国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<パキスタン、IMF救済回避のため中国と再交渉

2018/10/30

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)10月30日(火曜日)
        通巻第5872号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パキスタン、IMF救済回避のため中国と再交渉
  サウジとは合計60億ドル援助でまとまった模様
****************************************

 奇跡の逆転を演じてパキスタン新首相となったイムラン・カーンは、先のサウジ訪問に引き続き、11月2日から北京を訪問する。差し迫った問題は、年内に償還期限がくる90億ドルの先延ばし、借り換えである。IMF管理を回避したいためである。

もしIMF管理になると、どうなるかと言えば、中国が投下した620億ドルのCPEC(中国パキスタン経済回廊)プロジェクトは、中断となり、債務は70−80%削減(つまり、中国の対パキスタン債権は、仮に620億ドルで80%削減となれると124億ドル分の権利しかなくなり、残りは放棄することになる。ま、それを狙うのが欧米の禿鷹ファンドだろうが。。)。

中国としても、何としてもIMF救済プログラム入りは回避したい。
パキスタンは償還延長要請に加えCPECプロジェクトのうち、カラチ ー ペシャワール間の鉄道を80億ドルから、縮小して20億ドル規模のものにするなどの提案をすると観測されている。

さきにサウジアラビアを訪問したカーン首相は、30億ドルの債務返済の延長(借り換え)と原油代金30億ドル分の別枠供与を要請し、サウジ側は了解したようだ。

パキスタンに限らず、中国のシルクロートプロジェクトは、財務面で軒並み巨額の損失が報告されている。
中国の輸出保険を担う「SINOSURE」の幹部は、「アジスアベバからジブチへの貨物鉄道建設でも、すでに10億ドルが失われた」と驚くべき報告している(『サウスチャイナ・モーミングポスト』、10月29日)。
これに加えて「殆どのプロジェクトは財務的に不適切であり、最悪の事態を回避するために規模を縮小する必要がある」との見解を出している。
 これはエチオピアの首都アジスアベバから、海岸の貿易中継拠点となるジブチまで756キロの電化プロジェクトであり、中国輸出入銀行が33億ドルを融資した。ところが、すでに10億ドルが消え、工事は進まず、先行きは真っ暗。

 さらに真っ暗なのは、こうしたプロジェクト金融を保険でカバーする「SINOSURE」社など貿易保険大手である。デフォルトとなると、損失が明らかであり、過去十年だけでも、200億ドルの損失をカバーした。
      ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1811回】          
――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(36)
徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)
 
■「(六九)何故に支那文明の同化力は宏大なる乎」

 「支那は何故に、彼が如き世界の一大舊國として」現在まで存続しているのか。「そは支那其自身が、殆んど一世界とも云ふ可き、廣大にして、且つ密集したる版圖に蟠まり、宛も大なる袋の底に國を建てた」からであり、加えて「周邊より來襲、若くは流轉せる人種によりて新血を注入せられた」――この「二個の理由」に拠る。
 
さらに考えるなら、広大な版図であるにも関わらず、自然地理環境を概観するなら、「其の四邊を除けば」、運輸交通の便が比較的便利な点も挙げられる。
 
「蓋し支那は、宛も無底無口の大淵の如」く、「何物にても、一たび此の淵中に入れば、終古出でず、又た出づる能はざる也」。であればこそ「時としては、蛆の湧く虞あるも、底を見る程に涸乾する心配はなき也」。
 
――さて共産党なる権力集団は「蛆」なのだろうか。「蛆」は退治されようとも、「底」には「涸乾する心配はなき」漢族がウジャウジャ・・・
 
■「(七〇)支那の恩人は胡也」

「此の無底無口の大淵に、湛へたる水が、全く腐敗し」ない訳は、「小量ながらも、新しき泉源」が絶えず注入されていたからだ。この「小量ながらも、新しき泉源」こそ「胡」、つまり北方あるいは西方から異民族の流入である。であればこそ、「兎も角も支那をして今日まで、其の生命を存續せしめたるは、胡の餘澤也」ということになる。
 
 「支那は、上古より今日に到る迄、未だ一日も胡患なきの日なき也」。だが、そのために「彼等は、刺激せられ、警醒せられ、而して恒に血液を注入せられ」てきたから、「其の生氣が、全く消盡し去る」ことがなかった。
 
「如何なる新征服者、出で來るにせよ、支那は何時迄も、支那人の支那」である。だからこそ外敵は「一たび足を支那に踏み込めば、乍ちに支那化する也、支那化せざるを得ざる也」。
 
 それというのも寡は衆に、薄は濃に、野は文に敵すことができないという道理からして明らかだ。「文にして且つ衆、衆にして且濃、是れ支那の同化力の、天下に敵なき所以也」。
――以下、参考までに林語堂の『中国=文化と思想』(林語堂 講談社学術文庫 1999年)が1935年に記しておいた“大予言”を紹介しておく。
 
 林は「共産主義政権が支配するような大激変」を予想したうえで、“その先の中国”を見据え「社会的、没個性、厳格といった外観を持つ共産主義が古い伝統を打ち砕くというよりは、むしろ個性、寛容、中庸、常識といった古い伝統が共産主義を粉砕し、その内実を骨抜きにし共産主義と見分けのつかぬほどまでに変質させてしまうことであろう」・・・
 
■「(七一)一大同化作用」

「支那の文明に於て」は、新陳代謝は見られずに「陳々堆を成す」のみだ。
「蓋し支那は、大なる化石地獄にして、此中に投ずれば、何物も乍ち化石となる」。「支那文明は(中略)極めて包括的」であり、「彼等は總ての物を呑み盡し、何物をも吐き出さ」ない。「必要に應じては、新奇の物にせよ、異邦の人にせよ、之を採用するに遲疑」しない。ここからも「中華的尊大の風は、恒に自ら把持する」ものの、「攘夷的精神は、殆んど總ての支那人に、多く之を認」めることができない。
 
 歴史的に見ても「傳采廣容に拘らず、一切の外來物を、何時の間にか、之を支那化する一大作用に到りては、實に意想の外にあり」。
 ――これを簡単明瞭に形容するなら、ナンデモアリで無原則という大原則・・・

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)ドイツ地方選挙、先々週でしたかバイエルン州でのメルケル与党の大敗、昨日はフランクフルト周辺でまた大敗。左の「緑の党」と、右の「ドイツのための選択肢」が躍進という結果、メルケル首相は2021年に政界を引退するという情報が飛び交っています。
 しかし2021年を待たず、すぐにでもやめろという声が強いようですが。
   (BF生、神奈川県)


(宮崎正弘のコメント)なにしろ昨年の総選挙で議席激減の結果、連立を組むまでに半年もかかり、政策は不明瞭のママ、漂流しているのがドイツ与党でしょう。
となると、はっきり政策を掲げている極左「緑の党」にリベラル票が流れ、保守は「ドイツのための選択肢」へ大量に票が流れたということでしょう。
 メルケル政権、国民から飽きられています。民主国家における長期政権は、コールがそうであったように、サッチャーがやはり同じ陥穽におちたように、宿命でしょうか。
 「さようなら、メルケル時代」ですね。



  ♪
(読者の声2)『日本文化チャンネル桜』からのお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2018 日本よ、今...」 
テーマ:明治維新とは何だったのか?Part2(仮)
放送予定:11月3日(土)夜公開
日本文化チャンネル桜、「YouTube」「ニコニコチャンネル」「Fresh!」オフィシャルサイト、
インターネット放送So-TV
 <パネリスト:50音順敬称略>
上島嘉郎(元産経新聞社『月刊正論』編集長・ジャーナリスト)
小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
榊原英資(青山学院大学教授)
鈴木荘一(歴史家・「幕末史を見直す会」代表)
関 良基(拓殖大学教授)
浜崎洋介(文芸批評家)
星 亮一(歴史作家・戊辰戦争研究会主宰)
宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(日本文化チャンネル桜)
       □◇◎▽□◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
近刊予告
宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』(11月17日発売決定。PHP新書。950円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
★予約募集を開始しました↓
https://www.amazon.co.jp//dp/4569841910/ref=sr_1_21?ie=UTF8&qid=1540553484&sr=8-21&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98%E3%81%AE%E6%9C%AC


  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)


  ♪♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎ ▽□◎ □◇◎ ◎▽□ ◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。