国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <マレーシア政府、逃亡ウィグル人をトルコへ送り出した

2018/10/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)10月13日(土曜日)弐
        通巻第5856号    <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
  マレーシア政府、逃亡ウィグル人をトルコへ送り出した
   中国の強圧をはねのけて人道尊重。トルコも受け入れ歓迎
****************************************

 過酷な弾圧を逃れてウィグル族の若者らが決死の逃避行を続けている。
すでに数千、数万のウィグル人はカザフ経由などでトルコ入りした。過激派はイラク、シリアのISキャンプに志願した。

 2014年以来、ウィグルから雲南省など山道、けものみちを越え、別のルートと辿ってタイにたどり着いた数百のウィグル人はタイの収容所に暮らし、国際社会は一日も早いトルコへの帰還を呼びかけてきた。

ラビア・カディール女史が率いる「世界ウィグル会議」も様々な機会を通じて、国際機関に必死に訴えてきたが、タイ政府は2015年に、このうちの200名を中国へ強制送還した。

 タイの無慈悲な行為に国際社会は批判をやめず、最近はロヒンギャを弾圧したスーチーと並べて批判してきた。

 タイの収容所から11名のウィグル族が脱走し、マレーシアへ入国していた。
マレーシア政府はこれらの亡命希望者をトルコ政府と秘密交渉のすえに、トルコへ送り届けたことが10月12日までに分かった。

 マハティール新政権は、いかなる中国からの恐喝や強要をも無視して、人道主義に基づく決断をなしたことは、高く評価される。

     ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)森敬恵「子育て講座」〜歌の調べにのせて。
 ソプラノ歌手・森敬恵先生の歌唱とともに「子育てを語る講座」を下記のとおりご案内します。
ご興味の方は是非ご来場下さい。お知り合いで子育て中の方にも、是非ご紹介下さい。

題名:「子育て講座 〜歌の調べに乗せて」
日時:10月27日(土) 14:00〜16:00
場所:京成線・青砥駅徒歩5分・シャミコ会館(葛飾区立石6-35-10) 
入場:2,000円、先着50名
講師:森敬恵・・・ソフラノ歌手
演奏曲:浜辺の歌、四季の歌、赤とんぼ、小さな木の実、遥かな友に
問合せ:080-5024-0900こども未来塾 メール:balance7@hb.tp1.jp
こちらもご覧ください! http://www.sdh-fact.com/CL/mori.pdf
     (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)



  ♪
(読者の声2) 国体論について。「国体」が分からないと云う意見があります。小生もその一人でした。そこで次のように考えて見ました。
 従来、国体とは天皇を中心とする我が国固有の在り方と云われているがはっきりしない。そこでより明確にするため、日本民族の生態を支える基本政策と考えた。
そしてこの基本政策を連続性と連帯性、そして民族共同体の公私に機能的に区分して見ました。すると連続性の公は天皇崇敬、私は先祖崇拝、連帯性の公は国民国防、私は家制度、共通の価値観が教育勅語になりました。
これらは明治時代に憲法や民法で明文化されましたが、先祖が多くの苦難を経て数千年かけて形成してきたものです。
私はこれを従来の国体論と区別して、国態基本政策と呼ぶべきか、と思っています。
これを図示すると「丼」という文字になります。教育勅語が真ん中の点です。覚えやすいと若い人に好評です。
戦後、占領軍はこの国態基本政策の重要性を知って破壊しました。
思い当たると思います。だから今人口が減少し、国防に苦しんでいるのです。したがって国難の解決はこの国態を回復することです。他にありません。
なお生存は現実であり思想や文化運動ではありません。国態はリベラルの平等や人権などの妄想的な価値観とは関係がありません。この理解によると、国態基本政策は長い歴史のある諸民族がそれぞれ持っているものです。日本民族だけではありません。
ただし内容はそれぞれに固有ということです。
以前、国体学会の帰りにイタリア人のロマノ・ウルビッタ先生にこの考えをお話したところ、賛成されました。イタリアにも当然国態があるからです。
(落合道夫)



  ♪
(読者の声3)「沖縄、台湾、そのはざまの尖閣 ―中国の覇権・侵略を阻止せよ―」の緊急集会のご案内です
 私たちはこの数年間、東シナ海、南シナ海における中国の暴挙に激しく対抗して、各種の講演会、集会を開いてきました。しかしながら中国の覇権侵略はますます深刻化しています。
つきましては尖閣・沖縄をはじめとした日本の領土、そして日本と同じくアジアの自由民主主義国家である台湾を断乎として守るため、下記の通り集会を開催します。是非ご参加の程宜しくお願いします。
                   実行委員会 代 表 宮崎正弘
                     同   委員長 飯田康夫
HP   http://minamishina.sakura.ne.jp/
記  
日時  10月27日(土)午後2時開会(午後1時30分開場)
場所  文京区民センター 3階A会議室
    メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩5分 都営三田線「春日駅」徒歩2分
参加費 1,000円 *事前の参加申込は不要です。
講演  宮崎正弘(ジャーナリスト)
    仲村 覚(日本沖縄政策研究フォーラム理事長)
    王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)
    藤井厳喜(国際政治学者)
来賓挨拶 自由インド太平洋連盟代表(ウイグル・南モンゴル・チベットなど)
事務局(03)5840−6460



  ♪
(読者の声4)チャウシェスク最後の演説(1989/12/21)に見る文化人類学
期待するのはシナ共産党や北朝鮮の首領やバチカンに対して、プロ市民や親衛隊(つまり独裁者が味方だと思ってかき集めた桜ども)ですら、ついに怒りの野次が発生することだ。
そしてチャウシェスク夫妻がその後、失脚処刑された。ただしチャウセスクが倒されたとき実は同じ穴の狢のエリート集団に再度ルーマニアは乗っ取られたのだった。シナや北もバチカンなど一握りのエリート集団により同じ形態を辿ることだろう。
このビデオは最高に面白い。野次と罵詈雑言にチャウシェスクは唖然と沈黙 そのうち夫人が静かに静かにと怒鳴り出して、チャウシェスク自体が夫人に黙れと叫ぶ この漫画のような面白さはないぞ!

 Ceau?escu's final speech was a speech delivered by Romanian dictator Nicolae Ceau?escu on 21 December 1989. It was a pivotal moment in the Romanian Revolution.

 In the wake of growing tension over an uprising in Timi?oara in which thousands were reportedly killed, Ceau?escu decided to give a nationally televised speech before a crowd in Palace Square (now known as Revolution Square) in Bucharest. This speech was an annual event and carefully scripted by the regime to ensure both success and the appearance of popular support.
 Thousands of workers were bussed into the square under threat of being fired. They were given red flags, banners and large pictures of Ceau?escu and his wife Elena. The workers were augmented by bystanders who were rounded up on Calea Victoriei. The crowd, now totaling up to 80,000, were given orders on where to stand, when to applaud and what to sing. The front rows of the assembly were made up of low-level Communist Party officials and members who acted as cheer-leaders. Immediately before them were plainclothes Securitate agents and a row of police militia, who kept the mass of the crowd about thirty meters back from the front of the Central Committee building.
 Ceau?escu appeared on the balcony of the Central Committee building and began as he had in years past, with a speech laden with the usual "wooden language." However, he had badly misread the crowd's mood. Only the front rows supported Ceau?escu with cheers and applause, with most of the crowd remaining impassive. Eight minutes into the speech, some in the crowd actually began to scream because there was a shooting that occurred in the background. Workers from a Bucharest power plant started chanting "Ti-mi-?oa-ra! Ti-mi-?oa-ra!"―a chant that was soon picked up by others in the crowd. In response, Ceau?escu raised his right hand in hopes of silencing the crowd; his stunned expression remains one of the defining moments of the end of Communism in Eastern Europe. After many people began to exit the square, both Nicolae and Elena Ceau?escu shouted over the public address system for them to "remain seated". Nicolae then tried to placate the crowd by offering to raise workers' salaries by 200 lei per month (about 18 U.S. dollars at the time, yet a 10%-20% raise for a modest salary) and student scholarships from 100 to 110 lei while continuing to praise the achievements of the past 42 years. He did not realize, however, that a real revolution was starting right before his eyes. Ion Iliescu was his successor.
 His security guard appeared, disappeared and, finally, hustled Ceau?escu off the balcony. At that very moment, many everyday Romanians saw the weakness of Ceau?escu's regime for the first time. Ceau?escu and his wife Elena escaped Bucharest by helicopter, but were captured four days later in Târgovi?te, put on trial, and shot by a firing squad.
https://youtu.be/wWIbCtz_Xwk
   (AO生、世田谷)
         ◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌、海外取材のため10月20日―26日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

        ◎◎ ▽□◎ □◇◎ ◎▽□ ◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌、海外取材のため10月20日―26日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/14

    【拡散】コンス講師界に君臨する女帝・明石伸子、中高生向けのマナー本「改訂 私たちのエチケット 最新版(2018年)楽しく学べるマナーの基本」でも商売ショウバイ!https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/635d2b1c1f62065a54aa250fa4245501

    外国人の単純労働者、永住可能に!日本語話せて仕事をすれば熟練技能を認定し家族も含めて永住OKhttp://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7246.html

    亡国の道・安易な外国人の受け入れ拡大

     誰がいつ歯止めをかけるのか?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53297075.html

    五色おこわ

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%BA%94%E8%89%B2%E3%81%8A%E3%81%93%E3%82%8F&chips=q:%E4%BA%94%E8%89%B2+%E3%81%8A%E3%81%93%E3%82%8F,online_chips:%E7%B1%B3%E5%85%AB&sa=X&ved=0ahUKEwie6-uP-IHeAhXBA4gKHTyjAQ0Q4lYIJigA&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    「スペイン風邪」の現場証言

    http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html

    アメリカの情報機関と戦略・情報収集兵器

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/80a580f063e9ee3691e97d96ad695d18?fm=entry_awp_sleep

    所功は、中川八洋氏の論考や批判に一切反論できていないのだ。

    http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=319

    犯人が在日韓国人だとわかるとパタリと報道しなくなった「慶応大学集団女子大生強姦事件」https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/9d4b13bc7bd5f90ac008c7892a609e2c

    【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」3http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2034396.html

    【教科書に載せなければならない朝鮮人の日本人への虐殺、強姦事件】福岡県二日市保養所事件 http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

  • 名無しさん2018/10/13

    【キッザニア】子ども向けコンス養成所、名古屋に新施設開業【KDDIの子会社へ】

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/a574c065e937f616fde74b0cf0920ac3

    激増する中国人不法滞在者!日本もう不法中国人であふれている!!

    https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/df743e69aca7f955ab812443fe5c95b1

    毎日新聞は、日本人を侮辱する変態記事を世界発信してたんだよ。http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

    中共と通じた「マスコミ支配の代理組織」が存在している?http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1151.html

    関西生コン支部幹部を再逮捕!別の出荷妨害容疑!大事件だがNHKなど大半のマスゴミは報道せず!http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7244.html

    フリーパワー

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjU6NOns__dAhWIFYgKHX3gCewQ_AUIESgE&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    天皇退位についての訓蒙

    http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=302

    蓮舫

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/7b2b1c1db4255b2eeec9f52990556864?fm=entry_awp_sleep

    【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」4:「銃後の朝鮮」 Home Front of Chosun (1937)http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2034885.html

    日本を乗っ取る在日韓国人の陰謀!一方その頃、祖国朝鮮では…http://tsunami311.seesaa.net/article/227210936.html

    薬害エイズに関して、新薬の開発の裏面http://www.page.sannet.ne.jp/matukawa/eizu3.htm

  • 名無しさん2018/10/12

    速報)

      マレーシア政府、逃亡ウィグル人をトルコへ送り出した   中国の強圧をはねのけて人道尊重。トルコも受け入れ歓迎

  • 名無しさん2018/10/12

    傷を消毒しない新しい外科治療



     「どんな傷でも消毒してはいけない」と高野弘之医師は断言する。「これまでの消毒法は間違っていたのです」 これには耳を疑う人がほとんどであろう。私たちは、小学校の時から、「傷から黴菌が入るので、きちんと消毒しましょう」と習ってきた。だから怪我をしたら赤チンやオキシフルなどで消毒していた。それが全く、要らないとは・・・・では、どうしたらいいのだろうか?



    「流水で傷口を洗うだけです」 これには昔の消毒法に捕らわれている医師、保健師も絶句するはずである。



     普通、傷口を消毒した後は、ガーゼを当てて、さらに包帯をする。ところが、「ガーゼ、包帯をしてはいけません。傷口にくっつき、治りが遅く、ひどくなります」と高野医師は言う。ではどうしたらいいのでしょうか?



     高野医師の指導は次の通りである。



    「台所用のラップを用意します。それで傷口をくるむのです」



    ポリラップでくるむのなんて、啞然とするが、高野医師は笑顔でこう言う。



    「これで跡形もなく傷はきれいに治っていきます」



    これまでの傷治療の常識は、傷口を殺菌消毒する。乾燥させて、軟膏を塗って、ガーゼを当てて、包帯をする。これらを全て「やってはいけない」と言うのである。



     乾燥させてはいけない。薬を塗ってもいけない。ただラップで覆うだけとは・・・・びっくりするばかりである。さらに高野医師はスライドで完治した例を示し、本当に傷は跡形もなく消えているのである。



    「もっともおすすめは火傷の治療です。これまでは、自分の皮膚を剥いで移植するのが常識でした。しかし、パッチワークみたいに醜く跡が残ります。成長期なら、成長と共に張り替え手術が必要です。それにはあまりにも過酷です。火傷も水で洗いラップで覆えば、全く跡も残らず、健康な皮膚が再生するのです」



     この謎は、千島・森下学説が解明している。つまり、傷口や火傷面の細胞は、いったん万能細胞に戻り、改めて各体細胞に再生するからである。殺菌用の消毒剤は、その万能細胞を、殺し、傷つける。そのため治療しても醜い傷跡やケロイドが残るのである。



    (10日寝込むと10年老ける)



     日本の寝たきり老人は、実は「寝かせきり老人」である。「70歳以上で入院して寝たきりだと、1日で1年老ける」。専門医は恐ろしい警告をしている。その最大の理由は、筋肉の衰えである。「使わねば衰える」が全てを語る。それは人体のあらゆる組織、臓器、器官に言える。だから、誤解を恐れずに言えば、「老人に楽をさせてはいけない」のである。完全介護などもってのほかである。ところが、日本の介護は、箸の上げ下げから、上膳据膳までやってあげる。極端に言えば、老人は口を開けるだけで食べ物をスプーンで入れてくれるのである。介護士たちは、何から何まで面倒見るのが介護だと教えられている。だから、疑問に思わないのである。介護施設で働く人によれば、1日百人もの身体を洗うという。これは重労働である。自分の身体くらい自分で洗わせたらどうだろうか。日本の寝たきり老人の数は、欧米の約5倍と世界最悪である。それが介護ビジネスの市場となっている。



    (北欧は天国、日本は地獄)



     完全介護の最大の弊害は、年寄りに依存心を植え付け、さらに、大問題は運動機能が衰えることである。つまり、筋肉が衰えるのである。それは生活能力の衰えに直結する。足が衰え、車椅子になり、手も衰えて、ベッドに寝たきりになる。保険会社に勤める人が北欧の老人施設を視察してこう断言した。「あちらは自立させることが目的で天国、日本は自立させないので地獄。北欧は笑顔が明るいが、日本は顔が死んでいる」



     アメリカは病人大国と言われるが、100歳以上は日本の3倍もいる。さらに、日本の百寿者は寝たきり介護が多い。これに対して、アメリカは自分で自分のコーヒーを入れたり、散歩したり、元気である。この違いはジム・トレーニングなどの習慣の違いである。つまり、年寄りは背が縮み、腰が曲がる。それは、筋肉の衰えが原因である。だから、アメリカでは、高齢になるほど本気で筋トレを行う。老後の蓄えは「貯金」より「貯筋」である。



     もう一つの致命的過ちは、朝昼晩三食と2回のおやつである。1日5食の食習慣は間違っている。「沢山食わせて、早死にさせろ」が日本の介護行政なのである。