国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<バノンと郭文貴が「法の支配財団」(一億ドル)を設立

2018/11/23

★小誌通巻5900号を更新! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月23日(新嘗祭)弐
         通巻第5900号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 バノンと郭文貴が「法の支配財団」(一億ドル)を設立
  海航集団の王健の謎の事故死、カショギ殺害の真相などを徹底調査へ
****************************************

 トランプ大統領の前戦略官兼上級顧問だったスティーブ・バノンが、米国に亡命中の郭文貴と組んで「法の支配財団」を設立する。
資金は一億ドルで、目的は中国の「海航集団」(HNAグループ)のCEOだった王健の謎の事故死、ジャメル・カショギ殺害の真相、そして英国で殺害されたロシアのセルゲイ・スクリパル事件の背後などを徹底究明する調査に資金を投入する。

 とくに注目されるのはインターポール総裁だった孟宏偉が北京に呼び出されたまま拘束され、総裁ポストを離れさせられた事件は、2018年5月にフランスのプロバンス地方を旅行中に崖から転落死した王健(海航集団のCEO)との関連など、謎だらけの伏魔殿の真相解明が目的だというからには、中国にとって、さぞや不愉快な事態だろう。

 海航集団は王岐山が深く関わる新興のコングロマリットで、ローカルな飛行機会社からヒルトン・ホテルチェーンの大株主などに躍進し、世界的な注目を浴びてきた。有利子負債が12兆円ほどあるといわれ、このところは海外資産の売却を急いできた。香港の一等地(啓徳空港跡地の住宅開発)の不動産も処分した。

 郭文貴は2014年に米国に亡命し、以後はテレビやユーチューブなどで習近平、王岐山らの怪しげな金銭スキャンダルを次々と暴き、米国メディアを通じて世界に中国共産党幹部の不正資金環流、海外蓄財などを告発してきた。
他方、中国は郭文貴が香港で保有する海通証券の株式(時価11億ドル)を凍結し、対決姿勢を強めていた。海通証券は上海と香港に上場する証券大手である。
   □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■「加瀬英明のコラム」メールマガジン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪
中国を兵糧攻めにする?  先端技術の中国流出を阻む米国の戦略
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 米中貿易戦争――あるいは関税戦争をめぐって世論がかまびすしいが、米中関係のごく一部しか見ていない。マスコミは木を見て、森を見ないのだ。
トランプ大統領は中国の共産体制を崩壊させることを決意して、中国と対決してゆく方針を固めた。習主席は面子にこだわって、関税戦争を受けて立っているが、中国経済がアメリカ市場に依存しているために、すでに蹌踉(よろめ)いている。
いまではワシントンで、ついこの間まで親中派だった国務省、主要シンクタンクも、中国と対決することを支持している。アメリカの中国観の地殻大変動だ。
 トランプ大統領が中国という「悪の帝国」を倒す戦略の中核にあるのが、テクノロジーだ。同盟諸国とともに、先端技術の中国への流出を阻む、兵糧攻めにするのだ。関税戦争や、軍拡競争は脇役になる。
 かつてレーガン大統領が、「悪の帝国(イービル・エンパイア)」と極め付けたソ連を追いつめたのも、アメリカを中心とする、自由世界のテクノロジーの力によるものだった。
 中国はテクノロジー後進国だ。宇宙ロケットを打ち上げられても、ジェット機のエンジンをつくれないので、ロシアから買っている。
 中国の指導部は何千年にもわたって、中華思想による知的障害を患ってきたために、弱い相手は呑み込むものの、まともな対外戦略をたてられない。力を持つようになると、慢心して、外国を見下すために、傲慢に振る舞う。
 中華思想は、中禍思想と書くべきだ。ロシアは戦略が巧妙だが、中国は中華主義の自家中毒によって、視野が狭窄している。
 習主席は中国悠久の歴史から、学べないのだろうか。

 オバマ政権は中国に対して宥和政策をとっていたが、中国はアメリカの弱さだと見縊(みくび)った。
 習主席は3年前に訪米して、オバマ大統領と米中サミットを行い、ホワイトハウスで行った共同記者会見で、中国が南シナ海で不法に埋め立てて造成した7つの人工島を、軍事化することはないと、明言した。
 しかし、その後中国は7つの島に、ミサイルや、爆撃機を配備するようになった。中国人は平然と嘘をつくが、アメリカ人は嘘をもっとも嫌っている。
私はかねてから、中国人は昔から「吃(ツー)(食事)」「喝(フー)(飲酒)」「嫖(ピャオ)(淫らな遊女)」「賭(トウ)(博打(ばくち))」「大聴戯(チーティンシ)(京劇)」の五つを、生き甲斐にしていると、説いてきた。
清朝の歴代の皇帝も、毛沢東、周恩来、江青夫人も、江沢民元主席も、みな京劇マニアだった。
京劇は甲高い声に、耳を聾するけたたましい音曲と大袈裟な所作によって、誇大妄想を煽る舞台劇だ。
習主席が好む大規模な軍事パレードや、急拵(こしら)えの航空母艦を中心とする大海軍や、絵に描いた餅のような「一帯一路」は、京劇の舞台装置を思わせる。清朝を崩壊させた西太后も、京劇マニアだった。
現在、中国海軍は艦艇数が317隻で、アメリカ海軍の283隻を上回る。西太后が日清戦争前夜に、北京西郊の頤和園の湖岸に、巨額の国費を投じて建造した、大理石の巨船の「21世紀版」だ。
              (かせ・ひであき氏は外交評論家)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪  
絶賛発売中!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
東洋経済新報社のWEBに大々的に紹介されております。
【東洋経済オンラインご参照URL】
https://toyokeizai.net/articles/-/250461

 AI開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか? 「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。
 デジタル監視態勢は、新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ。再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、人民を奴隷の状態に置いた。中国共産党がただしい、と徹底した洗脳教育が行われている。
 これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?
  デジタル中華皇帝・習近平はトウ小平の肖像を撤去し、毛沢東と習近平の二人だけを並べるキャンペーンを開始した。肖像、ポスターを全土に張り巡らせた。
 習近平の野望、その覇権への野心をいまごろになって認識した米国は、准宣戦布告をペンス副大統領が講演し、経済制裁は、高関税の掛け合い合戦から、次は「ドル取引停止」などの金融戦争の発展しそうです。

宮崎正弘の最新作『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/
□◇○ ◎○□ □◎□ ○○○  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)カルロス・ゴーンの所業の数々、凄まじい公私混同ですね。まるで金正恩の独裁と変わらない、こういうトップの独走を、なぜ日産はこれまで内部告発もせずに放置してきたのでしょうか。
 これが忖度尊重に偏る日本社会の悪弊でしょうか。
   (NG生、横浜)



  ♪
(読者の声2)日産の株を持っていましたが、投げ売りしました。このスキャンダルはレバノン商人の末裔であるゴーンという、カネの亡者が引き起こした悪辣な経済犯罪です。貴誌でも、ぜひ日本的経営の観点から、この問題の重大性を説いて貰いたいと思います。
   (TY生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)カルロス・ゴーンの逮捕劇に関して多くのご意見を頂きましたが、不正な蓄財、使途不明金という金銭スキャンダルに眼を奪われてしまうと、背後にあるフランスとの確執の本質が見えてこない。もっと奥深い構造があって、初動記事、第一報のゴーンの申告誤魔化は印象操作でしょうね。



  ♪
(読者の声3)貴誌前号パキスタンの債務不履行ですが、戦後だけでも十数回、デフォルトをやらかして、外貨準備は800億ドルくらいのはず。
 人口は日本の二倍以上の二億八千万人もいて、軍隊は65万人という異様な軍事志向のくにですね。しかも援助最大は日本の筈、デフォルトで日本の損害は中国より大きいのでは?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)二十年ほどまえにパキスタンを十日ほどかけて一周したことがありますが、当時はまだ治安もよく、難民の街ペシャワール(武器の密造と密輸で悪名高い町です)からカイバル峠にも行くことができました。
ただし二人の兵隊がライフルをもってジープに乗り込んできました。観光客の護衛です。その後、カイバル峠は観光客を受け付けていないと聞いております。
 日本の援助は下記の通りです。
(1)有償資金協力(2015年度まで,E/Nベース) 9859.9億円(2015年度実績50億円,E/Nベース)
(2)無償資金協力(2015年度まで,E/Nベース) 2649.4億円(2015年度実績54.57億円 E/Nベース)
(3)技術協力実績(2015年度まで,JICAベース) 558.7億円 (2015年度実績 24.12億円 JICAベース)
 つまり償還して貰うべき融資は83億ドルということで、中国の620億ドルと比べると、低いですね。IMF管理に入れば、日本の債権も80%カットということになりかねませんが。。。。
◎○◎○ ◎ ○○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
近刊予告!!
宮崎正弘 v 宮脇淳子『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 これは三年前に上梓された『中国壊死』の新書版へのリニューアルです!
 (ビジネス社。1080円、11月30日発売)
『本当は異民族がつくった!  虚構国家中国の真実』
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420665/
  ○□◇○□◇○□◇○□○


  ♪♪
近刊予告 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 三島は「さるにても恐るべきインドだった」と書いて、克明に聖なるガンジスで沐浴し、歯を磨き、排便をする人々と、その隣で遺体を燃やし、遺灰をガンジス河に散布する光景を活写した。遠藤周作の『深い河』は映画にもなって、このベナレスに長期ロケを行っている。ベナレスでは聖と俗、崇高と卑猥、あらゆる森羅万象が「聖なる河」に溶け込んで流れ、去る。なんという巨大なるニヒリズム!
 ベナレスを死地と決めて、インドの津々浦々からやってくる人々の列があり、かと言って市井の日常生活にはヒンズーの神々の小祠が辻辻にあるが、ほかに取り立てての特異性もなく、早朝、日の出の僥倖に与ろうと、夜明け前にゲートに集まる人たちが引きも切らない。
 わたしも太陽の輝く瞬間をガンジスの河上から見ようと、小型のボートを雇い、河の中央からカメラを向けて、大いなる虚無と崇高と卑猥と猥雑を撮影し、灯籠流しの小型模型を買い求め、願いを込めて流した。まさにこの光景は、文明から隔絶した、宗教の死生観を基礎としての営為だが、そこには一篇の合理主義もなければ科学的客観性などという近代文明の病理からも解放された空間が、古代から永遠にそうであったように時間を超えてベナレスに存在していた。ベナレスに、輪廻転生はたしかに存在する。
 永劫回帰、そうか、ニーチェの思想の原点は、この人間の永遠の営みから、絞り出された思考なのか。私はそう思いながら、ホテルに戻ってニーチェの文庫本を開いたのだった。
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/
 (↑ アマゾンは予約募集を開始しております)


  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 2018/11/23

    昭和49年、ピアノ殺人事件。階下のピアノの音に逆上した男が、包丁で一家3人を刺殺した。犯人は音に対して異常に過敏であった。一方、階下の家族にも問題があった。騒音に対する再三にわたる苦情を無視していた。これでは良好な人間関係は成立しない。次第に男に殺意が芽生え、ある日逆上して犯行におよんだ。

    男には死刑判決が下されたが、全国の騒音被害者からは助命嘆願書が殺到した。いまだに死刑は執行されていない。

    さて、今から30年か40年くらい前のこと、ヨーロッパで妙なクレームが出始めた。「教会の鐘の音がウルサイ」と言う。地元の人達は驚いた。はるか千年の昔から鐘は鳴り続けてきた。鐘の音は人々の生活と共にあった。

    原因を調べてみてわかった。クレームの主は教会に通っていない。なるほど、信仰に無縁な人、あるいは異教徒にとって、教会の鐘は単なる雑音だ。ヨーロッパには徐々に移民が流入し始めていた。

    そして、とうとう日本でも始まった、「除夜の鐘がウルサイ・・・」と。ピアノ殺人の犯人はあきらかに病的であった。しかし、たとえ健常な人間であっても、文化を共有できない場合には、永遠に異邦人である。

    カミュの「異邦人」・ムルソーは、殺人の動機を「太陽が眩しかったから」と答えた。ピアノ殺人には理解可能な動機があった。しかし、今ヨーロッパで頻発する殺人・レイプに、明白な動機を見出すのは難しいかもしれない。そこには夥しい「ムルソー」が跋扈しているのである。

    日本にもまた「ムルソー」の大群が押し寄せて来るのだろうか・・・。

  • 名無しさん2018/11/23

    郭文貴が中国共産党を批判している最近のスピーチがSNSに上がっていましたが、バノン主催の会だったとのことなので「法の支配財団」の設立に関連ありでしょうかね。

  • 名無しさん2018/11/23

    バノンと郭文貴が「法の支配財団」(一億ドル)を設立 海航集団の王健の謎の事故死、カショギ殺害の真相などを徹底調査へ→これを見て、目が覚めました。情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/11/23

    外用薬は皮膚から毒が侵入する!



    (ニキビはファスティング(少食・断食)で確実に治る)



     口から入る毒を「経口毒」と言う。皮膚から入るのは「経皮毒」である。皮膚に塗る「外用薬」の本質は薬毒である。だから、皮膚から「経皮毒」として体内に侵入してくる。「経皮吸収」された毒は、直接、血管に侵入して全身を巡る。これに対して「経口毒」は消化器から吸収され、肝臓で解毒されて血流にのる。だから、「経皮毒」の方が解毒されないだけ毒性は激しいのである。



     ニキビ、吹き出物の最大の原因は過食である。食べ過ぎた栄養分を、代謝で排泄しきれないので、皮膚から排泄しようとしているのである。だから、ファイスティング(少食・断食)で確実に治る。



    「ビフナイト」→ニキビは青春のシンボルともいわれるが、吹き出物である。それは過食、動物食、白砂糖などの食生活を改めればいやでも消えていく。ビフナイトの主成分はイソプロピルメチルフェノールであり、合成殺菌剤で毒性も強い。副作用は、「皮膚・粘膜刺激が強く、腫れ、ニキビ、吹き出物、蕁麻疹などの皮膚発疹を起こす」と警告されている。つまり、ニキビを治すどころか、ニキビの原因になるとは皮肉である。さらに、皮膚から吸収されて、体内で「経皮毒」として様々な毒性を発揮する恐れがある。→「不可」



    「クレアラシル」→効能は「ニキビを治す3つの力として「皮膚吸収」「殺菌」「消炎」をうたっている。ところが、配合されている殺菌剤レゾルシンは、「頻脈、悪心、めまい」が警告されており、抗炎症剤グリチルリチン酸二カリウムは、偽アルドステロン症を引き起こす。さらに、「経皮毒」として体内吸収されて、どんな異常を引き起こすか心配である。ニキビ対策としてはリスクが高すぎる。→「不可」



    「キンカン」(かゆみ止め)→有効成分の水酸化アンモニウムは「劇物」で中程度の緊急毒性がある。「鼻中隔かいよう、結膜刺激、器官機能変化」などの副作用警告がある。配合殺菌剤トリチル酸急性毒性は「嘔吐、麻痺、痙攣」さらに「皮膚粘膜刺激、爛れ、発疹、染色体異常、下痢、腹痛、精神不安、精神障害…」と警告は続き、気軽にキンカンを塗る気にはなれない。→「不可」→(子供のころからキンカンを愛用していたのでこれにはびっくりしている。)



    (かゆみ・水虫薬は麻酔薬で「かゆみ」をごまかしている)



     水虫・たむしは、白癬菌と言うカビが、皮膚表面の角質層などの寄生して起こる。すると、皮膚表面に炎症が起きて、激しくかゆくなる。市販水虫薬は、すべて対処療法である。水虫は治らない。かゆみをごまかすだけである。完治しないことを覚悟して使うことである。



     水虫の最大の原因は、末梢血管の血流障害である。その原因は、赤血球同士がくっついて毛細血管を通れなくなるからである。それは、体液が酸性化してたために起る。ファスティング(少食・断食)、菜食で体液をアルカリ化すれば治る。



    「ウナコーワα」→「添付文書」の副作用に「かゆみ、腫れ」の注意書きがある。メーカーは「かゆみ止めで、かゆくなる」と認めているのである。有効成分は局所用麻酔薬リドカインである。これは「ボラギノール」と同じである。麻酔薬で、片方は「痔の痛み」を鎮め、一方は、「かゆみ」を消している。外科用の強力麻酔であるから、「かゆみ」などは一発で消える。しかし、マヒで神経を麻痺させているだけなので、薬が切れたらぶり返す。→「不可」



    「ダマリングランデX」→やはり協力麻酔薬リドカインが配合されている。その他、配合殺菌剤テルビナフィン塩酸塩の副作用は接触性皮膚炎、かゆみ、刺激、発赤、紅班、などがある。やはり、「かゆみ止めでかゆみ」とは皮肉である。→「不可」



    ピロエースZ波」→殺菌剤ラノコナゾールの副作用は、「かゆみ、かぶれ、刺激、皮膚炎・・・」であり、配合消炎鎮痛剤で「皮膚炎、光過敏症、下痢、胎児に悪影響・・・」と恐ろしい。→「不可」



    「ラミシール プラスクリーム」→殺菌剤テルビナフィン塩酸塩は副作用報告で、肝臓障害、血小板減少、薬疹、横紋筋融解症など1411件の被害例がある。農薬並みの毒性成分などが乱用されており、肌には塗れない。→「不可」



    (発毛・育毛も薬に頼ると危険)



     発毛・育毛剤の正体は、科学毒である。神の濃い、薄いはそれぞれの個性である。発毛剤や育毛剤、カツラなどは、コンプレックス商品と呼ばれている。劣等感も立派な市場になるのである。



    「リアップ」→主成分はミノキシジルであり、最初は高血圧治療薬の血管拡張剤として開発された医薬品であった。ところが、被験者の一部に発毛が見られたので急遽180度方向を転換して、「毛生え薬」として販売されたのである。これはバイアグラの秘話と同じである。しかし、発毛のメカニズムはいまだ不明のままである。リアップの添付文書に次のような注意がある。「脱毛状態の悪化や、頭髪以外の脱毛、急激な脱毛が見られた場合、使用中止、すぐ医師などに相談すること」とある。育毛なのに「脱毛することがある」のである。さらに「1年使用しても改善が見られないなら使用中止」とある。メーカーも効果がないことを認めている。→「不可」



    「ミクロゲン・パスタ」→これは昔からCMされている。主に眉毛やヒゲ、体毛を濃くしたい人向けに売られている。有効成分はメチルテンスステロンであり、合成の強力男性ホルモンである。その副作用に「毛髪の発育を妨げる」には首をひねる。育毛剤のはずが、逆の脱毛作用があれば、塗らない方が安心である。皮膚に塗れば、体内に強力作用のある合成男性ホルモンが侵入してくる。変調をきたすのも当然である。その副作用は、「精巣委縮」「精子減少」である。これでは、「ミクロゲンパスタ」で不妊症になりかねない。愛用女性には「月経異常」が起こる。男性ホルモンを投与するので当然である。→「不可」

  • 名無しさん2018/11/23

    ロシアに日本領土を貢ぐ

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/11/22/145412

    ここだけじゃないぞ![拡散]守口市立寺方南小学校◆日本の公立学校で 朝鮮学校への配慮と朝鮮人在校生の民族教育と誇りのための交流会?https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/867ae4a9a947796f3e64f82686cda75c

    カルロス・ゴーン逮捕劇の背後には日米安全保障がhttp://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5846.html

    ゴーン氏逮捕の背後に米欧(EU)の経済・軍事対立!?仏マクロン大統領らによる「日産&三菱乗っ取り計画」とともに進められていた日米の「ゴーン追放計画」! https://yuruneto.com/ghosn-eu/

    デュアルモードビークル

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiliIryjOneAhUKi7wKHZKjAwQQ_AUIDigB&biw=1280&bih=620&dpr=1.5

    中国経済の「底」が完全に抜けた!

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/37bcd61431d1f62456f872bc127971b9

    朝鮮人の血が目を曇らせる / フジテレビは洗脳放送局http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68742392.html

    娘の小学校が朝鮮学校と交流会!全校児童参加!小学校で朝鮮語を教えられた娘が家で朝鮮語を使う!http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7295.html

    朝日新聞は、自社製品(慰安婦の虚構)の責任をとれ。報道責任法の制定が必要https://samurai20.jp/2018/11/asahi-24/

    HPVワクチン後、14歳の男児死亡

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1976

    ヤマトの痕跡を消せ! 前方後円墳まで「整形」http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-367.html