国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ファンビンビン(氾氷氷)に4000万ドルの罰金

2018/10/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)10月4日(木曜日)
        通巻第5845号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ファンビンビン(氾氷氷)に4000万ドルの罰金
  刑事訴追は免れると税務当局が発表
****************************************

 三ヶ月以上にわたって姿を消していた中国一の女優ファンビンビンの脱税に対し、中国の税務当局は4000万ドル(45億2000万円)の罰金を課すとした。また刑事訴追には到らないとする捜査結果も発表した。

 不正書類や偽造書類、二重申告など中国の芸能界においては常識となっている脱税だが、刑務所入りは避けられたとして胸をなで下ろしたファンも多い。一番いやなケースは、刑期終了後、すっぴんで記者会見に臨まされることで、過去にも大物女優が、この社会的制裁の屈辱を味わった。

 しかし被害は中国国内だけではない。
 世界的なブランドの広告塔としても彼女は活躍した。
 CM、動画などのコマーシャル契約で、この中国の大スターは、「モンブラン」「デビアス」「ギャレン」「ルイビュトン」など世界の一流ブランドのCMに出演していたため、広告主としてはCMの自粛、中断、契約違反による訴訟もさりながら、大きなイメージの損壊と受け取っている。
 
 中国共産党の独裁支配とデジタル全体主義が、いまや巧妙な財務申告の嘘を見分けるAIを搭載して、すべての国民の税務申告を審査するばかりか、アリババ、テンセントなどから収集したビッグデータを元に、克明な監視を行っていたことになる。

ビッグデータの提出を求められているアリババは、共産党管理というリスクに直面し、嫌気がさしてアリババの馬雲はCEO辞任を発表しているが、あらためてデジタル監視社会の恐怖の一端が露呈した、その象徴的な事件をして記憶されるべきであろう。

     ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告) 小誌は地方講演旅行のため10月6日―8日が休刊の予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■アンディ・チャンのアメリカ情報   ■アンディ・チャンのアメリカ情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
民主党に正義感や反省はない。アメリカが堕落するか、立ち直ることが出来るか
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.712 Andy Chang (2018/10/02)
AC論説 No.712 民主国家アメリカの頽廃

 この一か月というもの毎日が不愉快だった。
私は政治家ではないけれど民主党がでっち上げたセクハラ騒動で最高裁判事の任命投票を一か月も遅らせ、テレビや新聞の嘘八百を見るのは不愉快この上ないことだった。
 政権奪取のため証拠のないセクハラ告発で清廉潔白な人とその家族の将来を滅茶苦茶にした民主党の悪辣な策謀は民主主義国家アメリカを無法な国としたのである。
 10月1日からアメリカ政府は新年度が発足したが、民主党の時間稼ぎが成功したおかげで最高裁のケネディ判事が引退してカバノー氏の任命投票が行われず、最高裁判事は8人のみとなった。なぜカバノー氏の任命を遅らせたのかというと、民主党は中間選挙まで判事任命を遅らせ、上院で過半数を取ればトランプ大統領の推薦する人事をすべて否決して政権を麻痺させ、続いてトランプ大統領を罷免するという、サヨクがアメリカ民主国を乗っ取る国家転覆の陰謀である。
 上院議員とは国家の政治を司る政治家のことである。
そんな政治家がウソを指摘されても顔色一つ変えず白々とウソを繰り返す。国家の最高議会を制覇する、そのあとでトランプ大統領を罷免する。そのために一人の立派な司法官とその家族の将来を踏みにじる策謀はまったく唾棄すべきだが、議会における奸智陰謀のやり取りを見ながらどうすることのできない国民の焦燥と失望が一月も続いたのだ。

 セクハラは女性にとって大問題である。
女性だけではなく無実の告発を受けた男性にとっても大問題である。告発が真実か誹謗かを調査するのは細心の注意が必要だ。セクハラ告発はNYタイムスのたった一度の記事だけなのに、民主党と左翼メディアはセクハラがあったように報道し、告発した女性の談話も顔写真もないのにカバノー氏を犯罪者扱いで宣伝したのである。
無実の告発をされたカバノー氏は即日これを断固否定して、上院の司法委員会で公聴会を開くことを要求した。これに反して告発者のクリスティーン・フォードと民主党の議員はあれこれ理由をつけて公聴会を遅らせた。新聞の記事一つだけで民主党議員は争ってセクハラを受けた女性を「信じる」と発表したのである。
この女性の談話も説明もない、たった一度の新聞記事でカバノー氏を犯罪者と断定したのだ。彼らに判断力がないのではない。判断を避けてウソの告発を支持したのである。国家の最高議会の民主党議員が正義、真実、倫理や道義などを一切無視して断罪を下した、恐るべきことである。
 NYタイムスの記事だけで、告発した女性はセクハラが起きたと称する年月日も不明だし、パーティに参加した証人もいない。
しかも新聞が報道した後も本人は沈黙したままだった。共和党の委員会議長は双方を公聴会に招致したが、告発者フォード女史は公聴会は嫌だ、秘密会議でなければダメだ、飛行機に乗るのが怖いから行かない、カリフォルニアで質問を受けるのも拒否するなどあれこれ条件を上げて、最終的に公聴会に来ると同意しても月曜日はダメ、木曜日にするなど理屈をつけて公聴会を三週間も遅らせたのである。
 呆れたことにこの三週間の間に第二、第三の女性がセクハラを受けたと言い出した。
しかし二人ともカバノー氏とのかかわりを証明するものは一つもなかった。それでも民主党側はこの三人の言いがかり、でっち上げを取り上げて、FBIの調査を要求して判事の任命投票を遅らせようとしたのだ。
FBIはこれまで6回もカバノー氏の身元調査を行ったことがあるが、民主党はFBIが7回目の調査をすれば任命投票を中間選挙まで遅らせることが出来るという策略に出たのである。
 公聴会を開くことが決まったあと民主党側は、委員会の共和党議員はみんな男性だから(民主党側には女性が三人)ダメと言い出したのである。それで議長はやむなくアリゾナ州のセクハラ事件調査に詳しいRachel・Mitchell 検察官を招聘してフォード女史の質問にあたらせたのだった。
 公聴会が終わった翌日、議長は上院総会でカバノー判事を最高裁判事に任命投票することの票決を取ろうとしたが民主党側の10人は反対、そしてFBIのセクハラ告発事件の調査を要求した。
司法委員会議長は両党委員の同意のもとに、FBIが一週間を限ってカバノー判事のセクハラ調査をすることに同意し、総会における任命投票はマッコーネル上院議長の決定に任せると決定した。これで司法委員会のカバノー判事の最高裁判事任命の任務は終わったのである。
10月1日、公聴会でフォード女史に事情質問をしたRacehl・Mitchell 検察官が5ページの結果報告書を公表した。
結論として9点からなる理由を挙げてフォード女史のセクハラ告発はあまりにも証拠薄弱で検察官としてカバノー氏を起訴はできない、「彼がどうした彼女がどうしたと言った悪魔の証明」ではなく彼女の陳述は記憶不十分、証人不在、経過が曖昧などで、少しも信憑性がないと言う報告書を提出した。
Mitchell検察官の報告によるとフォード女史はセクハラがあった日付も場所も覚えていない、誰が彼女を車を運転したか、セクハラを受けたあとで誰の運転で家に戻ったかも記憶がない。彼女がパーティに参加したとして挙げた男三人と女一人はパーティはなかったと証言した。
しかも名を挙げた女性は、パーティなどなかったしカバノーという人も知らないと弁護士を通じて証言した。
これは司法委員会の公聴会の結果報告、つまり公聴会の公式発表である。ところが今日10月2日のサヨク新聞、ロスアンジェルス・タイムス、NYタイムス、ワシントンポスト、すべてMitchell検察官の報告書を報道していない。

 FBIの調査報告は両党側委員の同意により今週金曜日に公表すると決まっている。これ以上カバノー氏の任命投票を遅らせる理由はない。マッコーネル上院議長は今週中に総会で任命投票すると発表した。
以上が今日までの国中を騒がせた判事任命の経過である。女性にとってセクハラは大事件だが、共和党側がこの事件を処理した態度は公正、公平だったにも拘わらず民主党側の態度は呆れるほど悪辣だった。リベラルがホシュを倒す陰謀と言えども正義が通らない、平気でウソを吐く、政党のために無実の人を罪に陥れる政治家は唾棄すべきである。

 オバマが大統領になって以来アメリカは分裂が酷くなった。オバマが黒人の犯罪を弁護したため人種分裂が起き、続いて民主党と共和党の分裂、男女の人権分裂、同性愛者と性転換者の権利主張などが起きた。オバマ民主党はヒラリー当選のためヒラリーの犯罪を無視し、クリントン一家の巨悪を増長させ、FBI/DOJの高官が選挙に介入し、トランプのロシア疑惑をでっち上げた。アメリカは民主が頽廃し、正義の通らぬ言論暴力国家になってしまった。民主党に正義感や反省はない。
この国が更に堕落するか、立ち直ることが出来るかは不明である。

                   (アンディ・チャン氏は在米評論家)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
AC通信バックナンバーはhttp://www.melma.com/backnumber_53999
========================================
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
●読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 (読者の声1) 国連 人種差別撤廃委員会 最終見解書に対する声明
「偏向した委員会勧告は日本国民に対する人権侵害。日本政府は国連に委員会改革を求めるべき」
 国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)は8月16、17日に対日審査会を行い、30日に最終見解書を発表。日本政府に対し慰安婦問題を含む人種差別諸問題について勧告を発しました。
 これらの勧告は、非常に偏向したもので、日本の国柄を破壊する内容です。人権を守るべき委員会が、日本国民に対する人種差別、人権侵害を創り出していると言える内容です。
 日本政府は、すでにジュネーブ国際機関日本政府代表部大使より、極めて遺憾であると申し入れましたが、このような勧告を出す委員会の仕組み自体を国連に厳しく問題提起し、改革を求めるべきであります。
もし改革が実現しないのなら、日本は条約批准を撤回するか、または人権理事会から脱退すべきです。膨大な分担金を拠出しているにも関わらず、日本と日本国民の人権を侵害するような人権委員会に日本が留まる必要は全くありません。
慰安婦の真実国民運動は、この度の委員会に21運動団体合同の意見書を送り、現地で審査会に参加、会合で発言しました。(ニュースレター216号から9回にわたりこの内容をご紹介しました。)この経過を踏まえて、委員会への抗議及び委員会改革を求める理由と日本政府への要求をここに述べる次第です。
声明文(原文):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD0914.pdf
 〃 (英訳):http://www.sdh-fact.com/CL/CERD-statement-of-protest.pdf
(「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)
  
    □◎○△◎□◎□○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊の予告) 小誌は地方講演旅行のため10月6日―8日が休刊予定です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
  ♪♪
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320
  ♪
『習近平の死角』(育鵬社、1620円)  
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
    https://www.amazon.co.jp//dp/475931623X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1537941657&sr=8-2&keywords=%E6%9C%AC+%E8%97%A4%E4%BA%95%E5%8E%B3%E5%96%9C
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 

宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊の予告) 小誌は地方講演旅行のため10月6日―8日が休刊予定です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/03

    国連人権委員会に係る記事は全く同感。脱退論に賛成します。

  • 名無しさん2018/10/03

    ハザールマフィアは、ごく最近の米大統領ドナルド・トランプの暗殺に失敗した後、偽の宇宙人侵略を計画している。暗殺の企みはイスラエルの潜水艦からエアーフォースワンに向かって発射されたミサイルで行われた。レッド・オクトーバーを追えはイスラエルと徒党の潜水艦が沈没したことを意味するかもしれないので、人生は芸術を模倣する。10月の驚きは血まみれかもしれない。









    ハザールマフィアが暗殺のたくらみをする時間を買うために、ブレッド・カブァナフの最高裁判決を遅らせるために、すべての妨害を引き出したことは明らかである。代わりに、上院がカブァナフに対する虚偽の告発をした人々に対して法的措置を講ずる準備をしているので、彼らの動きは大きな打撃を与えている。あなたは、上院司法委員会のホームページから確かめることができる。









    https://www.judiciary.senate.gov/press/rep/releases/judiciary-committee-refers-potential-false-statements-for-criminal-investigation









    「カブァナフのFBI調査は、彼の汚名を晴らすだけではなく、雇った告発者、民主党、そして深層国家に対する攻撃に変わる」と説明している。さらに、「カブァナフは53の議席を持っており、トランプがすべての携帯電話にテキストアラートを送信する10月3日に確認される可能性が高い。









    この文脈で、スイス、フランスと英国のロスチャイルド分家が、降伏し南アフリカ型の真実和解委員会を受け入れるのが遅すぎないかどうか尋ねるために、連絡線を開いたことは興味深い。明らかに、軍事法廷と銃撃隊の本当の見通しは、彼らが何かをしなければ本当にゲームオーバーになるだろうと気付いたのです。









    私たちはまた、「xxx-xxxから米国の大使館から働いているxxxのCIAの秘密サービスの責任者」から次のような連絡を得ました。



    「それはロスチャイルドの関するものである。私の友達はNYCで非常に静かに控えめな生活をしているナザニアル・ロスチャイルドの個人的友人です」









    「それは南極に関することであり、南極はワームホールを開けてしまった。そう、三次元から他次元への扉がある。南極の中やその近くの極度の高磁気シフトにより、文字通り次元の世界に新しい構造を割いている。これはすべての政府の指導者たちがそこへ行ったからである。これが、南極大陸を一般に遮断をする理由である。大衆の5%のみがこの話を知っている。そして今、あなたはもう一方にいる」



    このメッセージは以前に氷の下の都市について南極の話を送った人と同じであるので、私に極端なBS警報を鳴らした。そのことは1980年代の映画計画から配給をもぎ取られたことが判明した。さらに彼らは、後半に信用され軽蔑されたハザール人ポピュラーメカニクス誌の宣伝記事へのリンクを証拠として送ってきた。



    https://www.popularmechanics.com/science/a23510743/strange-particles-coming-out-of-the-earth-hint-at-new-physics/



    私がこれを読者と共有している理由のもう一つは、送信者が数十万人の死者に対するCIAの戦争犯罪を引用しているからである。彼は従って軍事法廷を恐れている人々の一人である。彼はまたブッシュ・ナチ派に繋がっている。



    私がそれを読者と共有する理由のもう一つは、私がイタリアあの黒太陽崇拝P2フリーメーソンを訪問した時、彼らが私に空に1マイル幅の画像を投影する技術を見せた。言い換えれば、トランプ暗殺計画が失敗した今、ヘンリーキッシンジャーがかって言及した偽の宇宙人侵略シナリオにホログラフを使用する可能性が非常に高い可能性がある。



    「今日、国連軍が秩序を回復するためにロスアンジェルスに侵入すれば(1991年のLA暴動を参照)、アメリカ人は怒るであろう。翌日には彼らは感謝するだろう。これは外からの脅威(地球外からの侵略)が本当であるがうわさであろうが、私たちの存在を脅かすものと言われた場合、特に当てはまる。このシナリオが提示されると、世界政府によって与えられる幸福が保証されるなら、個人の権利は喜んで放棄される。(ヘンリーキッシンジャー、1991年フランス・エビアンス ビルダーバーグ会議)



    https://www.physicsforums.com/threads/kissingers-very-strange-remarks.8651/



    もちろん、ハザールマフィアにとって本当に存在する脅威があります。それは彼らの悪魔的な奴隷制の独裁に対する世界の人々からの反抗である。



    これに関して、カバナフ裁判官に対する抽象的な暴動が本格化したと同じように、バールのバビロニア門(バタンの門、サタンの門とも呼ばれる)の複製がワシントンDCに建てられたことも注目に値する。これには、シリアのパルミラ門の元の場所を取り戻すために、ダーイッシュ関連の武装勢力の同時推奨が伴った。













    https://www.breakingisraelnews.com/113770/arch-washington-exhibit-centerpiece/



    https://sputniknews.com/middleeast/201809011067667433-syria-government-forces-clashes-militants/



    皆さんは、そんなことはできません。もちろん、悪魔崇拝ハザールマフィアにとって、彼らは同時に惑星中で権力を失っているので、世界は落下しているように見えているに違いない。



    例えば、一人の読者がブラジルで右翼大統領候補ヤルイ救世主ボルソナロは2018年9月6日に刺された後、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院と呼ばれるシオニスト病院に入院していることを指摘している。だから、殺傷(本当であれ嘘であれ)は彼に対する同情を演出するために仕組まれたと思われる。このトリックは失敗したようで、ボルソナロは今、「選挙に負けたら結果は受け入れない」と言っている。



    https://www.reuters.com/article/us-brazil-election-bolsonaro/brazils-bolsonaro-says-he-will-not-accept-election-result-if-he-loses-idUSKCN1M82R6



    ボルソナロはブラジルの資源を略奪し、その国民を疲弊させているナチ・シオニストグループを代表しており、だから彼らは権力を失くことを非常に恐れているように見える。ヒットラーの娘であるドイツのアンゲラ・メルケルは先週、永年の同盟者で党の派閥リーダーであるボルカー・カウダーがドイツ連邦議会で驚くべき投票で拒絶されたので、彼女の政権奪取に多大な打撃を受けた。



    https://www.rt.com/news/439406-merkels-parliamentary-leader-vote/







    権力に対する支配力を脅かす右翼の人民主義者党は、多くのユダヤ人支持者を持ち、したがって「反ユダヤ人」主義を完全に破壊する。













    https://www.rt.com/news/439567-germany-afd-jewish-group/









    メルケルの奴隷少年であるフランスの大統領エマニュエル・マクロンもまた、彼の支持率が20%を切ることに見舞われ、彼の不正選挙を解消するために軍事クーデターが非常に現実的となっている。









    一方、イタリア政府は、最低所得保証と大衆を支えるための処置に対して財政赤字を増やしており、EUに対して公開戦争を宣言した。彼らはまたヒラリークリントンが悪魔の夕食に参加したと書いたジャーナリストマルセロ・ロアをイタリア国営放送協会のトップに指名した。









    https://www.independent.co.uk/news/world/europe/italy-state-broadcaster-marcello-foa-rai-berlusconi-matteo-salvini-fake-news-a8559876.htm









    不正国家ハザールマフィア・イスラエルもまた、エルサレムが拡大中東と世界を支配する計画を廃棄して、二国間解決を受け入れざるを得なくなっている。先週、ロシアはシリア攻撃のために欧州とイスラエルからの今後の飛行を防ぐために特殊防衛軍を駐留させた。









    http://tass.com/defense/1023513









    これが起きている間に、イスラエルに対しても同じことができるという鈍い警告として、米軍はヨルダン、バーレーンとクウェイトのパトリオットミサイルを撤去した。



    ハザールマフィアもまた、世界政府を作る口実として炭素地球温暖化を使用して、権力の座に留まろうとしている。これに対する主要な手段は聞こう温暖化に対する政府間パネルである。それは195カ国を持っており、次の警告報告書を提出すると主張している。









    https://www.bbc.com/news/science-environment-45653099









    この時点でこれらの人々に言いたいことは、私が十分なお金を持っていれば、私は私を愛しているという200人の売春婦を得ることはできるが、それは決して真実にはならない。



    ドナルド・トランプは先週、国連演説で多くの人々に話した。その時、「われわれは選べるず、無責任な世界官僚構造へのアメリカの主権は決して放棄しないと述べた。









    しかし、それは我々が困惑生を取り扱う方法を変えてはならないということではない。6500万年前に恐竜が隕石によって絶滅した時以来、我々は最大の絶滅危機の中にいる。これは地球温暖化によるものではなく、天然の生息地、汚染と乱獲の破壊です。









    現在のクメール・マフィアに制御するバビロニア金融システムはまた、貧乏人からだけではなく、自然環境からも資源を吸い上げており、それが全世界の富のブラックホールのように、数百人の手に集中している。



    ここにクリントン家による無駄な金の積み上げを救うためのボルネオの最近の米軍特殊派遣部隊の例がある。下のリンクの物語はインドネシアのCIA筋によって個人的に確認されている。









    http://www.someonesbones.com/blog/special-forces-seize-clinton-cash-drugs-in-borneo/









    いずれにしろ、最初に言ったように、スイス、英国とフランスのロスチャイルド分家は最近、接触してきた。スイスの代表は彼らは負け散ることを知っていると述べた。もしそうであれば、中央銀行によるバビロニア負債制度からこの惑星の透明な方法について完全に透明な方法で交渉するために、一族のメンバーと直接会いたいと思う。









    最後に、我々は企業支配のインターネットから解放するために世界ウェブ開発者ティム・バーナー・リーの活動への支持を加えたいと思う。









    https://www.fastcompany.com/90243936/exclusive-tim-berners-lee-tells-us-his-radical-new-plan-to-upend-the-world-wide-web





  • 名無しさん2018/10/03

    中国共産党の独裁支配とデジタル全体主義が、いまや巧妙な財務申告の嘘を見分けるAIを搭載して、すべての国民の税務申告を審査するばかりか、アリババ、テンセントなどから収集したビッグデータを元に、克明な監視を行っていたことになる。←しかし、ある意味、中国政府はやることやってるな!と、いう感じであります。日本政府も朝鮮総連、パチンコ屋に対して、これくれいのデジタル監視を行ってもらいたいものです。