国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2018/11/24

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
    平成30年(2018)11月24日(土曜日)
         通巻第1295号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鍛冶俊樹の軍事ジャーナルより転載
*三島由紀夫が復活する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 明日11月25日は、48年前に三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊で劇的な最期を遂げた日である。三島を追悼する行事が憂国忌を始めとして各地で催される。一昔前には作家の死を悼む行事が色々あったが、昨今は三島を例外として他は殆ど聞かれなくなった。
 三島は文学者の自殺ではなく武人としての自決を選択した訳だが、その文武両道の軌跡が現代のグローバリズム文明に貴重な示唆を与え続けているのであろう。前々号で豊饒の海を取り上げたが、本号でも三島に関して二題。
 現在発売中の月刊誌Voiceの12月号に、元防大教授の西村繁樹氏の「三島事件・48年目の真相―三島由紀夫と最後に会った「青年将校」」が掲載されている。
 西村氏は、防大4年生のときに、陸上自衛隊の施設で当時、体験入隊中だった三島と偶然出会い、その後、陸自の将校に任官してからも交流があった。三島事件の1か月前にも会っており、事件後は三島の檄文を隊員の前で読み上げて、陸幕から睨まれたという。
 つまり自衛隊上層部から危険人物視された訳だが、それを救ったのが当時内局に出向中だった外交官の岡崎久彦だった。岡崎は内局で氏に会って「君は三島が最後に会った男だそうだな」と言ったという。
 その後、米国のランド研究所に派遣されたが、そこでの米ソ冷戦下における日本の核戦略上の立場に関する研究は、1980年代の中曽根政権の安保政策の基礎を築いた。また1990年代にはハーバード大学に派遣され、米ソ冷戦後の日米安保体制の在り方に強い影響を及ぼした。
 先日、文筆家の岩下尚史氏の話を聞く機会があり、感銘を受けたので早速、氏の代表作「直面(ひためん)」を読んだ。これは三島の若き日の恋を綴った実録である。三島事件の直後から、三島を異常性愛者だと吹聴する悪意ある風説が後を絶たなかったが、本書を読めば三島の性的志向が正常であったのは一目瞭然である。
 また本書は、三島が若き女性と逢瀬を楽しんだ昭和30年前後の東京の文化的背景を見事に描き出している。昭和30年といえば日本が戦後復興を成し遂げた年であり、そこでは古い日本と新しい日本が交錯していた。文化史的にも貴重な史料である。
  ▲▲▲▲ ▲▲▲▲▲▲▲▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
明日、「憂国忌」
@@@@@@@

明治百五十年にあたり、背景に明治の残映から始まる三島先生の傑作『春の雪』(『豊饒の海』第1巻)を中心としたシンポジウムなどを執り行います。
 実施要綱は下記の通りです。
            記
 日時   十一月二十五日(日曜) 午後二時(午後一時開場)
 場所   星陵会館大ホール(千代田区永田町2−16)
 資料代  お一人 二千円 
<プログラム>                      (敬称略、順不同) 
                     総合司会     菅谷誠一郎
午後二時   開会の挨拶        三島研究会代表幹事  玉川博己
      『春の雪』名場面の朗読              村松えり
      『天人五衰』最後の場面朗読            村松英子
午後二時半 シンポジウム  「『春の雪』をめぐって」
                    小川榮太?、富岡幸一郎、松本徹 
                  司会  上島嘉郎(『正論』前編集長)
      追悼挨拶「憲法改正の時が来た」   中西哲(参議院議員) 
午後四時十五分    閉会の辞。 全員で「海ゆかば」斉唱    
       (なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい)
 <憂国忌代表発起人> 入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦
西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子
(実行委員会責任者      宮?正弘)
(三島由紀夫研究会代表幹事  玉川博己)
        ○□◇□△◎△□◎◎☆□□☆□△◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 http://mishima.xii.jp/contents/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2018  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/26

    日本人が海外へ行った場合、民間保険加入。外国人が日本に来た場合、たった三ヶ月で国民健康保険加入出来、高額医療も受けられる。これ、おかしいね?(家族を呼び寄せる)https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/8bab87a7278c733de911e1bbd020191c

    「五箇条の御誓文」のエネルギー

    http://melma.com/backnumber_115_6760885/

    筋肉サプリで肝腎壊し、ゼロで金玉と脳を壊す!?:「カロリーゼロの効果はゼロだった!→むしろマイナス」   https://quasimoto2.exblog.jp/238871766/ 

    大衆を洗脳し従順にさせる5種類の化学兵器とはhttp://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034432.html

    ファシズムの解決策を科学者が発見する・月面着陸など【ミーム集】https://ameblo.jp/wake-up-japan/

    「人の税金で学校」発言の麻生さん 愛人のクラブ通いは? 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」(日刊ゲンダイ)

    http://www.asyura2.com/18/senkyo254/msg/124.html

    花絣

    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%8A%B1%E7%B5%A3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjewbHPzfDeAhWIi7wKHXzRAIwQ_AUIDigB&biw=865&bih=513

    【悪質妨害】技能実習生の失踪調査票が公開も、コピー・撮影が不許可に!野党側は2800枚分を手書きで書き写し!森ゆうこ議員「写経をしている心境、バカにするな!」 https://yuruneto.com/sissoutyousahyou/

    メディアが決して報道しない中韓の素顔https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/95d5ec538067481af181b50eab4c1c97?fm=entry_awp_sleep

    二つの悲劇 / 犯された娘と命を絶った母

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68741378.html

    香山リカさんとしばき隊

     威力業務妨害をしている連中が、何を今更言ってるの

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53301905.html

    地図でわかる、寺社・仏閣・文化財、被害一覧【厳罰化を求める人はシェア】

    https://samurai20.jp/2018/11/tatari-4/

  • 名無しさん2018/11/25

    【1970年大阪万博】ミス万博のお嬢さんのお辞儀【1985年 つくば博】【1978年 ミス東京】★肘はりコンス、おしっこ我慢お辞儀もなかった昭和の大阪万博https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/d744eacebc7fcb7bc633c001421dd808

    麻生財務相が「最高顧問」の外国人実習制度「利権」団体…実習生の低賃金化を助長https://biz-journal.jp/2018/04/post_22912.html

    在日韓国人が必死で隠す戦後最大のタブー「背乗り」の恐ろしさを広めよう戸籍乗っ取り角田美代子自身も乗っ取られていた!?2c

    http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/597.html

    何馬鹿やっていたのか?三菱UFJ銀行、北朝鮮のマネロン確定か?https://blog.goo.ne.jp/ss007_2007/e/ab5d8a35e5eabd400f49f63f4b56907c

    mateusz urbanowicz

    https://www.google.co.jp/search?q=mateusz+urbanowicz&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwju8PGe2u3eAhVGybwKHXg3Bj8Q_AUIDigB&biw=1536&bih=725

    もう、マスコミを頭から信頼するような単純な人間はいない]

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

    ハニートラップ 

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/3ed847e22ef56223b74fa3b5a778be43?fm=entry_awp_sleep

    週刊文春の社長は民青あがりのガチ共産党員、民共に都合の悪いことはスルー。https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/5ecfe1fcfb82ef0a4493507a5c19f999?fm=entry_awp_sleep

    KGB国家ロシアとの平和条約・経済協力など、日本国の自殺行為! https://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2016-12-04

    フランスでのB型肝炎ワクチン接種中止の経緯

    http://satouclk.jp/2016/06/b.html

  • 名無しさん2018/11/24

    病気は体毒より生じる!



    (なぜ病気になり、なぜ、治るのか)



     西洋医学の答えは「それは、わからない」である。つまり、現代医学は、「人間がどうして病気になるのか」の原因すらわかっていない。原因がわからないのだから、治せるはずがない。しかし、東洋医学の答えは明解である。「それは体毒より生じる」



     東洋医学は、病気の本質をはっきり見抜いていた。それは体毒が原因と言うからである。では体毒とは何か? 

    それは体内に発生した毒素である。その毒はどうして生じたのか? 

    その最大の原因は過食である。身体の代謝能力以上の食べ物を食べると、それは排泄しきれずに体内に残ってしまう。身体は、それを老廃物として体内に溜めこむしかない。まずは、脂肪細胞に蓄え、さらに、全身の細胞に蓄える。老廃物とは、身体にとっては異物である。つまり、毒物である。やむをえず毒物をため込んだ細胞は汚染された細胞となる。当然、生命力が衰えて弱っていく。そこで、繁殖するのがウイルスや細菌などの微生物である。身体にとっては体内で反乱が起きたようなものである。身体は、それら暴徒を鎮圧する防衛の為の軍隊を派遣する。それが各種の白血球で構成された免疫細胞軍である。特にウイルスやバイ菌などに直接攻撃を仕掛けるのが顆粒球である。その防衛兵士たちは、活性酸素と言う火炎放射器を帯行している。その炎をウイルスや細菌に放射して焼き殺すのである。しかし、火炎放射は敵だけを焼き尽くすわけではない。自らの組織、器官も熱い炎に炙られる。すると、痛み、腫れ、発熱が生じる。これが「炎症」の正体である。



     「炎症」とは炎に炙られた症状である。例えば、「胃炎」「腸炎」「肝炎」「腎炎などである。つまり、病気の正体は、体内で増殖した微生物を退治する時に顆粒球が放射した活性酸素の炎で生じた「炎症」なのである。その原因を辿れば、体毒に行き着き、さらに辿ると、過食に行き着く。



    (万病の原因は「過食」と「苦悩」)



     万病の元は過食だった。体毒の原因はもう一つある。それが苦悩や怒り、ストレスである。悩みや怒りはアドレナリンと言う神経毒を発生させる。これは毒蛇の毒の4倍と言う猛毒である。それが体毒として体内を駆け巡り病気を引き起こすのである。「病気」を「気」が「病む」と書くのは本質を表している。



    (「症状」を「病気」と間違えた西洋医学)



     西洋医学は、病気の原因がわからない。東洋医学は、原因が体毒と突き止めた。さらに、西洋医学の致命的過ちは、「症状」を「病気」と間違えていることである。東洋医学は、「症状」と「病気」をはっきり区別している。つまり、「症状」は「病気」の治癒反応に過ぎないのである。様々な「症状」は「病気」が治ろうとしている「現れ」なのである。



     そもそも「生命」とは何か? 

    「生命」の最大の特徴は、ホメオスタシス(生命恒常性維持機能)である。これは「生命は常に正常を保とうとする働きがある」ことを示す。わかりやすく言えば体温である。人の正常体温は36・5度Cである。夏場、炎天下では汗が流れるが、それは汗の気化熱で体温を冷まそうとしている。逆に、氷点下数十度の酷寒では、身体はガタガタ震える。それは筋肉を小刻みに動かし、血行を促進して体温を上げようとしている。このように、「恒常性」を維持しようとするホメオスタシスは単細胞生物から多細胞生物にまで備わっている機能である。この機能があるから、生物は生命を維持できるのである。



     ホメオスタシスは、振子が引力で引かれて正常の位置に戻ろうとする働きと同じである。この時、真下に引力として働くのが自然治癒力である。「風邪」を引いたとする。「病気」が風邪なら、発熱、咳、下痢などは「症状」であり、治癒反応である。発熱は体温を上げてウイルスなどの病原体を殺すためである。さらに免疫力を上げるためである。咳、鼻水、下痢は病原体の毒素を体外に排泄するためである。これらの症状の治癒反応のおかげで病気の風邪は治っていくのである。ところが、西洋医学はこの「症状」を「病気」と勘違いする重大ミスを犯している。そして発熱には「解熱剤」を、咳には「鎮咳剤」、下痢には「下痢止め」の薬物を投与する。まさに対症療法の滑稽さである。「病気」が治ろうとする「命の振子」を逆向きに押し返す。だから、逆症療法とも呼ばれている。治癒反応を薬で止められた振子は傾いたまま固定される。すると「病気」も固定され、慢性化し、悪化していくのである。



    (薬物療法が犯してきた5つの大罪)



    1逆症療法→「命の振子」を逆向きに押し返し、病気を慢性化させ、悪性化させている。



    2毒反射→薬は本来毒である。薬物療法とは毒を投与して生体の毒物反射を利用するものである。Aと言う薬物を投与したら、生体全体の組織、臓器が毒物Aに反射する。これが毒反射である。循環器系が反射して、血圧が下がったとすると、それは毒物に対する生理反射に過ぎないのに、医師たちは狂喜する。「Aには血圧降下作用がある」とし、Aを医薬品「降圧剤」として認可を取り販売し利益を上げる。毒物Aが「降圧剤」と言う薬に化けたのである。A投与で血圧が下がるのは、あくまで生体の毒物Aへの反射である。生体に備わった自然治癒力とは根本的に違うのである。



    3副作用→Aによる血圧低下を製薬会社は「主作用」と呼ぶ。しかし、生体の毒物Aへの反射は、全身の細胞、組織、臓器が毒物Aに反応する。消化器系なら嘔吐、腹痛、下痢など。循環器系なら発熱、動悸、不整脈、ショックなど。神経系なら、痛み、めまい、頭痛、不眠など。これらをまとめて副作用と言う。製薬会社にとっては黙殺、無視したい症状群である。実は、これら副作用群の存在こそ、医療マフィアが薬物療法を推進する裏の理由である。彼らは副作用群が患者に発症すると、それを抑えるため症状ごとに、医薬品を投与する。発熱なら、解熱剤、下痢なら下痢止め、痛みには痛みどめ。こうして投薬の種類と量は、幾何学的に増えていく。製薬会社にとっては極楽であり、患者にとっては地獄である。



    4薬物耐性→生体は外部からの刺激に対し、何とか生命を維持しようとする。毒物を投与されると、生存のために反応する。その一つを「主作用」として製薬メーカーは、医薬品として販売する。しかし、投薬を続けるうちに身体はその毒に耐性を獲得して反応しなくなる。こうして、薬物耐性の生じた患者への投薬量は増えていく。



    5薬物依存→投与を続けていくうちに「命の振子」は傾いたままになる。すると、生体は振子の位置を正常と錯覚して生命活動を営む。薬が切れると振子は真に正常な左の位置に戻る。しかし、生体はこれを異常と錯覚し、苦痛を感じるのである。それが禁断症状なのである。すぐに投薬すると振子は偽の正常値に戻り苦痛も去り、患者は快感を味わう。これが薬物中毒である。依存症で患者は死ぬまで薬を手放せない。製薬会社は笑いが止まらない。

  • 名無しさん2018/11/24

    鍛冶俊樹の軍事ジャーナルより転載

    *三島由紀夫が復活する