国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ファーウェイ、ZTEを入札から外すと日本政府も決定

2018/11/26

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月26日(月曜日)
         通巻第5902号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ファーウェイ、ZTEを入札から外すと日本政府も決定
  中国のスパイ通信機器、民間にも自粛要請へ
****************************************

 米国はすでにファーウェイ(華為技術)とZTE(中興通訊)の使用を禁止している。
とくに連邦職員、公務員、軍人、警察官はファーウェイのスマホ使用禁止、また通信設備の工事、プロジェクトからZTEを排除している。
ZTEは、米国からの半導体輸入が不可能となって、スマホ生産が出来ず、経営危機に陥った。

 オーストラリア政府は、ZTEが応札したパプア・ニューギニアとの通信ケーブルのプロジェクトから排除した。ニュージーランド政府も、これにならう。
 
 そして先週、トランプ大統領はこの規制を同盟国にも要請するとした。具体的には日本、インドなどである。

 ようやく日本政府は、公的プロジェクトからZTEの入札を排除し、また公務員、自衛隊員、警察官を含む公的立場の人間が両社の通信機器使用を「自主規制」する動きにでた。ファーウェイの格安スマホは若者達が購買するので、日本でもかなりのシェアがあるが、民間の末端にまで「自主規制」だけで、排除できるかどうかは、おおいに疑問が残るところだろう。
   □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 学校で教わる歴史はGHQが植え付けた「自虐史観」の最たる見本
  新聞記事では分からない『真実』を如何にして見つけ出し、汲み取るか

  ♪
高山正此『習近平は日本語で脅す』(新潮社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

 このシリーズも第十三弾。常套句の「高山節は健康飲料水1ダース分」「日頃味わえない爽快さ」「週刊新潮の連載コラム、後からページを読む人が多い」は、もう言い古されていしまった。
何をもって新鮮な譬喩とすべきか?
 前にも書いたが、評者(宮崎)は朝日新聞が日本でいちばん良い新聞だと信じて、大学3年間は毎朝夕、朝日新聞を配って、集金し、拡張もして学費を得ていた。日教組教育をまともに受けて洗脳されていたからだろう。そして朝日新聞が『日本でいちばん悪い新聞』と分かるのに三年の月日を要した。
以後、ぷっつんと凧の糸が切れたように、読まない。読むと血が頭に上るからだが、ときどき地方のホテルのロビィに無料で積んであるので、手に取ってみる。「なんだろう、これは。アジビラの類いか」というトイレットペーパーの印象しかない。
 本書は朝日新聞批判にかけては天下一品の高山さんの包丁さばきが見事だが、なにしろ朝日を半世紀近くも読んでいない評者にとっては、切迫感が薄い。
あの新聞を毎日、隅から隅まで目を通す労力を考えたら、ほかにエネルギーを向かわせたくなる。

だが、このフェイクニュースの悪を放置してはいけない。だから正義感が高山氏をおして、毎号舌鋒鋭く朝日の欺瞞を白日の下に晒すのだ。
 結局、学校では学べないのが『歴史』であり、朝日新聞なんぞを購読していると分からない『真実』をいかにしてニュースの洪水のなかから選択肢、吟味し、取得するか、このノウハウの奥義が自然と語られる。
それが本書の魅力のひとつである。  
 誰もが思っていることだろうが、学校の歴史教育は甚だしくゆがんでいる。誰がねじ曲げたか、日本人自らが自虐史観から這い上がれないのか。
GHQの洗脳がまだ効き目があるのか、日本の文化を諸外国が褒めているのに、日本人がけなしている。その代表選手の朝日新聞を支配するメンタリティの腐臭、その驕慢、やはり、この元凶を叩きつぶすことからすべては始まるのだろう。

      ○□◇ ○○◎ ○□□ ◎□○ ◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪  
絶賛発売中!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。 
 ――AI(人工知能)開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
 ――デジタル監視態勢は、新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ。再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、人民を奴隷の状態に置き、「中国共産党が正しい」と徹底した洗脳教育が行われている。
 ――これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?
□◇○ ◎○□ □◎□ ○○○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「ニッサンのインボー?」 
フランスではゴーン「総督」をめぐる今回の件についてこう言われているそうですが。ニッサンはいわばルノーの植民地ですから、植民地反乱を鎮めるために「征夷大将軍」が送られて来るんでしょうか?
第一次大戦の英雄ペタン元帥のようなひとが。哈哈!
かつて東南アジアをはじめとする世界各地の植民地でやりたい放題をやっていたフランスの人々が「陰謀」とは。たとえ「陰謀」であっても、噴飯ものです。また企業提携は「双方ともウインウインでなければならない」というニッサン側の言い分も理解できません。ニッサンは有体に申し上げれば、「植民地」でなければ、親に売られた「女郎」です。いくらお金を稼いで返しても、年季あけのない「遊女」です。
このニュースはわたしたちの目の前でいま起きていることです。でも、それはそのまま遠い昔の時代を思い出させてくれる。この点で貴重です。時間は流れてもヒトのやっていることは変わらない?
(浪子)


(宮崎正弘のコメント)フランスは数十万人デモが全土に波及し、マクロン退陣を要求して規制を挙げ、巴里ではパトカーの放火、まるで無政府状態の大混乱。ルノー騒ぎどころではないですね。シャンゼリゼ通りから観光客がいなくなり、情勢は剣呑としています。

◎○◎○ ◎ ○○◎○
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信 西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  ♪
憤怒の思いを持て
@@@@@@@@
                     
 先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 
 平成十七年(二〇〇五年)五月二十七日は、日露戦争において、対馬沖で、ロシアのバルチック艦隊を、我が連合艦隊が殲滅した日本海海戦から百年であった。その日以来、本年の五月二十七日に至るまで、私は毎年、対馬の有志によって日本海海戦海域を見渡せる対馬北端の殿崎の丘で行われる日露戦没将兵の慰霊祭に出席して「海ゆかば」を歌っている。 
 この日本海海戦で生き残ったロシア海軍兵士のノビコフ・プリボイは、ロシア革命後に「ツシマ」と題する日本海海戦史を書き、第一回スターリン賞を受賞している。プリボイは、自書「ツシマ」の冒頭に、レーニンの次の言葉を引用した。「ロシア海軍の敗北がこれほど容赦なき潰滅であろうとは誰一人考えていなかった。」「我々の当面したものは、ただ軍事的な敗北というだけではなく、専制政治の完全な軍事的倒壊であった。」そして同書の最後を次のように結んでいる。
「ツシマ島には、水先案内が『驢馬の耳』と呼んでいる尖った裸の岩が、二つに分かれて空高くそそり立っていた。『驢馬の耳』を持ったこの島は、今よりツアール政府、暗黒と無言の政権、の不名誉を永劫に記念する記念碑となるであろう」。この「ツシマ」の冒頭のレーニンの言葉と末尾の著者プリボイの言葉を観れば、レーニンの、戦争から敗戦へ、敗戦から革命へという「敗戦革命論」は、我が国が日露戦争で帝政ロシアを打倒し、そこからボルシェビキによるロシア革命がスタートした経験から生まれたのではないかと思う。
本年(平成三十年)十一月、シンガポールで日露首脳会談が始まる直前に、私は対馬の砲台跡のある上見坂の丘から、眼下に浅茅湾を見下ろし、左手にロシアの水先案内人が「驢馬の耳」と呼んだ嶺を眺めていた。
 そこで、思ったことを次に記す。
 ロシア民族は、十六世紀、モンゴル(タタール)のくびきから脱してモスクワ大公国を建国して以来、絶え間なく東に向かって侵攻し、清国との一八五八年のアイグン条約と一八六〇年の北京条約によってウスリー以東の沿海州を獲得して、遂に西のバルト海から東の日本海にまたがるユーラシア大陸を支配する帝国となった。この日本海に直面するロシアの西に広がる海の向こうには、対馬から樺太に至る日本列島が横たわっていた。左手を伸ばせば樺太に、右手を伸ばせば対馬に手が届く。
 事実、ロシアは、無頼のコサックを使ってまず樺太のアニワ湾に上陸して日本の運上屋を占拠して日本人を追放し砲台を築き(一八五三年)、次に軍艦ポサドニック号を対馬の浅茅湾に侵攻させて芋崎に入泊させ、半年の間、兵舎を造って駐兵し、付近の村落を略奪した(一八六一年)。この時、ロシア兵に立ち向かって殺された対馬藩士二人は靖国神社に祀られている。 

我が国の歴史教科書は、嘉永永六年(一八五三年)のアメリカのペリ−来航しか教えない。しかし、同じ年に、ロシアのプチャーチンが長崎に来航し、ロシア人が武器を持って樺太に侵攻したのだ。この樺太と対馬の事態に対して、我が国の徳川幕府は、対馬のロシア軍艦をイギリスの圧力を借りて退去させることはできたが、樺太に居座るロシアを退去させることはできなかった。
アメリカ大陸を西に向かって太平洋にでたアメリカと、ユーラシア大陸を東に向かって太平洋に出たロシアと、我が国は同時に直面したことを忘れてはならない。20世紀に入り、我が国は19世紀に同時に直面したロシア・アメリカと戦ったのである。
そこで、狭い「北方領土」だけを見るのではなく、ロシアの建国以来の衝動ともいうべき東進拡大運動が、十九世紀半ばに太平洋に直面してから我が国周辺で如何に展開されたかを見ることにする。
 
 まず、ロシアから見て東の海に南北に広がる樺太を含む日本列島を、ロシアは如何に見たか。それを端的に示すものが、ロシア海軍軍令部の編纂した「一九〇四、五年露日海戦史」の記述である。
極東でロシアが絶対優位権を確立せんと欲するならば、「須く日本を撃破し、艦隊保持権を喪失せしめなければならない」と記され、さらに、対日戦争では朝鮮を占領し馬山浦を前進基地として「日本人を撃破するのみにては不十分で、さらに之を殲滅せざるべからず」
と記されているのだ(平間洋一著「日露戦争が変えた世界史」)。この恐るべきロシアの対日戦略は、ロシアが始めて太平洋に直面して以来、一貫したものであり、大東亜戦争後においても遂行された。これが「北方領土問題」の生まれた所以だ。これを観るだけでも、安倍総理の強調する「プーチンとの信頼関係」で日露間の「北方領土問題」が解決するなど、到底言えないことが分かるだろう。
 
プーチンはKGB(ソビエト国家保安委員会)のエリートでスターリンに近い男であるからだ。
北海道大学名誉教授の木村汎氏は、平成三十年十一月二十二日の産経新聞朝刊の「正論」で「第二次世界大戦後の国際秩序を律する一連の基本的合意を真っ向から踏みにじって省みようとしないのが、スターリンと同じくプーチン氏と評さざるをえない。」と書かれている。木村先生と、プーチンに対する認識が一致して心強い。
 まず、樺太。この北海道の北の広大な島の存在を、我が国は奈良時代に既に認識していたことは明らかである。多賀城の陸奥国府に天平宝字六年(七六二年)に建てられた「多賀城の碑」には、「京を去ること一千五百里」などと各地からの距離が刻されている。
 そのなかに「靺鞨国界を去ること三千里」とあり、この三千里は樺太北端から多賀城までの距離と一致する。そして、十七世紀以来、樺太は日本領となっていた。しかし、プチャーチン来日と同時期に樺太に上がってきてから二十年の歴史しかないロシアに、我が国は全樺太を明け渡すことになった(明治八年、一八七五年、千島樺太交換条約)。これ、日本外交の大敗北である。
以後、ロシアは、前記「露日海戦史」の記述通り、日本を過小評価して満州から朝鮮半島に進出して日本を「殲滅」せんとして、日露戦争が勃発する。しかし国家の存亡をかけた決死の我が国の帝国陸海軍は、ロシア軍を陸海で撃破して世界を驚愕させた。
そして、我が国は、明治三十八年九月の日露講和条約によって、三十年前の明治八年に奪われた樺太の南半分の領土を回復した。しかしその四十年後の大東亜戦争最末期から、
スターリンは、日ソ中立条約を破って、まず満州と北朝鮮と南樺太に侵攻し、我が国がポツダム宣言を受諾して全前線において戦闘を停止し、連合軍も戦闘を止めた後に、
樺太南部と千島に侵攻したのだ。その時のスターリンの目標は、北海道の北半分まで占領することであった。

 昭和二十年八月十五日の終戦時には、北千島には二万四千五百名の日本軍精鋭部隊が駐屯していた。彼らは、大本営の戦闘行動停止の命に従って武装を解除し始めた。しかし八月十七日午後十一時三十五分、カムチャッカ南端のロパトカ岬から突如ソ連軍が十三キロ南にある占守島に砲撃を開始して上陸してきた。日本軍は、敢然と直ちに武装を元に戻し迎撃態勢を整え、上陸したソ連軍を浜に追い詰めた。
「戦車隊の神様」と呼ばれた戦車第十一連隊長池田末男大佐は、戦車六十四両の精鋭を率いて出撃しソ連軍を撃破して戦死する。さらにわが軍が攻撃を継続すれば、追い詰めたソ連軍を殲滅できたところ、第五方面軍樋口季一{カ司令官の停戦命令により、日本軍は戦いを停止してソ連軍に降伏した。
この占守島の戦闘で日本軍の死傷者は約六百名、ソ連軍の死傷者は約三千名であった。
日本軍の大勝利である。
 しかし、ソ連は戦闘を停止して多くのソ連兵の命を救った日本兵を、最も過酷な地獄の収容所であるシベリアのマガダンに送ったのだ。
 以後ソ連軍は、八月三十一日に千島南端のウルップ島までを占領し、北方領土は八月二十八日に択捉島、九月一日に国後・色丹そして九月五日に歯舞群島を占領した。降伏文書調印の九月二日の後にも、ソ連軍は我が領土への侵攻を続けた。しかし、占守島の戦闘における打撃によってスターリンは北海道侵攻を断念したのだ。
我々は、地獄のマガダン収容所で無念の思いで知られることなく亡くなっていった多くの日本軍勇者に深く感謝しなければならない。同時に、おのれ卑劣な露助め、と思うべきだ。
 さて、このロシア(ルーシーの皮を被ったタタール)が奪った領土を如何にして返還させるのか、だ。嘗て一度、このタタールが領土を手放したことがあった。
それは彼が、イギリス、フランス連合軍とクリミアで戦って疲弊したクリミア戦争(一八五三年〜五六年)の後、金に困窮し、アラスカをアメリカに売却した時だ(一八六七年)。よって、今再び、ロシアを西のクリミア侵攻による制裁で徹底的に疲弊させれば、樺太と千島を含めて取り戻せる道が開ける可能性がでてくる。

現在の、ウラジーミルちゃんのロシアに援助すればロシアとの「信頼関係」が深まり、そのうちかえしてくれるだろう、そ〜のうち、なんとかな〜るだあ〜ろう、と、ボーッと期待する方策よりは可能性がある。
一九六八年、自由化に向かうチェコのプラハのバーツラフ広場に戦車を入れたソ連に対して、プラハ市民が「広場にソ連のサーカス団が来ている。一滴の水もやるな!」と言った。 
これだ! 「クリミアに居座り、国後・択捉・歯舞・色丹に居座るロシアに、一滴の水もやるな!」 
                     (にしむらしんご氏は前衆議院議員)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◇◆◇ ◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
近刊予告!!
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 これは三年前に上梓された『中国壊死』の新書版へのリニューアルです!
 (ビジネス社。1080円、11月30日発売)
『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420665/
    
  ♪♪
近刊予告 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
 (↑ アマゾンで予約募集中です)
      ○□◇ ○□◇ ○□◇ ○□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は12月2日から9日まで海外取材のため休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/26

    ファーウェイ、ZTEを入札から外すと日本政府も決定

      中国のスパイ通信機器、民間にも自粛要請へ