国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2018/08/29

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月29日(水曜日)
         号外
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪♪
最新刊 本日発売
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
 (アマゾン↑ キンドル版も同時発売)
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆

<<本書の内容>>
プロローグ 米中百年戦争が始まった
第一章 貿易戦争は「序の口」に過ぎない
      報復関税合戦は自由貿易体制に反すると欧州カナダが反対するが、
      これはグローバリスト vs ナショナリストの闘いなのだ
第二章 知財争奪は百年戦争になる
       中国はこれだけの知的財産を日米欧から盗んで肥った
       トランプが華為(ファウェイ)とZTEを禁輸した措置は正しい
第三章 AIを制した者が世界の支配者になる
       ビッグデータで中国が頭一つリードしている
       中国が世界のシステムを支配する恐怖
       習近平が世界のビッグブラザーになるのか
第四章 軍事的対決、もしあれば
       軍事戦争なら米国が辛勝するだろう
       中国の空母、ドローンはまだまだ。だからハッカー部隊が存在する
第五章 マネーウォーズの行方
       外貨準備がドルと人民元との交換を許したのだ
       ゴールドマンサックスが全てを間違えた
第六章 ソフトパワーの戦い
        ハリウッド進出の蹉跌、ユダヤの牙城は「反中」だった
        イーグル vs ドラゴンは自由陣営が全体主義と戦う戦争だ
エピローグ  トランプ戦略は深謀遠慮に満ちている
世界の歴史に学ぼう。トリデシリャス条約からウェストファリアへ。
民主的な「ワイマール」から第二次世界大戦が起きた
              ◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

9月3日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! 
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (アマゾンで予約開始 ↓)
https://www.amazon.co.jp/dp/475931623X/
              △◇△△◇△◇△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊  ■宮崎正弘の最新刊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大好評発売中!
宮崎正弘 v 石平 激談第九弾!
『アジアの覇者は誰か  習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
「トランプは公正な貿易を求めているだけだ」(宮崎)
「習近平は貿易戦争破れて転落して行く」(石平)
『WILL』十月号(発売中)の宮崎vs石の「激談」も御参照ください
          ◎○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
****************************************
  ♪♪
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◎◇ ◎◎▽ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/29

    米国内戦の膠着状態はまもなく終了する、次の段階は惑星の開放である



    裏切り者ジョン・マケインの、おそらく処刑である死は、1913年以来米国を支配してきた犯罪徒党の掃討が新段階に入ったことを示している。「裏切者マケインは軍事法廷による刑罰死である可能性が高く、深窓国家を恐れながら海軍の評判を守るためにロンメルのように名誉とともに死ぬことを許された。



    しかし、実際の戦いは徒党の米支部が排除された後に始まり、米軍産複合体に、緩やかな欧州同盟のスイス本部に対抗させるであろう。



    この戦いは世界戦争になるか、国連、BIS、IMF、EU等の戦後の機関の完全な再構築となるだろう。その鍵は、ハザールマフィアが私有中央銀行、フォーチュン500社とほとんどの世界的企業の支配をカモフラージュする為に使用している財団の複合体(バチカン銀行も)が標的となる。



    花火は9月に始まり、そして米国の中間選挙に向かって激しくなるであろう。そこで、ハザールマフィアの米国支部はその権力の回復と米大統領ドナルド・トランプの排除を望んでいる。



    しかし、トランプとヒラリーの二人を比較すれば、はるかにトランプが大したことないことを心にとめるべきである。彼は米拠点のブッシュ/クリントン/ロックフェラー共謀に対して戦っているロスチャイルド代理人以上のものであることは、まだ示していない。思い出してください、トランプ政権はまだ、9/11と福島のような犯罪に関する真相を明かしてはいない。まして、彼は祈年祭以上のものは試みてもいない。



    元CIAで開閉隊諜報部のロバート・デイビット・スティールは9/11の真相は議論になっている言っている。大統領はそのすべてを取り出すと約束している。彼は、シオニスト・イスラエルのための代理人として働くディック・チェイニーとネオコンの磔が直ぐに一つの選挙になるだろうという恐れから、選挙の前後のどちらにするか決めかねている。28人の学者と、スパイと、エンジニアによる大統領覚書を集めたものが腹案れる本が、オンラインで解放されている。









    https://phibetaiota.net/2018/07/memorandums-for-the-president-on-9-11-experts-say-what-the-9-11-commission-was-too-corrupt-to-address/









    9/11をさらに掘り下げるウサギの穴は、もちろん、2011年3月11日の福島核津波大量虐殺となる。この全面で、先週ゴールドマンサックス首相マルコム・ターンバルの排除は3/11の真実の排出につながる。









    これらの代理人は核兵器が盗まれたことを2010年にオーストラリア首相ケビン・ルッドに証拠を与えた。ロシアの潜水艦クルスクは2000年に、日本へ密かに運ばれ、その国に対するテロ攻撃に使われた。ロッドがこの証拠を入手し実行しようとした翌日に、彼は米連邦準備制度理事会から解雇された。









    その代理人は日本の軍事諜報部と共にその兵器を追跡続けて、地震と津波を引き起こすために爆破される前に、それが日本の深海掘削船「ちきゅう」に搭載され、5個の小兵器に分割されたことを突き止めた。これにもかかわらず、この攻撃を防ぐために当局は介入しなかった。さらに、攻撃の後、全米大統領バラク・オバマは、日本に対する攻撃は全く知らなかったし関与していないと主張した。









    実際は証拠の追跡が(NSAが詳細を持っているが)元黒の教皇ピーター・ハンス・コルべンバッハとイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに繋がっている。そこから、足跡は悪魔数はP2フリーメーソンロッジ、スイスとBISに繋がって行く。イエスズ会教皇フランシスが今、小児性愛隠蔽で前例のない攻撃を受けいることに注目することは興味深い。改革に関する話し合いの中でフランシスは、人類に対する福島犯罪のような事件へのバチカンの関与を開示しなかった。









    教皇フランシスの辞任は、彼のアイルランドの旅の失敗の後、可能性が高まっており、カルロ・マリア・ビガノ大司教による教皇の告発、および小児性愛者と思われる司祭に対する様々な国の攻撃が高まっている。10人の司祭のうち1人が小児性愛者という我々の理解は、バチカン内での小児性愛者と同性愛者の犠牲の文化は今や爆縮に繋がっていると、スティールは述べている。「バチカンにはもう一人の教皇のイメージの場所があり、次の教皇が最後の教皇であるという伝説がある。私が話をしているカトリックの指導者は深く心配している」とスティールは付け加えた。









    ほとんどのいわゆる世界指導者たちが賄賂(数十億ドルのバチカン銀行口座経由)と殺人や権力からの排除という脅しによって支配されているので、教皇とバチカンがどのようにこの惑星を運営する方法において真の変化の鍵となる。









    福島攻撃の軌跡はまた夕暮れゾーンに繋がる。ドイツ騎士団(とバチカン暗殺者)長ヴィンセント・マザーラのようなP2フリーメーソンのトップは、彼らはガンマ線経由で交信する黒い太陽と呼ばれる実体から命令を受けていると主張する。これは実際の犯人から我々をそらすために作られた煙と鏡かもしれない。











    しかし、惑星地球の戦いには難解あるいは地球外の次元がある。この前線では「自身が多く、と党の水中基地や知勇吉が系統的に破壊されていることが続いている。









    一方、地球の表面に戻ると、何が実際起こっているかを知る最良の方法は、スイスのツーグにあるBISやロスチャイルドのようなハザール徒党の要塞に物理的に敵対的軍事行動を取ることである。



    これはトランプの下では起こりそうもない。何故なら、彼が破産するたびにロスチャイルドによって救済されてきたからである。(そしてこれはメディア報道を通じて容易に確認することができる)









    彼が弾劾されれば株式市場が崩壊するとフォックスTVで話した時、トランプは中央銀行に制御された反対派であることの兆候が見えた。下のリンクのグラフが示すように、世界の株式市場は個人所有の中央銀行の紙幣印刷により株価が上がることが見える。言い換えれば、中央銀行は、彼らが制御する反対派の大統領が権力から除かれれば市場は破壊するという脅しを発するためにトランプを使用している。









    https://www.zerohedge.com/news/2018-08-24/nomi-prins-fed-will-not-give-dark-money









    多くの人々は株式市場が上昇することは良いことと思っているが、実際に起こっていることは中央銀行がおかしな紙幣を印刷し、主要企業の支配を強化しより富む為に株を買い戻すために使う友達に手渡している。本当の主導者であれば、世界中で買ったすべての資産を中央銀行におかしな紙幣で回収して、祈念祭的な方法で惑星の人々へ返還するだろう。





    いずれにしても、さらなる証拠が、日本は地震兵器によって脅されてきたのではザールマフィアに日本企業の支配権を手渡したと発言する元日本の財務大臣竹中平蔵の代表から出てきた。









    ロシアの超核兵器がゆくへ不明になったということはおそらく、彼らの権力が脅されると他の福島型の大量殺人事件を起こすという無言のはザール暴徒の脅しである。これはおそらくヒラリークリントンが自由である理由であろう。









    https://www.cnbc.com/2018/08/21/russias-nuclear-powered-missile-that-putin-claimed-had-infinite-range-is-currently-lost-at-sea.html









    多くのトップ・ハザール犯罪者たちは自由のままであるが、低位のと党に対する攻撃は雪だるま式の衝撃である。この前面で、ドイツの化学巨大企業バイエルはモンサントを買うことが認可されたのでGMOなどの大規模訴訟や調査がこの徒党企業を奪うであろう。巨大製薬会社はまた高額薬価に対する公然の怒りだけではなく、メルクのような殺人ワクチンからも巻き起こっている。









    また、米国ではユダヤ人マフィアの民間軍隊、腐敗したニュ?ヨーク警察はユダヤ人地区を守りながら、イスラム教徒などの少数民族に対する逮捕、召喚状という違法割り当てを実施したことで調査される可能性が高い。これらの人々のほとんどは、私的刑務所の奴隷労働を供給するために、偽りの罪で逮捕されている。この面で、刑務所の奴隷労働者がストライキを行っていることに注目するのは興味深い。









    https://www.zerohedge.com/news/2018-08-24/us-inmates-demand-living-wage-amid-largest-prison-strike-history









    別の面で、トランプはNFLひざまづいた人を攻撃するだけではなく、ESPN,CBS、フォックス、NBCのようなユダヤ系TVネットワークを攻撃してユダヤ人のマフィアに対する文化戦争を始めた。



    また再びスティールの言葉を引用すると、「トランプはジョンブレナン同様に、反逆、小児性愛、などに対するクリントンの有効な公的調査の最後の機会を与えているかもしれない。ヒラリークリントンが3人の民主党募金者に未題をつける準備をしたので、国務長官として彼女の大罪や悪行を一般に歩とたちの思い出が?レバノンをフランスへ、シリアとイエメンをサウジアラビアへの売却を含む?、11月の民主党の棺桶の釘となるかもしれない。