国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <トランプ、中国に第三次制裁関税発動。なのに株価は上昇した

2018/09/19

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月19日(水曜日)
        通巻第5835号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は海外取材のため明日9月20日―25日が休刊です。   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ、中国に第三次制裁関税発動。なのに株価は上昇した
  EU企業の5・4%が中国から撤退、若しくは撤退中
****************************************

 9月18日、トランプ政権は「2000億ドル分の中国からの輸入品に対して10%の制裁関税をかける。24日から実施する」とした。7月の160億ドル、8月の340億ドル。そして9月の2000億ドル、合計2500億ドルの中国からの輸入品に高関税を課すことになる。

 さぞや市場はおののくかと思いきや、不思議なことに株価は上昇に転じた。主な理由は予想されて25%ではなく、10%という税率だったからだ。

 中国はただちに報復にでた。米国からの輸入品600億ドル分に関税をかける、と。
 しかし税率は明らかにされず、これから品目の選定がなされるようである。
「中国の経済政策のトップは完全に混沌状態」(NYタイムズ、9月18日)
だれが何をどう決めて良いのか、経済政策の実権を国務院から取り上げて、習近平の側近等に任せた結果が、これである。

 在中国のアメリカ企業は「ここで生産して米国へ輸出している関係上、深刻な悪影響が出るし、高関税を理由に米国へ工場を復帰するという考えはない」とアンケートに答えた企業が過半だという。

 他方、在中EU商工会議所は「米中関税戦争に巻き込まれて、相当の影響がでている。世界的なサプライチェーンが機能しなくなる」と事実を認めつつ、「すでに5・4%の中国で生産、販売してきたEU企業が、中国から撤退したか、撤退を準備中である」とした(サウスチャイナ・モーニングポスト、9月19日)。
     ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は海外取材のため、9月20日―25日が休刊となります。  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1791回】                    
 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(16)
徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

       △
 とはいえ「場所によりては隨分支那流の無頓着、不親切、抛擲主義を見たることなきにあらず」。さはされど、「多少にても、改善の兆の認む可きもの」がある。
かくして「予は支那の變化を見るにつけても、日本の進歩の、甚だ緩慢なるを慚悔せざるを得ず」。

  ■「(六)日本?師の退去と日本語の驅逐」

じつは徳富は前回の旅行の際、北京のみならず地方都市でも教鞭を執っていた「若干の日本人?師」の案内によって「有?にして、興味饒き觀察を遂げ得たりしことを記憶せり」。だが今回は違った。
官吏、会社員、「支那の税關、若しくは鹽務所に奉職」する者はいるが、「日本人の?師は、絶無にあらざるも殆ど之を見出すに苦まり」。
 旅先で日本人教師を見掛けないということは、「支那人が日本人?師を必要とせざるに到りた」からであり、それを「支那人の一の進歩と、見做す」こともできる。

  だが、もし「日本人?師の退去と同時に、日本語は、殆んど支那の?育界より放逐せられつゝあ」るならば、やはり由々しき問題だ。日本人教師の退去と日本語教育の退潮の間には必ずしも関係はなさそうだが、「事實は事實也」。一般に「支那に於ては、英語、若しくは獨逸語は、必要語として、場所によりては、殆んど強制的に?授せられつゝあるに拘らず。日本語に至りては、殆んど之を眼中に措かざるものに似たり。而して英米人、獨逸人等は、自から率先して、支那人の?育事業に努力しつゝあるに拘らず、我が官民を擧げて、唯滿鐵の滿洲に於ける施設を除けば、何人も關心せざるものゝ如し」。将来を考えるなら憂慮せざるをえない。どうやら日本では官民ともに外国における日本語教育の持つ戦略性に昔も今も――ということは将来に亘っても――余り関心がないようだ。

  ■「(七)同文書院の効果」

徳富が2回目の旅行をした大正6年は「如何なるめ運り合せの歳にや、日本より支那へ巡禮したる者、近來未曾有とも云ふ可き數に上」たらしい。
多くの「支那漫遊客の最も愉快の一は」、「支那にある日本人中に、支那語を解する者多きが如く、支那人中に、日本語を解する者少からざれば也」。

 主な役所、主な官吏はもとより、徳富が面談を希望するような人物なら誰でも、必ず身辺に「一名乃至數名の、日本語に堪能なる支那人なきはなし」。僻遠の地にあっても、片言の日本語を話せる留学生上がりの官吏がいる。
「日本人にしても、支那語に通ずる人士」は少なくない。その柱は荒尾精が上海に創立した東亜同文書院卒業生であり、「同文書院が、如何に多大の貢献をなし、且つ爲しつゝあるかを、特筆せざらん」。
であればこそ同文書院の拡大すべきだ。

  「凡そ?育の上に於て、此の如き的面の効果を収め得るものは、他に比類罕なる可し」と、ベタ誉めである。

  ■「(八)日本語の閑却乎日本の閑却乎」

 これまで「支那の朝野を擧げて」「日本語を解する者多きは」、両国朝野の長年の努力の結果だ。
だが、「日本?師の退去と日本語の驅逐」という「現時の趨勢にて推し行かば、今より十年ならずして、支那人中に、日本語を解する者は、或は今日の半數に減ずるやも、未だ知る可らず」。

 それというのも「今や支那を擧げて留學をすれば、米國に赴き、外國語を學べば、英語を學ぶの情態なれば也」。このまま手を拱いているならば「支那に於ける日本語は、或は地を拂ふに到らんやも」知れない。
どうやら「支那人が、日本語を閑却しつゝあるは、日本語を閑却したりと云はんよりも、寧ろ日本を閑却したるにあらざるなき乎」。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
    ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 〔人類の未来の鍵ー普遍性と多様性との統一における普遍性の重要性〕
 前回の投稿で私は、ヘーゲルの説く「精神の王国」(体系化された学問)は、人類の普遍的な本能となるべきものであると述べました。
だからこそどの国でも共通して、学校で学問を勉強している現実があるのですが、問題は、何のために学問を学ぶのか?
その意味・意義が理解されないままにおこなわれていることであり、何よりも肝心のその学校で学ばされている学問が、体系の要となる「学問の冠石」を欠いたままの、バラバラに、断片的に学ばれているのが実態で、これでは体系的な「精神の王国」がアタマの中に築かれようもなく、したがって、「精神の王国」が、人類を真の人間・精神へと導く、新たな人間的本能になり様がない、というのが偽らざる現実です。
 このことが何故そんなに問題なのかと云いますと、これこそが、現在の、出口の見えない対立・抗争・混迷の陥穽にはまりこんでしまっている人類の未来を、明るいものにする重要なカギとなるものだからです。
と云うのは、その出口の見えない原因として、現代は、人類としての本物の普遍性を喪失した時代だからです。その原因は、マルクスが本物の普遍性であるヘーゲルの哲学を葬ってしまったからだけでなく、そのマルクスの敵対的対立を煽るだけの誤ったマルクス主義が、一時期、一世を風靡し、人類と虜にしてしまったその後遺症が、未だにしぶとく残って人類を苦しめているからです。

 あるべき正しい対自としての普遍性を喪失した、現代の人類は、即自的な自己中心主義が跋扈し、普遍性を装っているかに見える人権主義やグローバリズムにしても、人権主義は、学問的には、危急権という例外的に認められるものでしかなく、とうてい普遍性と呼べる代物ではありません。
他方、グローバリズムにしても、その内実は、経済的な特殊性にすぎないものを、政治性を排除する形で一般化しようとする歪な・邪な意図のもとに作られたもので、人類を救う普遍性をもった代物ではありません。
 では、絶対性・普遍性を標榜する宗教はどうかといいますと、答えは一目瞭然、事実を見れば説く必要もないほどですが、あえて述べますならば、宗教の絶対性は、内実のない空虚な絶対性でしかなく、結果として特殊性の絶対化とならざるを得ず、その偽善的絶対性は、人類を統合できる普遍性とはなりえず、むしろ逆に、その欺瞞的絶対性を盾に他を排除する道具と化して、いらざる対立抗争の火種ともなっている現実があります。
 ヘーゲルの哲学は、本物の絶対性・普遍性を正しく掴み取った上で、そうした宗教の長所・短所を分析して、本物の絶対性の下に宗教を自らの構造として組み込んで人類が精神として、絶対精神として神となる道を説いたのです。

 世界中の国々が、ヘーゲル哲学によって統括された本物の学問すなわち{精神の王国」を学校で学んで、それを本能化する時代がきたならば、人類全体の普遍性と各国の多様性との統一のもとでの、各国同士の切磋琢磨・競争・協調が図られるようになり、人類統合の道が初めて拓かれるようになると思います。
 このように云うと、おそらく次のような疑問が出てくると思います。
それは、ヘーゲルの人倫的国家第一主義を実現した日本ですら、その統合は、黒船来襲と云う外敵の存在があったから実現できたのではないか?人類全体となると、宇宙人の来襲でもなければ無理なのではないか?
 これはもっともな質問です。しかしこれについてヘーゲルはすでに答えを出してくれています。
すなわち、「戦争にあらわれる観念性と対内的な国家諸権力を全体の有機的契機たらしめる観念性は同一」だとしています。つまり、戦争はあくまでも一つの契機に過ぎない、全体を有機的に統合するその観念性こそが最も重要だ、ということです。
それを育むのが、人類全体が、ヘーゲルの「精神の王国」(学問)を自らの本能とすることなのです。
そして、それが、人類が歩むべき真の主体性ある人間への道なのです。
 人類の中で唯一、その道を歩んできたのが日本だったのです。
ですからその日本が、これからの人類を導いていく歴史的使命があるといえるのですが、その肝心の日本が、残念なことに、停滞・後退し横道にそれようとしている現実があることは、人類全体として、ゆゆ式事態と云わねばなりません。
      (稲村生)



   ♪
(読者の声2) 「正論を聞く会」から宮崎正弘先生の独演会のお知らせです。世界情勢が激変し、日米関係も磐石とは言えず、ウラジオストック訪問の安部首相も、目に見える成果はあげられず、十月下旬には訪中も予定されています。
 タイミング的には安部首相が訪米し、国連で演説するトランプ大統領との日米首脳会談がニューヨークで予定されています。また米朝首脳会談が再度開催される予定も浮上しており、国際情勢、風雲急です。
 こうした中で中国経済が破綻すると、日本はいかなる悪影響を受けるかなど、メディアの伝えない裏話が中心となる予定です。

とき  9月26日(水)午後六時半
ところ 大手町「産経プラザ」三階大会議室
講師  宮崎正弘
演題  「一帯一路、末路」(仮題)
資料代 1500円(学生千円)
主催  「正論の会」(代表・三輪和雄)



  ♪
(読者の声3)中国は西洋民主主義と対決して社会主義強国を目指して計画通り進むのか トランプ氏が仕掛けている対中国貿易戦争によって輸出で稼ぐ中国の成長モデルは黄信号が灯りはじめているのではないか 
一帯一路政策は周辺国が投資に名を借りた間接侵略と気づき始めているのではないか 等々。はたして「習近平体制は続くのか」。今回の講演は評論家の石平氏です。事前申し込み下さい。
           記
1.日時:平成30年9月29日(土) 14:30?17:00
2.内容:
  1430 ―1540 講演 : 評論家  石 平 氏
         テーマ: 「習近平政権の覇権主義戦略と行く末」
  1540! ―1600 質疑応答     1620―1700(1800)  懇親会
3.場所:たかつガーデン(大阪府教育会館)2F 「ガーベラ」会議室 
      TEL:06(6768)3911   〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番1号 
) 地下鉄千日前線(又は谷町線)谷 町9丁目下車(北東へ)5分
4.会費:4,500円程度(懇親会費を含む。講演のみは1,500 円)ただし、学生は無料 
5.主催: 弘志会 幹事 福井成範  fukuima@tree.odn.ne.jp
     TEL090-3090-5452
     □◎□ ○△◎ □◇○ □◎□ ○◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。