国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<摩訶不思議、なぜ? ロシアが中国から800億ドルで金塊を購入

2018/09/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月11日(火曜日)
        通巻第5823号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 摩訶不思議、なぜ? ロシアが中国から800億ドルで金塊を購入
  外貨減少のロシアが米国債を売却した分に相当する巨額だが、この話は本当か?
****************************************

 ロシアが中国中央銀行から800億ドル相当の金塊を購入したという。この報道はプラウダ(英語版、9月6日)で、同紙はフェイクニュースも多いため、全幅の信頼は出来ないメディアだが、興味津々である。
 第一になぜ中国が虎の子の金塊を売るのか
 第二になぜロシアは虎の子のドルで支払ったのか?

 すでにドイツは数年前にアメリカに預託してきた金塊を引き揚げ、その金保有量は3000トンを超えている。
過去十年、世界一の金購入は中国であり、ついでインド、サウジ、UAEと続くが、日本は先進国中最低であるうえ、日本が保有するはずの金塊はニューヨーク連銀の倉庫に保管されたまま。日本政府は返還要求をしていない。

 最近、ロシアのモスクワ証券取引所と中国上海の金取引所は協定に署名しているが、これは通貨スワップとは無関係である。ロシアが2018年1月から5月までに保有してきた米国債を売却したことは、米国の財務省速報で明らかとなった。
 もし、ロシアが中国から金塊を購入していたとすれば、ロシアの外貨準備の五分の一が、金の保有となる。これはルーブルの価値を強めこそすれ、弱めることはない。

 となると最後の推量は以下のごとし。
 中国は表向き3兆1000億ドルあると豪語している外貨準備が、事実上底をついており、したがってドルを得るために、金塊を売却して当座の外貨の手当をした。それで米中貿易戦争激化にともない当面の応戦態勢を整えた、ということかも知れない。あるいはロシアから原油、ガスならびに武器輸入の代金に振り替えた可能性もある。
     ▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 書評 しょひょう  BOOKREVIEW  書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 切支丹大名はなぜ戦後、評価が一転して美化されたのか?
   日本の女を奴隷として売り飛ばし、内乱を企てた過激派が?
 
 高山正之『マッカーサーは慰安婦がお好き』(新潮文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 本書は辛口コラムの文庫化第八弾。ほぼ朝日新聞批判に費やされているが、一箇所、切支丹伴天連のことを書いた説があるので、このコラムでは、そこだけを切り取って紹介する。

 「日本にきた宣教師にいい人は少なかった。例えばイエズス会のルイス・デ・アルメイダらは布教地の神社仏閣をぶち壊させた。キリスト教以外に神は要らない」
 率先したのは高山右近で、彼の治めた高槻では僧侶と神官を迫害して、神社仏閣は廃墟と化した。仏像など仏教美術の文化遺産は燃やされた。
 評者(宮崎)は、この八月にも高槻を歩いたが、市内の教会には白亜の高山右近像が建立されていて、なんだか悲劇の主人公のように祭られている。右近が追放されたマニラにも、カソリックの土地であるため、パコ駅前(その昔、この一帯は日本人町だった)の公園に高山右近像が聳えていて、なんだか違和感がある。近年、高槻とマニラは姉妹都市である。
 アルメイダはユダヤ教の両親がカソリックに改宗したため、強い感化を受けゴアからマカオに渡り、それから日本にやってきた。病院などを私財を投じて建設した美談が強調されているが、彼の医術は呪術であって、キリスト教の奇跡をもって布教の武器としたフシが濃厚である。かれはとりわけ九州全域での布教に尽くした。
 ところがアルメイダ布教地の大村家(長崎)や大友家(大分)では藩内の女を無理矢理つれてきて奴隷として売った。彼の臨終地は天草だった。
 「火薬一樽を女五十人と引き換えにした。日本の女は高く売れた」と高山氏は続ける。
 天正少年遣欧使節一行は、欧州の各地で日本の娘らが裸にされ、秘所丸出しのママ、思い鎖で繫がれて奴隷として売られている現場を目撃して衝撃を受けたと報告している。
 「秀吉は怒った。元締めのガスパール・コエリヨに売った女を連れ戻せと命じた。世に言う伴天連追放令だ。対してコエリヨは切支丹大名に秀吉を潰せと唆し、奴隷商売も一向にやめようとしなかった」
 著者の高山氏とは同じ名前だが、考え方が百八十度も異なる高山右近は、秀吉の寵臣だった蒲生氏郷や、荒木村重麾下の中川清秀らをキリスト教に改宗させ、その宗教的指導性は黒田官兵衛にも及んだ。
 のちの島原の乱は敗残兵らが「まるで支那人みたいに徒党を組み、野盗と化して民を襲っては略奪して、ついには原城に籠もった。攻めあぐむ幕府にオランダ人が海からの砲撃を申し出た。こちらは新教。原城の旧教徒をやっつけるのに何の痛痒もありませーん。日本人は呆れ、以後ずっとキリスト教を邪宗門と呼んで、その布教を禁じた」(同書211p−212p)のである。

       ○○○○○ ○◎○ ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 中国では「日本好き」が昂じて、旧日本軍の軍服姿で写真を撮るのが流行っているのだとか。
「南京では2月に南京大虐殺のモニュメントがある場所で、中国人男性2人が日本軍の軍服のコスプレ姿で、仲良く肩を組み、お互いVサインをしている姿を自撮りしてネット上に投稿。この写真が拡散し中国内では複雑な反響を巻き起こした。警察当局は2人が公共秩序を乱したとの疑いで、15日間の行政拘留処分を科している」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180909-00000009-pseven-cn

 南京や上海はじめ北京・天津なども第二次大戦中は平和でした。
共産党がいくら洗脳教育をしても蒋介石時代の国民党の横暴、さらには共産党の圧政を経験した世代から「日本人がいた頃は良かった」という話を聞いて育った人も多いことでしょう。
辻政信の本にでてきますが、南京に国民党が戻ってきてから賄賂の割合が急増し、経済の悪化で外貨を持っている人間は見つけしだい射殺、壁に銀貨を隠し持っていた老婆は価値のない紙幣に無理やり替えさせられ自殺してしまう。
 政府のやり方は国民党も共産党も同じですから金持ちの中国人は必死で海外に資産を逃避させ、貧乏人は現物に替えようとする。
アメリカとの経済戦争も米国が圧倒的に有利、中国は高速鉄道の負債だけでも80兆円を超えています。一体どうなることでしょうね。
   (PB生、千葉)
        △◇△△◇◇△△ △◇△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 宮崎正弘 今月の論文 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(1))「一帯一路、末路(福島香織氏との対談」(『WILL』、9月26日発売号予定)
(2)「世界は今、北アイルランド」(『エルネオス』10月号。9月30日発売)
(3)「中国の戦争の犬たち)」(『月刊日本』10月号、9月23日発売予定)
(4)「デジタル全体主義」(「北風抄」、9月3日『北国新聞』) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊   ■宮崎正弘の新刊  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

増刷出来!
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! 
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   https://www.amazon.co.jp/dp/475931623X/
             △◇△△◇△◇△△

   ♪♪♪
最新刊 絶賛発売中!
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
          ◎▽□◇○  

大増刷出来!
宮崎正弘 v 石平 第9弾!
『アジアの覇者は誰か  習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
「トランプは公正な貿易を求めているだけだ」(宮崎)
「習近平は貿易戦争に破れて転落していく」(石平)
▲話題騒然、中国とのビジネスはどうなってしまうのか?
        ◎○○○○◎○○○○◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 (日本人はなぜこの英雄が好きなのか)』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる (ガラパゴスで考えた人工知能の未来)』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)小誌は9月20日―25日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/10

    ロシアが中国中央銀行から800億ドル相当の金塊を購入したという。この報道はプラウダ(英語版、9月6日)で、同紙はフェイクニュースも多いため、全幅の信頼は出来ないメディアだが、興味津々である。

     第一になぜ中国が虎の子の金塊を売るのか

     第二になぜロシアは虎の子のドルで支払ったのか?