国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<クラ運河の構想は消えていなかった

2018/11/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月13日(火曜日)
        通巻第5887号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 この話は本当か? クラ運河の構想は消えていなかった
  タイ軍事政権、調査レポート作成チームを再組織
****************************************

 タイの軍事政権は、クラ運河構想に前向きの姿勢を見せた。
 タイの新国王がクラ運河建設に前向きとされ、国内の経済界が相手にしなかったプロジェクト構想が緒に就こうとしている。
むろん、中国の積極的なタイ政・財界根回しが背後にある。

 クラ運河はタイの地政学的要衝としての有利さがあり、海洋航路の短縮、効率的運搬の拠点として有望とされる。もし完成すれば、マラッカ海峡という迂回路をバイパス出来る。つまり、タイの国益より、中国の国益につながる。

 マラッカ海峡の代替ルート、一番裨益するのは中国である。
 現在、マラッカ海上を通過する船舶は中国が第一位。まもなくキャパを越えるのは明らか。しかし20万トン以上のタンカーはマラッカを通過できないから、ロンボク海峡へと迂回する。タンカーの通過量は、スエズの三倍、パナマ運河の15倍。

 シルクロード世界フォーラムに、北京は意図的にタイを招待しなかった。理由は露骨に圧力を明示して、クラ運河構造、プロジェクトの青写真を早くまとめろとした、政治的要請だった。

 軍事政権は自国の経済効果が疑わしく、さして利益もなく、国土が東西に分断され、しかも競争相手のシンガポールから恨まれる。
だから重い腰を上げようとはしなかったのだ。
 タイの政治の裏側で何かが動いている。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 「人斬り半次郎」のイメージは池波正太郎の創作
   桐野利秋の実像は剣士、軍略家、ピストル名人、そして農業改革者

   ♪
桐野作人『薩摩の密偵 桐野利秋――人斬り半次郎の真実』(NHK出版新書)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 面白く読んだ。この作者のものは初めてだが、筆力のある作家のようで、なによりも評者(宮崎)と同様に「『西南戦争』の立役者は、西?ではなく桐野の戦争」と見ていることが印象的だ (宮崎『西?隆盛 日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社参照)。
 タイトルにある「密偵」という語彙は誤解を招きやすい。
 密偵というよりも、情報戦で必要とされたのは敵の動きを探ることも重要だが、身内に潜入したスパイの探索(防諜)も重要な役目であり、桐野は長州の藩士等と近づき、酒を酌み交わし、動きを探る一方で、天狗党の蹶起では、かれらのあとを追って指導者と会っている。大胆な行動力があった。
 桐野利秋は、小説や大河ドラマで「下級武士」として扱われているが、桐野の出自は歴とした「城下士」に属した事実を本書は指摘している。
西?、大久保ら薩摩の英雄達は大半が『御小姓与集団』に属し、「島津齋彬の遺志を継ごうとして結成された精忠組のメンバーもほとんどが、この家格の者である」(17p)。
しかし桐野は何故か「人斬り半次郎」として知られた。
滅法剣に強いが闇雲にテロに走ったのではなく、たとえば赤松小三郎の暗殺は防諜の責任者として一種「公務」だった。
赤松小三郎は上田藩士だったが、会津藩と親しく、私塾も主宰し、学者として京では尊敬を集めていた。しかし内偵の結果、赤松が幕府の密命を帯びたスパイであることが判明し、桐野は五条東洞院下ルで待ち伏せし斬殺、「斬姧の制札を四条東洞院と三条大橋に掲げた」(79p)。
その斬姧の制札に曰く。「西洋を旨とし、皇国の御趣意を失い」云々。

知られざる逸話として、不忍池に残る岩崎邸、じつは桐野の東京における住まいだった(東京妻がいた)。艶福家でもあり、そして桐野は書道家でもあった。
なによりも桐野は「軍人」であり、のちに陸軍少将にまで上り詰めた。それは単純に剣術使いという理由からではなく、「戦機を見るに敏であり、決断すれば神速のごとく、常に最前線で戦い、麾下を叱咤し奮発を促して勝利を収める将才を評してのことである」(88p)
桐野はまた人情に厚く、佐賀の乱で逃亡してきた武士等を薩摩にふたり匿ったり、新政府の外国の圧力に押されてのキリスト教解禁でも「隠れ切支丹」に優しかった。そうだ、かれは熊本鎮台の司令官でもあった(半年だが)。谷干城の前任である。
もう一つ、本書で教えられた事実がある。
 戊辰戦争後、薩摩に帰省した西?をたずね、聞き書きの『南洲翁遺訓』を編んだのは庄内藩士だった。同様に聞き書き桐野をまとめた『桐陰仙譚』は明治七年に薩摩で農業開拓団を率いた桐野を訪ねた石川県士族が綴った。
「桐野の宇都谷開墾地を訪れた人々のうち、もっとも関心と因縁を感じるのは石川県士族の陸義猶と長連豪である。(中略) この二人に注目する」と作者が力説する。評者も石川県生まれなので、この二人の名は知っている。
 明治十一年、紀尾井坂で馬車を待ち伏せし、大久保利通を暗殺したのは石川県士族の六人組だった。陸義猶が斬姧状を起草し、長連豪が暗殺の首領だった。

 桐野は西?下野と行動をともにしたが、べったりではなく、西?とも士学校とも距離を置いた。桐野は農村の開拓に志をつないだ。
だが、「男にはやらねばならないことがある」として西南戦争が勃発するや、西?側近として殆どの軍事作戦を立案指導した。最後は城山に華々しく散った。
 生前、桐野が語った言葉が、言論陣の陸鶡南が主宰した新聞『日本』に「桐野利秋談」として発表された(明治二十六年4月に五回連載)。
 その中で、桐野は憂国の情を吐露した。
 「わが日本は東洋海中に孤立し、二千五百有余年の国風に慣れ親しんで、まだ五大州の情勢を熟知していない。また国力が衰え、軍備は空虚、人心は惰弱で自主独立の気象がない。いやしくもこのような因循のまま推移すれば、それほど時が経たないうちに自滅して、他国に隷属することは明らかである」(桐野作人著作より重引用)。
 いまの日本、まさに同じ環境にあるのでは?
              ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1818回】             
――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(2)
關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)
 
 「辭令の妙」に任せて、肅親王は一行を心地よく擽る。
 
 昔から東洋には大義名分という東洋道徳がある。「日本は大義名分の國」であり「世界の大勢より達觀すれば、日支の提携は特に必要にして且つ急務」である。であればこそ「時機一度到らば日本は必ずやその東洋道?の根本義に基つき大義名分の下に支那を指導して以て二國の?史的親交を鞏うし、列國競爭に對せざる可からず」。この発言を「堂々たる復辟派の大宣言」、つまり清朝再興派の「大宣言」と受け取った關は、「所謂東洋道?なるものは即ち君臣の大義にして、支那帝政の復興は大義の上より日本の援助を期待するの意思」を痛感し、ひたすら感激している。
 
 大隈が「自愛」と「日支提携の爲め」の尽力を求めると、肅親王は「余學淺く?薄く以て大事に任ずるに足らず、幸に卿等の?を待つこと切なり」と。やはり肅親王らは飽くまでも清朝復辟を目指す構えのようだ。
 
 彼らの中には「清朝を復して支那皇帝とし、日本の天皇を亞細亞皇帝とし、支那皇帝は命を亞細亞皇帝に聽ことゝ爲さば、以て亞細亞大帝國を建造し、覇を世界に稱ふるを得べし」と、日本側に説く者もいたほどだった。
 
 復辟問題に就いて關はこの辺りで筆を止めている。だが、ここで心に留めておきたいのは復辟を目指す宗社党のなかに清朝皇帝は「支那皇帝」となって我が天皇を「亞細亞皇帝」として戴き、「亞細亞大帝國を建造し、覇を世界に稱ふるを得べし」――満州国皇帝となった溥儀と天皇の間柄を彷彿させる関係――という考えの持ち主がいた点である。
 
満洲国建国に際し、飽くまでも清朝皇帝という地位に拘泥する溥儀の希望を受け入れず、日本側は強引に執政に据え、後に満洲皇帝とし、天皇の下に置いたといわれているが、「亞細亞皇帝」云々の話を知ると、どうもそうでもないらしい。
 溥儀の弟である溥傑は自らの人生を回想した『溥傑自伝 「満州国」皇弟を生きて』(河出書房新社 1995年)に辛亥革命後、紫禁城内で皇帝一族の生活継続を許されていた当時の思いを、「私には清室を振興するに外援が絶対必要であるという考えが強くなった。(紫禁城内)の中にいながらも、将来どの国の援助に頼って帝制を回復するか、ということが」私の頭から一時も離れなかった」と綴っている。やはり清朝復活は一族の強い願いだった。
 
そこで溥儀・溥傑兄弟の父親に当たる醇親王載灃が「満州国皇帝に就くことに反対した」にもかかわらず、溥儀は日本側の誘いに応じ、満洲国執政から皇帝即位への道を選ぶ。満洲国皇帝即位後の振る舞いは、どうやら「清朝を復して支那皇帝とし、日本の天皇を亞細亞皇帝とし、支那皇帝は命を亞細亞皇帝に聽ことゝ爲」すとの考えに近かった。
 
昭和20年8月9日のソ連軍の侵攻から10日ほどした18日午前1時に行われた満洲国緊急参議府会議で満洲国解体と皇帝退位が決定する。
退位式を、溥傑は次のように綴る。
 
「退位式は簡素で厳粛に執り行われた。皇帝溥儀は退位宣言を読み終えた後、参会者一人一人と静かに握手をしてひっそりと退場した。彼はもう平民になったのだ。溥儀は芝居がうまい。退位発表の時、自分から跪いて、/『自分の無能のため、日本の天皇に迷惑をおかけした。天皇に許しを請う』/といい、退場する時も側に立っている日本兵と抱擁して別れを告げたので、日本兵はみな感激の涙を流した。

私は溥儀に反感を覚えた。ここまできて、どういう気持ちでこの醜態を演じたのか、と」。
 「天皇を亞細亞皇帝」にとの提言から溥儀の「自分の無能のため、日本の天皇に迷惑をおかけした。天皇に許しを請う」との懺悔まで、その場限りの「辭令の妙」ということだろう。
だから日本側は彼らの「辭令の妙」に弄ばれてはならない。厳重注意!

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)入管法改正の審議について。
私の妻は越人で何度も日本へ行ったことがありますが、彼女に入管法改悪について話したところ、「馬鹿なこと」と申しておりました。
せっかく長い年月をかけて治安が良くて綺麗な街と親切な日本人を作り上げたのにもったいないという意味です。「外人入れたらぐちゃぐちゃになるよ。」感覚で言っているのでしょうが、当たっていると思います。日本が変質します。経団連の目先の利益のために日本を壊すのは絶対反対です。
  (R生、ハノイ)
○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  11月25日は憂国忌です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
♪♪♪
三島由紀夫氏追悼 第四十八回 追悼の夕べ
「憂国忌」のご案内
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ことしは三島先生の没後四十八年です。政界、言論界でも「最後の檄文」の主張にもある憲法改正の方向性が出てきました。
本年は、明治の残映から始まる三島先生の傑作『春の雪』(『豊饒の海』第1巻)を中心としたシンポジウムなどを執り行います。
         記
 日時   十一月二十五日(日曜) 午後二時(午後一時開場)
 場所   星陵会館大ホール(千代田区永田町2−16)
 資料代  お一人 二千円 

<プログラム>                      (敬称略、順不同) 
                      総合司会     菅谷誠一郎
午後二時   開会の挨拶         三島研究会代表幹事  玉川博己
      『春の雪』名場面の朗読               村松えり
      『天人五衰』最後の場面朗読             村松英子
午後二時半 シンポジウム  「『春の雪』をめぐって」
                    小川榮太郎、富岡幸一郎、松本徹 
                    司会 上島嘉郎(『正論』元編集長)
      追悼挨拶「憲法改正の時が来た」     中西哲(参議院議員) 
午後四時十五分    閉会の辞。 全員で「海ゆかば」斉唱    
 <憂国忌代表発起人> 入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦
西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子
       (なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい) 
         □◇▽□□◎□◎▽◎□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告  11月17日発売!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★予約募集中↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

  ♪♪
近刊予告(その2) 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ニーチェと三島、ニーチェと西部邁、ニーチェと武士道を考える 
 間もなく予約募集を開始します

  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716

『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1541112494&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%92%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6

宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。