国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米国議会、2022年の北京五輪の開催を見直せとIOCに勧告

2018/10/11

★小誌愛読者25850名! ★メルマガ・オブ・ザ・イヤー四年連続受賞
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)10月11日(木曜日)弐
        通巻第5853号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(速報)
  米国議会、2022年の北京五輪の開催を見直せとIOCに勧告
   「人権弾圧の国家で五輪開催はふさわしいとは思えない」とルビオ上院議員
****************************************

 トランプ政権の対中強硬姿勢、強まることはあっても弱まることはない。
米国独自の制裁法案が議会で検討されており、ウィグル族弾圧にかかわっている中国人の在米資産凍結を含む措置を緊急に上程する動きが活発である。

 とくに人道に関する年次報告では中国共産党のウィグル自治区における人権弾圧、拷問による死者の情報などを議会が問題にして、とりまとめ役のマルコ・ルビオ上院議員は「少数民族の弾圧を繰り返し、人道に背く国で2022年の『冬の五輪』が開催されようとしている。 われわれはIOC(國際五輪委員会)に、北京五輪の開催がふさわしいか、検討する勧告書を送る」とした。

 また前日の上院公聴会には国土安全省長官らが証言台にたって、米国における中国人スパイの暗躍ぶり、中間選挙への介入の実態を証言した。

   米国のサイバーセキュリティー専門企業「ファイア・アイ」の調べに拠れば、「世界各国の銀行に一連のサイバー攻撃を仕掛け、数億ドルを盗取したのは北朝鮮の精鋭ハッカー集団」だという。
特定された集団は「AKB48」に倣ったかのような、「APT38」。北朝鮮政権のための資金集めが目的で、APT38は「ラザルスとして知られる闇の上部組織に属するものの、独立したサイバー技術集団だ。ハッカーの関して高い技術を駆使して世界中でサイバー強盗をやってのける。
 おそらく北朝鮮に高度のハッカー技術を仕込んだのは中国軍であろう。

 ジョン・ボルトン大統領補佐官は「オバマ政権下の2015年、米政府職員2200万人分の個人情報が中国に盗まれた」と記者会見でのべ、「米国の反撃部隊『国家サイバー戦略計画』」を正式に発表した。

 アメリカはサイバー空間で従来の「防御態勢」から「攻勢態勢」に切り替える姿勢の転換を明示したことになり、トランプ大統領の国連安保理で、「中国による選挙への介入は、私が貿易問題で中国に闘いを挑んだ最初の大統領だからだ」と発言した流れに則っている。

 しかも、10月10日に開催された上院公聴会で、国土安全省長官は、トランプ大統領、ペンス副大統領の発言を裏打ちするように、中国のスパイ活動の凄まじさ、対してのアメリカの対応の遅れを証言した。たとえば中国が農業州アイオワ州の地方紙へ「折込み広告」を挟み込み、「米国産農産品に対する報復関税の擁護」などと主張しているが、トランプは「中国の政治プロパガンダによる選挙介入」と反撃した。

  またボルトン補佐官、マティス国防長官がまとめた「国家防衛戦略」では中国を「戦略的競争相手」と定義しており、中国は「国際秩序を破壊している」、中国はもはや「市場的魅力」というより「戦略的な脅威」と位置づけた。 

     ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1802回】               
 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(27)
徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)
 
■「(三六)精神的缺乏」

「支那の憲政は、全く無準備、不用心の間に、施行せられた」ゆえに政治的混乱を招いているのであり、「共和的中央集權政治」とはいうものの「名ありて、實」がない。その背景を考えるに「支那人には、所謂る民族的自負心はあ」るが、「國民的精神なるものは、皆無」というわけではないが、「殆んど實在的勢力たるを得ず」。
 
「要するに支那は一國たるには餘りに廣大にして、特に中央集權的一國としては、ほとんど不可能の状態なり」。
つまり「國民を統一す可き、總ての物質的缺乏と與に、又た精神的缺乏」を認めざるをえない。しかも悪いことに「物質的缺乏」はともあれ、「精神的缺乏」に至っては、「補充し得可き見込み」は皆無に近いのである。
 
■「(三七)財界より見たる無數の小獨立國」

「我が維新の大改革」をみても、紆余曲折を経ながらも「兵權と、財力と、全く朝廷に歸して、茲に始めて日本帝國が、一の國家として、其の統一を全うするを得」た。わが国の経験に照らすまでもなく、「統一に至緊なる物質的要素は、兵權と財力」である。
 
「顧みて支那を看よ。統一の基礎たる可き精神的或物を、缺乏するのみならず、統一の目的を大成す可き如上の二要素に於て、殆んど全く缺乏しつゝある」のだ。
 
 じつは「支那人程、個人として利を言ふ者はなく、支那人程、個人として利に敏なる者はなし」。だが「國家的には、全く亂雜、不秩序、抛却、無頓着」である。たとえば貨幣だが上海の通貨が天津では通用せず、湖南の通貨が四川では役に立たないように「支那は貨幣に於ては、殆んど國家」とはいえない。「支那の通貨は、通貨としてよりも、寧ろ一個の物資として賣買、授受」されているのである。
 
「幣制の不統一に加へて、更らに甚だしきは、財政の不統一也」。古来、統治に関して「封建、郡縣の得失を論」じられてきたが、「中央政府は、全國の財政を統制するの力なき」ゆえに、「財政より見れば、何等の相違」はない。
 
■「(三八)空嚢の中央政府」

「支那は、個人必ずしも貧乏にあらず、唯だ政府貧乏のみ、政府必ずしも貧乏にあらず、唯中央政府貧乏のみ」。じつは「支那は年々借款によりて、其の經費を充用しつゝあ」るが、それは「宛も居喰者が、我が家産を切賣りして、其日を暮らしつゝある」ようなものだ。
 
「支那に於ては、幣制不統一と與に、財政不統一にして、中央政府は、空嚢を提げて、以て天下に號令しつゝある」わけで、地方政府当局者の横っ面を札束で張り倒すことができない以上、「其の號令の貫徹せざるも、亦た宜べならずや」。
 
■「(三九)兵士は食客」

「支那には國家の兵士なし」。「國家の兵士」が存在しない以上、中央政府が「兵權」を統一的に掌握しているわけがない。じつは「各地に存在する兵士は、何れも」各地を管轄する地方政府主宰者の「私有物也」。「彼等は我物として、兵士を召募し、兵士を訓練し、兵士を飼養」する。
そこで転任に際しては、「我が什器同樣に、我が犬、猫、馬同樣に、其の兵士を引率して赴く」のである。
  彼ら地方官が財を貪るのは「徒らに其の肉慾を逞うせんが爲」と同時に、「其の勢いの根源たる、兵士を飼養せんが爲め」なのだ。
  
中央政府には財力なく「兵權」もない。ならば「中央政府が、一片の空文を以て指揮命令」したところで、地方官隷下の兵士が動くわけがない。
かくして中央政府が自らの指揮命令下に統一された国家の軍隊――国軍を持つことは絶望的ということだ。
《QED》 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前々号にサッチャーの評伝に関しての書評がありました。ちょうど、老生も、この本を読み終えたところで、ぎっしりと活字の埋まった冨田大使の力作ゆえに、かなり時間をかけて丁寧に読みました。
 フォークランド戦争開戦の決断に閣内一致せず、「ここには男はいないのね」とサッチャーが言ってのけた由。この場面、映画のなかで、メリルストリープの台詞にありましたっけ?
   (NH生、甲府市)


(宮崎正弘のコメント)あったような記憶もあるのですが、曖昧です。ただし、米国ヘイグ国務長官(当時)が、ダウニング街十番地(英首相官邸)に説得に来たときにサッチャーの頑固さにあきれた顔をした場面が、鮮烈に印象に残りましたけれど。
       □◎○△◎□◎□○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★アンディ・チャンの米国通信   ★アンディ・チャンの米国通信 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
インドネシアの大地震で地球の回転軸は動かず地球の磁極が動いたことが確認できた
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.713 Andy Chang (2018/10/10)
AC論説 No.713 地球の磁極が動いた

 私はもう6年以上も毎朝欠かさず同じ時間に散歩している。
6時半に起きて顔を洗いパソコンでメールをざっと見て散歩に出発するのは7時20分前後と決まっている。ちょうど太陽が東の丘陵の稜線から登ってくるころなので、ときどきポケットのスマホのコンパス(羅針盤)で太陽の位置を確かめる。
春分と秋分の太陽は真東のN90°Eから登ってくるし、春分以後は太陽が昇る位置は少しずつ北上して夏至のときは約N65Eとなり、秋分の後は南下して冬至にはN115Eぐらいにまで南下する。
日照時間は春分と秋分が12時間で、夏は長くなり冬は短くなるのがわかる。
 ところが一昨日(10月7日)にコンパスで調べたら、なんと太陽の位置がN82Eを示してい、コンパスの真東(N)は太陽の南に位置していたのでビックリした。
何かの間違いかと思ってスマホに二つあるコンパスのアプリでそれぞれ試してみたが間違いではなかった。
つまり地球の回転軸、もしくは地球の磁極が動いたのである。
 家に戻ったあとスマホをテーブルの上に置いて我が家のちょうど真南にある高圧電線の送電塔に向けた。この送電塔が我が家の真南にあることは何度も確認しているし太陽と違って送電塔が動くことはない。
スマホを送電塔に向けたとき羅針盤はN172Sとなっていて、真南(S)は8度ほど西に動いたことが確認された。
 これは大発見である。
もともと地球の回転軸と磁場のNS極は違う。そして大きな地震が起きると地球の軸がゆらゆらと揺れることがわかっている。私の友人でカナダのトロント大学で教えていたインド人の地震学者が(名前は忘れた)83年ごろに、大地震の後で地球の回転軸が独楽が揺れ動くように動くと発表した論文があった。
 私は二週間ほど前の秋分の日(9月22日)の朝に太陽の位置がN90Eだったと確認したことを覚えていたので、地球の軸が動いたのは9月22日から10月7日の間である。つまり、まだ誰も発表していないが、9月28日に発生したマグニチュード7.5のインドネシア地震が原因で地球の軸が動いたことが確認されたのだ。

私はもと地震学者だったが引退して20数年たつのでこれを学会で発表するわけにはいかない。但し、他の地震学者がもっと詳しく調査しても最初の発見は私である。
問題はまだある。
大地震のために地球の軸が動いたことはわかったが嘗てトロントのインド人教授が発表した「地球の軸の揺れ」は果たして地球回転軸が独楽のように揺れ動いたのか、それとも地球の磁極が大地震のため「ずれた」のか。コンパスで確認できたのは地球回転軸と地球磁場のN極が地震のために動いたことだけでどちらが動いたかはわからない。
両方とも動いたかもしれない。これをどうやって確認するか。
方法は一つある。
地球は太陽をめぐって動いている球体であるが、回転軸が動いても磁極が動いても空に見える星の位置は変わらない。だからいつも同じ時間に位置している星の位置が変わっていたら地球の軸が動いたと確認できる。
私は毎晩決まった時間に寝る習慣があり、就寝前に簡単な体操をする。この時に窓から見える星がいくつかある。最近よく見える星は南西の空にある火星と、火星より西にある木星と思われる星である。そこで早速この二つ星の位置を調べたら一か月前と昨夜の位置は殆ど変わっていなかった。もちろん正確な測量ではないけれど、これで地球の回転軸が動いたのではなく、地震で動いたのは地球の磁極だったと「ほぼ確認」出来た。
 そのあと、もう一つの確認方法があることを思いついた。
テレビの送信衛星である。大抵の家庭では屋根に取り付けた皿型アンテナを放送衛星に向けてテレビ放送を受信している。
我が家もそうだが、もしも地球が「独楽が揺れるように」動いたらアンテナが動いて送信衛星に向けた方角が合わず、テレビ受信に影響するはずだ。この一週間の間テレビ受信に影響がなかった。
だからインドネシアの大地震で地球の回転軸は動かず地球の磁極が動いたことが確認できたのである。
誰か現役の地球物理学者が確認してくれたら嬉しい。
              (アンディ・チャン氏は在米評論家。原文も日本語)

◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌、海外取材のため10月20日―26日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 

        ◎◎ ▽□◎ □◇◎ ◎▽□ ◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌、海外取材のため10月20日―26日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/11

    (速報)

      米国議会、2022年の北京五輪の開催を見直せとIOCに勧告  「人権弾圧の国家で五輪開催はふさわしいとは思えない」とルビオ上院議員←マルコ・ルビオ上院議員すばらしいっすね!トランプ大統領が二期つとめた@は、ぜひ、米国大統領になっていただきたい!それと、アンディ・チャンさんの地球の磁極が動いたとの通信記事!非常に面白かったです。ぜひ、心ある日本の地震学者はチャンさんの通信をみて、追跡調査をしていただきたいとおもいました。

  • 名無しさん2018/10/11

    米国議会、2022年の北京五輪の開催を見直せとIOCに勧告と、アイリスチャンの極磁が動いたの2本が特によかった。樋泉氏の連載「知道中国」も面白かった。

  • 名無しさん2018/10/11

    病院出産では脳性マヒの子を産むリスクが高い!



     (酸欠で赤ちゃんが脳性マヒに)



     産科病院で産んではいけない。助産院で産むべきである。その理由は、3つある。



    無痛分娩→これは痛みを感じないお産の事である。「産みの苦しみ」とは陣痛の事である。それを麻酔で感じさせなくさせる。それが無痛分娩である。しかし、恐ろしいのが、妊婦に注射される麻酔薬である。麻酔薬を注射すると、約40秒で子宮の胎児に到達する。胎児はへその緒の血管で母体とつながっているので、麻酔薬が届くのは当然である。すると、胎児にも麻酔がかかるのである。胎児は産道を潜り抜けて、外の世界に出た瞬間に、肺呼吸をしなければならない。ところが胎児は麻酔が効いている。つまり、肺や胸の筋肉も麻痺しているので酸素が肺に入っていかないのである。当然、酸素が身体に回っていかない。ちょうど、水に溺れた状態と同じになる。最初に酸欠ダメージを受けるのが脳である。少しでも酸素が脳にいかないと脳細胞は酸欠死する。つまり、脳の一部が壊死するのである。これが、無痛分別で産まれた子供が、出産後に脳性マヒや発育障害になるメカニズムである。産婦人科医は、楽なお産として無痛分別をすすめるが、彼らの頭には「麻酔薬が胎児を直撃する」という考えがないのである。



    陣痛促進剤→これは病院側の都合で注射される。休日や夜間に産まれると、看護師の手が足りないという身勝手な理由で、出産日や時間が調整されるのである。陣痛促進剤の添付文書を見て絶句する。重大副作用として「子宮破裂」「胎児仮死」「母子死亡」などの戦慄の副作用が警告されているからである。実は「陣痛促進剤」や「麻酔薬」などが赤ちゃんに脳性マヒが多発することを、産科婦人科学会はとっくに承知していて対策まで講じていた。それは「産科医療補償制度」である。→脳性マヒ被害者に支払われる病院側の保険である。これらの事故の77%が促進剤の過剰投与だったのである。病院側は一切の説明なく、「産道を柔らかくする薬」として騙して投与しているのである。



    臍帯早期切除→出産後一定時間はへその緒はつけておくべきであるが、病院側はすぐ切除してしまう。胎盤からの酸素供給が赤ちゃんにとって大切であり、切られてしまうと、酸素が断たれて脳性マヒのリスクが高まる。



    (恐怖の病院出産を証明するサル実験)



     米国ウィリアム・ウィンドル医師の貴重な研究がある。彼は1960年代に「病院出産は脳を傷つける」「酸素欠乏が脳損傷を引き起こす」と警告している。その事実を証明する為、サルを使った実験を行っている。



    A群→自然のままで自然分別させる。



    B群→投薬、麻酔、臍帯早期切除を施す。



    その結果は、次の通りである。



    A群→赤ちゃんは産道から顔を出した瞬間から呼吸ができた。母ザルにしがみつき、足で立ち飛び跳ねた。母親はすぐに地上に戻り子ザルを連れて歩く。



    B群→子ザルは呼吸困難で蘇生術が必要だった。母ザルにしがみつけず、手足で立つことが出来ない。母ザルは投薬と陣痛でボーとしている。自然ザルのようになるまで約2-3週間かかった。



    その後、ウィンドル医師はB群で産まれた子ザルを解剖して驚愕する。



    すべての子ザルが、酸欠による酷い大脳損傷を被っていた。



    正常に戻るまで飼育し、解剖しても、出産時と同じ脳損傷を確認した。



    出生時に負った脳損傷は、長期間経過しても修復不可能だった。



    臍帯早期切除のみでも脳は酸欠子ザルと全く同じ傷が確認された。



    3-4歳で死んだ子ザルを解剖しても脳に同じ損傷が残っていた。



    ウィンドル医師は次のように結論している。



    「麻酔がかかった赤ん坊は、自身で呼吸できない。酸素供給は不確かで不十分だ。この時、臍帯を切ってしまうと、決定的な酸素を断ち切った窒息状態となる。それは誤った二重過失である。大脳損傷(脳性マヒ)は、大脳の一部死亡状態である。自然界では、死産児を除いて、呼吸不全に陥ることは決して起きない」



     病院出産で脳性マヒになるのは決定的事実である。ところがほとんどの女性、国民は全く知らないのである。新聞、テレビが隠蔽しているからである。



    (ワクチンを打ってはいけない)



     ワクチンは生物兵器である。1972年、WHO(世界保健機構)の極秘文書が暴露された。それをすっぱ抜いたのはジャーナリストのパトリック・ジョーダンである。そこにはこう明記されている。「WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発する」



    その作動は三段階で発動する生物兵器だった。



    ゼロ歳児に各種ウイルスの種を仕込む。→免疫系が未熟なゼロ歳児に何本も摂取するのはこのためである。



    思春期などに他のワクチン接種で兵器をスタンバイする。→子宮頸癌ワクチンは、そのためである。



    引き金ワクチンを接種する。→人口ウィルスで世界的大流行を煽り、強制接種で兵器をスイッチオンする。人体は免疫暴走サイトカインストームを起こし、高熱で数日で死亡する。



    そもそも「ワクチンが伝染病を防いだという証拠は一切ない」どころか、医療マフィアが作成した各種人工ウィルスで偽の大流行が次々に仕掛けられている。エイズ、SARS、鳥インフルエンザ、エボラ出血熱など話題の伝染病が人工ウィルスと言う生物兵器であることを知るべきである。さらに、強制接種では、人類管理のためにマイクロチップが注射されているはずである。2010年、オバマケア法で全米国民にチップ埋め込み強制を可決した。つまり、衛星電波でチップを破壊し、封入した青酸カリを放出し、瞬殺することも可能となった。日本のマイナンバー制度もその布石なのである。