国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<フィリピンの暴れん坊=ドゥテルテ大統領がイスラエルを電撃訪問

2018/09/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月3日(月曜日)弐
        通巻第5814号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 フィリピンの暴れん坊=ドゥテルテ大統領がイスラエルを電撃訪問
  欧米の対フィリピン武器供与中断に対応、イスラエルから武器購入
****************************************

 ドゥテルテ大統領が実践した麻薬撲滅、密売人射殺が7000人、仲買人など数万を刑務所にぶち込んだ。欧米はそれが非人道的だと批判し、とくに米国はフィリピン武器供与を中断した。

米比関係冷却の隙に乗じて中国が入り込んだが、これも口だけで実行が伴わず、一時の中国フィーバーは醒めた。棚上げしてきた國際仲裁裁判所の判決(フィリピンの完全勝訴、中国の言い分には幾ばくの根拠もない)を、ドゥテルテ大統領は外交カードの再活用する道も探り始めた。

9月2日、ドゥテルテ大統領はイスラエルを電撃訪問し、三日間滞在して、次にヨルダンへ向かう。いずれもネタニヤフ首相、アブドラ国王の招待に応じたものだが、フィリピン大統領が両国を訪問するのは初めて。

フィリピンの出稼ぎはイスラエルに28000名、ヨルダンに48000名、中東全域に合計百万人が働いて、母国に仕送りをしている。フィリピン経済の15−20%が、この海外への出稼ぎの仕送りで成立している。ドゥテルテ大統領は両国のフィリピンコミュニティの歓迎集会にも出席する。

さて、イスラエルの新聞『ハーレツ』(9月2日)が伝えた。「ドゥテルテ大統領のイスラエル訪問の隠された目的」とは石油と武器にあり、と言うのである。しかしフィリピンは既にイスラエルから、レーダーや対戦車砲など2017年実績でも2100万ドルを輸入している。
▽◎◇◎み◇◇▽◎や◇◎◇◇ざ◇◎◇◇き◎◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1783回】           
 ―「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(8)
 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

         △
次が馮国璋である。
「質素なる一小室」に入ると、「一見六十恰當の、好々爺の如き者立つあり」。それが馮だった。「總統は能く談じ、能く聽く、所謂る老練、熟達の人なる可し。兎も角も現在に於ては最も安全なる一人として、支那の政治界に調法がらるゝならむ」。

  ここで徳富は「少なくとも、今後の北方に於ける問題は、馮と段との離合如何に決せらる」とした後、「武人出身にして、且つ何れも袁世凱の門下生」である馮と段とを比較して、「馮は調和性に饒む、其弊や優柔不斷也」。これに対し段は「勇壮」だが「多く敵を作る」。馮は「兵權を有して、學識を有せざる馮道」のような人物で、その振る舞いは「アスキスの『姑く待て』主義」。対するに段は「王安石より學問と、經綸とを控除して、更に若干の武事的修練を加味した」といったところで、「ロイド・ジッジの『直ちに行へ』主義也」。現状は両者は「同舟遭風の境遇中にあ」るところから、「兩人契合」している。

 この徳富の観察に従うなら、馮総統・段総理のコンビは互いに凭れ合いながら現在の地位に在るだけであり、指導力のも調整力の期待できず将来に対する構想も持っているわけでもなさそうだから、早晩、政治の表舞台から消える運命にあるということだろう。

 「支那に於ける、唯一の新聞記者」である梁啓超は、「今や大蔵大臣の劇職にあ」り。旧知の間柄の梁は「足下の文、一として通覽せざるなし」と言った後、「何ぞ新感想はなき乎」と。そこで敢えて言わせてもらうなら、「貴國には米屋、薪屋、酒屋、餅屋と同様に、錢屋ありて、錢も貨物同樣、一種の商品として取扱ふ。此丈が新來の旅客には、閉口也」と答えている。

  次いで「四十年輩の男にして、善く日本語を操」り、「段内閣の花形役者にして、即今日の日の出の勢いあ」る曹汝霖である。「對外、特に對日本の交渉抔には、毎に其衝に當りつゝあ」る。早稲田在学中は熱心な読者であったことを知り、徳富は「支那の新知識諸君に、貢献したる所ありとは」と満更でもなさそうだ。

 「進歩黨の代表者」であり現内閣にあって「黨人としては、重きを做」す湯化龍は「文治が武斷の桎梏を脱する迄は、内務行政の擧ることは、到底駄目なり」と嘆息気味に語っている。「日本語に嫻はざるも、讀むには差支なし」である湯もまた、徳富の熱心な読者であると口にした。

 翌日、招かれた梁啓超邸での午餐会でのことである。徳富の前に進みでて両手を合わせる彼ら独特の挨拶をした官人が、「御身は日本の梁啓超にして、梁氏は支那の徳富蘇峰なりとは、我等同人間の評判」だが、「御身の初見奈何と」。そこで徳富は「未だ其の当否を知らず、但だ日本の梁啓超は、不幸にして未だ此の如き、佳邸宅に住するを得ざるのみ」と応えている。

  梁啓超、曹汝霖、湯化龍、それに午餐会での官人の賛辞は、徳富は彼ら一流の口から出任せの「拍馬屁(おべんちゃら)」と受け取ったのか。はたまた満更でもなく心地よく感じたのか。どう考えても前者と思うのだが。

 徳富は北京滞在を切り上げるに当たり「古今一切の征服者が、却て事實に於て、征服せられたる」「支那の魔力」について綴る。

 「支那人の辭令は、人を魅うるに餘あり、支那の料理は、人を?かしむるに足る。予或る支那人に向て、餘事は兎も角、口に關しては、貴國は世界第一ならんと云へり。蓋し辭令の妙と料理の精とを意味する也。此の御馳走と、此の御世辭とに取り捲れて、尚ほ懷柔せられざる者あらば、そは所謂る強者の一人なる可し」と。
さて徳富は自らを「所謂る強者の一人」と認めたのだろうか。「此の御馳走と、此の御世辭」は彼らの武器なのだ。
 
   □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) マケイン上院議員の葬儀に、トランプは欠席。歴代大統領がそろっている中、追悼挨拶でオバマ元大統領が、間接的にトランプの非寛容を批判していました。まるでトランプが悪役です。ところが、マケインの遺族はトランプを招待しておらず、こうなるとどちらが非寛容かを問わなければなりません。
    (UY生、京都)


(宮崎正弘のコメント)選挙キャンペーン中からマケインとトランプは犬猿の仲、悪罵の応酬を繰り返しました。
ベトナム戦争で捕虜になった過去をトランプは「負け犬」といい、「戦争の英雄ではない」と共和党内の異端児(マケイン)をこっぴどく批判し、大統領就任後は、民主党と組んででもトランプの政策に反対したのがマケインという宿命の対立でした。
そのしこりが葬儀に及んだというわけです。当日、トランプはゴルフに興じたと報道されて批判されていますが、まさに当てこすり、ですね。



   ♪
(読者の声2)ニューヨークタイムズなど米国の新聞が「トランプのメディア攻撃は記者の言論の自由への挑戦だ」として、連合して社説を掲げるという「事件」がありましたが、フェイクニュースの元凶が何を今さらという感じを抱きました。
 日本でもフェイクニュースを垂れ流す朝日新聞やNHKは、政府が何もしないので、嘘を日々、量産しています。
安部首相はワシントンポストが「日米首脳会談のおりにトランプは『真珠湾攻撃を忘れない』と言ったことは、『なかった』」と言っていますが、なぜはっきりと「あれはフェイクニュースだ」と明確に否定しなかったのでしょう。
  (HG生、神奈川県)


(宮崎正弘のコメント)「沈黙は金」という日本の伝統がまだ続いているのでしょうね。ワシントンポストの記事は、日米の政府間に亀裂を入れたいのかな、と思いました。
 連合して社説を提案したニューヨークタイムズでしたが、応じたのは少数のメディアで大手のウォールストリードジャーナルもワシントンポストも同調しませんでしたね。

         △◇△△◇◇△△ △◇△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の新刊   ■宮崎正弘の新刊  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

発売中!
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! 
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (アマゾン 配本開始 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/475931623X/
             △◇△△◇△◇△△

   ♪♪♪
最新刊 絶賛発売中!
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
 (アマゾン↑ キンドル版も同時発売)
          ◎○  

増刷決定 大好評発売中!
宮崎正弘 v 石平 激談 第九弾!
『アジアの覇者は誰か  習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
「トランプは公正な貿易を求めているだけだ」(宮崎)
「習近平は貿易戦争に破れて転落していく」(石平)
――米中百年戦争が始まった
――「裸の王様」=習近平は失脚寸前ではないのか?
          ◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
        ◎◎▽□◎□◇◎◎▽□◇◎□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/03

    フィリピンの出稼ぎはイスラエルに28000名、ヨルダンに48000名、中東全域に合計百万人が働いて、母国に仕送りをしている。フィリピン経済の15?20%が、この海外への出稼ぎの仕送りで成立している。ドゥテルテ大統領は両国のフィリピンコミュニティの歓迎集会にも出席する。



    さて、イスラエルの新聞『ハーレツ』(9月2日)が伝えた。「ドゥテルテ大統領のイスラエル訪問の隠された目的」とは石油と武器にあり、と言うのである。しかしフィリピンは既にイスラエルから、レーダーや対戦車砲など2017年実績でも2100万ドルを輸入している。←フィリピンのドゥテルテ大統領、なかなか、やりますね!情報ありがとうございます。