国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<崇山少林寺(禅宗)は五星紅旗を高く掲げた政治宗教集団化

2018/09/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月11日(火曜日)弐
        通巻第5824号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 モスクやキリスト地下教会が弾圧される傍らで
  崇山少林寺(禅宗)は五星紅旗を高く掲げた政治宗教集団化
****************************************

 河南省開封から南へバスで二時間強。宏大な山のなかに出現するのは霊験あらたかなる霊山。崇山少林寺の本山は世界遺産でもある。

 いまでは観光客がうじゃうじゃと雲海をバックに写真を撮る景勝地でもあるが、禅宗の本山でもあり、この少林寺のボス=釈永信は中国共産党公認の仏教界の副代表を務める。
だから釈は「少林寺CEO」という渾名もあるが、「政治和尚」とも言われる。

 正式に崇山少林寺は朝夕の儀式で五星紅旗を掲げた。
千五百年の同寺の歴史始まった以来である。宗教弾圧を強める習近平政権の顔色を読んでのことだろう。しかし、これは「宗教の自由」が建前上保証されている憲法に抵触し、多くの中国人からみれば、失望であろう。
ネットには「釈迦とマルクスが握手? まさか」という意見が見られる。

 他方で、新彊ウィグル自治区のムスリム弾圧は、世界からいかに非難を浴びようと、「あれ(強制収容所)は職業訓練所だ」と詭弁を弄し、その弾圧は青海省から陝西省、寧夏回族自治区のモスクにも及んでいる。

 弾圧は都市部のキリスト教の教会にも及んできた。
 北京の朝暘区にある巨大なキリスト教地下教会が閉鎖される危機に直面している。「不法な印刷物が配布されている。活動は非合法だ」と当局は監視を強化してきた。
 許可のない集会は禁止されている(ミサに多数が集まるのも禁止)、「新教の自由はどこへいった?」と信者が騒ぎ出した。

 地下教会などと言っても、おおっぴらにミサは行われてきたが、六年前の週近平政権発足と同時に規制が強まり、多くの信者はいまでは地下教会にも通わず「家庭教会」で祈りを捧げているという(南華早報、9月10日)。

      ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1787回】                
――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(12)
徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

   △
 上海から鉄路で向った蘇州では「俗惡」としかいいようのない寒山寺を見物した後、留園に向う。
園主の盛宜懷は「李鴻章の門下の一人にして、夙に經濟事業に着眼し、招商局の如き、漢冶萍の如き、船舶に礦山に、若しくは製鐵、紡績の類、一として手を出さゞるなし。其の富を致したる一因は、蓋し日本人との、妥協の結果とも云ふを得可し」。

「盛宜懷氏逝きて、上海に殯する一年」の後、その「柩は、上海より著し、方さに明日を以て、本葬式を行はんとする」。そこで徳富は、盛宜懷が贅を尽くして造りあげた留園散策がてら葬式見物に出かけた。先ずは「名刺を出して、案内を請」いて会場へ。

「群衆雜踏、一大祭日の如く、飲食物の屋臺店さへ設けられ、老幼男女、貴賤貧富の往來織るが如し。予等は新設せられたる大牌門を過ぎ、幄舎の中を奏樂にて練り行き。賓席にて喫茶し。更らに僧侶團を貫きて、靈位の前に香を奠せり」。その瞬間、徳富の背後から楽の音に合わせて「號泣の掛聲をなす者ありて、予等の哀情を、挑發せんとする」ようだ。「所謂泣男泣女の類なる可し」。

 蘇州から浦口へ。浦口を発ち江蘇省と山東省とを貫き天津に至る津浦鉄道で鳳陽、宿、徐州と北上し曲阜、泰山へ。

 「支那旅行中、最も不愉快なる一は、汽車、汽船の昇降の場合也」。それというのも苦力は五月蠅く係員は不親切で、「癪に障らぬものはなし」だからだ。
たとえば船に乗った場合、「船の周圍には、乞食船群がり、予等の鼻先に棒を突き出し、其端に袋をぶら下げ、頻りに金錢を投ず可く、強請しつゝあり」。「一船去れば、一船來る。小供あり、老嫗あり、或は若者あり、壮婦あり」。だが「乞食商賈も、一種の營業と見れば、致方なし」というものだ。
 「支那旅行に當惑は、南京蟲と乞食」だが、「予は寧ろ南京蟲を以て、忍び得可しとなす也」。いいかえるならば、乞食は南京蟲以下ということだ。

  津浦鉄道の一等車での出来事である。「支那乘客の一人、車中の喫烟室にて、硝子窓を明窓と誤り認め、無遠慮に頭を突き出し、落花微塵に硝子を破り、併せて其の面を破りたる抔。彼是笑止の事件」に遭遇した。
「支那乘客の一人」はガラスを知らなかったのか。

  曲阜では孔子廟へ。
 「秋艸枯れは果てゝ、滿目凄凉、唯空しく『大成至聖文宜王墓』の墓碑の立つを見るのみ」だった。「孔子を以て國?の主となしつゝある支那人が、孔子に對して、何等の神明的敬虔なく、英雄崇拝の熱情なきは、意外と云はん乎、意中と云はん乎」。

  ここでも「何れの靈地、名所」と同じく番人が「参詣者に五月蠅く案内料を要求し、貪りて饜くを知ら」ず。こういったことは「頗る孔子に對して、赤面の至り」だろうが、そんなことは平気の平左の日常茶飯事だ。

 「孔子の墳墓や、其の子孫の墳墓や、其の宏大巍々たる亨殿や?代の石碑や、毫も吾人の心を動かすに足らず」。ただ不思議なのは、「革命毎に一切を破壞する支那に、此の如き遺物あるは、是亦た孔子の恩惠たらずんばあらざる也」。

 次いで泰山に登った。「泰山には名物多し」。「第一は石也、全山皆石なれば也」。「第二は牛糞」で、「第三は乞食也。然も乞食は、泰山の身の專有ならざれば、或は廣く支那の名物と稱するも可ならむ」。

  泰山を離れ済南へ。同地は「山東省の首都にして、人口二十萬と稱す。獨逸山東經營に就いては、其の要衝たりしや論なし」。日本が青島占領後、済南と鉄道沿線に5千人ほどの日本人が入った模様だが、その過半は「支那人に受けの惡しきこと勿論」とか。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 大坂の高槻で辻元某女のような國賊が未だに大手を振って選挙に当選できるのは、高山右近の祟りですかな?
それとも高山右近に売り飛ばされた女性の祟りですか? 何れにしても高槻にそのような因縁があったとは。因みに高槻のお隣(正確には大山崎町がありますが)には細川ガラシャの縁の勝竜寺城がありますね。
それから、この地域(昔の攝津の國の山奥)は隠れキリシタンが住んでいたと言う事で有名です。しかし明治維新になってそれが明るみに出た時、彼らが信仰していた教(話)はカトリックとは似ても似つかぬものになっていたとか。。。
 何れにしても、ユダヤ教といい、基督教といい、イスラム教といい、マニ教の流れをくむ宗教は恐ろしいものですね。自分が善と思うもの以外はすべて悪魔にするのですから。だから新教徒にとって旧教徒も悪魔でよかったのでしょう。
ああ恐ろしい。
 善悪の極端な判断のみならず、その裏でする事とのギャップがまた恐ろしい。その偽善が、その犯罪者性向が恐ろしい。そして、その一次元的な歴史観がまた恐ろしい。
  (CY生)



(宮崎正弘のコメント)そういえば高槻市内で彼女のポスターをよく見ました。そのうえ、後援会事務所も町中にありましたね。 
 高槻から二つ目が「ガラシア通り」のある勝竜寺城跡地。JRの駅は「長岡京」です。東口には村田製作所本社の高層ビルが聳えています。



  ♪
(読者の声2) 貴誌前号の書評にあった高山正之氏の切支丹伴天連どもの闇のビジネス=「火薬一樽を女五十人と引き換えにした。日本の女は高く売れた」という話、ネットの世界ではかなり有名になりました。
家康が全国を平定し駿府城に隠居していた1614年当時の様子が「江戸の英吉利熱」(タイモン・スクリーチ著)に出てきます。
1613年に商館を開いたイギリス、主力と期待した毛織物は全く売れない。売れたのは銃・鉛・火薬だった。
 『1614年4月20日、大坂のイートンは江戸のウィッカムに手紙を送る。
「エンペラー(家康)が1ピクールあたり6タエルの値段ですべての鉛を買い取った」という報告を駿府に赴いたアダムスから受けたと興奮気味に報告している。買い取ったのは将軍秀忠ではなく、引退していた家康である。目前に計画している戦を嗅ぎつけられないようにという計算のうえでのことだろう」
 豊臣側は戦の準備を進めていない時期、関東では関西よりも30%も高く銃弾が売れた。
それから6週間後、イートンは関西での火薬類販売を諦めて大坂に在庫していた火薬類を平戸へ送り返す。しかし平戸では「ここでは売れないから」と断られ今度は江戸へ向けてたらい回し。家康はこの、もともと大坂にあった鉛のすべてを買い取った上、オランダ側にも持ち合わせのすべてを買い取ると伝えていた。豊臣側がこの状況に気づいたのは10月になってから、時すでに遅し、でした。
家康の用心深さと知謀には感心させられます。
 大坂の陣で一時的に大儲けしたイギリス、1615年以降は商売が振るわず、1613年以来、わずか10年で撤退。その後1671年、再度日本へ来航するも、チャールズ二世の妻キャサリンがポルトガル人との理由でイギリスとの貿易再開は不可となる。日本人のキリスト教嫌いはここまで徹底していたのですね。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)スペインとポルトガルを追い出して、替わりに日本との貿易特権は、邪教布教の野心がまったくない英と蘭へ。
平戸を自由貿易港として英国とオランダに独占的に与えた上、ウィリアム・アダムズも、平戸に商館をかまえたほどでした。
しかし英国側は日本のマーケットの需要を知らず、売れない商品ばかりを交易に持ってきた。英国は去りますが、抜け目のないオランダガが平戸に残り、やがて鎖国時代には長崎の出島を独占し、英国は幕末まで日本に興味を失ったのですね。



   ♪
(読者の声3)「トランプ米大統領を批判する、あたかも(藤井厳喜氏が書いておられるような)『ディープ・ステイト』に属するかのような匿名の政府高官の寄稿がN/Y・タイムズ紙に掲載されたのを受け、ホワイトハウスは7日も『裏切り者』の特定に奔走した」と8日付け各紙が報じています。
この記事の本質は何か?
それは「選挙で決まった方向性をリードしなければならない内閣などの政権担当者と、その実務を担う官僚との対立の先鋭化をどうすべきか」という、新たに浮上した世界共通の問題だと認識する事です。
 米国の場合では、選挙で選ばれた大統領の意向にあからさまに反する行動をとる、選挙で選ばれてもいない官僚を放置することは、民主主義体制の堅持といった重大な問題、すなわちレジティマシーをどうすれば守れるだろうかという制度問題に直結するのです。
つまりスキャンダル扱いでは済まない事なのです。
これに対する効果的手段が定着しない限り、所謂反体制派は、選挙そのものを軽視または無視し、役所に対する「働きかけ」を強化したり、サボタージュなどにて自らの政治目標を達成することに注力するようになるでしょう。古い話を持ちだせば、(渡辺惣樹氏が言うように)フランクリン・ルーズベルト政権下のホワイトやヒスなどは米国民の戦争介入に反対する世論を「凌駕」するためにこの種の方法を採ったとも言えなくはありません。

  かような問題は、米国ばかりではなくヨーロッパでも顕著になりつつあるようで、選挙で選ばれてもいない所謂「EU官僚たち」が参加国の国情をふまえることなく、好き勝手な『規則』を増産し、それに嫌気を感じたことが英国のEU離脱の牽引力の一つになっているようです。
又(上記のヒスが創った)国連も同じであり、真の歴史も経緯も知らない、日本国民からすればレジティマシーのないどこの馬の骨かもわからない国連の官僚が仲間を集い、慰安婦問題や人権問題で勝手な振る舞いをして憚りません。
世界遺産やその他の国連の多くの取り組みも、その裏には国連官僚の私的利用目的が在ることは常識です。
 我が国も同様です。
日本でも官僚トップが「面従腹背」を正々堂々と書籍で表するくらいですから、彼からすれば、選挙で選ばれた内閣の指示に従わず。それに反する行動を官僚たちが実行することを白昼堂々と奨励していることになります。
しばしば国会で野党が行政機関の落ち度などを大声で総理や諸大臣を糾弾していますが、今の時代は内閣の下部組織であるべき官僚からなる行政機関が内閣とは一体ではなく、「デープ・ステイト」の如く反政府的な政治集団になりかけているところで、民主主義とは別物の集団になりつつあるという実態をまず国会は認識しなくてはならないはずです。
 以上の如く、レジティマシーのない官僚などの反政府的集団が、選挙で決められた方策を内閣などの政治的被付託者を妨害するという昨今の現状を、どう解消・排除すべきかをマスコミも真剣に取り上げ、紙上に提議すべきであるはずです。
(SSA生)



  ♪
(読者の声4) 蒋介石はなぜスターリンに隷従したのか
 先日Sさんから、蒋介石は何故スターリンに隷従したのか聞かれた。たしかにこれは重要な問題である。
1.転向
まず転向であるが、これは1936.12の西安事件である。蒋介石が部下の張学良の裏切りにより共産側に捕まった。それまでの蒋介石は、1927年から反共反ソで内戦を続け、事件直前には国共内戦の勝利5分前という絶好の位置に付けていた。
それが事件後、内戦を止めて、関係の無い日本攻撃の準備を行い、1937.8.13から支那事変を始めたのである。いうまでもなく近代戦は補給戦である。軍事衝突があったから即大戦争になるというものではない。ヤクザの出入りではないのだ。
 実際、蘭州にはソ連の巨大援蒋基地が作られ、外モンゴル経由、ウルムチ経由で大量のトラック輸送により厖大な兵器、弾薬などが集積された。
飛行機は戦闘機、爆撃機一千機に上り赤軍要員は四千名に達したという。まさに支那事変がソ連の代理戦争であった事が分かる。ソ連にとっての支那事変は独ソ戦に備えた東西挟撃を防ぐ避雷針だったという。日本は自国の防衛には関係の無い支那の内戦に引きずりこまれ、45万人の青年と厖大な富を失ったわけで、民族の歴史に残る大失敗だった。
2.助命条件
 蒋介石の西安事件の回想録には何も釈放条件が書いてない。しかし何もないはずはない。そこで推定であるが、欧米の研究者は蒋介石はピストルで自分の生命を脅されたとみている。さらにモスクワには12年も人質中の息子の?経国がいる。これで蒋介石は降参したのではないか。実際?経国は翌年の1937.4にソ連人妻を連れて帰国している。
3.蒋介石の弱み
次に蒋介石はなぜその後もスターリンに首根っこを押さえ続けられたのか、である。
本来南京に戻ったのだから、監禁中何を約束しようが反古に出来るはずだ。しかししていない。それどころか関係の無い日本攻撃に走って大切な虎の子の直轄軍を損耗してしまった。戦後内戦が再開すると、あの直轄軍があれば、と嘆いたという。
 そこで推測であるが、私は蒋介石が「恥ずかしい写真」を撮られたのでは無いかと思っている。というのはソ連秘密警察のNKVDはあらゆる残酷な拷問を行っているからだ。まさにサイコパス集団だった。蒋介石はスターリンを異常に恐れ、その後ルーズベルトがスターリンと会談をするように言っても、断ったという。
 4.その他
1937.12の独のトラウトマン工作:蒋介石はスターリンに講和受諾を相談して禁じられている。米国のソ連専門家D・Jダーリンは蒋介石が相談したのは、受諾したかったからであろうと述べている。断るつもりなら相談しないからだ。
 毛沢東が蒋介石を殺そうとしたがスターリンが止めたというエドガー・スノーの俗説が流布している。しかしスノーは宋慶齢からの伝聞でありよく知らないと記している。
宋慶齢は孫文未亡人でモスクワ寄りの共産主義者である。大体当時のスターリンは左翼の恐怖の神であり、支那の共産ゲリラの隊長に過ぎない毛沢東がスターリンに異論を唱える事など危険でやるわけがない。これはスターリンの関与を隠すためのデマであろう。
 なお蒋介石は台湾に逃亡後、張学良に対して「お前のために支那を失った」と終生許さなかったという。
参考、「黒幕はスターリンだった」落合道夫著ハート出版
   (落合道夫)



  ♪
(読者の声5)日本文化チャンネル桜からのおしらせです。今晩の「フロント・ジャパン」は、ホスト福島香織さん、ゲスト宮崎正弘さんでお送りします。
 テーマは「『トランプ・ドクトリン』は道半ば」と「ジャック・マー(馬雲=アリババのCEO)引退の真相」の2本です。番組は明日からユーチューブでも見られます。
          △◇△△◇◇△△ △◇△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊 ロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、定価1296円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。