国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <米国はITバブル再燃の怖れ、中国は後退が確定。残る手段は何か?

2018/09/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月13日(木曜日)
        通巻第5827号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 敵失という好気をぼんやり眺めやるだけ、守りの日本経済界
  米国はITバブル再燃の怖れ、中国は後退が確定。残る手段は何か?
****************************************

 第二次安倍政権発足直後から日本株は8000円台から二万円台へ急回復を見せた。異次元の金融緩和、いわゆる「黒田バズーカ」が牽引役だった。しかし、その後、景気回復への決定打がない。基本的に日本全体から進取の精神が消え、経営が「守る姿勢」に後退してしまったことが大きい。
したがって日本株は泥沼の停滞を続ける。やっぱり「専守防衛」の国か。
 
 第一は企業の借金恐怖症と内部留保の拡大である。
底流にある意識はバブル再燃への恐怖心理が経営者に残っているからだ。他方、積極的な若者の起業は増えているが、ベンチャー・キャピタルが未熟である。中国と比べてもはるかに劣勢である。
ところが日本企業の内部留保は446兆円強もある。史上最高額。実質上「無借金経営」の企業が59%に達している。これでは銀行業は成り立たない。
本来なら企業利益は研究開発費と設備投資、人材への投資に回されるべきだが、そうしないため、賃上げに繋がらない。
 有利子負債を怖れないのはソフトバンク率いる孫正義と不動産開発企業くらいで、多くが過去のバブル崩壊に懲りて、ひたすら内部留保に努めた。企業業績は「優」。投資は「不可」というわけだ。

 第二にそれではと製造設備の増設ではなく、積極的M&Aに乗り出す企業が目立つが、シェア拡大目標が主目的であり、これは本当に正統な手法なのか、日本的経営から逸脱ではないかという疑問が湧く。
 M&Aは資本主義経済のシステムでは合法とはいえ、およそ日本の伝統や企業の体質からは遠い、欧米の「ビジネスモデル」ではないか。

 たとえばJT(日本たばこ産業)が外国企業買収にあれほど積極的なのは嫌煙権による売り上げの減少と広告の制限から新興国への輸出をのばすほかに生き残る道がないとするからだろう。JTは、アメリカンスピリットからインドネシアのグダンガラムまで買収している。日本電産はいきなりドイツの五社を、ルネサスは7700億円を投じて、アメリカのIT企業を買収する。

 第三はAI開発、次世代半導体開発に出遅れたのは、「二番では駄目なのですか」という前進阻止ムードの蔓延、つまり国民精神の停滞に求められる。
 冒険心は稀薄となり、ひたすら守りの姿勢をつらぬいて当座を乗り切れば良いと考えている裡に新興国からも置いてきぼりを食らう形成となった。
 例外的に健闘しているのは電気機器、情報・通信。化学、輸送用機器、ならびに機械だが、内需ではなく外需によるものであり、企業名でいえば、ファナック、日本電産、村田製作所などである。

 僅かに内需でも設備投資拡大の動機となっているのは人手不足解消のための自動化、ロボットの導入と、ファストフードチェーンなどの伝票、注文の電子化などにともなう設備更新、ソフト開発でしかない。
 浮かれているのはインバウンドが好調な旅行代理店、輸送関連、ホテルなどのサービス産業だったが、関空水没、製造業の物流アクセス頓挫、北海道大地震による停電などで、急に近未来の市場が暗転した。


 ▲国内の産業空洞化は放置されたままだ

 第四は円高と人手不足が原因となって海外進出にブレーキがかからず、国内の空洞化を誰も問題視しなくなった。
スズキは中国から撤退するが、代替マーケットをインドとアフリカ諸国に求める。トヨタも日産も中国での設備投資をさらに前向きに強行する。いずれも日本国内市場より、海外に眼が向いている。

 第五は前項に関連して国家安全保障を無視したハイテクの海外への技術移転である。
これが将来何をもたらすかといえば、日本の競争力を自ら減殺し、いずれ中国に主導権を奪われることになるが、それでもやむなしという諦念が支配しているのだろうか。
民間企業ばかりではなく、政府は「もんじゅ」を御破産にした。宇宙航空開発を見ても、アメリカの顔色をみたまま自主開発のジェット機はまだ軌道に乗らない。
トヨタはHV技術という虎の子を中国に供与するし、パナソニックなどはEV電池規格を中国と協同で遂行する姿勢である。
 米国が中国を敵視しているときに、日本は日中友好をすすめ、安部首相は10月23日に訪中を予定している。


 ▲ならばアメリカ経済は順風満帆なのか

 トランプが大統領就任以後、ウォール街の株価は40%以上の上昇をつづけ、失業率は史上最低である。米国は景気が良い。

 こうなると左翼メディアがいかにトランプの揚げ足をとって執拗な攻撃を続行しようとも、選挙は現職が有利である。好景気なので、米中貿易戦争の悪影響はほとんど出ていない。

しかしウォール街の株高を牽引しているのはハイテクだけである。
 アマゾンの時価総額は1兆ドルと突破している。ことし上半期の株式上昇分の過半が、じつは僅か六社のハイテク企業によるもので、アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、ネットフリックスなどだ。

しかも、これらは中国への進出に次の勝負をかける大市場と見ているため、トランプの中国政策とは正面から対峙する。
ハイテクばかりかエネルギー産業でも、たとえばエクソンは中国に大規模な石化設備を建設し、数千億円の投資を決めている。シェールガス輸出の後押しが主目的である。もともとエクソンの親中路線をすすめてきたのは前国務長官のレックス・ティラーソンだった。かれはキッシンジャーの推挽でトランプ一期目の米国外交をなんとか担ったが、トランプの中国敵視政策と対立し、解任された。

 だが、米国の好況状態はいつまでも続かないだろう。
 ネックは高金利とドル高である。金利上昇によって、米国の消費をつよく支える住宅、それも中古住宅の売れ行き(全体の80%)が連続的な減少をしめし始め、専門家が失速懸念を表明している。
 第二四半期から減少傾向が顕著となったのは、高金利による価格高騰と、米中貿易戦争に絡んで、中国人の爆買いが、高波が引くように消滅しつつあることだ。ましてや中国人がこれまでに購入した不動産の売却をはじめているため、中古住宅価格は、下落しても上昇は望めないだろう。

 米国の経済指標の目安となる新規住宅着工件数は、前年比12・6%の減少〈2018年6月〉。ローンの破産はまだ目立つほどでもないが、失業が増えてローン返済の停滞が始まると、銀行を直撃するため、一部にはリーマンショックの再来を怖れる声もあがりだした。

      ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 信長暗殺の背後にキリスト教団がいたという陰謀説は潰える
  イエズス会は軍事組織であり、マルクス主義前衛党に、いやISに似ている

渡辺京二『バテレンンの世紀』(新潮社) 
@@@@@@@@@@@@@@@@

 なにしろ分厚い。読むのに四日を費やしたが、渡辺京二は、これを書くに十年の歳月をかけた(『選択』に十年余連載)。だから四日で読了しては申し訳ない気にもなる。
 もやもやと濃霧の状況だったが、展望台にたつと雲海が晴れて、全体の景色がながめられるダイナミックな伴天連時代の通史である。
これまで切支丹伴天連の研究は幾十、いや幾百もの書物が出たが、戦後の論壇の研究成果が大きく進展したのは、ポルトガル、スペイン、そして英国で貴重な文献が見つかり、これら第一級の新資料から、総合的な展望をもとに、あの切支丹伴天連の活躍した全貌がはっきりと見通せるようになったことだ。

ポルトガルとスペインは世界を二分化し、世界の未開拓な国々を植民地として、土地の人々は奴隷として酷使することが神の命じた使命でもあるという狂信的ドグマに染まっていた。
イエズス会はスペインのバスク地方からおこった。ザビエルは創始者の一人だった。
渡辺は大航海時代から世界を眺めやる文脈のなかで日本における伴天連の活躍をザビエルの訪日前後から克明に活写する。
ザビエルの布教に最初に洗礼をうけたのは北九州の覇者、大友宗麟だった。彼は島津との死闘を繰り広げながらも、日向にあっては神社仏閣を徹底的に破壊し、仏像、教典も焼却した。このため家臣団からの信頼を失い、やがて没落してゆく。
 信長前史、はやくも宣教師は日本に入り、薩摩、日向、臼杵、山口での布教が拡大したが、最終的に伴天連教団は京を狙っていた。
 京を制圧しつつあった信長が布教を許し、秀吉も切支丹伴天連の活動を奨励した時期がある。
といっても、信長は火薬と鉄砲、そして既存の宗教勢力へのバランスを計測し、伴天連を利用した。
秀吉は、伴天連がもたらす物資、交易の魅力が主で、次第にかれらの侵略意図が明確になると禁教、伴天連追放に踏み切る。
のちに天下人となる家康は新興勢力として台頭してきたオランダと英国に注目して、むしろ活用した。家康は交易を許したが、布教は禁止した。家光の代ではオランダを除いて、完全に彼らを駆逐した(筈だった)。
 ところが、禁教後も宣教師の日本潜入は絶えず、とくに長崎から天草にかけて潜伏し、伝染病が蔓延したように信者が増えたのである。一時は37万人の信者を誇ったという。


 ▲信徒拡大の鍵は大名にあり、同宿を駆使した

なぜ日本の国柄に適合しないキリスト教が増えたか。
 応仁の乱からアナーキーな状態に陥っていた日本では神にすがろうとする末期的な社会現象が重なり、新興宗教に名状しがたい魅力があったからである。ひとびとは切支丹を仏教のあたらしい宗派の誕生としてしか認識しておらず、その教義の一神教の絶対性についての理解に欠けた。
 天草四郎は、小西残党の武士らが担ぎ出してカリスマとしたほどに、霊力をもつ少年だった。地方の一揆程度とみた幕府は、ささやかな部隊を鎮圧に宛てたが、どっこい反乱軍は強かった。

 ISの戦術をご記憶だろう。
 住民を巻き込み、楯とする。仏教徒の住民が、キリスト教にならなければ殺すと脅され、原城の籠城戦において城内に閉じこめられた。その数およそ18000名となる。
 本書はともかく通史、物語の語り部として成功しているが、天皇、朝廷の動きが皆無であり、総合性にややかけるのが難である。
 切支丹伴天連が掲げたのは「天地創造の絶対神」だ。合理的解釈から逸脱した独善的ドグマで、日本の神仏は「その被造物にすぎない」と宣教師が主張し、また「日本の神仏が真の神の資格を持たず、悪魔のまどわし」(441p)と総括した。
このため、最初は現世的な御利益から入信した信者等も、急速に離れていった。

殉教のために密入国した宣教師がいたが、当時の厳密な監視態勢の下ではすぐに発見された。

 本書を通じてハタと膝を打った箇所が幾つかある。
 第一にイエズス会は布教の対象を藩主、武士という上層部におき、また日本語のハンディを乗り越えるために聡明で語学が達者な日本人信者を多用した。実際の布教は、この日本人信者(同宿という)だった。KGBが当該国において『影響力のある代理人』を重宝したように。
 最初の信者は、貧困な人々が目立ち、高層へ行くほどに日本では知識階級が怪しいドグマをはねつける知見があったのだ。

 第二にキリシタン大名が輩出したが、それぞれの武将には信仰への温度差があり、棄教に応じたのは黒田官兵衛、小西行長ら。棄教を首肯しなかったのは高山右近ら少数がいた。また宗教論争を通じて、キリスト教の説く教理が、日本の国柄には適合しないことをほとんどの日本人指導者は認識できていた。

 第三に同様にしてイエズス会宣教師のなかでも、GHQに「ウィークジャパン派」と「ストロングジャパン派」が対立したように、布教の遣り方や交易手段を巡って鋭角的な内部対立があった。
日本侵略を強硬に主張したのはコエリョであり、この時点で反対したのはオルガンディーノだった。フロイスはどちらかと言えば中立的だったが、のちに侵略論に傾いた。
 コエリョは「当時マカオにいたヴァリニャーノのもとに使者を派遣して、彼が来日する際二百名の軍隊を伴うべく要請すること、さらに彼からスペイン国王、インド副王、フィリピン総督に軍事援助を要請してもらう」と協議した。
 事実、「コエリョはバテレンン追放令がでるや、有馬晴信ら切支丹領主に、結束して秀吉に敵対するように働きかけ、資金と武器の供与を約束し、実際に銃器、弾薬を買い入れた」(225p)。


 ▲家康が怖れたのは伴天連の軍事力ではなく文化的侵略だった
 
 信者からも告発がでた。破天荒な日本人信者(トマス荒木)が単身ローマまで行って多くを学んだが、帰国途次のマカオで、イエズス会宣教師等が「日本征服を企てるような托鉢修道士たちが国王に働きかけた」事実を掴んだ。
まさに「植民列強と結びついてその国家事業の一環として布教をすすめてきた修道会に対する疑問」が拡がった(321p)
 
ヴァリニャーノとて、天正少年使節を欧州へおくる段取りを組んだが、『天正遣欧使節記』はヴァリニャーノの作文であり、フェイク文書だった。
 伴天連の機密任務である侵略の意図を、はやくから秀吉も掴んでいた。ただ秀吉の老衰、耄碌がはげしく禁教と布教の狭間を揺れ動き、朝令暮改の特質があった。
「家康はポルトガル、スペインの侵略性も、宣教師達の役割もよく承知していたが、現実の武力侵略はまったく恐れていなかった。彼が怖れたのはいわば文化的侵略であって、キリスト教が日本を乗っ取るのではないかと懸念した」(315p)

 第四に禁教後も、宣教師の潜入が続いたことは述べたが、、とくに天草にもたらされた印刷機によってキリスト啓蒙書が印刷され、おびただしく出回っていたことである。
所謂「天草四郎の反乱」と呼ばれる切支丹の一揆とて、直線的に?川政権の転覆を狙った国家への叛逆ではなく、百姓と小西残党の武士団と、反乱の題目に必要なキリスト教の信者とが徒党を組んだ、農民一揆に近いものだった。
武士は戦争になれて、武装しており大砲や鉄砲をそなえていたため、背後にポルトガルがいるという印象を与えた。だから幕府はオランダが火力攻撃の支援を求めたときに応諾した。
 
 本書で渡辺京二が言いたいのは次の言葉だろう。
 「イエズス会が二十世紀の共産主義政党と性格、手法において一致していることはおどろくほどである。実現すべき目的の超越的絶対性、組織の大目的への献身、そのための自己改造、目的のためには強弁も嘘も辞さぬ点において、イエズス会は共産主義前衛党のまぎれもない先蹤(せんしょう)といわねばならぬ」(189p)。

 これは日本が欧洲の異教との初めての接触=「ファーストコンタクト」だった。『セコンドコンタクト』が幕末の異国船だった。
        ○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 10月6日、浅野和生氏講師、梅原克彦氏特別ゲストに「第40回台湾セミナー」
 11月24日に投開票が行われる台湾の統一地方選挙は、今回も前回(2014年)と同様、直轄市市長から郷(鎮・市)の下部に位置する里長に至る9つの選挙が同時に行われることから「九合一選挙」と呼ばれています。2019年が明けると、2020年の総統選挙と立法委員選挙が実質的に始まるため、統一地方選挙はその前哨戦といわれる重要な選挙です。
 そこで、台湾問題では日本屈指の研究者で、日本選挙学会理事として選挙分析にも深い造詣を有する浅野和生・平成国際大学教授を招き、注目される選挙区や選挙結果がどのような事態を台湾にもたらすのかなどについてお話しいただきます。
 なお特別ゲストに、仙台市長や国際教養大学教授をつとめ、現在、台南の中信金融管理学院で教鞭を執る梅原克彦氏をお招きし、蔡英文政権の現状などについてお話しいただく予定です。
 セミナー終了後は、講師や特別ゲストを囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。
                 記
◆日 時:平成30年(2018年)10月6日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)
◆会 場:文京シビックセンター 5階 会議室A
正面玄関右奥の「低層階用エレベーター」に乗り、5階「区民会議室」で降りてください。
      東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100
      【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分 
              都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
          JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分
     http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
◆演 題:台湾統一地方選挙の現状と展望
◆講 師:浅野和生先生(平成国際大学教授)
◆ゲスト:梅原克彦先生(台湾・中信金融管理学院客員教授)
◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生) 
◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *10月5日(金) 締切
     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp
  FAX:03-3868-2101
◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて [参加費=3,000円 学生:2,000円]
◆主 催:日本李登輝友の会
 


  ♪
(読者の声2)この度、日本兵法研究会顧問・佐藤守氏の新著『ある樺太廳電信官の回想』出版を記念いたしまして、下記のとおり講演会を催すことといたしました。
北方四島に比べて忘れられがちな南樺太の歴史や日本人・ロシア人・アイヌ人が雑居していた社会の様子、ソ連による軍事侵攻や冷戦終結後の南樺太の状態など、我が国の固有領土・南樺太につきまして皆様のご認識を深めていただく貴重な機会になろうかと思います。奮ってご参加ください。
           記 
【出版記念講演会】
日 時:平成30年10月6日(土)14:00〜17:00 
場 所:偕行社 (九段南4−3−7 翠ビル4階) 
https://www.facebook.com/pg/kaikoshajp/about/?ref=page_internal
講 師:佐藤 守(日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)
演 題:「日本固有の領土『南樺太』の歴史と生活」
参加費:2500円(会員は2000円)
   『ある樺太廳電信官の回想』サイン入りを一冊贈呈いたします。なお、すでに『ある樺太廳電信官の回想』を持っておられる方には、それ以外の佐藤守氏著書(サイン入り)を贈呈します。

【出版記念祝賀会】
日 時:平成30年10月6日(土)17:00〜19:00 
場 所:偕行社談話室
参加費:2500円
【お申込】MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「出版記念会」にて、「講演会のみ参加」か「講演会・祝賀会とも参加」を明記の上、ご連絡ください。必ずメール又はFAXでの事前申し込みをお願いいたします)。
    (日本兵法研究会会長 家村和幸)



  ♪
(読者の声3) 〔普遍性と個別性(多様性)との統一の重要性〕
 現在の人類は、多様性が大事と云うと、多様性しか見なくなるという硬直したアタマになっています。
その原因は、人類が人類としてあるための最も貴重な文化遺産である哲学が、マルクスによって「哲学はヘーゲルをもって終焉する」という宣告されたために、哲学はもはや過去のもののように扱われ、哲学を真面目に勉強するものが激減し、結果として、人類全体が弁証法的思惟を研鑽しなくなってしまったからです。
たとえば保守論壇の頭脳明晰の中でさえ、杉田議員のLGBT発言の本質的な意義が分からずに批判する者が出ていたのも、普遍性と多様性との統一という弁証法的思惟ができないためなのです。
 昨今の日本では、マルクス・ガブリエルとかいうドイツの自称哲学者が、もてはやされているようですが、全体(普遍性)を否定して多様性ばかりを説く者に、哲学を名乗る資格はないと思います。
ドイツではヘーゲルが見直されているそうですが、こんな似非哲学者をもてはやす日本はどうかしていると思います。
 さてそのヘーゲルが説いた<精神の王国>ですが、国家論学者の滝村隆一も、そのヘーゲルの<精神の王国>の原型を、キリスト教の「三位一体」に求めています。
たしか学問と宗教との歴史的発展過程からいって、そういう面はありますが、しかし、全く次元の異なるものに進化していて、中身がまるで違っていることに注意する必要があると思います。

 ヘーゲルの宗教と学問の関係についての論述を見てみると、同じ絶対性を追究するものとして、初めは相互規定的・一体的に発展していきますが、宗教はその絶対性を外部に求め、学問は、宗教の神に触発されながらその絶対性を内部に求めて絶対的真理を追究していくことになります。
そしてその学問の成果である形而上学を、今度は宗教の方が取り入れて、神学的形而上学を作り上げます。
 これが「神学大全」です。
これは、この世界の外部にある絶対者たる神が、この世界を造ったとして、その外部にある神の絶対性そのものは、深く追究されることはなく、したがって、絶対性の認識の深化がなされないままに、その絶対性が現象させられることになった結果として、通常の相対的真理レベルの認識が、絶対的な神の表現として扱われることになって、相対的真理の絶対化が進行して、神学的形而上学は、専制的・独断的形而上学となって、信仰する者を規定し、それが救いとなる一方で、理不尽に苦しめることにもなっていきます。
 その宗教の専制的・独断的形而上学は、科学的な認識の発展によって、その絶対的な誤りのないはずの神学的な規定・教条の、事実的な誤りが暴かれていって、宗教と科学との対立・闘争が、勃発することになります。
そして、この戦いは、初めはヨーロッパ世界を精神的に支配していた宗教の側が優位でしたが、科学がもたらす物質的生活の発展が顕著になるにつれて、次第に科学の側の攻勢が強くなっていくことになります。

 そんな中、目立たないところで、もう一つの宗教と学問との闘いが繰り広げられておりました。
じつはカントも、その宗教的な専制的・独断的形而上学にたいして、本物の学問的な形而上学を、自分が創り上げると宣言していたのです。カントはその宣言通り、二律背反論を作り上げて、ギリシャ哲学の復権、とりわけゼノンの詭弁とされた論理を復活させて、学問のさらなる発展の土台を築いていたのです。
つまりカントは、神学的に歪められてしまった形而上学を、ゼノンの時間・空間の無限性の論理を、より学的形式化した「二律背反」という形で、復活させて、一旦ギリシャ哲学時代の形而上学に戻して、静止体の弁証法から運動体の弁証法への飛躍の足掛かりをつくったのです。
 そしてヘーゲルは、カントが創ったこの足掛かりを基に、かつまた、ギリシャ哲学のヘラクレイトスの矛盾論を直接的なヒントとして、ダイナミンクな運動体の弁証法を創り上げたのです。
かくして宗教は、学問の発展過程の一つの構造として、その中に組み込まれたのです。そのことを、より具体的に云いますと、形而上学的な三段論法のキリスト教的な三位一体論を、全く異次元の、絶対精神(父神)→物理的・化学的・認識的現象過程(子神)→絶対理念(聖霊)という、ダイナミックな否定の否定的な弁証法の過程として、<精神の王国>の基本構造として創り上げたということです。
 この歴史的発展過程の最先端部分を捉えて、ヘーゲルは、<生命ー認識ー学問>と規定しました。
これは、どういうことかと云いますと、生命すなわち動物を動かしているものは、本能です。そして次に、その生命・動物から発展した人間を動かすものは、認識となります。
そしてさらに、その認識が、世界全体を、丸ごと論理体系化することに成功したものが、学問です。
その学問が人間を動かす新たな人間の本能となった時、絶対的本質である、絶対精神は、本当の意味で自分自身に回帰したということが云える、とヘーゲルは主張したのです。
 これがヘーゲルの云う<精神の王国>の本当の意味なのです。
      (稲村生)
           △◇△ △◇◇ △△◎ △◇△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。