国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<南欧もまた中国の進出を「投資歓迎」と受け入れ

2018/11/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月3日(土曜日。明治節)
        通巻第5875号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

南欧もまた中国の進出を「投資歓迎」と受け入れ
イタリア、スペイン、そしてポルトガルは中国に前向き
***************************************

 オランダの首都アムステルダムは駅から歩いて五分ほど。運河沿いの一帯が、いわゆる「レッドライト・ディストリクト」(赤線地帯)である。
というより「飾り窓の女」で世界的に有名である。ガラス越しにホットパンツの若い女性が客を待つ。アフリカ系、アジア系が目立つ。問題は、その奧の路地である。な、なんと、ここがアムステルダムにおけるチャイナタウンである。
 誰もが嫌がる地区に、中国人は猛然と縄張りを拡げ、レストラン、安宿、そして道教の寺院が並び、気がつけば飾り窓の狭間にも進出していたのだ。

 フランスでは北部の一部の村がチャイナタウンと化け、またパリでも中華レストランが集中する地区では「外国人はでていけ」とデモ行進があった。

 英国はどうかと言えば、各地に小規模なチャイナタウンがあるが、本格的な、横浜中華街に匹敵するのが、ロンドンのど真ん中に拓けたチャイナタウンだ。飲茶、上海、広東料理、浙江省紹興の壺入り紹興酒もある。
 郊外や新都心で高層マンション、ビジネス複合ビル、ショッピングモールを建設しているのは華僑資本。とりわけ香港最大財閥「長江実業」(李嘉誠の本丸)は新都心の一角すべてを開発し、英国のエネルギー企業も買収した。
 メイ首相は女性宰相として辣腕を振るったサッチャーに遠く及ばず、閣内もまとめきれないで、レイムダックいり。BREXIT交渉は遅れに遅れている。

 ドイツはべったり「中国漬け」となってしまった、「ドイツ銀行」と「フォルクスワーゲン」が問題の中心である。
このドイツ銀行の最大株主は王岐山系の「海航集団」である。
年間350万台を中国で販売するフォルクスワーゲンに巨額融資を行っているのは中国工商銀行だ。このため「人権」に五月蝿い筈のメルケル首相は十数回も北京に行きながら、人権についてはアリバイ証明的に述べるだけで、おざなり。とうとう地方選挙に連敗し、「さようなら! メルケル」と国民から弔鐘をならされた。

中国はこのほか、ロボット企業を買収し、クーガ社にも買収を仕掛けたが、ようやく国家安全保障上の脅威と認識したメルケルは、この買収を阻止した。デュッセルドルフに近い飛行場の運営権も中国企業に売却した。
 港湾や空港の管理運営権利を中国に売却すると、どうなるかといえば、ギリシアのピレウス港の悪例がある。
インボイスの誤魔化し、申告しない量の物品が陸揚げされるばかりか、人の密輸も行われているとEUはギリシアに警告した。


 ▼カソリック、のんびり派の南欧では

 さて南欧である。
 イタリアはすでに古都プラトーの皮革工場などが中国人に乗っ取られ、イタリアの有名ブランドの輸出の多くが華僑の利権となった。
プラトーにはいつのまにか五万人の中国人が住み着き、学校へ行くと半数以上が中国人子弟となっていた。イタリアは人道上、移民排斥が出来ないため、脱税を名目に手入れを行ったが、不正行為は氷山の一角に過ぎなかった。
 世界的なタイア製造で知られるピエリを中国資本が買収したほか、エニ、エネルとか、イタリア電力の35%株主、そしてフィアットの株主となった。
いくら楽天的なイタリア人でも、あまりのことに悲鳴を挙げる。それがイタリアでナショナリズムの回復を訴えた「五つ星運動」の勝利に結びついた。北部同盟と連立し、イタリア政権は反移民政党が担うほどに政治的環境が換わった。変えた要因のひとつが反中感情である。
 イタリアは予算案の訂正をEU委員会から勧告されたが、応じる気配がない。

ポルトガルでは中国三峡集団がエネルギー大手「EDP社」の筆頭株主に踊りでた。
ほかにも幾つかのエネルギー関連子会社、そしてフラッグ・キャリアの「アエロス・ポ−チュギューズ」やフィデリダート(保険大手)などの株式を取得した。
基幹の航空会社が風前の灯火なのである。
病院や不動産企業も買収、なかでもマカオ拠点のKNGファンドがポルトガルの新聞二社の株式30%を取得した。
ポルトガルは地中海と大西洋の中継港として先約的価値のあるシネス・ポルト港のリースをめぐって中国と交渉に入るとし、12月の習近平訪問に備える。

 こうして南欧諸国に巨額を投じる中国。
 効果は覿面で、国連や國際会議の場でも、これら南欧諸国から中国批判の声が殆ど聞こえなくなった。ASEANにおけるカンボジアのように北京の代理人に成り下がる怖れがある。
そればかりかギリシアなどはEU委員会の勧告に従わず、イタリアでも親中派の経済学者が通商次官に任命されるなど、地中海における中国の代理人的な役割を担う人たちが増えた。

ちょうど日本にも、与党、その連立政権の相棒、ならびに財界主流が、これほどの国際環境の変化にも関わらず、日中友好の幻影に酔っぱらって、「一帯一路」への協力と「日中通貨スワップ」の締結をあの手この手で、安倍首相に迫った。こうした見えない手を使う政治的力学、その環境がよく似ている。

          □▽○◎▽□◎○▽□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1813回】                    
 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(38)
  徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)
 
   ▽
「議論の爲の議論」であるから、当然のように実効は二の次、三の次ということになる。「實行と議論とは、全く別物視すれば」こそ、「彼等の議論が無責任にして、愈々出でて、愈々架空となり、放恣となり、収拾す可からざる所以也」。つまりヘリクツにヘリクツを重ね、さらにヘリクツで固めるのだ。それゆえに彼らは「極めて現實的國民」であると同時に「空想的國民」とも言えるのである。
 
 そこで「所謂地獄の沙汰も金次第」とでもいうべき振る舞いから、「手輕き俗物の如し」と見受けられるが、じつは「其の高論崇議を事とし、何事にも鹿爪らしき文句を唱へ、理屈をこね廻す」。そこで「彼等は如何にも慾得に無頓着なる、書生的の如し」とも見える。
 だが、彼らは「一方より見れば、算盤的勘定高き大俗物」であり、「他方より見れば、箸にも棒にも掛からぬ卓上論客」なのだ。
 
 彼らは実際と理想とを別のものと見ているわけではない。「一個の支那人は、即ち兩個の支那人」であって、「一個の支那は、兩個の支那」である。「此の如くして始めて、其の眞相を得る」ことができるのである。
 
――「支那に於ては、一切の法度、如何に精美に出て來りとするも、概ね徒法たるに過ぎず」に関しての付言を。
 
 毎度お馴染みの林語堂は「民族としての中国人の偉大さ」について、中国人は「勧善懲悪の基本原則に基づき至高の法典を制定する力量を持つと同時に、自己の制定した法律や法廷を信じぬこともでき」る。「煩雑な礼節を制定する力量があると同時に、これを人生の一大ジョークとみなすこともできる」。
「罪悪を糾弾する力量があると同時に、罪悪に対していささかも心を動かさず、何とも思わぬことすらできる」。
「革命運動を起こす力量があると同時に、妥協精神に富み、以前反対していた体制に逆戻りすることもできる」。
「官吏にたいする弾劾制度、行政管理制度、交通規則、図書閲覧規定など細則までよく完備した制度を作る力量があると同時に、一切の規則、条例、制度を破壊し、あるいは無視し、ごまかし、弄び、操ることもできる」と語っている(『中国=文化と思想』(林語堂 講談社学術文庫 1999年)。
 
 ■「(七六)支那人の伎倆」

 「支那人の最も卓越した伎倆は」、「崇高、精美なる理想郷と、俗惡、醜拙なる現實界との間に跨」って、「毫も衝突、矛盾の失態を暴露せざる」点にある。そこで「理想郷のみを見る者は、勢ひ支那人を買被」る一方、「現實界のみを見る者は、勢ひ支那人を見縊」ってしまう。
 
 世の所謂「支那通」を称する者は、「自から觀察の精透を誇りて、支那人の皮相は、前者にありとなし、其の眞相は、後者にありとなし」て、彼らを「一種の没理想的動物視する」が、これまた「見當違」というものだ。彼らは「決して、没理想人種」ではない。「唯彼等は、理想を理想と受用して、之を實踐せざるのみ」である。
 
 じつは「支那人の理想は、其の現實の生活に、何等接觸する所なきも、之を彼等より除却」しようとするなら、「彼等は實に物足らぬ心地」がする。やはり「彼等に取りては、徹頭徹尾何處迄も、理想は唯だ理想」であり、「現實は唯だ現實也」。やはり理想と現実は「恰も兩輪、双翼の如く、彼等に受用せられつゝある」わけだ。
 
 ――毛沢東の「自力更生」は理想で、鄧小平の「先富論(儲けたい奴はどんどん儲けろ)」が現実。幹部にとって「為人民服務」は理想で、権力乱用・不正蓄財が現実。理想と現実は「双翼の如く」に絡まり合い肥大化する。
謹厳実直はバカ・無能の代名詞となる。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 宮崎正弘 今月の論文と予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(1))「中国の有名人はなぜ突然消えるのか」(『正論』、12月号。本日発売)
(2)「世界は今、東チモール」(『エルネオス』11月号、発売中)
(3)「中国のバブル紳士淑女犬たち)」(『月刊日本』11月号、発売中)
(4)「アジアに拡がる『反中』ドミノ」(『北風抄』、北国新聞10月29日) 
             ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)普天間基地の埋め立て工事が国会で議論されていますが、重要な点が無視されています。ちなみに、私は普天間への移転には反対です。
一つは建設費です。現在の見積もりよりおそらく一兆円以上多く掛かると思います。理由は簡単です。現在埋め立てているところの海底は地盤が極度に弱いことが最近わかってきています。マスコミは報道しようとしませんが、土木工事業者たちは、虎視眈々と地盤強化工事の受注を狙っています。
もう一つの理由は別にもっと良い移転先があります。平成18年に日本政府が移転先を普天間と決める前に日本政府が米国政府に提案した移転先です。場所は忘れましたが、 広い荒れ地で、近隣には人口3000人くらいの小さな村があるだけです。
米軍がこの提案を拒絶したそうです。理由は、近くに非番の将兵が遊びに行くところが無いということです。解決策は、20分ごとに近くの大きな町に無料のバスを走らせて、そこで遊んでもらえばよいのです。北海道ではありません。沖縄なら30分くらいで近くの町に着くはずです。
24時間走らせても72往復です。一往復のコストが3万円とすると一日216万円です。一年で80億円弱です。地盤強化に一兆円使うのとどちらが得か考えるまでもありません。途中にも停車場を作って一般人にも利用させれば、沖縄の発展にも役立ちます。
高 校通学が容易になります。買い 物にも便利です。
しかも、米国政府を説得する口実があります。沖縄県民の民意だと言えばよいのです。
   (當田晋也)



  ♪
(読者の声2)「日刊ゲンダイ」DIGITALが、「官房長官補佐官が突然の退任発表…背後に『怪文書』騒動か」と報じています。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/240742
 同紙は、「福田氏(官房長官補佐官)のバックには竹中平蔵氏がいて、民間運営の市場形成で利権を独占しようとしているとか……。それらが事実ならば、水道法改正案の成立も危うくなりかねない。
報道では担当していた仕事に区切りがついた福田氏が自ら退任を申し出たとされていますが、焦った官邸側が“切った”のが実情でしょう」という自民党議員秘書のコメントを載せています。
 上下水道事業民営化についての内閣府主導の内容、大阪市の水道事業民営化案、その後の浜松市の下水道事業民営化案などについての問題点と疑問点、そして今回の疑惑対象人物となった福田という男の言動について、ここ数年来、フォローしてきた人間としては、うれしいニュースです。
 私は、大阪市の水道民営化案、大阪市と福田との関係、内閣府・日本政策投資銀行による報告書「フランス・英国の水道分野における官民連携制度と事例の最新動向について」(2016年8月)等についての疑問点(内容および手続きの両面について)については、大阪市水道局、日本政策投資銀行に面談を申し入れ、拒絶されています。
また新日本監査法人在職中の福田にもメール、電話をし、面談を拒絶されています。
 10月31日の産経新聞ウェブニュースで、表記の報道がなされたことは、知人が電話で知らせてくれたのですが、小生は直ちに「これはモリカケ問題以上に、安倍内閣を揺るがす事件になるかもしれない」と答えたら、その知人は、そこまでは誇大すぎるのではないか、と少し苦笑気味だったのですが、私は少なくとも、菅官房長官辞任、水道法改正とん挫の可能性はかなり高まってきたのではないかと思っています。
(CAM)



  ♪
(読者の声3)第523回「正論を聞く集い」のお知らせです。次回は村田春樹先生をお招きします。

とき   11月27日(火曜)午後六時半
ところ  大手町「産経プラザ」三階
講師   村田春樹(自治基本条例に反対する会会長)
演題   「三島由紀夫と大東亜戦争」
会費   1500円(学生千円)
問い合わせ(03)3407−0637(三輪和雄)

       □◇◎▽□◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(11月17日発売決定。PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★予約募集を開始しました↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4198646716

『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1541112494&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%92%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6

宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 

  ♪♪
<< 鼎談シリーズ >>
++++++++++++++
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

        ◎◎ ▽□◎ □◇◎ ◎▽□ ◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/03

    南欧もまた中国の進出を「投資歓迎」と受け入れイタリア、スペイン、そしてポルトガルは中国に前向き

  • 名無しさん2018/11/03

    欠陥、危険だらけの腹腔鏡手術



    (開腹手術より怖い落とし穴)



     腹腔鏡手術の10大欠陥を挙げる。



    1技術的に難しい→遠隔操作による施術のため。



    2視野が狭い→内視鏡モニター越しに行うため。



    3癌転移を見逃す→開腹手術、肉眼には劣る。



    4リンパ節移転も見逃す→移転の2割を見逃す。



    5隣接癌が再発する→手術成功率が低い。



    6癌を取り残す→腹腔鏡は見えにくい。



    7患部が判り難い→直接臓器に触れない。



    8術後縫合が困難→内視鏡では難しい。



    9感染症を起こす→縫合不全で合併症になる。



    10術後急死も多い→欠陥による後遺症で。



    (患者は出世のための実験台)



     群馬大学で続出した惨劇がなぜ起こるのか? 

    危険極まりない手術なのに若い医者ほどやりたがる。それは、日本内視鏡学界が、手術の回数によって「認定医」「指導医」というお墨付きを与えるからである。だから、これらの肩書が欲しい若い医師たちは、一例でも多くの腹腔鏡手術をやりたがるのである。盲腸炎でも、わざわざ腹腔鏡でやる医者がいるので呆れる。出世のために危ない橋も平気で渡る。つまり、患者は医者の功名心を満たすための実験台とされている。群馬大学の大量殺人医もそんな一人だった。上司もそれを見逃していた。腹腔鏡手術による隠れた犠牲者は全国に多発している。



    (断食はメスのいらない手術)



     腹腔鏡手術しかやったことのない医者は欠陥医者である。腹腔鏡で大量出血したら、迷わず、開腹手術に切り換えるべきである。ところが、開腹手術の経験のない若い医者は、それが出来ない。手術中にトラブルが起こっても対応できず、パニックに陥るだけである。メスで身体を切り刻む手術と言う医療行為そのものが不自然なのである。ファスティング(少食・断食)はメスのいらない手術である。やはり原点に戻るべきである。



    (全身麻酔を1回やれば寿命が6年縮む)



     週刊現代に「全身麻酔が身体に残す大ダメージ」として「1回やれば6年寿命が縮む」と警告した。これは「生命保険業界の常識」だ。副作用事故を報告すると、麻酔の犠牲者は10万人に100人超になる。年間に行われる「全身麻酔」手術は約250万件であり、単純計算すると、麻酔死は年間に2500人超になる。具体的被害例は次の通りである。



    事例1→80歳の女性が、脊椎の手術後に植物人間状態になった。



    事例2→30代男性が、全身麻酔による低酸素脳症で死亡した。



    事例3→74歳男性は、動脈瘤手術の全身麻酔で寝たきりになった。この男性は、麻酔が醒めると、頭が痛いとしきりに訴え、退院後自宅に戻っても頭痛を訴え続け、やがて寝たきりになった。手術から1か月ほどたった夜中に、意識を失い救急車で搬送されたが医者に「手遅れ」と言われ、脳溢血で3日後に死亡した。親族が最初に動脈瘤の手術をした脳外科医に「ひどい頭痛の原因」を問いただすと、「おそらく麻酔が深く入り過ぎた」と頭を下げた。つまり、手術時の全身麻酔失敗が原因だと認めたのである。



    (なぜ麻酔が効くのか判らない)



     そもそも麻酔薬でどのようにして麻酔がかかるのか? 

    現代医学は、その作用機序すら判っていないのである。つまり、「麻酔薬を投与すると、人は意識や感覚を失うのか」と言うメカニズムすら、いまだ解明されていない。「今まで効いてきたから大丈夫だろう」と言う経験則で医者は麻酔を打っているに過ぎない。だから、死亡と言う重大事故も、真相は永遠に判らない。



     ある麻酔専門医は「なぜ効くか判らない。だから、事故が起きたときの検証もできない。つまり全身麻酔の事故は今後も防ぎようがない」と投げやりである。高齢者、喫煙者、心肺機能が弱い人は特にリスクが高まる。

  • 名無しさん2018/11/03

    普段見慣れない漢字が多すぎて読めない。