国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<予想より早く来たGAFAバブルの崩壊

2018/11/21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月21日(水曜日)
         通巻第5897号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 予想より早く来たGAFAバブルの崩壊
  10−20%の時価が下落し、市場は戦々恐々
****************************************

 ゴーンの失楽どころではない。ゴーン逮捕で、日産の株価は東京市場で、5%強下がって、投資家は慌てたが、それどころではない。ニュースはゴーンが会社に支払わせたリオデジャネイロの豪邸などを映し出していたが、事件の本質はそのことではなく、フランスの法解釈と、日本の捜査になぜ「地検」が登場したかとの差違に潜むのではないか。

 トランプ相場と言われたのは「GAFA」である。
グーグル、アップル、フェイスブック、そしてアマゾンの四社は時価株式バブルを演じてウォール街が沸いた。
 しかも、これらGAFAが中国市場を狙っていて、トランプの対中政策と真っ向から対立的だった。

 アップルの時価総額が1兆ドルから8800億ドルに下落した。
 アルファベットは持ち株会社、時価総額が10%下落した。フェイスブックとアマゾンは、20%の下落。つまりGAFAバブルが終わったことを意味する。

 これらは中国市場の動向と密接な関連があるが、パプア・ニューギニアAPECは、米中対立がますます先鋭化したため、首脳宣言が出されないという異常な終幕となった。
 ポートモレスビーで記者会見に臨んだペンス副大統領は「これから(加盟国は)、アメリカか、中国か、の選択を迫られることになる」と述べた。
 
月末に予定されるアルゼンチンでのG20でも、米中の溝が埋まるというシナリオは想定枠にない。
□◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号のパプア・ニューギニアの島に海軍基地再建か、のニュースですが、「マヌア島」⇒「マヌス島」ですね。この島はオーストラリアの難民収容所のある島で、ここ数年、そこで人権侵害があった、なかった、と争って国際的に騒がれている島ですね。
元々は日本軍が基地を作り、それを米軍に奪い取られた島で、オーストラリアのBC級戦犯法廷が開かれ、日本の戦争殉難者も絞首刑にされている、日本人にとって忘れてはならない島です。
   (CY生)



  ♪
(読者の声2)12月9日(日)北朝鮮人権週間
★緊急トークセッション&上映会
「キューポラのある街」から見える拉致―川口から消えた5人
出演/藤田隆司(特定失踪者家族)、荒木和博(特定失踪者問題調査会代表)、三浦小太郎(評論家)、野伏翔(映画監督)、西村幸祐
https://twitter.com/kohyu1952/status/1064536007188475904
https://www.facebook.com/events/267010854012365/?active_tab=discussion
   (西村幸祐)



  ♪
(読者の声3)今週の「現代ビジネス」の近藤大介氏【今週の東アジア関連新刊図書】に次の紹介があります。
(引用開始)「『AI監視社会・中国の恐怖』著者=宮崎正弘(PHP新書、税込み950円)
「一帯末路」「デジタル全体主義」「毛沢東2・0」「デジタル皇帝」……。宮崎氏は本書で、様々な自ら考案した造語を駆使しながら、中国が突き進むAI社会の危険さを説く。その上で国士らしく、「日本の無策、このままでよいのだろうか?」と結んでいる。30年にわたって中国の全省を歩き、その問題点を指摘し続けてきた宮?氏の最新中国論である」(引用止め)。



   ♪
(読者の声4) 宮崎正弘著『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書)が紹介されましたが、これはロシア革命の後、フランスに亡命したザミャーチンがSF小説「我ら」で描いた地獄の監視社会の実現に思われ非常に意味深く思いました。現代人は今やユートピアが可能な世界に到達しているのです。
 「我ら」によると、千年後の科学が非常に進んだ社会は、政府がこの技術を使い国民の生殖まで管理する徹底的な監視社会になっています。
ここで自由を求めた主人公は脳手術を施され不満を感じない身体にされ、政府に抵抗した恋人は高圧電流で消滅させられてしまいます。
 この作品はヨーロッパ社会に大きな衝撃を与えました。
というのはプラトン以来のユートピアが必ずしも明るいものではないということが分かったからです。ブラックユートピアの登場です。そして同種のSFのハクスレーの「新しい新世界」やオーウェルの「1984年」が発表されました。
 ロシアの亡命哲学者ベルジャーエフは、ソ連の唯物史観を念頭に「ユートピアの到来が必然なら、出来るだけ遅らせるしかない」と逆説的に述べています。
その後、ソ連は滅びましたが、今、中共が最新技術を使ってブラックユートピアを実現しています。盛んに伝えられる受刑者やウィグル人の臓器摘出は脳手術を思わせ、不気味です。
 中共は過剰人口十億人の食糧とエネルギーを外国に依存しており飢えた大蛇のような国です。今後中共が変わるか西側が呑みこまれるか、日本を含め世界は重大な状況に直面しています。
  (落合道夫)
◎○◎○ ◎ ○○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
絶賛発売中!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

 AI開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
 「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。

 デジタル監視態勢は、新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ。再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、人民を奴隷の状態に置いた。中国共産党がただしい、と徹底した洗脳教育が行われている。
 これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?

  デジタル中華皇帝・習近平はトウ小平の肖像を撤去し、毛沢東と習近平の二人だけを並べるキャンペーンを開始した。肖像、ポスターを全土に張り巡らせた。
 「身の程をわきまえよ」とトウ小平の長男、僕方は訴えた。
 習近平の野望、その覇権への野心をいまごろになって認識した米国は、准宣戦布告をペンス副大統領が講演し、経済制裁は、高関税の掛け合い合戦から、次は「ドル取引停止」などの金融戦争の発展しそうです。

 いま、中国で何がおきているのか
 世界が未経験のデジタル監視社会は恐怖の体制である。これを米国、日本、インド、EU、豪、NZ、カナダなどはいかに協力して乗り越えるのか。
 鵺的動きが得意なロシア、そしてトルコ、中東諸国は何を考え、何をしようとしているのか。コンパクトにまとまった世界情勢分析と、最新の中国の動きを正確にトレース!
宮崎正弘の最新作です!
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  11月25日は憂国忌です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
♪♪♪
三島由紀夫氏追悼 第四十八回 追悼の夕べ
「憂国忌」のご案内
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

本年は、明治の残映から始まる三島先生の傑作『春の雪』(『豊饒の海』第1巻)を中心としたシンポジウムなどを執り行います。
          記
 日時   十一月二十五日(日曜) 午後二時(午後一時開場)
 場所   星陵会館大ホール(千代田区永田町2−16)
 資料代  お一人 二千円(どなたでも予約不要、参加いただけます)

<プログラム>                      (敬称略、順不同) 
                      総合司会     菅谷誠一郎
午後二時   開会の挨拶         三島研究会代表幹事  玉川博己
      『春の雪』名場面の朗読               村松えり
      『天人五衰』最後の場面朗読             村松英子
午後二時半 シンポジウム  「『春の雪』をめぐって」
                    小川榮太郎、富岡幸一郎、松本徹 
                    司会 上島嘉郎(『正論』元編集長)
      追悼挨拶「憲法改正の時が来た」     中西哲(参議院議員) 
午後四時十五分    閉会の辞。  全員で「海ゆかば」斉唱    

 <憂国忌代表発起人> 入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦
西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子

       (なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい) 
         □◇▽□□◎□◎▽◎□◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
近刊予告 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ニーチェと三島、ニーチェと西部邁、ニーチェと武士道を考える 
 (↓ アマゾンは予約募集を開始しております)
https://www.amazon.co.jp/dp/4585210512/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1542668747&sr=1-2&refinements=p_27%3A%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98



  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1541112494&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%92%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6

宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 


  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/21

    痔の薬「ボラギノール」の正体は外科用強力麻酔薬である!



    (麻酔薬リドカインに恐ろしい副作用)



     「私は外にサッ、私は中にチュッ・・・・」のテレビCMでおなじみの痔の薬「ボラギノール」シリーズである。愛用者は相当な数にのぼる。その効能は「いぼ痔、切れ痔の痛み、かゆみの改善」である。これで、悩みの痔が治ればメデタシ、メデタシなのであるが、その効能成分「リドカイン」を調べて驚いた。これは外科用強力麻酔薬だったのである。つまり、強力な局所麻酔薬であり、局所麻酔作用はプロカインの4倍強力であり、毒性の強さは同程度だ。速効性なので手術や緊急の場合に利用される。外科用麻酔薬を痔に塗れば、痛みが消えるのは当然である。しかし、麻酔が切れると、また痛みが襲ってくる。つまり、麻痺だったのである。



     リドカイン「添付文書」には「劇薬」とある。その定義は、薬事法によれば、「毒性が強く、中毒量と常用量が極めて接近している」「副作用発現率が高い」「使用量を見誤ると危険」と指定されている。リドカインの副作用も怖く、「急性心筋梗塞」「アナフィラキシーショック様症状」「薬物毒性」「肝臓障害」などがある。そもそも麻酔は、その毒性で知覚神経・運動神経を遮断する。さらに手足の冷え、血圧低下、低酸素血症、意識喪失、血流低下などの副作用がある。



    「ボラギノール」愛用者は、お尻に強力外科用麻酔薬を塗っていたのである。麻酔が切れれば、確実に強烈な痛みがぶり返す。さらに、麻酔薬による血行障害で、肝心な痔疾の自然治癒力も阻害される。だから、愛用するほど痔は慢性化し悪化していく。→「不可」



    (「ブリザエース注入軟膏」の「止まって治す」は不当表示である)



     ブリザエース注入軟膏の「止まって治す」は、肛門の奥に薬剤を注入する。主成分は、局所麻酔薬リドカインである。「痛みを止めてくれる」が「痔は治せない」。麻酔が切れたら、また痛むの繰り返しである。だから、CMの「止まって治す」は不当表示である。そもそも痔の原因は血行不良である。それは動物食、白砂糖の過食による体液酸性化で起こるのである。→「不可」



    (鼻づまり薬を気楽に使うと命に関わる)



     花粉症で鼻をグズグズいている人は多い。「鼻がスカッと抜ける」を売り物にしているのが「花粉症対象薬」や「鼻炎薬」である。



    「コンタック鼻炎スプレー」→有効成分は、べクロメタゾンプロピオン酸エステルであり、これはステロイド剤の一種である。ステロイドは最初は劇的に効くが、そのうち使用をやめた途端にリバウンド症状に襲われる。そうして、その症状は深刻化していく。いわゆるステロイド地獄である。この薬剤には、眼圧上昇、肺炎、アナフィラキシーショック、てんかん、骨壊死、カンジダ症、紅班など17件もの副作用報告がある。さらに添加物も問題だらけである。こんな毒物・刺激物のエキスを鼻にスプレーしたら、最終的には副作用で大変なことになる。→「不可」



    「ストナジェルサイナスS]→「鼻づまりにストナ!」のテレビCMは、如何にも鼻がスッキリしそうである。しかし「ストナ」の正体は、総合風邪薬だった。その証拠に、SJS(スティーブンス・ジョンソン症候群)の原因薬剤アセトアミノフェンも配合されている。つまり、「ストナ」にも命に関わる重大副作用SJSのリスクがある。「鼻水、鼻づまりに効く」と謳われている成分ベラドンナ総アルカロイドの毒性は「嘔吐、散瞳、異常興奮を起こし最悪、死に至る」とは恐ろしい。その他副作用も「麻酔性イレウス、中毒性巨大結腸」と凄まじい。鼻づまり程度でストナを常用するとトンデモナイことになる。→「不可」

  • 名無しさん2018/11/21

    内部告発者のDeborah Tavaresは、Rothschildとその家族とその会社Pacific Gas&Electricに対する攻撃を非難する証拠を提供しています。







    武装解除することを拒否するならばカリフォルニア民主党の連邦議会議員エリックSwalwellが核兵器でアメリカの市民を攻撃すると脅迫したとき、Rothschildsと彼らの使用人がどれくらいうろたえるかというはっきりした兆候が出てきた。













    https://www.zerohedge.com/news/2018-11 -16/california-democrat-threatens-nukes-if -americans-dont-hand-over-their-guns











    これらの高級犯罪者たちが気付いていないことは、もはや彼らが秘密のまま行動できないし、刑罰の免除もされていないということです。特に我々は、この家族のフランス家が、これらの多くの犯罪に責任を負っていると聞いている。これは今や役割が逆転して、現在は脅かされている側にあるということである。これはEUを「中国、ロシア、米国」から守るために、欧州軍を唱える必死のエマニュエル・マクロン奴隷大統領に見ることができる。彼が実際は意味することは、ロスチャイルドとドイツとフランスのような奴隷政権を世界の非難から守ることであった。



    しかし、まず、マクロンはフランス人から自分自身を救う必要があります。先週、280,000人以上の自動車運転者が、フランスの2,000カ所以上の道路で道路を封鎖し、政権に抗議した。これらの抗議行動は、フランスの人口の73%が支援していた。



    デイビット・デ・ロスチャイルドがフランス警察から隠れているので、アレクサンドル・ガイ・デ・ロスチャイルドは現在、家族のフランスのロスチャイルド支部の正式責任者になっています。彼の写真はここに見ることができます:











    https://www.rothschildandco.com/ja/who-we- are /コーポレートガバナンス/リーダーシップ/











    麻生太郎財務相の娘と結婚し、結婚式はここのリンクで見られた城で行われた。















    http://kakeizunotobira.denshishosekidaio .com/2017/02/12/post-3850/







    日本の水資源がフランスの水会社に大幅なディスカウントで売られた事実は麻生とその義理のフランス人に責任があるという結論に至った。我々は叉、ロスチャイルド・フランス家が日本に対する2011年3月11日の大量殺人攻撃を実行した後に、東京そのものを攻撃すると更なる脅しをかけるために接触してきた。数年前の中国における反日暴動に資金供出したのはフランス・ロスチャイルドであった。しかし、フランス・ロスチャイルドの日本の支配はまもなく終わるだろう。日本産業会は、これまでハザール暴徒によって抑制されてきた常温核融合かパラダイムチェンジ技術の実用化に対して保護を求めている。保護は提供されており、その技術のデモンストレーション調整中である。









    また、アジアと西洋の秘密結社は西側将来計画機関の設立と融資の準備を続けている。その機関は中国の大規模「一帯一路」計画と調和して機能するだろう。この問題の合意は、米国と中国の間で以下起きている大きな摩擦を緩和するために役立つを期待されている。惑星を救う基本的合意は既に為されており、今は具体的計画を立てる時である。

  • 名無しさん2018/11/21

    予想より早く来たGAFAバブルの崩壊

      10?20%の時価が下落し、市場は戦々恐々

    ****************************************



     ゴーンの失楽どころではない。ゴーン逮捕で、日産の株価は東京市場で、5%強下がって、投資家は慌てたが、それどころではない。ニュースはゴーンが会社に支払わせたリオデジャネイロの豪邸などを映し出していたが、事件の本質はそのことではなく、フランスの法解釈と、日本の捜査になぜ「地検」が登場したかとの差違に潜むのではないか。

  • 名無しさん2018/11/21

    【外国人労働者失踪】安倍政権、またもや公文書改竄と首相虚偽答弁http://tanakaryusaku.jp/2018/11/00019118

    「スマートメーター発火、東電公表せず」 東京新聞に見るジャーナリズムの精神https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/07639ea8102d18a862812c9bcaa3b147

    有本香:日本人、自己防衛の為に離韓しかない・・・http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034230.html

    ワクチンを接種すると伝染病が大流行します!http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034291.html

    かしわ

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%81%8B%E3%81%97%E3%82%8F&chips=q:%E3%81%8B%E3%81%97%E3%82%8F,g_1:%E9%B6%8F%E8%82%89&sa=X&ved=0ahUKEwig7IOqgeTeAhUCvbwKHdXfDeQQ4lYIJygB&biw=1280&bih=620&dpr=1.5

    闇に葬られる終戦後の日本女性の悲劇・・・二日市保養所などhttp://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

    札幌地裁、売国奴植村の訴えを棄却https://blog.goo.ne.jp/ss007_2007/e/f9e848910f2f7148ef88f3857206f910

    保守主義の哲学

    https://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2017-06-01

    【人物評論】津田大介なる人物について

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53300592.html

    世界の流れに逆行する日本―なぜいま水道民営化かhttps://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20181115-00104161/

    Fact Finding と Logical Thinking

    http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h9/jog006.htm