国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<王岐山、来週(11月6−7日)、シンガポールで講演。何を言い出すか

2018/11/01

★小誌愛読者25900! まもなく26000部を更新します!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)11月1日(木曜日)
        通巻第5874号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 王岐山、来週(11月6−7日)、シンガポールで講演。何を言い出すか
  米国ブルームバーグが「ダボス会議」のライバルとして主催。バノンも出席。
****************************************

 トランプ第一期のブレーンの一人だったスティーブ・バノンが、来週シンガポールに現れ、基調講演をする王岐山(中国国家副主席)と会談するという。
 王岐山は副主席就任後、もっぱら国内に留まり、外遊は三回目。しかし2004年、王がまだ北京市長時代に主催者となるマイケル・ブルームバーグと会談している。

 シンガポールで開催されるアジア経済フォーラムは、野心家のマイケル・ブルームバーグが次期大統領選挙も射程に入れて、「ダボス会議」のアジア版を主催し、中国との関係を復活させようと図る。言ってみればトランプの対中敵対路線に反対する。このシンガポール会議には北京のシンクタンク「中国経済交流センター」が協力する。

 いうまでもなく、米国の経済ニュース「ブルームバーグ」は市場原理主義、グローバリズムを信奉するメディアであり、CEOのブルームバーグは反トランプ陣営の有力者だ。

 米国からのスピーカーにはキッシンジャー、ヘンリー・ポールソン元財務長官、ゲリー・コーン(前大統領経済補佐官)など共和党のグローバリストばかりである。

すなわち、中国との経済戦争に批判的な、要するにトランプの反対派が集合するのだ。例外はスティーブ・バノン。かれは退任直後にも北京へ飛んで王岐山と会見しており、ふたりの接触が注目されている。
11月下旬にブエノスアイレスにおけるG20で、トランプ・習近平会談が予定されており、その下準備を兼ねているのではないかと推測されている。
      ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 いわゆる「弁護士」としてのロジックも破産している面妖な人たち
  この日弁連なる組織は「いったい何処の国」のために弁護をしているのか

  ♪
ケント・ギルバート『米国人弁護士だから見抜けた、日弁連の正体』(育鵬社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 「ケント砲」が唸る。
 この本は、勇気を持ってタブーに挑んだ、まれに見る良書、かつ労作である。日弁連という、あざとくもあくどい、弁護士たちの悪徳の数々を暴く。やっぱりアメリカ人弁護士だから、こういう作業が出来るのだ、と思った。
 弁護士が「正義の使者」だと勘違いしている向きは、裁判官も公正な判断をすると誤解している。しかしおかしな判決が連続する日本の司法界、法曹界が腐りかけているのが実態である。 
 そもそも日弁連とは『どの国』の弁護士なのだろう?
 麻原某の死刑に対して「国家による重大かつ深刻な人権侵害」だと日弁連会長声明にある。「慰安婦が『性奴隷』だ」と言いつのったのも、日弁連会長だった。朝鮮学校への補助金停止に際しても「朝鮮学校に通学する子供達の学習権の侵害」と言いはなった。
朝鮮問題がで「彼ら」が不利になると、決まってチマチョゴリが切られたという「被害」が届けられ、かならず朝日新聞が報道する。
ところが調べてみると痴漢犯罪が一件、あとは組織の発表を裏付けも取らずに報道する朝日新聞との連係プレイ。そのうえ、このうちの幾つかが「自作自演」であったことが判明している。
「自分の娘を使っての自作自演なんです。娘の親は総連で私のとなりにいた男です。北で何かあると、その男の娘らの服が切られる」との証言が紹介されている。(231p)。だが、「かれら」は、この件では沈黙を守る。
 拉致被害者に関しても、日弁連が声明をだしたのは、わずか一回だけで、ブルーリボンをつけている人たちは「政治利用」しているのだと批判し、拉致被害者への同情はほとんどない。
 「日本の一部の政治家でおかしいと思うのは、靖国参拝に対して徹底的に反対しながら、アメリカに来て平気な顔をしてアーリントン墓地に参拝する議員がいることです。菅直人元首相は、鳩山政権の副総理としてアーリントン墓地で献花しました。日本政府の代表が、自分の国のために戦った人たちの魂やその遺族等の思いを無視して、かつて敵国であった軍人だけに敬意を示す。これは日本の戦没者とその遺族等にとっては裏切り行為でしかありません。日本と戦ったアメリカ人の私から見てもおかしい」(130p)。
 次々と日弁連の論理矛盾とおかしな行動、声明を批判している。
 やはり、この本は「カリフォルニア州弁護士」である著者ゆえに書けた。
           □▽○◎▽□◎○▽□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)『エルネオス』最新号の東チモールの旅を拝読しました。
東チモール関連書籍で面白かったのは、イギリスの経済学者アンガス・マディソンの「経済統計で見る世界経済2000年史」です。
当書籍の中のGDP値が正しいか否か別途精査が必要ですが、歴代GDP値の世界全体に占める各国の割合が載っています。
ちなみに関ヶ原の頃、日本は2.9%、イギリスは1.8%。江戸時代繁栄した頃1700年の日本は4.1%、欧州列強が植民地から略奪で繁栄した1820年頃でも日本は3.0%、先の大戦敗戦後1950年でも日本は同じく3.0%を維持。2001年で7.1%です。
これだけの水準のGDP割合を長期に維持しつつ、万世一系の天皇を2600年以上戴いて独自の文明を築いてきたのであれば、日本人が日本を基軸とした世界史を書く義務があるのではありませんか? 
ところで、宮崎さんが書評で高く評価していた「戦国日本と大航海時代 - 秀吉・家康・政宗の外交戦略」平川新著 (中公新書 )も、戦国英雄とヴァリニャーノ、コエリョ、ソテロ等第一級のスパイ兼宣教師を日本に送り出す欧州列強との虚々実々の駆け引き模様を面白く読めました。
  (KU生、杉並)



  ♪
(読者の声2)可能性が低くなり、最近は誰も話題にしなくなった問題があります。米国による北朝鮮先制攻撃です。
 トランプ政権は、首脳会談が成功であったといいはりたいという大統領の面子もあり、北朝鮮がおそらく首脳会談開催前に実務者同士で合意されていたであろうことを破っても、小型核兵器と短中距離ミサイルに留めるのなら容認する方向であるというのが多くの安全保障専門家の共通意見のようです。
 ここで一つ米国政府として容認しがた状況がでてきました。北朝鮮の武器輸出額が急速に増えているという観測です。
単に量が増えているだけではなく、北朝鮮製の武器の市場価格が急上昇しているそうです。量と単価が三倍になれば売上額は九倍です。おそらく一年前とは桁違いの売上額になっている可能性が高いということです。
これは二つのことを意味します。一つは北朝鮮への経済制裁の効果が少なくなっているということであり、もう一つは武器の買い手である米国にとっての敵性国家の軍事力が増大するということです。これにどう対処するかが、トランプ政権あるいは弾劾されればペンス政権に課せられた大きな課題です。
   (當田晋也)

       □◇◎▽□◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 宮崎正弘 今月の論文と予定 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(1))「中国の有名人はなぜ突然消えるのか」(『正論』、12月号。本日発売)
(2)「世界は今、東チモールの巻」(『エルネオス』11月号、発売中)
(3)「中国のバブル紳士・淑女たち)」(『月刊日本』11月号、発売中)
(4)「アジアに拡がる『反中』ドミノ」(『北風抄』、北国新聞10月29日) 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(11月17日発売決定。PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★予約募集を開始しました↓
https://www.amazon.co.jp//dp/4569841910/ref=sr_1_21?ie=UTF8&qid=1540553484&sr=8-21&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98%E3%81%AE%E6%9C%AC


  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)


  ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎ ▽□◎ □◇◎ ◎▽□ ◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/01

    王岐山、来週(11月6?7日)、シンガポールで講演。何を言い出すか

      米国ブルームバーグが「ダボス会議」のライバルとして主催。バノンも出席。

    ****************************************



     トランプ第一期のブレーンの一人だったスティーブ・バノンが、来週シンガポールに現れ、基調講演をする王岐山(中国国家副主席)と会談するという。

     王岐山は副主席就任後、もっぱら国内に留まり、外遊は三回目。しかし2004年、王がまだ北京市長時代に主催者となるマイケル・ブルームバーグと会談している。

  • Apeman生2018/11/01

    【(読者の声2)by 當田晋也  】の投稿文、興味深く拝読いたしました。



    ただ、多少とも気になる文言があります。

     ・北朝鮮の武器輸出額が急速に増えているという観測です。

     ・武器の買い手である米国にとっての敵性国家。。。。



    俄かには、信じがたい現象です。 是非とも、検証されたのか、ご報告をお待ち申し上げております。

  • 名無しさん2018/11/01

    医者の言うまま手術をして、歩けない、寝たきり、死亡のプロセスを辿る!



    (腰の切開手術で両足パンパン)



     医者に言われるままに、手術をしたら、大変なことになる。Hさん(76歳、主婦)は脊椎すべり症の為、腰の切開手術を受けた。看護師から「手術は成功した」と言われ、確かに腰痛は軽くなったのだが、今度は、それまで何の症状も無かった両足に痺れと痛みが出てきた。鎮痛剤を飲んでも全然よくならない。院長は呟いた。「手術の時、神経を引っ掛けたのかな・・・」 そのうちに、両足がパンパンに腫れ、象の足のようになった。3年経っても腫れは引かず、殆ど歩けない。「以前は、腰が痛くても歩けはしたのですよ。こんなことなら、手術なんかしなければ良かった」とHさんは嘆く。



    (半身不随、発声不能、感染症で死亡)



     Yさん(68歳、自営業)は、C型肝炎だったので、病院に行った。たまたま脳に小さな動脈瘤が見つかった。医者は「破裂すると危ないから、今のうちに予防手術で取り除きましょう」と勧めてきた。ところが、手術から3日後に、くも膜下出血を発症して、そこから半身不随となり、言葉も話せなくなった。病院側は、手術ミスを認めず、介護費用も全額負担となった。余計な手術を受けたばかりに、元気だったYさんがこんな姿になり、本当に悔しいと家族は途方に暮れている。



     Oさん(65歳、主婦)の右手は親指の付け根から骨が飛び出ているように変形。腱鞘炎手術で中指、薬指が腫れ、痛みで動かせない。指は曲がったまま。「別の病院で診てもらったら、リウマチじゃないか」と言われた。「そんなことなら、手術なんてしなかったのに」と悔しがる。



     Tさん(53歳)は、首痛や肩こりを解消するために「経皮的レーザー椎間板減圧術」と言う手術を受けた。レーザーで頚椎を削ったら高熱が出て苦しみ始めた。痛み止め(鎮痛剤)も効かず、容態は悪化して、ついに死亡した。亡くなる前、Tさんは悔やんだ。ただ、「安全」と言う医者の口車を信じた悲劇だった。



    (腹腔鏡手術で、腹の中が血の海になる)



     「身体への負担が軽い」と言う名目で腹腔鏡手術がブームである。これまでは、開腹手術が主流だった。腹を切って開くのであるから、傷跡も大きく残る。それに対して、腹腔鏡手術はおへそなどに5-10ミリの小さな穴を開けて、そこから内視鏡と電気メスなどの手術器具を挿入して、モニターの映像を見ながら病巣切除手術を行う。確かに負担は軽いと思ってしまう。しかし、専門医は、腹腔鏡手術の危険性を指摘する。開腹手術なら、予想外の出血にも止血措置対応できるが、腹腔鏡では思うように止血できない。内視鏡による手さぐり状態だからである。うっかり、血管を傷つけると、大量出血する。開腹手術なら、どの血管からの出血か判断して、緊急止血が可能である。しかし、細い内視鏡を覗いて行う手術では、出血部位を突き止めることは至難の技である。つまり、腹腔鏡手術は開腹手術より、死亡リスクが高いのである。



    (群馬大学で18人殺しの殺人医)



     とりわけ危険なのが、肝臓やすい臓がんの腹腔鏡手術である。これら臓器は、大血管が周囲に走っており、さらに、体内奥にある臓器なので内視鏡モニターでは見えづらい。だから、これら大血管を術中に誤って傷つけるリスクが高い。すると、大出血から死に至る。



     なんと腹腔鏡手術を受けた患者8人が連続死していることが、2014年、群馬大学医学部付属病院で明らかになった。開腹手術を合わせると、犠牲者は18人となった。これらは一人の医師による医療ミスで続発したのである。術中ビデオをチェックした専門医は、口を揃えてこう嘆じる。「手術が余りにも下手」 出血が多くて腹腔内はまるで血の海。手術箇所が全く見えない。そのため、病巣以外を電気メスで傷つけ、さらに大量出血を招いて患者を死なせたのである。ところが、この問題医は患者と家族には「簡単で安全な手術」と平然と勧め、手術の危険性や腹腔鏡手術以外の代替手段は、一切触れなかった。特に肝臓内視鏡手術は危険なため、病院・倫理委員会の承認を受ける義務があった。患者死亡も届け出義務があった。しかし、この殺人医はどちらも怠っていた。上司の外科教授も多数死者続出を知りながら黙認、放置していた。つまりは、病院ぐるみの大量殺戮事件だったのである。

  • なべちゃん2018/11/01

    本当に日本の弁護士は社会悪以外の何物でもないと思います、売名の為の存在としか思えません。言葉に表せない悲しみ、苦しみを持たされた被害者より人間として存在の意味すらない加害者の利益に寄与して金儲け、売名の為の弁護士。本来のあるべき姿の弁護士であるなら新たな正義の為の別団体を立ち上げたらどうですか?と問いたい。金、金、金、売名、売名、売名の為の弁護士なんて何時からこんな国に成り果てたのでしょうか?本当の侍弁護士を目指す人間の出現を切望してやみません。