国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国の「デジタル・シルクロード」は監視の網を海外にも拡げた

2018/11/04

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月5日(月曜日)
        通巻第5877号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米NGO「フリーダムハウス」報告書が指摘
  中国の「デジタル・シルクロード」は監視の網を海外にも拡げた
****************************************

 11月2日、米政府系の「フリーダムハウス」による年次報告書『デジタル専制政治の台頭』によれば、ビッグデータ、フェイクニュース、ネット上のプライバシーの監視によって、民主主義が破壊される危機にさらされる可能性があるとした。
 同報告書はフェイスブックから5000万人の個人データが流失した事実にも触れて、防御を強く呼びかけている。

 ネット上に流れたフェイクニュースの影響を受けた選挙では、バングラデシュ、スリランカ、印度などで暴動が発生した。米国の大統領選挙でもロシア、中国のハッカー攻撃と同時にフェイクニュースが何回も流され、選挙への介入が目立った。

 またエジプト、ケニヤ、ナイジェリア、フィリピンなどではデジタル社会の影響を受けて、民主主義の劣化が見られるとした。

 同報告者は中国の新彊ウィグル自治区における住民弾圧、とりわけ百万もの人々を収容所に入れての再教育を批判しつつ、「この収容されたウィグル族の人々はネットによる通信が傍受されたことによる」と特筆している。

 中国のシルクロード構想とは、相手国に光ファイバーや通信機材、設備を輸出してもいるが、多くで光ファイバー網の建設を同時並行している。
この結果、外国のネット通信の防聴もが可能となっており、まさに「デジタル・シルクロード」だと批判している。

    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1814回】               
――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(39)
徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)
 
    ▽
 「善言者は、善行者にあらずとは」、「支那人一般に適用す可き名言也」。だが、彼らが「善く行はれざる」からといって、支那古典に満ちている善言が「善言たるの價値を損」するわけはない。
 
「白皙人種と競爭するは、單に武力の一點張り、若しくは生産の一方面のみに、限る可きにあらず」。やはり「此の學問の中樞、若くは中樞の一たる、支那古典の研究」こそが肝要である。「日支兩國を、精神的に提携せしむる」ことからも、「蓋し支那學問の興隆は、興亞の一大長策也」。
 
 ■「(七八)空論國」

議論の際に「動もすれば熱拳を揮」う日本人に対し、「支那人は戰爭中にも、尚ほ議論を事とする」。「要するに支那は、何よりも先づ言論の國」であり「文字の國」である。「露骨に云はヾ、空論國」ということになる。
  「文字言論の國柄として、支那人の辭令に巧妙なるは、先天的と云ふも可」であり、同時に「饒舌なるは、亦是れ一種國民的性格」ともいえる。そこで「言論を以て能事とする代議政治は、支那に取りては、寧ろ適當の政治」といえるだろう。
 
「支那が言論國なればとて、我が日本も亦た、之に倣はねばならぬ必要」はない。「俗吏政治」は問題だが、さりとて「巧辯家政治」にも難がある。欧米諸国が「既に言論の厄運に遭ふ」ていることを考えれば、「東亞も亦た、果して同樣の厄運を迎へざる」を得ないようだ。
 
■「(七九)空論亡國」

日本では「支那的空論の流行」が見られ、残念だが「我が日本は、追々と空論繁昌の世の中となりつつあり」。「東亞の空論國は、支那のみにて既に澤山」であるというのに。
 
 じつは「議論の効用は、實行にあ」るわけで、溺れる人を前に、溺れた理由、救助は必要か、救助された後に褒賞はあるかなどと「御託を並べんよりも。寧ろ直ちに手を出して、之を援くるを先務と」すべきだろう。やはり「日本は專ら實行の方面に、其力を竭」すべきだ。なぜなら「支那人、印度人、何れも言多くして、實少き」ゆえに、「今日其の國家の衰微若くは亡滅を招」いているからである。
 
 「我國爲政者」が「他國爲政者の饒舌」に倣うようになっては、日本という「我が國家の前途や、實に憂ふ可きの至り」というものだ。
 
■「(八〇)豐富なる?史」

「支那人には、新奇の物なし」。なんであれ「吾國に固有せり」と自慢する。それというのも「支那は舊國也、大國也。舊且つ大にして最も百科字彙的國」だから、ないものはないのが当たり前ともいえる。たとえば「即今歐米諸國の問題たる、『國民協盟(リーグ、オブ、ネション)』の如きも、支那には春秋時代に、既に幾許か之を試みたる者ありし也」。
 
「吾人(徳富)は支那には、殆んど總ての事物存し、然も之れと同時に、總ての事物、殆んど皆な其の存在の意義を失墜しつゝあるを見る也」。かくして「此の如き豐富なる?史を有するは、現在及び將來の支那人に取りて、幸乎、不幸乎、未だ猝かに斷言し易からざる也」と。
 
――徳富は「未だ猝かに斷言し易からざる也」とするが、やはり「此の如き豐富なる?史」は不幸というものだろう。なぜなら、彼らが胸を張る「中華民族の偉大さ」を支える「總ての事物、殆んど皆な其の存在の意義を失墜しつゝある」からである。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌の中国レポートを読んでいますと、そのあべこべの方向に走ってビジネスを拡大させているトヨタ、日産、日立、そして伊藤忠が蹉跌することは目に見えています。
 かれらに、貴誌の購読を勧めたいものです。
   (TY生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)とくに日立製作所は売り上げの10%を中国で得ています。経団連の中西宏明会長は、この日立トップからです。中西氏は東大工学部からスタンフォード大学、コンピュータの専門家。日立会長の後、ことし六月から経団連会長です。
 日立はともかく、パナソニック、ソニー、ユニクロ、ソフトバンク等々。横文字の企業は日本国籍なのか、多国籍なのか。



  ♪
(読者の声2)先週来、永田町では来年衆参同時選挙、そして憲法改正へ突き進むという観測があがり、どうも本気のようですね。
 何か噂を聞いておられますか?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)衆参同時選挙は既定の事実のようですね。しかも、選挙直前、中国の経済破綻を理由に「消費税値上げ延期」をアナウンスするとか、しないとか。アベノミクスが迷路の彷徨いこんでしまったため、打つ手が限られてきました。
       □◇◎▽□◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  
  11月25日は憂国忌です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

三島由紀夫氏追悼 第四十八回 追悼の夕べ
「憂国忌」のご案内
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ことしもまた憂国忌の季節となりました。三島先生の没後四十八年にあたり、政界、言論界でも「最後の檄文」の主張にもある憲法改正の方向性が出てきました。本年は明治百五十年にあたり、背景に明治の残映から始まる三島先生の傑作『春の雪』(『豊饒の海』第1巻)を中心としたシンポジウムなどを執り行います。
      記
 日時   十一月二十五日(日曜) 午後二時(午後一時開場)
 場所   星陵会館大ホール(千代田区永田町2−16)
 資料代  お一人 二千円 

<プログラム>                      (敬称略、順不同) 
                     総合司会     菅谷誠一郎
午後二時   開会の挨拶        三島研究会代表幹事  玉川博己
      『春の雪』名場面の朗読              村松えり
      『天人五衰』最後の場面朗読            村松英子
午後二時半 シンポジウム  「『春の雪』をめぐって」
                小川榮太郎、富岡幸一郎、松本徹 
                  司会  上島嘉郎(『正論』前編集長)
      追悼挨拶「憲法改正の時が来た」   中西哲(参議院議員) 
午後四時十五分    閉会の辞。 全員で「海ゆかば」斉唱    
 <憂国忌代表発起人> 入江隆則、桶谷秀昭、竹本忠雄、富岡幸一郎、中村彰彦
西尾幹二、細江英公、松本徹、村松英子
       (なおプログラムは予告無く変更になることがあります。ご了承下さい) 

+++++++++++++++++
「憂国忌」賛助会費のお願い
*****************

 憂国忌は過去四十八年、三島先生の友人・知己、関係者らを中心に発起され、同志、ファンらのボランティアによる活動と浄財だけで孜々営々と運営して参りました。発起人も林房雄、川端康成、小林秀雄、林武、保田與重郎、福田恒存、黛敏郎、村松剛、エドワード・サイデンステッカー、江藤淳、佐伯彰一、篠沢秀夫の各氏ら五百名近い日本を代表する学者、文化人につとめていただきました。本年も皆様方のご理解とご支援を賜りたく存じ上げ、ご支援をお願い申し上げます。

 賛助会費   一口 一万円 (半口でも結構です)。
(!)郵便振替
00110−2−324158 
口座名義(加入者)「三島由紀夫研究会事務局」

(B)銀行振込先「三井住友銀行 三田支店」(普通8256540)
口座名義「三島由紀夫研究会」です。
なお銀行を利用される方は、お振り込み後、ご住所をメールでご教示下さい。
yukokuki@mishima.xii.jp

賛助会員の皆さまには、次の五つの特典があります。
一、「憂国忌招待券」をお送りします。
二、年に十回前後の「公開講座」が半額となります。
三、年四回発行のメルマガ合本「三島由紀夫の総合研究」をお送りするほか、ニューズレター会報などがあります。
四、関連図書をお手元にお送りします。
五、「憂国忌」終了後、御出・欠席を問わず「記念冊子」(ご芳名を掲載させて頂きます)をお送り申し上げます。匿名希望の方は振り込み用紙の余白にその旨をご記入下さい。(なお十一月五日に冊子の印刷を締め切りますので、以後の振込通知到着分は、ご芳名記載が来年度になることがあります。ご了解下さい)
                    YUUKOKUKI
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告
11月17日発売!
宮崎正弘
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★予約募集中↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716

『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1541112494&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%92%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6

宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)  
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/05

    他の記事は読めても、この記事は読めない漢字が多すぎ。普通使われてる漢字を使ってほしい。

  • 名無しさん2018/11/05

    公民教科書読み比べ(10): 国民統合の象徴とは何か?http://melma.com/backnumber_115_6752960/

    裁判闘争 NHKクローズアップ現代

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/11/04/2716%e3%80%80%e8%a3%81%e5%88%a4%e9%97%98%e4%ba%89%e2%91%a3%ef%bd%8e%ef%bd%88%ef%bd%8b%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%8f%be%e4%bb%a3/

    世界最古の文明、それは日本文明とちゃうか?もっと勉強せなあかんな。 

    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-449.html

    NHKが住民音声をアレフに誤送信!アレフ関連住民インタビュー・TBSの坂本堤弁護士一家殺害事件http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7274.html

    たかり国家

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%8A%E5%9B%BD%E5%AE%B6&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwje-6PyxLneAhXBU7wKHUkwALYQ_AUIDygC&biw=1053&bih=398&dpr=1.5

    “女性に優しい会社”で不幸になる女たち――「男が休めない」「業界ナンバーワン」転職先として要注意な会社とは/白河桃子さんhttps://woman-type.jp/wt/feature/7932

    米専門家が”韓国人の本性”を『徹底的に暴露する』驚愕の事態。米国でも韓国の異常さは常識になりつつあるhttp://22448866.seesaa.net/article/421685303.html

    税逃れを謀った偽善ミュージシャン / 国内で搾取される一般人http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68738835.html

    【福島みずほ議員の意味不明ツイート】

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-411.html

    予防接種の「成功」に対する批判と反論 病気の減少は予防接種の効果なのかhttp://www.asyura2.com/sora/bd16/msg/829.html

  • 名無しさん2018/11/04

    手術をすると癌が暴れる!



    (メスを入れ、癌が暴走する)



     「手術で癌が暴れ出す」と警告するのは、近藤誠医師である。本物の癌にメスを入れると、局所移転で癌が暴走する。癌の局所移転と言うのは、外科医が手術でメスを入れた所に次々と再発巣が現れることであり、より厳しい再発の仕方である。だから、近藤医師は一貫して「癌手術はするな」と主張している。その根拠の一つに、「手術で癌が暴れ始める」という現象がある。癌を切除手術で取り除く行為が癌手術である。ところが、切除手術を受けて間もなく、メスを入れた所に、再発が一気に出る。そういう患者が多いのである。



    (3キロも臓器取られた逸見アナ)



     「大腸癌の切除手術を受けてすぐ、腹膜転移が一気に出てしまった方がいた。手術の際に、メスで傷つけられた腹膜に、癌細胞が集まり、通常では考えられないペースで増殖してしまった」と近藤医師は言う。腹膜転移が出やすい癌は、大腸癌、胃癌、膵臓癌、胆管癌、卵巣癌などである。つまり、これらの癌を安易に手術すると、一気に癌が暴れる恐れがある。その典型が、アナウンサーの逸見政孝である。胃癌で3度にわたる過酷な手術を受けた。最初の手術ですぐ腹膜に移転する。こうして3度の手術で摘出された臓器の総重量は3キロにも及んだ。



    (癌細胞が集まり急激に増殖する)



     近藤医師は「メスを入れた所に、癌細胞が集まり急激に増殖を始める」という。具体的には、「初発巣にメスを入れると、当然、出血する。そして、本物の癌であれば、血液中に癌細胞が入り込んでいる。つまり、癌細胞が出血と共に流れ出てメスを入れた部分にとりつく」「メスで傷つけられた部分には、破壊された組織を修復するための、様々な物質が分泌される」「サイトカインなどと呼ばれるそれらの物質の中には、組織修復のため細胞分裂を促進する物質も含まれており、その促進物質が傷口に取りついた癌細胞を急激に増殖させていく・・・」「癌は犬・猫と同じで、苛めると牙をむく」と言う。



    (外科医の悪魔のささやき)



     「癌が本物なら、手術をしても転移は必ず現れてくる」「だから、どちらにしても手術を受けるだけ損である」「癌で長生きしたいなら、我慢比べしかない」「我慢できない人は、残念ながら手術を受けて早く死ぬ・・・」(近藤医師)



     「初発巣を切除すると、転移巣の増大スピードが急加速する危険性がある」つまり、「のんびり癌」が「凶暴癌」に変身するのである。



     たまたま健診を受けて大腸癌が見つかった場合、近藤医師が相談を受けた患者のケースである。



    「狭窄はあったのですが、通過障害はなく、食事は普通に取れていました。切除手術を勧められているが、どうしたらいいのでしょうとの相談だったので、転移巣が暴走する危険性を説明したうえで様子を見る方法もあるとお伝えした。ところが、その後、外科医の勧めに従って手術を受けてしまった。そうしたら、僅か数か月で、肝臓への転移が出てしまった。初発巣の切除が引き金になって転移巣が大暴走してしまったのです」



     こうなると、手術を勧めた外科医の声は、悪魔のささやきである。



     やはり、主治医の勧めで膀胱癌で膀胱を全摘された中年男性の例は次の通りである。



    膀胱を全摘すると男性機能を失うことがある。多くの患者は、それを失って初めて愕然としてしまう。気の毒なことに、手術から間もなくして、その男性に転移巣が次々と出現してきたのである。



    (癌自身の暴走抑制ブレーキ)



     癌を切ったら、転移癌が暴走するメカニズムは次の通りである。



     最初の癌から、転移巣の成長を押さえ込む不思議な物質が分泌される。その物質名は、「エンドスタチン」「アンギオスタチン」と言う2つの物質である。それらは、癌自身が成長するために必要な「血管新生」を阻害する働きをする。癌自身にも自らの暴走を抑制するブレーキ剤が出ている。その初発巣を手術で切除してしまうと、転移巣の増殖を押さえ込む「エンドスタチン」などの分泌は失われ転移した癌は暴走してしまうのである。「大腸癌手術をしたら、転移の無かった肝臓が急に膨れだし、正常な重さ1・5キロが転移巣では10週間で4・7キロになり死亡。原因は手術以外にはありえない」と米医学誌も断定している。

  • 名無しさん2018/11/04

    米NGO「フリーダムハウス」報告書が指摘

      中国の「デジタル・シルクロード」は監視の網を海外にも拡げた←宮崎先生、ありがとうございます。中国人はいっさい、信用しないことにいたします。