税に抗議するためのものではなく、実のところ、ロスチャイルド家に代表される金融エリートたちに対する反乱である。“今後、短期間でフランスの黄色いベスト運動が世界中に拡大する”。

      “フランス国民は全世界に向けて、もう金融エリートの奴隷にはならないと意思表示をしている”というのが、このデモの本質だ。

      フランスのロスチャイルド家が攻撃されていることと、トランプ大統領のこれまでの発言、そして、黄色いベストを見ると、このデモの背後にトランプ政権が居る。カルロス・ゴーン氏の逮捕のタイミングを考えると、この推測は正しい。

      トランプ政権を支えているのは、グノーシス・イルミナティであり、彼らはロスチャイルド家を滅ぼすことを目的としている集団なので、すべての辻褄が合います。だとすると、このデモは、今後ヨーロッパ中に広がると考えて良いでしょう。

      

  • 名無しさん2018/12/12

    遺伝子組み換え食品(GMO)の安全性についての審議もまともにしないまま、とうとうゲノム編集食品までもが解禁されてしまう。

      農家の人は、ゲノム編集された種子と知らずに栽培してしまうかもしれないし、私たちもゲノム編集された食品とわからずに食べてしまうかもしれません。

      ゲノム編集食品に表示義務がなく、さらに遺伝子組み換え食品の表示も実質できなくなるとしたら、食品の安全性はその表示では確かめようがなくなってしまうわけです。そして、待ってました!とばかりに、アメリカからはもうすぐゲノム編集された大豆がどっと日本にやって来ます。大豆におけるグリホサートの規制緩和は既に済んでしまっていますから、実に用意周到なものです。

      そもそも、安倍政権による統合イノベーション戦略というシナリオに基づいて、ゲノム編集に関するスケジュールは進められていると思われます。ですから安全性について、時間をかけて議論を尽くした審議をするということは二の次なわけです。パブリックコメント募集などの申し訳程度のことはひっそりと行い、ろくな審議もしないで何かに間に合わせるかのような強引な進め方は、国会の強行採決をみるかのようです。

      そしてRCEPという自由貿易協定の名の下、アジアの国々から種子の権利を奪い、知財化したゲノム編集の種子を世界に売り込もうというのが狙いのようです。

      もしかしたら周回遅れの道中には、あべ叫喚地獄という悪夢が本当にあるのかもしれません。日本人の気づきのための傷として。



     追記。

      EUではゲノム編集において、ノックイン、ノックアウト(*)はどちらも遺伝子組み換えとしています。

      アメリカでは、米国農務省によるとノックアウトのゲノム編集作物は遺伝子組み換え作物ではないとの判断をしています。しかし全米有機認証基準委員会は、ゲノム編集(ノックインもノックアウトも)は遺伝子操作由来として、従来の遺伝子組み換えと同じように、有機食品としては認めない!と決議しています。ですから、有機栽培された(ノックアウトの)ゲノム編集作物が果たして有機農産物として容認するのか?ということで注目されているようです。

      日本ではアメリカ同様、ノックアウトのゲノム編集作物は遺伝子組み換え作物ではない!として表示の検討を始めているとのことです。

      ですから有機かどうかも大事ですが、どちらにしてもアメリカ産のゲノム編集作物は、GMOではないとしてこれからバンバン入ってくるとおもわれます。





    (*)ノックイン…必要とする他の遺伝子を入れ込む。

    ノックアウト…目的とする遺伝子の機能を欠損させる。他の遺伝子は入れない。

  • 名無しさん2018/12/12

     抗議集会は10月5日に暴徒化して、警戒中のパトカー、警備車両などをひっくり返し、乱闘に発展、警備側に34名の重軽傷がでたという(『多維新聞網』12月11日)。当局は「暴徒は『退役軍人』を装った犯罪者、十名の首謀者を拘束した」と発表した。

  • 2018/12/12

    三島由紀夫「豊饒の海」を投稿した直後から、妙な違和感を感知し始めた。激しく憎悪されている。

    沈思しながら原因をサーチする。なるほど、「豊饒の海」を「柿ピーの海」と茶化したことが原因だ。三島由紀夫を敬愛し崇拝する人にとっては許せない冒涜なのだろう。

    毎日御英霊に読経を捧げている。ずいぶん前からだ。時々不思議なことを感じる。以前他のサイトで三島由紀夫を論じたことがあった。そのあと、妙に感得したことがある。御英霊は三島を蛇蝎のように嫌っている。どういうことなのかと考え始めた。

    割腹自殺の前に乱闘があり、三島は関の孫六で自衛官らに切りつけた。身内を傷つけた相手を、組織は絶対に許さない。結束して対抗する。社会経験の有る者なら常識だ。組織を敵に回し、その組織に決起を促す。無論激しい野次を浴びる。当たり前だ。やることが相当にズレている。・・・というより、度し難い自己中心性、あるいは幼児性と言うべきか。、

    読経していて驚いたことが有る。東郷平八郎や乃木希典などの、いわば英雄に対して御英霊は冷たい。戦場にヒーローなどはいない。戦争体験者は戦争を語らない。その沈黙の重さが、戦争を知らない世代の、手前勝手な「わかったつもり」を拒絶する。

    葬場では花で荘厳する。荘厳とは飾りだ。三島は自らの死を憲法改正で荘厳していった。そういうことだ。

    三島は野次る自衛官たちに「諸君は武士だろう」と絶叫する。無論自分自身も武士のつもりなのだろう。しかし、それは所詮武士もどきに過ぎない。現実の武士は堅実な実務家だ。三菱を「五菱」などと揶揄して実業を忌避するのが三島の人生観だったが、こういうのが疑似武士の典型。観念でこしらえた武士道パフォーマンスに過ぎない。

    今では三島のお芝居にお付き合いするのが馬鹿らしくなって、つい茶化してしまった。しかし、三島ファンの方に不愉快な思いをさせてしまったとしたら申し訳ないと思います。

  • 名無しさん2018/12/12

    ロバート・デイビッド・スティール氏が、今年初めに開催された委員会で小児性愛犯罪の実態を説明した。

      世界中のエリートたちは、子供たちを拷問にかけて殺し、恐怖の中で放出されたアドレナリンが充満した子供たちの血液を飲み、体内にそうしたネガティブエネルギーを吸収しているとのことです。これらのことは、イルミナティの犯罪を暴露して来た内部告発者たちが、共通して言及している事実です。

      氏は、ディープ・ステート解体のために、小児性愛犯罪に焦点を当てるべきだと言っていますが、その通りだと思います。

      日本ではどうかということですが、これだけ日本の政府が腐敗していれば、推して知るべしというところでしょう。小児性愛犯罪に関しては、「プチエンジェル事件」がありました。“プチエンジェルの顧客名簿には、大物政治家、実業家、大手企業役員、医者、財閥の大立者など、表に出たらとんでもない名前ばかり並んでいた”と言われ、“少女の行為を撮影した1,000本以上のビデオテープ”も発見されているそうです。

    トランプ大統領は、“このような悪に対する戦いを優先事項”としている。将来、世界規模のネットワーク(世界の王族が絡んでいる)のとんでもない悪事が暴かれ、人々は驚愕することになるでしょう。関与したエリートたちにすれば、何としても情報の全面開示を避け、自分たちだけは生き残ろうと、あれこれ画策するのは当然です。

  • 名無しさん2018/12/12

    前回の新日鉄の話は松がっています。当時は官営ですつまり国営で今の株式会社ではありません。また下請け会社で、今はあるかどうかは分かりません。つまりどの会社であったか、何をしていたか記入する必要がありまし。また当時は小卒が大部分でまともな仕事をしていたとも思えません。

  • 名無しさん2018/12/12

    イルミナティは、その霊導の系統から、表と裏に分かれます。

     裏のイルミナティの頂点の冠石に君臨するのはロスチャイルド家であることが、ジョン・トッド氏の内部告発によって明らかになっています。彼らの下には、イルミナティ13家を代表する霊媒師たちの評議会があります。裏のイルミナティは、神智学の大立者アリス・ベイリーが設立したルシファー・トラスト(のちにルシス・トラストと改名)を通じて国連をコントロールし、NWO(新世界秩序)を実現しようとしてきました。

      彼らの目に適ったごく一部の人間を除いて、殲滅されるべき存在と見なしています。この観点から、7つのグループは、これまではカバールと共闘の関係にあったのです。

      ところが、自分たちよりも格下と見なしていたカバールが科学力をつけ、今では先進的な兵器によって自分たちの命を脅かす存在になったことから、慌てて会合を行った様子が、わかります。

      表のイルミナティは、イエズス会、黒い貴族たちに支配されているのがわかりますが、彼らは、奴隷はたくさん居た方が良いと考えるので、NWOとは対立しています。グノーシス・イルミナティは、表のイルミナティの1組織です。

      実のところ、闇の組織を作り出し、巧妙にコントロールしているのはハイアラーキーだということです。実は、マイトレーヤとブラック・ロッジのトップとは密約があり、地球を本拠地とするレプティリアンを始末することで、合意が取れていたのです。

      しかも、NWO完成の暁には、ブラック・ロッジのトップ(彼もまたルシファーの名を持ちます)が地球を統治することも、密約の中に入っていたのです。このように、いわゆる光の勢力というのは、サナット・クマーラ(ルシファー)の支配下にある闇の軍団だったのです。 

  • 名無しさん2018/12/12

    譲位・受禅儀式(皇位継承法)

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/12/11/110349

    戸籍謄本、住民票、マイナンバー、悪いことしてへんかったら簡単に出せるやろ。 

    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-487.html

    日本人を侮辱していた!!ソフトバンクのCM「父親が犬」な理由http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-93.html

    【拡散】北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日-16日【拉致被害者全員奪還】https://samurai20.jp/2018/12/rachi-17/

    「沖縄はしか」で浮かび上がる新・ワクチン政策

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1919

    余命三年時事漫画

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BD%99%E5%91%BD%E4%B8%89%E5%B9%B4%E6%99%82%E4%BA%8B%E6%BC%AB%E7%94%BB&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjSv7Oj_JjfAhWMvbwKHZIfCP8Q_AUIDigB&biw=960&bih=465