国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ニッキー・ヘイリー国連大使は2024年大統領選に照準

2018/10/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)10月11日(木曜日)
        通巻第5852号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ニッキー・ヘイリー国連大使は2024年大統領選に照準
  2020年は上院議員か、或いは副大統領を目指すだろう
****************************************

 ニッキー・ヘイリー国連大使は1972年にサウス・カロライナ洲バンバーグ群で生まれた。両親はインド人、それもシーク教徒である。
母親は衣料品店を経営していた。ちなみに1972年といえば、ニクソン大統領が再選された年であり、隣のノウス・カロライナ州では、のちに「レーガンの朋友」となるジェシー・ヘルムズが上院議員に初当選した年でもある。もうひとつ「ちなみに」、このヘルムズ上院議員の補佐官をしていたのがジョン・ボルトン(元国連大使、現大統領補佐官)だった。

当時のアメリカでは、リベラルの台頭が凄まじく、反戦運動が吹き荒れ、ベトナム戦争の疲れ、ヒッピー文化、秩序の崩壊、モラルの乱れが目立った。「法の回復」が叫ばれた。
 サウス・カロライナ州は、保守的な地方として知られ、インド系アメリカ人としてのニッキーは少数民族への差別を受けて育った。この体験が女性蔑視社会を嫌悪し、ジェンダー・ギャップには激しく抵抗し、フェミニズムに寛容である。彼女は美貌だが、地元のミス・コンテスト応募に、「少数民族」という理由で参加を拒否された経験もある。

彼女は政治へ志す目的を「CAN‘T IT IS NOT AN OPTION」(出来ないなんて選択肢にはない)。同タイトルの自伝を出している。
https://www.amazon.com/Cant-Not-Option-American-Story/dp/1595230858

 ニッキー・ヘイリーのフルネームはニムラタ・ニッキー・ランドハワ・ヘイリーで、最後のファミリーネームは夫の姓。ふたりの間には二人の子供がある。結婚と共に彼女はシーク教徒からメソジストに改宗している。

俄然、へーリーは政治に目覚め、下院議員に挑んだ。泡沫候補扱いされたが、おりからのサラ・ペーリン、エリザベス・ドールなど女性政治家が応援に駆けつけ、逆転当選を果たした。

その後、下院議員に三期連続で当選した。ついで、ニッキー・ヘイリーはサウス・カロライナ州知事に挑んだ。最年少の、しかも初の女性知事として注目され、同州知事を二期務めた(二期途中で国連大使に指名された)。


▼ヘイリーはトランプ批判の急先鋒だった

2016年の大統領選挙では最初に保守本流の最有力候補と言われたマルコ・ルビオ(フロリダ州上院議員)、ルビオが予備選から撤退すると、次に茶会系のテッド・クルーズを応援した。
保守のタカ派、それも強硬路線を主張する政治信条に共鳴し、異端児だったドナルド・トランプを激しく批判した。

 へイリーのトランプ批判は、イスラム教徒の入国制限が少数派への差別に基づくとする視点からだった。だから、トランプが当選後、いきなり批判の急先鋒だったヘイリーを国連大使に指名したとき、ワシントンには驚きが走ったのだ。

 さて国連大使としての活躍は言うまでもないが、イラン、露西亜批判はトランプより強硬であり、かつベネズエラ、北朝鮮への批判も一貫していて、国連ではアメリカ・フォーストの旗幟鮮明。イスラエルの大使館移転問題でも最前衛だった。トランプの政治路線に共鳴していた。

 このニッキー・ヘイリー国連大使が年内に辞任するという衝撃は、各界を揺らしたが、明らかに彼女は「次の次」、すなわち2024年の大統領選挙に照準を当てている。これを目標に共和党内の人脈、全米での資金集め、政治的影響力の拡大をなす動きをしめることになり、共和党を大きく揺らすだろう。
 2020年は人事刷新によるイメージアップという文脈では、ペンスにかわって副大統領という強運に恵まれるかも知れないが、おそらくは上院議員を狙うだろう。

 第一に「資質」について言えば、十分な政治才能を持つうえ、女性政治家の少ない共和党においては重宝される。かつてのフェラーロ、サラ・ペーリン、エリザベス・ドールといった女性副大統領候補や上院議員のように活躍できる才能に恵まれている。

 第二に資格を問うなら、下院議員三期、州知事二期、そして閣僚級の大使と、輝ける経歴を誇り、知名度も抜群である。
州知事から大統領となった例はカーター、レーガン、ビル・クリントン、ブッシュ・ジュニアと枚挙に暇がなく、また上院銀から大統領となったのはJFK、LBJ(ジョンソン)、ニクソン、そしてオバマという前例がある。

 第三にアメリカの人口動態と意識の変化から押して、ヒラリーまで残存した「ガラスの天井」(女性政治家の限界)は雲散霧消し、女性だからと言って問題視する雰囲気は消えているだろう。いや、逆に女性こそが望ましいとする社会的土壌に変貌しているかも知れない。

ましてやオバマ大統領という初の黒人大統領を経験したアメリカでは、インド系という少数民族出身を、どうこう議論する政治的風土も稀薄になっているだろう。
 2024年、アメリカは初めての女性大統領出現という時代を迎える可能性が高まった。

     ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴紙5851号、冨田浩司著『マーガレット・サッチャー』(新潮選書)についての書評を拝読しました。
国内外での旅行などの精力的な活動をこなしながら、新刊にも目を配っておられるのですね。サッチャーの残した政策の最大の足跡として、各種公益事業の「民営化」がありますが、最近、労働党が上下水道、鉄道をはじめとした民営化公益事業についての「再公営化」ないし「非民営化」を提言しており、私もあらためて労働党政策ほか英国での状況をフォローしなければと思っていた矢先でした。
 『週刊新潮』最近号(10月11日号)では、藤原正彦氏が次のように書いておられます(『管見妄語』)。

「私がケンブリッジにいた頃、サッチャー首相が鉄の女としてその強腕をふるっていた。公共投資など財政出動により雇用を創出し景気をコントロールする、というケインズ型経済を社会主義的計画経済と切り捨て、一気に新自由主義に舵を切ったのである。社会保障費の大幅削減、電力、ガス、炭坑、鉄鋼、電信電話の民営化など、小さな政府や規制緩和を大々的に進めた。このため失業率は上がり、格差は拡大し、地方経済は荒廃に瀕した。世界では財政赤字を克服した首相として評判が高いが、イギリスではそうでもない。労働者階級での評判は最悪だし、中上流の保守層も英国の古き良き伝統を破壊した政治家として批判する。彼女の残した弊害を元に戻すことが90年代イギリスの重要政策となったほどだ。死亡時には死を祝う会合が全国で開かれたほどだ。国際的評価は実態を表していないのである。」

 藤原氏が述べる、サッチャーについての英国内での悪評価については、私もその民営化政策の検証とともに、あらためて精査する必要があると考えてきたのですが、私事身辺の雑事に追われて果たしておりません。宮崎氏の国内外での広範な分野にわたる精力的活動を少しは見習いたいものです。
   (CAM)



  ♪
(読者の声2)貴誌前号に、フォークランド紛争に関係して私の父親関・野英夫の名が出ておりました。
フォークランド戦争とサッチャーの話は、現大和ミュージアム館長の戸高一成氏が編集した『聞き書き日本海軍史』に少し詳しく出ておりますのでご紹介します。

<内外幾つかのニュースを読んだ関野さんは、「戸高さん、これは戦争になりますよ」と言うのです。どの新聞を読んでも、イギリスが抗議を申し込む---程度の報道しかなく、まさか戦争になるなどという雰囲気はない頃でした。私が、サッチャーは戦争しますかね、と言うと。「自国の領土に他国の軍隊が上陸して、放置するような国は、プライドのない国だけですよ。イギリスは、どうのこうの言っても、まともな国ですからね、必ず戦争になります」と、静かに言い切りました。間もなくサッチャーは開戦を通告し、本土から機動部隊を出撃させてフォークランド戦争になったのです。このとき、私は国家の威信とはどのようなものか、大事なことを教えられた気がしました。>

 韓国に竹島を占領されても、口だけで抗議する日本は、まともな国ではないことになります。
   (関野通夫)



  ♪
(読者の声3)インターポール総裁の孟宏偉が拘束された事件で、『夕刊フジ』(10月9日発行)に拠れば、宮崎さんは「『第二の王立軍事件』の性格があるとして、フランスに機密書類を提供した可能性もある」とされていますが、或いは次の四中全会で、もっと大物の失脚も視野にいれるべきともコメントされました。
 となると次の標的は誰でしょうか?
   (DD生、港区)


(宮崎正弘のコメント)米中貿易戦争の勃発と不況の責任を北戴河会議で追及され、つるし上げられるところでしたが、習近平は、事前の根回しやらで、なんとか躱し、こんどの孟宏偉の摘発は新しい牽制球。敵対勢力への見せしめと解釈されます。
 詳しくは『正論』12月号(11月1日発売)に発表予定です。



  ♪
(読者の声4)「つくる会日本史検定講座」のご案内です。第九期日本史検定講座受講生募集開始! 今期のテーマは「目からウロコの大東亜戦争論」
「新たな視点で誇りある日本の歴史を学ぶ」を目標に続けて参りました「つくる会」の日本史検定講座がいよいよ第九期を迎え、現在受講生を募集しております。 
今期は「目からウロコの大東亜戦争論」をテーマに、新たな講師も迎え、下記のとおり11月より開講します。 
11/1(木) 第1講 齋藤 武夫 子供に戦争をどう教えるか−教室からの提言− 
11/15(木)第2講 海上 知明 戦略と戦術から観た日本の戦争 
11/29(木)第3講 河添 恵子 日本を陥れた孫文・蒋介石・毛沢東 
12/13(木)第4講 藤岡 信勝 昭和12年の4つの事件と日中開戦−戦後歴史学批判− 
1/10(木)第5講 三浦小太郎 歌謡曲を通して考える大東亜戦争 
1/24(木)第6講 倉山 満 「お役所仕事」の大東亜戦争 
2/9(土)第7講 ジェイソン・モーガン アメリカ歴史学会の現状と問題点 
2/21(木)第8講 江崎 道朗 日本「敗戦革命」の危機はいかに回避されたか 
開催日の2週間後には動画をメールで配信します。インターネット環境さえあれば、ご自宅でお好きなタイミングで受講可能です。
    (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)
こちらをご覧ください!
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

       □◎○△◎□◎□○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌、海外取材のため10月20日―26日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ  好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄 日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社。同) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円) 
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌、海外取材のため10月20日―26日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/11

    下記の読者の声に大賛成です!



    読者の声2)貴誌前号に、フォークランド紛争に関係して私の父親関・野英夫の名が出ておりました。

    フォークランド戦争とサッチャーの話は、現大和ミュージアム館長の戸高一成氏が編集した『聞き書き日本海軍史』に少し詳しく出ておりますのでご紹介します。



    <内外幾つかのニュースを読んだ関野さんは、「戸高さん、これは戦争になりますよ」と言うのです。どの新聞を読んでも、イギリスが抗議を申し込む---程度の報道しかなく、まさか戦争になるなどという雰囲気はない頃でした。私が、サッチャーは戦争しますかね、と言うと。「自国の領土に他国の軍隊が上陸して、放置するような国は、プライドのない国だけですよ。イギリスは、どうのこうの言っても、まともな国ですからね、必ず戦争になります」と、静かに言い切りました。間もなくサッチャーは開戦を通告し、本土から機動部隊を出撃させてフォークランド戦争になったのです。このとき、私は国家の威信とはどのようなものか、大事なことを教えられた気がしました。>



     韓国に竹島を占領されても、口だけで抗議する日本は、まともな国ではないことになります。

       (関野通夫)

  • 名無しさん2018/10/11

    薬の「安全性」「有効性」三分の二は捏造である!



     衝撃的告発がある。それは、4人のノーベル賞受賞者を含む著名科学者たちによる調査委員会の報告である。FDA(米食品医薬品局)が指揮を取り、抜き打ち調査で臨床試験論文を精査した結果は、次の通りであった。



    全体の三分の一は、実際に臨床試験を行っていない。



    さらに三分の一が、診察録(カルテ)と違うデータで捏造していた。



    臨床試験の結果に、科学性を認められるのは、僅か三分の一程度に過ぎない。



     これは恐ろしい現実である。なぜなら、医療品の認可はメーカーが提出する臨床試験結果に基づき決定されるからである。そこで審査されるのは「安全性」「有効性」などである。ところが、医療品の臨床試験の三分の二以上は、試験現場で、データ改竄、捏造、不正が白昼堂々と横行していたのである。つまり、医薬品認可で申請された「安全性」「有効性」も三分の二以上はインチキで捏造されているのである。



     更に仰天の告発がある。米科学基準局リチャード・ロバーツ博士は断言している。



    「学者が科学誌に論文を発表するデータの半分、あるいはそれ以上は無効である。研究者が正確にデータを測定したという証拠も無く、首尾一貫した証拠もない」



     アイオワ州立大学のレイ・ウォリング博士(心理学)は、科学論文の執筆者37人に論文根拠となったデータ提供を求めたが、レイ教授の手元に届いたのはわずか7データのみだった。これらを解析した結果、教授は次のように結論付けた。



    「いずれも重大なミスが含まれ、科学的事実とは認められない」 つまり、結論として調査対象の37論文は、全滅したのである。



     論文不正と言えば、STAP細胞の小保方さんを想起するが、小保方さんを糾弾する調査委員会の委員長まで論文不正が発覚したのである。さらにノーベル賞の山中教授の論文にも2か所不正が見つかり、山中教授はシドロモドロになった。医学論文は、そのようなレベルであり、不正の温床なのである。



     日本の医療費が41・5兆円となった。(2015年) 介護費用などを加えれば50兆円に迫る。もはや、国家財政の半分を占めている。



    「日本の医療制度は最短5年で破綻する」 これは、現役厚生労働省幹部の告発である。



    医療費は膨張する一方で、団塊世代が75歳以上になる2025年に向け、ますます厳しくなっている。「税金負担増も限界にきている。消費税率引き上げも10%では到底足りない」 つまり、早ければ5年以内に破綻する。医療大崩壊のカウントダウンが始まっているのである。



     医療破綻の大きな原因の一つが、超高額医療費である。その最たるものが抗癌剤である。1グラム当たりの薬価が、3億3170万円もするのである。ダイヤモンドよりも高い。その薬名は「ペグイントロン」という。さらに、超高額抗癌剤はゴロゴロある。それでも純粋な患者たちは、「それだけ高いのなら効くのではないか?」と騙されてしまうのである。これは超猛毒で原液を打ったら即死する。厚労省幹部ですら「抗癌剤は大変な猛毒で癌を治せない」と証言している。つまり超高額の超猛毒で毒殺するのである。→それが癌治療の正体である。



     まさに洗脳の恐ろしさである。目覚めなければならない。1グラム3億円超の抗癌剤の代金は誰が支払うのか?→それは私たちの税金である。血の出るような思いで支払った保険料や税金から、バキュームの様に吸い上げられている。

    その巨額の金はどこに行くのか?→ロックフェラー財閥等が所有する製薬会社になだれ込むのである。彼等こそ、国際医療マフィアなのである。彼らが日本の国家財政を食いつぶしているのである。この事実を国民は、誰も知らない。気付かない。なぜなら、彼らは医療教育(狂育)だけでなく、通信社、新聞社、テレビなどマスコミまで完全支配しているからである。



     1985年、既にアメリカ国立がん研究所(NCI)デヴュタ所長が議会で「抗癌剤は癌治療には無力」と証言している。30年以上も前に明らかにされた真実が、完全に隠蔽され、全人類は未だに騙され続けている。それどころか1グラム数億円と言う超高額詐欺に飽き足らず、医療マフィアはさらなる詐欺犯罪で荒稼ぎしている。超高額抗癌剤「オブジーボ」などはその典型である。黒色肉腫に効くという謳い文句で2014年に、世界に先駆けて日本で許可された。1年間の薬剤費は、一人当たり約3500万円と言う。暴利をむさぼるのは製薬会社だけでなく、癌を専門とする医者と病院にとっても甘い汁である。抗癌剤認可には罠がある。抗癌剤は例外なく超猛毒なので、投与すると2割程度の癌腫瘍は、その猛毒に驚き、縮むこともある。すると「効いた」ことにして厚労省は認可してしまう。ところが癌細胞は、たちまち「反抗癌剤遺伝子」(ADG)を発動させ、抗癌剤を無力化し5-8か月で元のサイズにリバウンドしてしまう。その後、抗癌剤刺激で悪性化した癌腫瘍は一気に猛増殖して、患者の命を奪う。しかし、このADGの存在について触れることは医学界のタブーとなっている。なぜなら、抗癌剤の巨大利権の根底が覆されてしまうからである。



     国家財政を崩壊させるのは人工透析治療も同様である。人工透析費用は患者一人当たり約500万円である。さらに患者は一級障害者に認定されると約500万円支給される。つまり、約1000万円の税金が投入されるのである。2013年には31万人を突破し、3兆円以上の国費が「人工透析」と言う悪魔の利権に注ぎ込まれている。→しかし、最低でも患者の8割は食事療法で完治し、透析は一切不要なのである。ところが、医療マフィアはその事実を一切患者には教えない。マスコミにも報道させない。その責任の一端は、真実を学ぼうともせず、家畜のごとく無知で愚鈍で従順な患者自身にもあることを指摘しなければならない。

  • 名無しさん2018/10/11

    【国旗の否定は、国家の否定】海上自衛隊の判断を支持する。朝鮮有事での死傷者は増大するだろう【覚悟する人はシェア】https://samurai20.jp/2018/10/kolie-54/

    旭日旗を掲げるな=海賊になるか降伏しろ?それ、宣戦布告とちゃうんか?https://ameblo.jp/gekiokoobachan/entry-12410509771.html

    アンミカ「私の血はキムチで出来ている!

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7241.html

    日本共産党・後藤ますみ立候補予定者

     暴力集団の中に迷い込んだの?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53296667.html

    ミスキャンパス

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9&chips=q:%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9,g_1:%E9%9D%92%E5%AD%A6&sa=X&ved=0ahUKEwiA1Zefs_rdAhXCXbwKHVs-BokQ4lYIJygB&biw=1088&bih=501&dpr=1.75

    日本の海で、やりたい放題の「中国」!言うことはちゃんと言うてや、安倍さん。 http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-423.html

    韓流

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/fc8ecea405401b35cf61f76f91762a40?fm=entry_awp_sleep

    KGBエージェント問題  野放しで本当にいいのか?

    http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1074.html

    なぜユリは百合と書く

    http://www.ntv.co.jp/megaten/archive/library/date/01/08/0805.html

    朝鮮人による犯罪行為について

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

    WHO多国籍製薬会社を向こうに、ワクチン問題で大立ち回り。孤軍奮闘、日本人を守った沖縄人ウイルス学の権威・根路銘邦昭

    http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/335.html

     

  • 名無しさん2018/10/11

    ニッキー・ヘイリー国連大使は2024年大統領選に照準

      2020年は上院議員か、或いは副大統領を目指すだろう