国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<マハティール訪中。マレーシア経済、最悪の問題は対外債務だった

2018/08/21

★小誌通巻5800号記念号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月21日(火曜日)弐
        通巻第5800号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マハティール訪中。マレーシア経済、最悪の問題は対外債務だった
   トルコ制裁によるリラ暴落がドミノでアルゼンチン、ブラジルへ
*************************************

 マレーシアのマハティール首相は五日間の日程で8月17日から中国を訪問。まず浙江省に足を運び、アリババ本社と吉利(GEELY)自動車を訪問した。
 20日には李克強首相と習近平出席に別個に面談した。
李克強との会談では、「中国とマレーシアの友好関係は変わらない。自由と公平な貿易の持続と発展を希望している。ただし新幹線工事の中止についてはマレーシアの財政事情を考慮して欲しい。中国が悪いとは言っていない。悪いのはナジブ前政権の無謀な計画と汚職である」と言った。

 共同記者会見ではマレーシア新幹線の話は出なかった。
 マハティール首相の老練さ、中国を正面から批判せず、国内の劣悪な財政環境と前政権に責任を転嫁して、まずは中国との交易の拡大はお互いの利益のために発展させると言ったのだ。

 習近平との会談は同日(8月20日)に行われ、楊潔チ国務委員らが同席した。席上、マハティールは「インフラ建設での協同強化」と「戦略的対話の重視」を述べ、通貨スワップに合意した。

 8月18日の杭州アリババ本社訪問では馬雲CEOが直接応対し、説明役も務めるなどの厚遇ぶりだった。同社はクアラランプール國際空港近くに拠点を解説したばかりだが、マレーシアの交通渋滞の解消などでAI設備の交渉を続けている。また仮想通貨のノウハウなどにもマハティールは興味を示した。
 
 同じく吉利自動車を訪問した理由は、マハティールの強い個人的な関心からだ。
嘗て国民車プロトンを三菱自動車などと提携で立ち上げたのは彼自身だった。その後、マレーシアの国民車プロトンは円滑な販売実績が上がらず、昨年に中国の吉利に買収された。思うところが深いのはそのためで、再度、マハティールはマレーシア国民車の離陸を夢見ているのである。 

 そこで問題視されるのが、マレーシアの債務問題である。

まずは下記の一覧表をご覧頂きたい。世界の数ある新興国家のなかで、ワースト15を掲げる。

深刻極まりない新興諸国の財務状況
@@@@@@@@@@@@@@@@

順位  国名      対外債務(単位=億ドル)   対GDP比較
〜〜  〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1   モンゴル        239億ドル      215・3%
2   キルギス         80         110・9
3   ラオス         142          83・5%
4   タジキスタン       49          67・1
5   マレーシア      2004          63・7
6   トルコ        4667          54・9
7   南アフリカ      1832          52・5
8   アルゼンチン     2537          39・8
9   メキシコ       4540          39・5
10  ロシア        5199          34・0%
11  タイ         1527          33・5
12  ブラジル       6809          33・1
13  パキスタン       727          23・9
14  フィリピン       732          23・4
15  インド        5297          20・3

 モンゴルが対外債務を中国に依存した大きな理由は、旧ソ連衛星圏としての桎梏から逃れるため直接投資を歓迎したからだった。モンゴルが外貨稼ぎで売るものは石炭しかなく、それもアクセスが悪いため中国にしか販売ルートがない。石炭鉱区を担保に結局は中国からカネを借りた結果である。

 キルギスはロシアへの出稼ぎでGDPの25%を占める。つまり旧ソ連という宗主国を敵には回せないが、中国がシルクロード関連で投資をしてくれるのでつい乗ってしまった結果である。
ラオスも同様、新幹線の総工費が60億ドル。絶望的な投資受け入れも、一党独裁だから出来たが、末端の国民の不満は加速化している。


 ▲だれが、これだけの対外債務を膨張させたのだ?

 意外なのはマレーシアがワースト5になっていることだ。
 マレーシアの財政健全化、汚職追放を前面に掲げて選挙に奇跡の勝利をとげたマハティールが日本訪問につづいて、シルクロード問題で揉める中国を訪問した理由は、このあたりにあると言えるだろう。

 中国が主導し、東海岸のおよそ20%の工事が完了した段階での中止だけに、中国は怒りをひめているものの、このマレーシア新幹線総工費は200億ドルと予測されており、3300万国民、対外債務が2000億ドルを超えている国の規模には、やはりふさわしいとは言えないプロジェクトだったのである。

       ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)地方講演旅行のため小誌は8月25日―27日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)金曜日です。8月24日、三島由紀夫研究会の公開講座のご案内です。
        記
日時   8月24日(金)18時半開演(18時開場)
場所   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師   澤村修治(作家・文芸評論家)
演題  「反抗と仁愛〜日本の浪曼主義」
     三島思想の源流としてまず西郷隆盛に触れ、次いで日本浪曼派を論じます
     <講師略歴>昭和35年生れ。東京都出身。千葉大学人文学部人文学科卒。大手出版社勤務、新書や選書の編集長をつとめる傍ら、主に評論と評伝の執筆を行う。『表現者』にも寄稿。主な著作『悲傷の追想「コギト」編集発行人、肥下恒夫の生涯』(ライトハウス開港社)『敗戦日本と浪曼派の態度』(ライトハウス開港社)『唐木順三―あめつちとともに』(ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉)『西郷隆盛 滅びの美学』(幻冬舎新書)その他多数。
会場分担金 会員・学生1千円(一般2千円)
 なお、この会は公開講座ですので、予約不要。どなたでもいきなり会場に来られても、受講できます。



   ♪
(読者の声2)第二次大戦で日本から見ての三悪人といえばルーズベルト、スターリン、チャーチル。ルーズベルトとスターリンについては多くの書籍で描かれますが、チャーチルに関してはヒトラーから英国を救った英雄という過大評価ばかりが目立ちます。
パトリック・ブキャナンはチャーチルを批判していたとおもいますが、英国に二度も裏切られたポーランドでの評価はどうなっているのか知りたいものです。
 反共主義者だったはずのチャーチルが独ソ戦開始後にスターリンと会談、スターリンのもてなしに感謝し尻尾を振る始末。
東欧からギリシャまでソ連の影響力割合を密約で認めた当事者なのに、戦後はソ連の支配下に入った東欧を念頭に「鉄のカーテン」などとソ連を非難する。今のネット社会なら「お前が言うな!」と非難轟々だったでしょう。

 チャーチル・裏切りで検索したら面白い話がありました。
BBC Documentary The Fall  of Singapore The Great Betrayal 邦題『チャーチルを裏切った男たち』2012年の作品(動画検索で出てきます)。
主人公はスコットランド貴族のウィリアム・フォーブス=センピル卿。英国の陸軍航空隊・海軍航空隊・空軍で活躍。1920年代には民間のセンピル教育団を率いて日本へ渡り創成期の日本海軍航空隊を指導。日英同盟終了後も日英の軍事交流は密かに続いており、日本は航空母艦の建造技術から空母での離発着訓練まで英国人の指導・助言を受けていた。

 ロンドン駐在武官時代の豊田貞次郎との繋がりがあったとは驚き。1937年の朝日新聞社『神風号』による欧亜連絡飛行記録樹立など航空機はまだまだ発展途上だったことがわかります。
ウィキペディアによると『神風号は1937年(昭和12年)4月6日早暁に立川飛行場を離陸。台北、ハノイ、ビエンチャン、カルカッタ、カラチ、バスラ、バグダッド、アテネ、ローマ、パリと着陸し、現地時間の4月9日午後、ロンドンに着陸。立川離陸後94時間17分56秒で、給油・仮眠をのぞく実飛行時間は、51時間19分23秒であった。
デイリー・エクスプレス紙は、4月8日付朝刊のトップに神風号の接近を報じ、ロンドンのクロイドン空港や前経由地のパリのル・ブルジェ空港は人波にあふれ、飯沼操縦士と塚越機関士はフランス政府からレジオンドヌール勲章を受勲した』

 映像ではロンドン到着の歓迎式典でセンピルを挟んで飯沼・塚越両名、後ろには吉田茂がいます。
塚越機関士はアラブ人のような風貌と思ったら母親は英国人でした。
第二次大戦直前の大西洋会談の内容も日本側に漏れていた。マレー・シンガポール攻略戦では日英同盟当時の日本海軍はペナンに寄港しており情報を得ていた。シンガポール要塞の見取り図まで日本軍は掴んでいたという。
 英国の情報がこれほど漏れているのにセンピルが検挙もされなかったのは王室にも繋がりのある貴族ということと、英国が日本の暗号を解読していることを秘匿するためだったという。
逆に考えると日本の軍や政府中枢にスパイがいてもおかしくない。
海軍の基本戦略を強引に捻じ曲げ真珠湾攻撃をした山本五十六がアメリカのエージェントだったとしても不思議ではありません。
関東軍には「敗戦革命」を望むものもいた。戦前の統制経済が強まる時期には関西の経済界から「官僚にアカが潜り込んでいるのでは」という指摘もありました。当時の貴族や皇室関係者に情報を漏洩する人物がいたとしても英国同様なかったことにされていたのかもしれません。
 今の日本の政界を見ても野党は帰化人・反日日本人だらけ。
母親が済州島の小沢一郎、同じく母親が韓国人という鳩山由紀夫、北朝鮮繋がりの菅直人に福島瑞穂・辻元清美、中国のスパイ蓮舫、革マルの枝野に中核の山本太郎。ソウルの日本大使館前で反日デモに参加した岡崎トミ子が国家公安委員長を務めていた民主党政権時代は機密がダダ漏れでした。
 自民党総裁選でフェイクニュースを垂れ流すメディアが石破茂を推すのは、彼が「お仲間」と見て間違いないのでしょうね。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)ポーランドにおけるチャーチルの評価ですか? そういえばワルシャワ市内になぜかドゴールの銅像が聳立していました。



  ♪
(読者の声3)国連人種差別撤廃委員会96セッション「第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート」(その8―7、慰安婦とクマラスワミ報告)――人種差別に反対するNGO日本連合
 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの7番目は「7、慰安婦とクマラスワミ報告」です。

「慰安婦とクマラスワミ報告」(日本文):
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-8.pdf
 (英文): 
 http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-8.pdf

 国連人種差別撤廃委員会が2014年に日本政府に出した最終見解は、委員会が「慰安婦」について非常に誤った理解に基づいていることを、本レポートは指摘しています。
 なぜなら米軍報告のような“第一次資料”には「慰安婦は兵隊らのために日本軍に付属している売春婦ないし追軍商売人に過ぎない」こと、女衒から提供された前渡金が、家族が負った借金であるため、これの返済のために契約に基づいて働いていたこと、慰安婦の月収は工場の熟練工が30円に時代に1500円と高級であったこと、さらに「捕虜が太平洋地域で見た朝鮮人慰安婦は全て自発的または親に売られて売春業を営むようになったものばかりであった」などと記録されていることを全く無視しているからです。
 要するに委員会の理解は「1996年のクマラスワミ報告書」に基づくものとみられますが、この報告書は極めて事実と乖離するものであることを本レポートは詳しく説明しています。

「クマラスワミ報告」は日本を誹謗中傷することを目的とした2冊の本に基づいて書かれたことを立証しています。一つは、G. Hicks の『The Comfort Women』 であり、もう一つは例の詐話師吉田清治の『私の戦争犯罪』です。
 このような全く信頼の置けない事実と異なる「クマラスワミ報告書」に基づいて人権委員会の勧告が行われることは全く不当です。この報告書を抜本的に見直す、またはその全部について無効とすることを本レポートは要求しています。
     (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)



  ♪
(読者の声4)朝日新聞(8月20日)に、こんなニュースがあります。
 「食用を目的としたセミの幼虫などの捕獲はやめてください――。埼玉県川口市の青木町公園総合運動場にこんな文言の看板が設置され、ツイッターで話題になっている。市によると、複数の市民からセミの幼虫を大量に捕っているという苦情を受け、6月に設置したものだ」。
 食用に蝉を食べる、ってやはりあの国の人たちでしょうか。川口といえばチャイナタウンですし。
  (HU生、川崎市)


(宮崎正弘のコメント)特定するのは難しいですが、たとえばミャンマーの夜店に行けば、バッタ、ゴキブリ、カマキリなど昆虫のてんぷらを売っていますし、中国ではゴキブリ専門の養成企業があります。栄養剤の原液をつくるためです。蝉の幼虫も、健康志向の食材利用でしょうか?
       □◎□◎□○◎□◎○◎□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告  ■宮崎正弘の最新刊予告
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
あす8月22日発売!
宮崎正弘 v 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付中)
        △◇△◇△◇△◇△△


  ♪♪♪
最新刊 8月30日発売
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
 (アマゾンで予約受付を開始中)
        ◎○ 


9月3日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! 
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (アマゾンで予約開始 ↓)
https://www.amazon.co.jp//dp/475931623X/ref=pd_sbs_14_1?_encoding=UTF8&pd_rd_i=475931623X&pd_rd_r=8cf3719c-a430-11e8-a988-4d0ce89dc1c9&pd_rd_w=lh7EO&pd_rd_wg=dPbVu&pf_rd_i=desktop-dp-sims&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=cda7018a-662b-401f-9c16-bd4ec317039e&pf_rd_r=8J1Q61EQ75H8438PXKJH&pf_rd_s=desktop-dp-sims&pf_rd_t=40701&psc=1&refRID=8J1Q61EQ75H8438PXKJH
              △◇△△◇△◇△△


  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店、1296円)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)


  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◎◇ ◎◎▽ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)地方講演旅行のため8月25日―27日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。