国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米中対決はやっぱり本物だった。米中戦争は百年の覇権争い

2018/11/19

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月19日(月曜日)
         通巻第5895号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米中対決はやっぱり本物だった。米中戦争は百年の覇権争い
  決裂を予兆したのか、トランプ、プーチン、スーチーが欠席した
****************************************

 APEC首脳会議の会場となったパプア・ニューギニアの国際会議場は中国が支援して建てた。
開催前日に習近平は(ASEANを李克強首相に振って)、首都のポートモレスビー入りし、トンガ、ツバル、フィジー、ソロモン諸島、マーシャル群島、バヌアツの八カ国の代表を集めて、南太平洋、特にメラネシア、ミクロネシアを「一帯一路」構想に参入し、大々的投資を行うと発言した。

 不快感を露わにしたのは米国のみならず、豪とNZ(ニュージーランド)だった。
 南太平洋の島嶼国家は米国の信託統治も多いが、ニューカレドニア、タヒチはいまも仏蘭西領であり、クック諸島などは英国領。そして多くの島々を保護し、投資を展開してきたのは豪がトップだからである。

 米国は中国の一帯一路構想に対抗して、インド太平洋ファンドを600億ドルに拡大し、ここに日本、インド、豪が加わる。
 かくしてAPECは初めてAPEC「首脳声明」(共同声明)が出せないという異常事態のまま閉幕した。この流れは次のG20首脳会議にもつれ込み、米中決裂の溝はもっと深まるだろう。

 この決裂は事前に予測された。ロシアはプーチンの代わりにメドベージェフ首相が、米国はペンス副大統領が、そして、話題の人スーチーも代理を立てて欠席した。
 中国は「保護貿易主義はよくない。一国主義は良くない」と自分のことを一切棚に上げてトランプの貿易政策を間接批判したが、冷笑されただけだった。
□◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1821回】           
――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(5)
關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)
 
 關は青島を訪ね、山東におけるドイツの行動を考える。
  「物質的、利己的、野卑的なる獨逸人」であるが、彼らは不毛の地である青島を自然豊かな地に作り替えた。青島は「彼等の手によりて始めて其の自然美を發揮したるものなりと云ふに至つては更に驚く可きに非ずや」。「獨逸が極東に於ける耽々たる野心は、露國の旅順大連、英國の威海衛に對して疾く既に眼を膠州湾に着し、幾度か軍事的、經濟的調査をを試みたる後」に、1897年11月に山東省曹州で発生した宣教師殺害事件を口実に「カイゼル一流の外交を以て、北京政府を強壓し」て膠州湾一帯の租借権を手に入れ、「山東内地の開發を圖り、依て以て青島をして東洋に於ける獨逸の新植民地、文明的標本、政治的策源地、經濟的中心點たらしめんと期した」のである。
 
 かくして關は「獨逸の青島經營は日本にとりて極めて重大なる意義を有せり」となる。それというのもカイゼルは日本を「潜める惡魔」と見做し、ドイツ国民に向けて「朕は近き將來に於て日本を戰はざる可からず」と「絶叫」していたからだ。かくして第1次世界大戦が勃発し、「彼が期待したるが如く日獨の宣戰を見るに至」ったことになる。
 
 ドイツの植民地行政は「極端なる制裁を以て人民を懾服せしむる一方に於て頗る温和懇到なる懷柔策を施し所謂威を以て服し、恩を以て懷くる手段に出でたる爲め、山東の支那人は獨逸の畏るべきを知ると同時に又其の安じて倚るべきを知るが故に」、第1次世界大戦の戦闘の結果として退去した後も、山東にはドイツの「流風遺澤」が残っているのだ。
 
 こんなドイツとは対照的に日本は、「朝に軍政を解きて民政を布くと思えば、夕に支那政府の抗議に由りて忽ち民政を撤回せんとする」ようなテイタラクだ。
このように「定見無く威信無き我が政府者の所爲は、徒に土民の反感と輕侮とを招くに過ぎず」。たしかに「攻城野戰能く敵を破り地を奪ふは我軍隊の力、或は獨を凌ぐべし」。だが「獨り拓地安民巧に治を布き化を施すは我が爲政者到底及ぶ所に非ず」。そこで「慨すべき哉」の声を挙げる。
 
 奉天では奉天督軍張作霖に会ってみた。
  「彼が殆ど無?育なるに係はらず、部下を制御し威信を一方に保つを得る」のも、「質直豪快傍人無きが如くなる、此の膽氣」があるからだ。
「咄嗟の應酬、客を外さぬ才幹」を持ち、「強悍悛刻、機を見るの敏、事を斷ずるの勇は、支那隨時の政變に處して能くその向ふ所を誤らざるに證すべし」。加えて「政治家としては如何に幼稚なる支那と雖も、以て中原馳鹿の逸材と稱すべからず」。「日露戰爭以來日本の實力を知ること最も深き一人なり」。「直接日本と接觸するは彼が以て一種重きを北京朝廷に爲す所以」であり、「日本を背景とする彼が獨得の壇場と謂ふ可し」――と。
 
 おそらく張作霖に対するベタ誉めが、後に回り回って張作霖爆破事件の伏線となったのかもしれない。それというのも、当時の日本人は張作霖の『人たらし術』に翻弄されたからなのか。俗にいう可愛さ余って憎さ百倍、というヤツか。
 
 中野正剛も指摘していた満洲における「三頭政治の弊」は改善されることはなかったようだ。たしかに関東都督と満鉄総裁とは同一人物が務めることにはなったが、「滿洲政治の實際は舊の如く」で「同胞移住民の不便尠からず」であるゆえに、「須らく根本的且實際的統一を望むは滿洲一般我同胞の輿論なり」。であるからこそ「支那人に一種の不安と疑惧とを與へ我が滿蒙經營の大局を紊る、延て日支の親善を害すること大なり」となる。
 
 關はドイツの山東経営を讃える一方で日本の満洲に危惧の念を強く抱く。
「威を以て服し、恩を以て懷くる」ドイツに対し、出先においても本国における行政上の縄張り争いを続ける日本。この辺りに「徒に土民の反感と輕侮とを招く」要因があったのだろう。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
 『若人よ甦れ』『黒蜥蜴』『喜びの琴』が一冊に
  三島の名作戯曲、一冊の岩波文庫になりました

  ♪
『若人よ甦れ、黒蜥蜴他一篇』(三島由紀夫作 岩波文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 岩波が三島本? 意外な気がするが、やはり日本の文豪、将来は全集を狙っての前工作かもしれない。
 『黒蜥蜴』は大ヒットして毎年のように公演があるが、ほかの二編は、それぞれが一度上演されたきり。全集でしか読むことが出来なった。
とくに『喜びの琴』である。この作品をめぐって文学座が分裂し、三島は朝日新聞に「わたしを単に座付き作家とでも思っていたのか」と激しい挑戦状を書いた。

 いまこの参編が一冊の文庫に纏まり、しかも佐藤秀明氏の解説。ちょうど憂国忌まで一週間、手にとって作品を深く味わうのもよいかもしれませんね。

      □▽○◎▽□◎○▽□  □▽○◎▽□◎○▽□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「台湾有事と日本の対応」緊急シンポジウムが開催されます。
軍事大国に化けた中国は独裁者のかってな判断で戦争を起こしかねない。牙を研いでいます。日本はどうするのか、専門家が一堂に会します
          記
とき   12月2日(日) 1530−
ところ  アルカディア市ヶ谷 五階「大雪」
第一部シンポジウム  司会 梅原克彦
許 世偕(前駐日経済文化代表書代表)、金田秀昭(岡崎研究所理事)
浅野和生(平成国大大学教授)
     コメンティター 渡邊利夫、ジムアワー、川村純彦、林建良
     柚原正敬、ウォレス・グレングソン(元国防次官補)
第二部懇親会
参会費  シンポジウム無料 懇親会8000円
主催   日本台湾関係研究所(理事長 渡邊利夫)
予約必要 (03)3868―2422
      FAX(3868)2101 
         Just.japan2018@gmail.com



  ♪
(読者の声2) 昔でいう、海外版トップ屋さん(と言っていいんでしょうか?)
安田某氏のシリア人質事件に、ウイグル人部隊の関与が取り沙汰されて以来、日本の左右両派で「(シナにおける)ウイグル問題を先に手掛けたのはコッチだ」みたいな「twitter合戦」を目にしておりますが、宮崎先生は昔、この問題に関する近未来小説のようなもの(=シナ人民共和国の体制は、東トルキスタンから崩壊する、みたいな本)を書いていませんでしたでしょうか?
 ずいぶん昔の話だと思いますが…。
    (アポトーシス)


(宮崎正弘のコメント)拙著のノンフィクションでは、東トルキスタンのことは比較的多く扱ってきましたが、近未来小説ですか? 
強いて言えば、拙著『中国広東軍、叛乱す』(1995年、二見書房。絶版)でしょうか? ウィグルに関して筋の展開上、すこし触れているだけですけれど。。
○◎○◎○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
絶賛発売中!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

 AI開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
 「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。

 デジタル監視態勢は、新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ。再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、人民を奴隷の状態に置いた。中国共産党がただしい、と徹底した洗脳教育が行われている。
 これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?

  デジタル中華皇帝・習近平はトウ小平の肖像を撤去し、毛沢東と習近平の二人だけを並べるキャンペーンを開始した。肖像、ポスターを全土に張り巡らせた。
 「身の程をわきまえよ」とトウ小平の長男、僕方は訴えた。
 習近平の野望、その覇権への野心をいまごろになって認識した米国は、准宣戦布告をペンス副大統領が講演し、経済制裁は、高関税の掛け合い合戦から、次は「ドル取引停止」などの金融戦争の発展しそうです。

 いま、中国で何がおきているのか
 世界が未経験のデジタル監視社会は恐怖の体制である。これを米国、日本、インド、EU、豪、NZ、カナダなどはいかに協力して乗り越えるのか。
 鵺的動きが得意なロシア、そしてトルコ、中東諸国は何を考え、何をしようとしているのか。コンパクトにまとまった世界情勢分析と、最新の中国の動きを正確にトレース!
宮崎正弘の最新作です!
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
近刊予告 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ニーチェと三島、ニーチェと西部邁、ニーチェと武士道を考える 
 間もなく予約募集を開始します


  ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
++++++++++++++++++
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1541112494&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%92%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6

宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 


  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。