国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <中国領事館(カラチ)で自爆テロ

2018/11/24

★明日(11月25日)は「憂国忌」です。午後二時、永田町「星陵会館」。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月24日(土曜日)
         通巻第5901号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国領事館(カラチ)で自爆テロ
 「資源を盗む中国への報復」とパロチスタン独立運動が声明
****************************************

 習近平のシルクロードの目玉は「中国パキスタン経済回廊」で、総額620億ドル。世界からは「借金の罠」と非難囂々だが、どこふく風。しかし現場のパキスタン西部バロチスタンの民衆の動きは違った。

 2018年11月23日午前九時頃、カラチにある中国総領事館を三台の爆薬を積んだ車が襲った。一台は土嚢を積み上げた警備所を襲い、警官二人が死亡、後続の二台が検問を通り抜けて正門前付近まで突っ込み、自爆テロに及んだ。
中国領事館前にいたパキスタン人二人が犠牲となって、銃撃戦となり、テロリストと見られる三名が死亡した。

 同日、近くの都市のバザールでも自爆テロがあり、買い物客でごった返す場所だったため51名の犠牲がでた。この二つの自爆テロは密接に関連しており、バロジスタン独立運動組織は「中国は資源を盗んでいる。報復だ」と声明を出した。

 この自爆テロはイムラン・カーン首相率いる新政権に政治的ショックをもたらした。中国は「警備に手抜かりがある」とパキスタン政府を批判、パキスタンは「中国との関係は揺るぎない」と釈明に追われた。

 パロジスタン地方はパキスタン西部に宏大な土地をもち、シルクロードの起点となるグアダール港がある。2017年にも省都クエッタで中国人教師二人が誘拐され、殺害される事件が起きた。シルクロードの建設現場は原油、ガスのパイプラインと高速道路、鉄道、光ファイバーの工事が行われており、パキスタン正規軍が警備に当たっている。

 他方、中国国内でも「テロ」が横行している。
 この一ヶ月だけでも、10月25日に重慶の幼稚園が襲撃され、ナイフを振り回した39歳の女性が14名の園児を殺傷した。
 11月21日には遼寧省胡廬島で、遠足に向かった児童の隊列に車が突っ込み、5名が死亡、11名が負傷するという事件が起きた。

 11月22日、雲南省昆明にある雲南総合技術大学構内で、若い男が暴れまくり、一人が死亡、11名が負傷(うち三名が重体)。

これらいずれも欧米でおきている銃乱射や、繁華街での無差別的なトラック暴走テロなどに触発された社会不安の現象と見られる。

   □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 世界ではじめて書かれたモンゴル通史
  冷戦終結後、自立したモンゴルが歴史書として求めた

  ♪
宮脇淳子『モンゴルの歴史 遊牧民の誕生からモンゴル国まで』(刀水書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 いきなり雄渾な筆致で歴史の大スペクタクルが始まる。文章がダイナミックで、些細な出来事は行間に埋め尽くされるのだが、草原の空気のように、じわりと夜露になって、染みだしてくる。
これは世界初のモンゴル通史であり、翻訳版(モンゴル語)も最近完訳された。
 思えばソ連崩壊後、歴史認識が白紙のもとで誕生した新生モンゴルには、自らをかたる歴史教科書がなかった。世界に求めたら、本書があった。日本人学者がモンゴル通史を書いていた。
 それほどの重要度を持つのが本書である。
 最初の四分の一は「チンギス・カーン登場以前」である。遊牧民の烏合離散があり、部族どおしの確執があり、異民族の侵略と戦い、異教徒との戦争もあった。これら前史を要領よくまとめているので頭にはいりやすい。
 ここで重要なのは次の指摘である。
 「北アジア遊牧騎馬民をモンゴル系かトルコ系かに分類するという命題には、重大な欠陥がある。第一に、その系統が人種のことを指しているのか、言語のことを指しているのかはっきりしないこと。第二に、歴史的に大いに混血してきた現在のモンゴル民族やトルコ民族を基準にして、かれらより古い時代の遊牧民がどちらの系統に属していたか、どうして決められるだろう」
 そこで、宮脇女史はこう言われる。
「トルコ系民族に分類されている人々は、時期こそ違いがあるが、イスラム教に帰依した人々で、モンゴル系民族に分類される人々とは、十六世紀以後にチベット仏教のなった人々」と目から鱗の定義を提示される。ピタゴラスの定理ならぬ、これが「宮脇淳子の定理」だ。

 評者(宮崎)との共著でも話題になったのは内蒙古自治区にある成吉思汗御陵(漢族は通称「成陵」という)のことである。
 実際にオルダスから南下して、カンバシ新区という世界最悪のゴーストタウンの取材に行った折に、評者もついでに成陵に立ち寄った。
 オルダスからタクシーで2時間ほど南下した草原にあった。まったくの観光スポットとして俗化しており、運転手の漢族に「モンゴル族という異民族が建てたのが元朝であり、なぜ漢族のあんたたちが祀るのか」と聞くと、『おなじ中華民族ですから、問題はない』と答えたので唖然とした記憶がある(宮崎、宮脇共著『本当は異民族がつくった! 虚構国家中国の真実』、ビジネス社を参照)。
 じつはこの成陵。まったくのフェイクである。1956年に中国共産党が勝手に今の場所を選定して「新しい神話」にすぎない。

 実際にチンギス・カーンの墓地は、それならどこにあるのか。
 宮脇女史は以下を叙する。
 「葬儀がおわったのち、遺骸は、オノン、ケルレン、トーラ河が源を発する、ケンティ山脈のブルハン・ハルドンの山の一嶺に埋葬された(中略)。墓には盛り土も墓標もなく、埋葬が終わると、多数の馬に踏ませて土を平らにした。やがて樹木が生い茂って、ハーンの遺骸がどの樹木の下に埋葬されているかはわからなくなった」

 雄大でロマンに満ちたモンゴル歴史、いよいよ「モンゴル帝国」の仕組み、チンギス・カーンの世界征服に突入するが、そのダイナミズムは本書を読んでのお楽しみ。
 所々に挟み込まれた『余滴』もまた読書人には楽しめる。
 騎馬民族説なる面妖な学説が一時日本の学会を席巻したことがある。これもあり得ないと宮脇さんはさらりと次の事実を列挙する。
 「遊牧をしない騎馬民族はいない」のであって、さらに「遊牧民なら馬の去勢を知らないはずがない」。
 日本の古墳から出土するのは魏晋南北朝時代の北中国のものと同類だが、蹄鉄がない。
 江戸時代の絵画をみても、箱根を越える馬は特殊な草鞋を履いている。
 日本に蹄鉄と去勢の技術が入ったのは明治以降だった。つまり騎馬民族説はまったく成り立たないとさりげない批判の矢が随所に放たれている。
 読書の秋にふさわしい重厚な一冊!

      □▽○◎▽□◎○▽□  □▽○◎▽□◎○▽□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪  
絶賛発売中!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

 AI開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか? 「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。
 デジタル監視態勢は、新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ。再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、人民を奴隷の状態に置いた。中国共産党がただしい、と徹底した洗脳教育が行われている。
 これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?
□◇○ ◎○□ □◎□ ○○○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)宮崎正弘先生の新刊『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書)を拝読しました。日本や欧米とまったく異なって中国はAIを産業の進展、社会の発達のための文明的躍進よりも、邪に人民監視、人民の支配という全体主義の延命に使っているというのが、実態と知り、いかに日本人の中国観があまい、幻想的な視野に立ったものかが分かります。
 こういう中国にまだ市場の魅力があるといって進出し続ける日本企業は、そのうちまた痛い目を見るのではありませんか?
   (TY生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)財界は目先に利益があれば、それを得ようとする。国益の前に社益があり、官庁も国益より省益。メディアは中国の実態をまともに伝えない。だから中国幻想はいまも続いているということになります。
◎○◎○ ◎ ○○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
近刊予告!!
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 これは三年前に上梓された『中国壊死』の新書版へのリニューアルです!
 (ビジネス社。1080円、11月30日発売)
『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420665/
    

  ♪♪
近刊予告 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
 (↑ アマゾンは予約募集を開始しております)
     ○□◇ ○□◇ ○□◇ ○□○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘のロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は明日(日曜日)休刊します
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/24

    中国領事館(カラチ)で自爆テロ

     「資源を盗む中国への報復」とパロチスタン独立運動が声明

  • 名無しさん2018/11/24

    外用痛みどめは危険である!



     「外用痛み止め」は飲むのではなく、外から貼ったり、塗ったりする「痛み止め」である。体内に吸収され、「血流阻害」や「喘息」などの副作用が起きる。痛みとは、その部分を免疫細胞の顆粒球などが修復しているサインである。動かさず安静にしていれば、鎮まっていく。ぶり返す慢性的痛みは痛みどめが原因である。



    「バンテリン コーワ液S]→これもテレビで耳に残っているはずである。痛みの患部に塗ると痛みが消えるという。それは、インドメタシンと言う鎮痛成分が「血流を止め、知覚神経を麻痺させ、痛みを感じなくさせる」からである。長い間正座をしていると、足がしびれて、つねっても、全く痛みを感じなくなる。それは血行不良で神経が痺れただけである。痛み止めは、効果は強く、塗ると魔法のように痛みは消えるが、その効果が切れると血流が再開し、激しい痛みがぶり返す。するとまた塗るの悪循環で血行不良が慢性化し、万病の元凶へとつながる。→「不可」



    「フェイスタス5・0」→これは温布テープを貼り付ける貼付剤である。有効成分は、フェルビナクと言う薬剤である。やはり、非ステロイド抗炎症剤である。これもインドメタシンと同じ消炎鎮痛剤で、故・安保徹博士が否定する「痛み止め」である。そのメカニズムは、血流阻害である。低血流は細胞組織の低酸素、低栄養、低体温をもたらし、あらゆる病気の引き金になる。この抗炎症剤にも多くの副作用報告がある。→「不可」



    「新トクホンチール」→これは直接皮膚に塗る液状タイプの消炎鎮痛剤である。鎮痛剤としてサルチル酸グリコールが配合されている。この成分は、副作用として「喘息発作」が警告されている。やはり、薬で痛みをごまかすとロクなことはない。→「不可」



    (睡眠改善剤の副作用に不眠症、言語異常、判断力低下とは問題である)



     市販でも睡眠薬は売られている。医師の処方薬との違いは、市販の方は「睡眠改善薬」と呼ばれている。適応は「一時的な不眠症状の緩和」「ストレスが多く眠れない」「疲れているのに、神経が高ぶって寝付けない」「心配事で夜中に眼が覚める」などである。これらは「不眠症」である。メーカーは「睡眠薬」とすると医者の処方など制約があるので、薬局で売れるような名称を「睡眠改善薬」とした。効き目は、やはり脳に直接作用するので、深刻な副作用が数多く警告されている。これは一種の向精神薬なので、覚醒剤の仲間であり、常用は避けるべきである。



    「ドリエル」→効き目成分は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と言う薬物である。本来は皮膚のかゆみ、鼻水などのアレルギーを抑える成分だった。その副作用に「眠気を催す」と言う症状が現れたので、それを「主作用」として「睡眠改善剤」に方向転換したのである。脳の視床下部の後ろには、興奮性ニューロンが多く存在する。これら神経細胞が脳を興奮させるので「覚醒」状態になる。興奮させるのはヒスタミンと言う物質である。「ドリエル」成分には、この興奮物質ヒスタミンを抑えることで、眠くなる作用を促すのである。しかし、「副作用報告」には「不眠症」とある。中枢神経に直接作用する為、「めまい、耳鳴り、運動障害、倦怠感」などに襲われる。→「不可」



    「ネオディ」→有効成分は「ドリエル」と同じ「ジフェンヒドラミン塩酸塩」である。副作用や問題点も同じである。「添付文書」には「服用禁止」として「妊婦、15歳未満」とある。脳の発達障害などが懸念される。→「不可」



    (便秘薬を止めると出なくなる!)



    便秘の原因は食生活の偏りである。最大原因は、繊維不足、つまり、野菜嫌いに便秘は多い。さらに、白米、白パン、うどん、白砂糖など精白された食品を毎日食べている人に多い。肉好き、ジャンクフード好きにも多い。玄米、胚芽パン、黒糖、菜食などに食生活を改めればいやでも治る。



    「新サラリン」→有効成分はアロエエキスとセンノシドである。前者は昔から民間薬として伝承されているので問題ない。後者センノシドは、副作用が心配である。「大腸の働きを弱め、かえって便秘になる」と言う。「子宮収縮作用で早産・流産の原因」などが心配である。さらに服用量や体質で「下剤を大量に飲んだ状態になる」という。つまり、一種の下剤なのである。便秘対策は下剤に頼らず、食事に頼ることである。→「可」



    (目のかゆみ、充血で、止められなくなる(



     目薬を長年使い続けている人が多いが、これは一種の中毒症状だ。



    「新V・ロート」→添付文書には、8種類の有効成分が、眼の様々な症状を緩和するとある。マイレン酸クロルフェニラミンは、アレルギーなどを抑える抗ヒスタミン剤の一種で、目のかゆみを除くと説明されている。ところが副作用は、「目のかゆみ、過敏症状などのアレルギーを起こす」とある。さらに「過度に使用すると、異常なまぶしさ、充血を招く」と注意書きがある。目の様々な症状を緩和するはずが、目のかゆみ、まぶしさ、充血の原因になるとは問題である。さらに配合されている抗ヒスタミン剤の副作用には「複視」が警告されている。



     その他、有効成分の一つグリチルリチン酸二カリウムは、炎症を鎮める抗炎症剤として配合されているが、「瞼が晴れる、赤くなる、かゆみ、過敏症、角膜かいよう」などの副作用がある。8種類の2種目をチェックしたのに、眼の様々な症状を起こすことが判明した。他の6種類を調べると、さらに副作用が噴出してくる。つまり、この目薬の愛用者は、副作用による目の「様々な症状」を緩和するために長期にわたり使い続け、様々な症状に悩まされているのである。そして点眼中毒患者に仕立てられている。→「不可」→長年愛用してきたので反省させられた。

  • 名無しさん2018/11/24

    スイスの民間防衛に見る「静かなる侵略」完了間近だった日本

    https://blog.goo.ne.jp/ss007_2007/e/9b5ecf4e0bf55d8d5b828dfae0e01bca

    比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる

    http://melma.com/backnumber_115_6758608/

    外国人技能実習生制度と一般社団法人日本ミャンマー協会 <session22一部書き起こし>https://note.mu/cybershottad/n/nabed4c30cbd0

    【勤労感謝の日】今日は11月23日 新嘗祭(にいなめさい)国旗(日の丸、日章旗)を掲揚いたしましょう。https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/9b2c1ba89c266bb12901525ed42b8dba

    君の名は希望

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E5%B8%8C%E6%9C%9B&chips=q:%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E5%B8%8C%E6%9C%9B,g_1:%E7%94%9F%E7%94%B0+%E7%B5%B5%E6%A2%A8%E8%8A%B1&sa=X&ved=0ahUKEwiRgMKku-veAhUG6bwKHfzTBngQ4lYIKygF&biw=701&bih=571&dpr=1.6

    在日韓国人が必死で隠す戦後最大のタブー「背乗り」の恐ろしさ

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

    12月2日開催の「勉強会」に妨害か?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53301329.html

    移民拡大の背後に”巨大利権”!「JITCO」や「日本ミャンマー協会」には天下り官僚や大物政治家、財界関係者がズラリ! https://yuruneto.com/jitco/

    電磁波問題とマスコミ (2) 「電磁波」 は日本のマスコミのタブーか?https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/bb56ba0f1d979f29b03db8b1b7be1901

    20ヵ月の赤ちゃん、三種混合ワクチン後に死亡

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1978

    ヤマトの痕跡を消せ! 前方後円墳まで「整形」

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-367.html