国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<キャンペラでは40%下落した物件も。どうやら中国の投資激減が原因

2018/11/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月7日(水曜日)弐
        通巻第5882号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 東京のタワマン;値崩れが始まっているが、豪でもシドニーで8%下落
  キャンペラでは40%下落した物件も。どうやら中国の投資激減が原因
****************************************

 住む意思は始めからない。投機でタワーマンションを買って値段が上がれば、すぐに売る。ところが値崩れを起こしても、売る。手元資金がないからである。たたき売っても、本国での資金繰りに充当しなければいけなくなったからだ。

 西新宿で人気のあったタワマン、販売から二年ほどして入居が始まったが、すぐに30−60軒の売りが出た。豊洲のタワマンは交通の便が悪いので最初から売れなかったが、投機用に中国人がそうとう買ったという。

 これは東京だけの話ではない。もっとも中国人が不動産買いに狂奔したのはオーストラリアだった。ついでバンクーバーやカリフォルニア州。
450万都市のシドニーは、すでに50万人が中国人である。このシドニーで、不動産価格が7・6%の下落を示した。しかし、これは不動産バブル破綻の序曲に過ぎず、これから冬の時代に入るだろうと現地の業界関係者はいう。

 首都のキャンベル近郊では別荘地の不動産はすでに40%の下落ぶり。オーストラリア全体の不動産市場で中国からの投資は2014年に33億4000万ドルに達したが、2017年は三分の一強の9億3000万ドルに凹んだ。

 この豪のヴィクトリア州が、単独で中国のBRI(一帯一路)への参加を表明したためモリソン首相は激怒した。政府と相談もなく、かってに州政府が外交方針に抵触するようなことを決めてよいのか、と。ヴィクトリア州は豪の南東部、メルボルン地区であり、南にタスマニア島。
世界一暮らしやすいのがメルボルンだと中国人の不動産買いが目立っていた。
     □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)アムステルダムにおける中国人の増殖ぶりは日本の近未来かもしれません。日本では台湾料理の名前で中国人経営の店が増えていますが、2002年当時のアムステルダムも中華レストランの店員は大陸系とすぐに分かる雑な接客ぶり。欧州のレストランでは価格表が店頭に表示され便利でしたが、中華レストランは安くて味はまずまず。
「飾り窓」周辺の土産物屋にはそそり勃つ男性器の絵葉書などが売られていましたが日本人観光客女性は嬉しそう。しかし薬中の男が金をせびったり大声を上げる男がいたりで長居は無用。

 大麻の合法化については判断しかねるところ。
なにしろインド以西では大麻は当たり前。インドでは密造酒による死亡事故のほうがニュースになります。
バンコクで居酒屋の店主に勧められ何度か大麻タバコを吸ったのですが一度目、二度目はまったく変化なし。
ところが三度目は酒を飲みすぎていたためか大麻の純度が良かったのか意識が朦朧、学生時代以来のひどい急性アルコール中毒症状で座敷で三時間ほど寝込む始末。大麻は二度とやるまいと思いましたが、店主によると大麻が効いてくると感覚が研ぎ澄まされて、針一本落ちてもわかるほどなのだとか。
そんな感覚を求める日本の有名ミュージシャンを何人もプーケットに案内したといってましたが、音楽と薬物は昔から腐れ縁。
 大麻などの薬物を使用して自動車を運転したら酒酔い運転どころではないかもしれません。
台湾の特急列車脱線事故では運転手に薬物使用歴があったといいます。
日本航空の副操縦士がヒースロー空港で酒酔いで逮捕されましたが日本人は飲酒や薬物に寛容すぎますね。
 
ところでインドのハイテクに関してですが先日の日経新聞の記事には驚きました。
貧困層への支援についてのものでしたが、夫をなくした女性がアーダール(Aadhaar)というインドの国民総背番号制に登録し支援を受けるという内容ですが、顔写真と指紋、さらには両目の虹彩まで登録するという。
スマホのデータ通信料金は格安で14ギガで月額99ルピーとほとんどタダみたいなもの。生体認証までしているとは驚き。うさんくさい人権団体や所得を隠したい富裕層などにとっては嫌なシステムかもしれません。
 今読んでいる本「情報時代の見えないヒーロー」(日経BP社)は11歳で大学入学、14歳
でハーヴァード大学に入学、18歳で博士号という神童ノーバート・ウィーナーを描いたものですが、彼はオートメーション技術が貧困地域の発展に役立つとの考えを持ち、195年代にはインド政府に助言を与え、後のインドハイテク人材を支える基礎となったのだとか。
まさに教育は国家百年の計ですね。
   (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)「日本文化チャンネル桜」からお知らせです。
今晩(7日)夜の番組=「FRONT JAPAN」は宮崎正弘さんと河添恵子さんです。テーマは「習近平の『南巡』」と「マハティールショック以後のマレーシア」です。ご期待ください。
           ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)学会、取材旅行などのため、小誌は11−13日が休刊となります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告  11月17日発売!
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★予約募集中↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

  ♪♪
近刊予告(その2) 12月3日発売
宮崎正弘『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版、972円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ニーチェと三島、ニーチェと西部邁、ニーチェと武士道を考える 
 間もなく予約募集を開始します

  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716

『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1541112494&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%92%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6

宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/07

    サウジアラビアは崩壊する。イスラエルはネタニヤフかテルアビブのどちらかを選択しなければならない。





    ハザールマフィア支配網の解体は、目下のサウジイスラエルの指導部の引きずり降ろしによって続いている。特に、ロシアと米国間で、サウジアラビアをイランが支配するスンニ派地区とトルコが支配するシーア派地区に分割する交渉が行われている。



    これが、この件について国防総省が言いたいことである;「カルマの仕打ちはキツかった、サウジアラビアはジャマル・カショギに対してしたことで解体され、モハメッド・ボーン・ソーマンがイエメン戦争を終結させ、カタール封鎖を解くことを余儀なくされ、一方で米国は国際通貨リセットの後にトルコとイランで新たなパートナーを見つけるかもしれない」



    進行中のもう一つのことは、長く待ち望まれていた米国内の徒党の逮捕がすでに始まっている。最も高位の人間は、前マレーシア首相ナジブ・ラザックとともに、その国から金を略奪しようとした罪で逮捕されたゴールドマンサックスの上級銀行家である。盗まれたお金の用途の一つは、ロスチャイルド賞賛映画「ウォールストリートの狼」に資金を提供することであった。







    「61,000件以上の未開封起訴状は米中間選挙の後に公開されるが、グアンタナモはすでに離陸している」。









    ここも見てください。



    押さえつけられない状況:未公開訴状がうなぎのぼり2018年11月5日









    このことが別の側面で見えることは、徒党(ロックフェラー派)のGEが目下破産中である。2011年3月11日の日本の核津波大量殺人事件にGEが非常に関与していたことを覚えておくことは重要である。



    いずれにしろ、目下のスローモーション株式市場の崩壊は、新たな量子金融システムがオンラインになるにつれ企業の犠牲者を要求し続ける。



    また、「メキシコの移民キャラバンは、メキシコが多くの人々に亡命者保護を求めるよう説得している間に、ISIS、MS13と他の犯罪分子が特殊部隊によって逮捕されたので、国境の1万5千人の米軍によって効力をなくされた可能性がある」。言い換えれば、米中間選挙を混乱させるためにこのキャラバンを使用しようとした企みは阻止された。



    また、東アジアでは、インドネシアのライオン航空の遠隔操作によるハイジャックと飛行機事故による高度の陰謀が起こっている。この飛行機事故はシンガポール金融システムの支配を掛ける代理戦争の一部である。



    これがCIAの事故報告である:「ライオン航空JT610は故意であった。もはや機体本体はない。分析できるものが何もないので、ほとんどの乗客は同定できない。最近、4人の乗客が同定された?一人は指紋から、一人は入れ墨の皮膚から、一人は乗客が搭乗前に履いていた靴を使っていた人、そして搭乗前の家族との輪の中で着ていたドレスを使っていたご婦人である。体は飛行機もろとも粉々にされた。











    https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-03/lion-air-jet-s-final-plunge-may-have-reached-600-miles-per-hour



    コックピットの記録はもし発見されても、一般には公表されない。発見されても、それは損傷しているであろうし、修復はできない。彼は最後の数分の機長と副操縦士の会話を記録しているだけである。彼らは航空機の制御は遠隔操作されていたことを知っていたはずである。この情報は一般には公開されない。







    https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-05/crashed-jet-s-elusive-audio-may-hold-key-to-indonesian-tragedy









    28人の政府職員は、シオニスト当局者とバンカ島の金塊貯蔵所の一つを手放す交渉をしていたホワイトハットチームであった。金塊はインドネシアの人々をはじめ人類のために使われるべきものである。それはシオニスト徒党が航空機事故を起こして交渉へ応答したものと思われる。



    さらに、この問題の金塊は長年シンガポールのリー・クアンユー首相(LKY)の家族によって支配されていた。LKYはアジアから盗まれた金塊によって担保された銀行債を償還できる資格のある数少ない人の人意である。その金はスズ採掘会社経由で国際金融システムで洗浄された。それは、島国の富の秘密の一つである。含み資産11憶6000万ドルのかちのあるこれらの債権の一部を所有している。この債券は中国最後の皇帝溥儀の娘が所有していた。彼女は新しい名前で暮らしており、それを能力主義将来計画機関の設立に使う条件で、与えられた。



    その債権は、満州金塊の7万トン、4ちょう6000憶ドルによって担保された者の一部である。これらの債権は、専門家によって惑星の救済計画が承認されたので、責任をもって現金化される。そしてその仕事は民間部門に委託されるだろう。



    その債権は正当なものであることが証明されており、徒党は約束を果たし、それらを現金化する必要に迫られている。



    グノーシスイルミナティは、彼らが4個の核兵器を貯蔵していることを伝えた。シオニスト徒党に、もし債権が現金化されないならば、彼らがテルアビブとスイスのバゼルを破壊するだろうと伝えた。



    もしそれが過激に思えたら、1970年以来、人類が野生動物の60%を絶滅させたことを思い起こしてください。それは我々が惑星絶滅の事件に対処していることを意味している。



    https://www.theguardian.com/environment/2018/oct/30/humanity-wiped-out-animals-since-1970-major-report-finds









    金は、環境破壊を止め、貧困を終わらせ、人類の宇宙への進出を容易にする大規模キャンペーンに使われる。



    このキャンペーンの立ち上げを阻止するための企ては、上記の極まった方法を含む暴力によって扱われるだろう。また、我々は幹部犯罪者に盗んだ金塊を返すように要求し、これらの犯罪者はすでに丁重に盗んだものを返還するよう言われていることを覚えておいてください。



    いずれにしても、これらの兵器は不幸にもかって米軍のはホワイトハットと機関によって既に使われた。



    「徒党の逮捕は、米大統領ドナルド・トランプがロシア大統領ウラジミール・プーチンと、偶然にも退役軍人の日の11月11日にパリであった後に激しくなるだろう。



    MKUltra(CIAの人間洗脳実験)の女性犠牲者が保護を求めてスペインから飛んできた。彼女はイエスズ会で働いており、必ずしも敵というわけではない。



    これによって我々が言いたいことは、前イエスズ会指導者でNSAによってピーターハンス。コルベンバッハと名付けられた者が、悪魔崇拝者であり、311福島攻撃に責任があるけれど、惑星を救う大規模キャンペーンを準備していたイエスズ会の新しいカトリック指導者である。



  • 名無しさん2018/11/07

    薬は毒だから飲んではいけない!



    (「降圧剤」はボケる、ふらふらインポになる)



     かつて高血圧症の基準は180だったが、いつの間にか130になった。これは健康な人を病人にでっちあげる仕掛け罠である。こうして70歳超の2人に1人が「降圧剤」を飲まされている。まさに、老人は「降圧剤」漬けである。「めまいがして倒れた」「心臓がバクバクする」などの病症を訴える人が続出している。男性ではインポ(ED)に悩む人も多い。これらは、無理に薬剤で血圧を下げた結果の深刻な副作用症状である。



     安保徹博士は、「その人にとって必要だから血圧は高い。薬で無理に下げると、体は急いで血流確保する。そのため、心臓に負担がくる」と指摘している。血圧を薬で下げてはだめである。高圧剤は、脳への血流を阻害して認知症を引き起こし、性器への血流不全でインポ(ED)になる。さらに、血流阻害は、前身組織の低血流、低体温、低酸素を引き起こし、万病の元凶となる。その結果が発癌である。



    (「ハイトラシン」は代表的降圧剤であるが、脳梗塞、意識喪失、めまい、冷え症、EDになる)



     「ハイトラシン」の添付文書には「高齢者には慎重投与」と注意がある。その理由は、「過度の降圧は好ましくない。脳梗塞等が起こる恐れがある。そして、その副作用が凄まじい。「意識喪失」(血圧低下で気を失う)、「めまい」(ふらつき、歩行困難、失神)、「動悸・頻脈」(血圧を無理に下げた為)、「肝臓障害」(肝機能障害)、「腎機能障害」、「排尿障害」(中高年に多い)、「頭痛」(頭が重い感じ)、「貧血症状」(赤血球減少など)、「低血圧症」(血圧を無理に下げた弊害、様々な症状が出る)、「過敏症」(発疹、かゆみ)、「神経性異常」(倦怠、脱力、発汗、不眠、冷感、肩凝り、ねむけ、しびれ、ほてり)、「循環器障害」(不整脈、胸痛、息切れ、心房細動)、「消化器障害」(腹痛、下痢、便秘)、「性的不能」(勃起不全、インポテンツ)などが書いてある。



    (「ノルバスク」の添付文書にも重大な副作用がずらりと並んでいる)



     「肝機能障害」(黄疸、腹水など)、「血球異常」(白血球現象など)、「心臓障害」(不整脈、失神、心房細動、徐脈など)「胃腸障害」(嘔吐、下痢、胃腸炎など)・・・肝臓障害が現れるのは、この薬が毒薬だからである。様々な心臓症状は、「降圧剤」で心臓病に負担がかかっている結果である。



     菜食者の血圧は老後でも若者並みである。少食者も同じである。つまり、菜食、少食がベストの生き方なのである。



    (血糖降下剤より、玉ねぎを食え)



     血糖降下剤は毒である。それよりも玉ねぎを生で食べる方がよい。安上がりで副作用も無く、栄養も取れる。(鶴見隆史医師)



     糖尿病の5大原因は、

    食べ過ぎ 

    ストレス 

    運動不足 

    肉食 

    白砂糖である。

    食べ過ぎだから、食べなければ治る。

    ストレスは悩み過ぎだから、深呼吸してリラックスすることである。

    運動不足の解消は、1日5秒以上、筋肉を思いっきり力を込める筋トレをする。

    肉食を止めて菜食にする。

    白砂糖は猛毒である。黒糖、玄米、地粉、蕎麦に切りかえれば重度糖尿病でも治る。



     岡田正史さん(63歳)は、糖尿病を1日1食の実践で、半年で完治させている。



    (「ジベトス」の添付文書には、酸血症、低血糖症、暴力衝動とある)



     酸血症とは、血液が酸性に傾くことである。重症の場合、急死することもある。低血糖症は血糖値が極端に下がった状態である。低血糖になると、血糖値をあげるために怒りのホルモン(アドレナリン)が分泌される。それは毒蛇の3,4倍と言う毒物である。アメリカ刑務所の囚人の8割は、低血糖症である。ジャンクフードで低血糖症になり、暴力的なって刑務所送りにされたという。



     さらに、血糖降下剤が無理に血糖値を下げると、ドロドロに沈殿した血糖が、毛細血管を詰まらせ、脳梗塞や心筋梗塞などの引き金になる。この血行不良は全身臓器の低酸素、低栄養、低代謝を招き、万病のもとになる。そして発癌である。



    (基準値下げて獲物ゴッソリ)



     日本に寝たきり老人が多いのは、コレステロール低下剤の所為である。病院で血液検査を受けたら、「コレステロールが高め。高脂血症ですね。コレステロール低下剤を処方します」と医者に言われても、「はい」と言ってはいけない。政府(厚労省)は、こっそり、血中コレステロール基準値を260から220に下げている。ハードルを下げれば、それだけ獲物がかかるからである。高血圧と同じ仕掛け罠である。



     世界で最も売り上げの高い薬が「リピトール」である。2006年には約1兆5734億円も売り上げている。「コレステロールを下げる」という謳い文句で、目のくらむ荒稼ぎをしている。そもそもコレステロールを薬物で無理に下げる必要があるのか? 

    最新報告では、「コレステロールが低いほど死亡率が高い」と全く逆なデータも明らかになっている。



    「下げたら、あかん! コレステロールと血圧」で警鐘を乱打するのは浜六郎医師である。コレステロール低下剤で毎年、1万人が死んでいる。コレステロールは人体にとって貴重な活動エネルギー源であり、それを無理やり下げると、身体は筋肉を溶かして、エネルギー源にしようとする。これが横紋筋融解症である。そのため、脱力、倦怠感に襲われ、車いす生活になった若者もいる。さらに筋肉が低下し、最後は寝たきりになってしまうのである。



    (「メバロチン」はコレステロール低下剤のベストセラーである)



     「メバロチン」の添付文書の副作用の多さに仰天する。「横紋筋融解症」(筋肉が溶け衰弱)、「筋肉痛」(ここで消炎鎮痛剤を打たれ患者は急速に悪化する)、「脱力感」(筋肉が溶け、慢性疲労が起こる)、「急性腎不全」(溶けた筋肉成分タンパクが腎臓に集中し、重度腎不全で急死する)、「肝障害」(薬毒メバロチンを肝臓で分解処理出来ず発症)、「黄疸」(肝機能低下で胆汁色素が全身に回り黄色くなる)、・・・・・副作用の凄まじさに驚くばかりである。

  • 名無しさん2018/11/07

    東京のタワマン;値崩れが始まっているが、豪でもシドニーで8%下落 キャンペラでは40%下落した物件も。どうやら中国の投資激減が原因←宮崎先生、情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/11/07

    昔から天皇は日本国の「象徴」やったんや。その本質は「利他心」で祈ること。 

    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-451.html 

    あなたの近所にいつの間にか「朝鮮人追悼碑(支那人のケースもあり)」を建てる話がすすんでやしませんか?https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/5a63c7e00bc48017a1b1a651e291dfb8

    金慶珠「政権が変われば司法判断も政府方針も変わるのは、よくある話!韓国の外交戦略!http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7273.html

    NHKからアレフへご送信の意味https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201811030002/

    中川八洋新刊

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%85%AB%E6%B4%8B%E6%96%B0%E5%88%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj8t4_1rL7eAhUEdXAKHTb6DvQQ_AUIDygC&biw=853&bih=413

    NHK、オウム残党のアレフ本部周辺住人の取材音声を「誤って」アレフに送信http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1983576.html

    【捏造】南京大虐殺 新資料【蒋 介石】 

    https://blogs.yahoo.co.jp/himehachatora/47792467.html

    ほんとに朝鮮人が

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

    豊洲市場、かさむ維持管理費=流通形態の変化も?築地移転https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101100846&g=soc

    どこに住んでいても最低賃金1500円以上が必要な5つの理由(福祉国家構想研究会blog)https://news.biglobe.ne.jp/trend/1012/gad_181012_0116384001.html

    インフルエンザワクチン製造量の推移

    http://www.wam.go.jp/wamappl/bb14GS50.nsf/0/36acd6f313ffd798492571ee000a9a7b/$FILE/20060919sankou.pdf