国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<「中国アフリカ協力フォーラム」が台無しになる?

2018/09/04

★小誌愛読者25700名を更新!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月4日(火曜日)
        通巻第5815号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「中国アフリカ協力フォーラム」が台無しになる?
  アフリカから輸入した豚に「アフリカ豚コレラ」。豚肉パニック
***************************************

 習近平の「晴れ舞台」が呪われた会議に暗転したかのようだ。
三年ごとに開催されている「中国アフリカ協力フォーラム」は、9月3日から北京にアフリカ50ヶ国の指導者を一堂にして開始された。
同フォーラムにはアフリカ54ヶ国のうち、エスワティニ(旧スワジランド。台湾と国交がある)を除く53ヶ国が加盟しており、このうち50ヶ国の指導者が北京へやって来たのだ。

 席上、習近平は得意顔で、「中国は今後三年間で、総額600億ドルを援助する」と高らかなアナウンス。本当に実現するかどうかは別にして、この巨額は日本がTICADで表明した300億ドルの二倍である。

 習近平は「中国アフリカ協力フォーラム」開会式で「中国は永遠にアフリカの良き友人で、誰もこの強い団結を破壊できない」とし、要するに究極の狙いであるBRI(「一帯一路」)の意義を再確認した。
 また「借金の罠」という西側からの批判に対して、習近平は「中国とアフリカの協力の成果を、単なる臆測で否定しているだけ」であり、米国を念頭に、「覇権主義や強権政治が見える。保護主義が台頭した」などと述べた。

 虚ろな響きだった。会議直前の9月1日、遼寧省、安徽省、江蘇省、浙江省などで、輸入したアフリカ豚から「アフリカ豚コレラ」の感染が確認され、数万頭の処分が発表された。米中貿易戦争で、米国からの豚肉に高関税かかかるためアフリカ産の豚を輸入拡大した矢先だった。

 中国農業省の発表では2万4千頭が処分されたとしたが、実態はその数倍とも言われ安徽省や江蘇省の鳥義などの豚肉市場は閉鎖された。鳥義はアフリカ人が多い輸出基地として知られる。

 国連は「アフリカ豚コレラ」はウィルス感染するため「急速に中国全土を超えて、アジア諸国一帯に拡大する怖れがある」と警告した。


 ▲国内に貧乏な中国人が生活に苦しんでいるのに?

 さて「中国アフリカ協力フォーラム」で、習近平は「私たちは虚栄で援助しているのではない。政治的野心も抱いておらず、国際政治上の利益を求めるものではない」と大見得を切った。
 この言葉を額面通りに受け取れば十五世紀の鄭和の大艦隊派遣の再来となる。

 習近平は続けて、「中国は各国の工業の基幹となるインフラ建設に協力する」と目的を語ったのだが、実際に中国は2000年から2016年までにアフリカ諸国に1250億ドルを融資している。大半が焦げ付きになっていると想定される。

 アフリカの旧宗主国=欧米を越えた最大の融資国、貿易相手国となり、アフリカの七つの国には工業特区を建設、またジブチには海外基地を置いた。
ジブチのほか、エチオピア、コンボ、ザンビアの中国への債務額が際立つ。

2017年度の中国とアフリカの貿易は14パーセント増の1700億ドルに達しており、中国は農作物を輸入し、多くの消費物資ならびに防衛協力と称して武器を輸出した。
 会議では150億ドル融資は無利子とし、200億ドルの信用枠供与、100億ドルを開発支援、そして50億ドルをアフリカ諸国からの輸入に使うとした。

またモーリシャスとはアフリカ諸国で初のFTAを締結したと発表された。7月に習近平はルアンダ、セネガル、南ア、モーリシャスを歴訪している。

中国の知識人の多くは「国内に貧乏な中国人が生活に苦しんでいるというのに、なぜ遠いアフリカに巨額を援助するのか?」と習近平外交への批判を強めている。

▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 友人でアリゾナ在住のM氏が言っていました。「宮崎先生がアリゾナを訪問されたとき、いつものようにジョン・マケインがひょっこり友人のN氏宅を訪問して、居合わせた宮崎先生と挨拶したはず」
覚えていますか? 僕は個人的にマケインが大好きでした。そして暑くて野性的なアリゾナも。
  (AK生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)アリゾナのサボテンとピナックル(てっぺん)は思い出しますが、マケイン氏と会っていたことは、どうしても思い出せません。N氏の広い書斎に通され、雑談のあと、M氏と何処かへ食事へいき、それから彼の自宅の柔道場と工事中のプールを拝見し、空港まで送ってもらったのは鮮明な記憶がありますが、1986年頃でしたか?
 ジョン・マケインは1971年に釈放されて米国へ凱旋し、その頃は既に下院議員でしたね。だから現職の連邦議会議員ですから、会ったら思い出すはずですが、ひょっとしてN氏経営のゴルフ場の大勢いたところで会ったのかも。。。。。。
 ともかく亡くなったジョン・マケイン上院議員は信念の人、最後の国防予算は「マケイン法」として歴史の名を残しました。トランプとは馬が合わなかったでしょうね、性格的に。



  ♪
(読者の声2)台風のせいか、少し涼しくなりましたが、お元気にお過ごしのことと存じます。拙著「黒幕はスターリンだった」はおかげさまで何度かアマゾンでベストセラーになっています。
 さて、過去まぐまぐの有料メルマガで毎月4講の「日本人の近代史講座」シリーズを掲示していますが、支那事変が一応終わったので、その後国共内戦に勝利し現在まで支那を支配している中共について解説することにしました。
 まず中共を作った毛沢東です。多くの評伝があるのでスターリンほど謎に満ちているとは云えませんが、若い頃の友人の回想録「毛沢東の青春」があります。これは毛沢東が後年大独裁者になる事を思うと興味深い。
 なおこの際、是非一度,毛沢東の好物であった湖南料理「毛氏紅焼肉」を食べておきたい。ただ辛いので日本人は控えめにしてもらうと良いでしょう。
辛さについては毛沢東の友人、シャオ・ユーが次のように記しています。「毛沢東と私の生まれた湖南地域は、米作が盛んで豚肉が格別美味とされている。また特産の胡椒は,湖南人の食卓とは切っても切れないと言われ、湖南では赤ん坊でも胡椒を欲しがるという。
この胡椒ほど湖南人の活気に満ちた激しい性格を象徴するものはあるまい。古来英雄と大盗賊の産地、湖南の息子として、毛沢東も私も、子供の頃から強い胡椒になれているので、どこの胡椒を食べてもびくともしなかった。・・・」
 以下第1回の抜粋です。今月7日には第2回を配信します。

・ ・・1912年長沙に第4師範学校が出来た。毛沢東はここに入学した。私は既に第1師
範学校の生徒だった。両校の合併で、第4師範から大量の学生が引っ越してきた。中
にボロボロの服装の背の高い学生がいた。それが毛沢東だった。毛沢東の印象は以下の通りであった。容姿には変わったところはなくごく普通の感じだった。顔は大きい方で、目付きは普通だった。鼻は平で支那人らしい。口は小さいが歯並びはよい。歩き方は少しがに股なのでアヒルのようでもあった。立ち居振る舞いは悠長で、話しぶりも同様で、弁舌爽やかでは無かった。・・・
(落合道夫)


(宮崎正弘のコメント)毛沢東旧居跡は湖南省の奥地にあります。公園になっていて、池もあり、実家の豪農ぶりが忍ばれます。現代中国は「紅色旅行ブーム」で、夥しい観光客があります。
十六年ほど前に最初に行ったときは、そうでもなかったのですが、八年ほど前に行ったときは広い駐車場に、平屋のショッピング・アーケード、笑ったのは毛沢東の金ぴかの像で、布袋さんのかたちでした。拝金教の教祖になったお土産です。その周りが全部「毛沢東家庭料理」「毛家菜館」「毛家酒店」など数十軒がひしめき合っていました。



  ♪
(読者の声3)宮崎先生の最新作『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店)を拝読しました。情報過多とおもわれるほど、わたしたちの知らない中国の新情勢、習近平の末期的症状がよく理解できました。
 この本、もうすこし評判になっても良いと思います。
最後の章で、中国にはソフトパワーが稀薄であり、日本の文化とか、ヨーロッパ文明、文化の秀逸さと比較されていて、この箇所は非常に納得ができます。
ところで、文化力の一例として、宮崎先生がダブリンの国立美術館でフェルメールを観賞されたとして写真も紹介されていました。ご存じかも知れませんが、フェルメール展が、来月、産経新聞の後援で「上野の森 美術館」にやってきます。触発されて、わたしも見に行く予定です。
   (DI子、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)ええ、日本にやってくるのは八点です。全部で35(一説に37)しか作品がないフェルメールを見るには、アムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、そしてデルフトなどの美術館に分散されているのでたいへんです。一度に八点ですから、これは満員になるでしょうね。ダブリンのそれも、ただの一点「手紙を書く女性」でした。
 オランダのデルフトは陶磁器でも有名ですが、フェルメールの生まれ故郷でもあり、いくつか揃っていました。



  ♪
(読者の声4)貴誌5814号(読者の声2)で「HG生氏」が、ワシントンポストが6月の「日米首脳会談のおりにトランプは『真珠湾攻撃を忘れない』と言った」と報じたことを共同通信が配信して、それが日本のマスコミが大きく取り上げたことに言及されました。
ジャーナリストの有本香氏によると元になったワシントン・ポスト紙の記事では「私は真珠湾を忘れない」に続けて、「あの時日本は戦った。今でもあの時と同じように日本は北朝鮮や中国と戦えるはずだ」とトランプ大統領がいったと報じていたそうです。
元になった記事を確認すればすぐに分かる事なので有本氏が嘘を言っているとは思えません。
共同通信が最初の文だけを切り取って配信したのは言語道断ですが、それをチェックもせず論評するマスコミ各社の低レベルさにはあきれ果てます。
安倍首相としては、本当のことを言って反論すれば、さらに物議をかもすので、そんなことをトランプ大統領は言わなかったとしか言いようがなかったのでしょう。
   (當田晋也)


(宮崎正弘のコメント)なるほど、そうですか。貴重な御指摘です。当該ワシントンポストの詳細、見落としていました。最近の同紙、NYタイムズよりは、多少はマシと思っておりましたので(苦笑)。


   ♪
(読者の声5)日本文化チャンネル桜からのおしらせです。今晩(4日)夜の「フロント・ジャパン」に宮崎正弘先生が出演します。ホストは福島香織さん、テーマは「習近平のMADE IN CHINA 2025」ほか、です。
 放送後、ユーチューブでもご覧になれます。
         △◇△△◇◇△△ △◇△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊   ■宮崎正弘の新刊  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

発売中!
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! 
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (アマゾン ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/475931623X/
             △◇△△◇△◇△△

   ♪♪♪
最新刊 絶賛発売中!
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
 (アマゾン↑ キンドル版も同時発売)
          ◎○  

大増刷まもなく出来!
宮崎正弘 v 石平 激談 第9弾!
『アジアの覇者は誰か  習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
「トランプは公正な貿易を求めているだけだ」(宮崎)
「習近平は貿易戦争に破れて転落していく」(石平)
――米中百年戦争が始まった
――「裸の王様」=習近平は失脚寸前ではないのか?
          ◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。