国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <マドゥロ(ベネズエラ大統領)が北京訪問 「あと50億ドル融資して呉れ、

2018/09/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月15日(土曜日)弐
        通巻第5831号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マドゥロ(ベネズエラ大統領)が北京訪問
  「あと50億ドル融資して呉れ、これまでの返済は半年待って」
****************************************

 8月4日、マドゥロ大統領の再任式典。ドローンが爆薬を積み込んで会場に飛来した。
会場となったテント近くで爆発し、十数名が怪我をしたというが、ジョン・ボルトン補佐官は「自作自演ではないか」と言った。
 ワシントンではベネズエラの旧軍人等がトランプ政権と接触し、クーデター計画が進んでいるという情報も飛び交った。

 2008年9月14日、マドゥロ大統領は北京空港に降り立った。テロ未遂事件以来、初めての外遊先を中国としたのは当然だろう。中国からチャバス前政権はベネズエラの石油を担保に500億ドルを借りだし、これまでにも石油輸出で返済してきたとはいえ、あと200億ドルの債務を負っている(「200億ドル」というのは中国の公式発表で、実際は中国輸出入銀行が別枠でもっと貸している)。

 マドゥロ大統領が北京で真っ先に訪れたのは人民大会堂脇の毛沢東記念館。そのミイラを拝んで「毛沢東主席は偉大な革命家。21世紀の人類史を見通した偉大な指導者」などと礼賛した。これはCCTVでも報じられたが、中国国民は「大虐殺の魔王」を「偉大な指導者」などという、その時代錯誤の感覚にゾッとなったのではないか。

 習近平との会合では「両国は相互信頼、相互裨益の友好関係にあり、もっともっと二国間の関係を深めたい」と原則論をぶった。
 引き続き李克強首相との面談で、李首相は「可能な限りの支援を中国は続けるが、法治の回復と社会の安定に努力して欲しい」と釘を刺したそうな。
 さらに王毅外相との会談でマドゥロは「BRIのさらなる発展にベネズエラは協力するし、ラテンアメリカ諸国は全体で中国の支援を熱望している」と述べた。

 要するにマドゥロ大統領の北京訪問の目的とは「あと50億ドル融資して呉れ、これまでの返済は半年待って」という緊急の要請だった(『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』、9月15日)。

 IMFは、ベネズエラのハイパー・インフレーションが年内にも100万パーセントに達すると警告している。すでにベネズエラ国民は、およそ150万人がコロンビアやブラジルに避難し、これは欧州におけるシリア難民の数に匹敵する。

 中国のカネに依存してシルクロード構想に飛びつき、原油代金が1バーレル=100ドル時代に、有り余る外貨を、医療無料、大学無料などバラマキをやって大衆迎合政策をとった結果、原油代金の激減と同時に経済は失速した。ベネズエラもまた中国の「一帯一路」プロジェクトの大きな荷物に化けたのだった。
    ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1789回】                  
――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(14)
  徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

      △
 「ブルス氏は、英國倫敦大學の出身にして、支那山東省にある約三十年、自由に支那語を操り、頗る事務に練達したるものに似たり。而して該校の諸?授、外人と支那人とを問はず、何れも支那語にて?授しつゝあり」。

  斉魯大学に付設された「廣智院を見たり。院は一種の博物館にして、實物標本によりて支那人を?育す可く、特設せられたるもの」である。ここは1887(明治10)年に英人のリチャードによって青州に創立され、その後、済南に移された。現在の院主であるホワイトライトは「青州にある二十年、濟南にある十六年、通計三十六年を、山東に送」る。「氏も亦英人にして、如何にも篤厚、温雅の君子の風采あり」。

  廣智院が民生教育に果たしている役割に注目した徳富は、翻って「惟ふに我邦の各宗?家にして、果して一生の歳月を、支那傳道の爲めに投没する決心ある者ある乎」と問い返す。「予は英米其他の宣?師の隨喜者にあらざるも、彼等の中に、此の如き献身的努力者あるの事實は、縱令暁天の星の如く少きも、猶ほ暁天の星として認めざるを得ざる也」。

  どうやら徳富は「英米其他の宣?師」の献身的姿勢に甚く感心するあまり、彼らが何十年にも亘って現地生活を送る目的については関心がない。それとも思い到らなかったのか。
 たしかに「我邦の各宗?家」であれ「英米其他の宣?師」であれ、「支那傳道の爲めに投没する」点は同じだろう。だが、「支那傳道」の先に何を見据えていたのか。
 
 明治初年、兵要地誌作りの目的で天津から満洲を旅行したと思われる曾根俊虎は『北支那紀行』(出版所不詳 明治八・九年)で、旅先で目にした西欧勢力の進出ぶりと亡国への道をひた走る清国の惨状を前に、「東洲を振はし西洲を壓する」ための日中双方による「合心合力」のが急務だと語っていたが、「我邦の各宗?家」による「支那傳道」の目的は、精々が「東洲を振はし西洲を壓する」ために「合心合力」を訴えることではなかったか。これに対し「英米其他の宣?師」は大陸を舞台にして列強間で展開されていた利権争奪戦の先兵役を担っていたと考えるべきだろう。

 青島の手前の坊子の停車場で徳富が目にした光景は、あるいはそのことを物語っていたのではあるまいか。

 停車場で徳富は「一團の支那人、胸に赤紐を著け、整列したるを見たり」。さては観光団かと尋ねると、駅員が「西歐戰地行きの苦力」と応える。つまり「英佛人が、山東苦力を後方勤務に使用する」ための動員である。かりに欧州での戦争が長引けば、「恐らくは軍隊として、之を使用するの日あらむ」。

  英米両国は民衆教化のために高等教育施設やら博物館を設けるばかりか、何十年も現地に居ついている人々を擁す。加えて民衆教化のための先兵として宣教師を位置づける。なら洗脳戦の『絨毯爆撃』といったとこだろう。片や「東洲を振はし西洲を壓する」ために「合心合力」を目指し、片や山東苦力を「恐らくは軍隊として、之を使用するの日あらむ」のであろう。

 やがて到着した青島を一瞥して、徳富は「如何に獨逸人が、天然を征服し得たかを知」り、「蓋し青島は、獨逸人がが日本人に與へたる、寶物?育也。吾人は此の標本に就て、深く窮め、切に學ぶ」べきだと考える。「獨逸人は、其の巖石に穴を穿ち、土を生めて、樹を栽ゑ、今は立派なる翠松の茂れるあり、兎群も棲息すと云ふ。一事が萬事也。吾人は獨逸人の堅忍不抜なる精神と、其の綿密周匝にして、初心を貫徹せずんば止まざる努力とに對しては、眞に多大の敬意を拂はざるを得ず」とする一方で、「徒に眼前の小利を貪り、遠大の長計を閑却する」ような在青島日本人の振る舞いを「深く戒め」るのであった。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 「アジアの民主化を促進する東京集会」のお知らせです。
 テーマは「中国の覇権主義とアジアのゆくえ」。中国の露骨な覇権に抗議するとともに、自由、民主という普遍的な価値観を重視して、民族自決を確立してきたアジア諸国におけるさらなる自由化を目指し、促進する大会です。

とき   10月13日(土曜日)午後二時
ところ  拓殖大学文京キャンパス C館304教室
登壇   石平 イリハム・マハムディ(ウィグル代表)
オルボルト・ダイチン(南モンゴル)ほか。
参加費  千円
主催   アジア自由民主連帯協議会(会長ペマ・ギャルポ)
連絡先  (080)3485−7189(三浦)
           △◇△ △◇◇ △△◎ △◇△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/15

    ・水面下ではなく表で首脳会談を続けている。

    ・シリアの最後の反政府勢力に対してどうするかという議論になっている。

    ・ロシアが最後はやるぞと脅している。



    ・トルコはロシア・イラン側に移っている。ドイツとも連携し始めた。



    □トランプはどうしようとしているか?

    ・軍は戦争をする気はない。



    ・タス通信「ロシア軍がシリアとイスラエルの地雷撤去を始めた」

    ・イスラエルも生き残りのためにロシアと話さなければならない。

    ・イスラエルは1/3がロシア系。

    ・イスラエルは地域と強調するしかないところに追い込まれている。

    ・ユダヤ人世界も分裂が起こっている。



    ・西欧はロシアと連携してゆくことになる。



    □ロシアはどうでるか?

    ・イスラエルのスポンサーはカタールであり、カタールは金を出さないと言っている。

    ・ロシアのガスはシリアがいなくても欧州へ流れている。

    ・シリアで戦う必要はない。



    ・ウクライナはロシアに編入される。

    ・ロシア軍が必ず入る。



    □米国は

    ・国際社会に今はルールがない。

    ・米国経済大崩壊時には世界政府の可能性がある。

    ・トランプ外交は金頂戴しかない。



    □NWOはしつこい

    ・もう終わりだ。



  • 名無しさん2018/09/15

    マドゥロ(ベネズエラ大統領)が北京訪問

      「あと50億ドル融資して呉れ、これまでの返済は半年待って」

    ****************************************



     8月4日、マドゥロ大統領の再任式典。ドローンが爆薬を積み込んで会場に飛来した。

    会場となったテント近くで爆発し、十数名が怪我をしたというが、ジョン・ボルトン補佐官は「自作自演ではないか」と言った。

  • 名無しさん2018/09/15

    外国人(支那人 韓国人)が日本の土地を購入出来ないように日本政府は規制しろ! 

    http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2122571.html

    9/11の犠牲は増え続けている

    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/911-e402.html

    私は(防衛庁)長官のときに、人民解放軍の陸海空の青年将校が参りました。私は自衛隊に対し、機密以外はすべてみてもらうように命を下しました。

    https://www.sankei.com/politics/news/180810/plt1808100037-n3.html

    売国石破

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A3%B2%E5%9B%BD%E7%9F%B3%E7%A0%B4&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwie48j1g7ndAhUMUrwKHbmzDx4Q_AUICygC&biw=1011&bih=489

    超売国奴の石破茂、北朝鮮で女をねだって、制裁に反対!外国人から献金。

    https://ameblo.jp/neko-10-inu/entry-12078684869.html

    決戦!沖縄県知事選! #さきま淳 を応援しよう!自民より、ネットに正式に支援要請

    https://samurai20.jp/2018/09/okinawa-51/

    両班崩れの李承晩

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

    昔と変わらない朝鮮人気質

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68705268.html

    任那を教科書に載せるなと韓国国会は決議したが --- 八幡 和郎

    http://agora-web.jp/archives/1671797.html

    「スペイン風邪」の現場証言

    http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html