国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<マーシャルプランは公共財の提供による欧州の経済復興だった

2018/08/20

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月20日(月曜日)弐
        通巻第5798号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マーシャルプランは公共財の提供による欧州の経済復興だった
  中国のシルクロードは過剰在庫処分と失業者の輸出、高利の金貸しが実態
****************************************

 戦後の欧州復興計画は、荒廃したヨーロッパの社会インフラ、経済の立て直しを図ろうとして、米国務長官だったマーシャルが立案し、当時の金額で100億ドルの支援と援助をなした。後半には軍事援助が主体となってNATOへの足がかりとなるのだが、とりわけドイツの復興に力点が置かれた。
マーシャルはこれによりノーベル平和賞を贈られている。
 
 つまりマーシャルプランとは「公共財」の提供によって援助対象国を経済的に豊かにすることが目的だった。
中国のシルクロード(BRI)プロジェクトは公共財の提供ではなく、過剰な在庫処分と大量の失業者の輸出であり、巨額のプロジェクト資金も無償援助ではなく、高利で貸し付け、担保を取るという阿漕な高利貸し。すなわち相手国から収奪するのであり、これを「キンドルバーガーの罠」と呼ぶ。

 したがって被援助国の経済的な被害がむしろ肥大化するにつれ、中国の評判は滅法悪くなった。
まさに「世界に孤立する中国、共産党の奥の院で四面楚歌の習近平」という新しい状況を生んだ。

プロジェクトに携わる世界の各地で、たとえばマレーシアの新幹線中断、ニカラグア運河の頓挫など、プロジェクトの頓挫が目立つようになったのである。
 中国のBRI(一帯一路)の世界各地における挫折ぶりを、この稿ではラオスとスリランカの現状をみよう。
 
 
 ▲ラオスの新幹線、20%の工事が出来たが全土多難

アジアの内陸国家、最貧国のラオスの現状はどうなっているのか。
ラオスを縦断する新幹線は標語が「造福老中人民鉄路」(「老」は中国語でラオスの意味)と銘打たれ、北部ホーデンから(起点は雲南省昆明)414キロ、途中バンビエン(中世の首都)、世界的に有名な保養地ルアンパルパンを通過し、首都のビエンチャンへといたる。
2018年8月現在、20%の工事が完了し、全線開通は2021年2月2日(ラオス民主共和国成立46周年の記念日)を予定している。

 工事を請け負っているのは中国鉄道建設の子会社「中鉄」で、その第二局と第五局が、現地を筆者が取材したとき、工事現場には大看板があり、労働者の宿舎にも、二局、五局の看板がでんとあった。
 中鉄の第二局とは四川省成都が拠点。また第五局は、貴州省貴陽が拠点である。因みに第1局は西安、第三は太源、第四は合肥、第六は北京、第七は河南省鄭州にある。

 中国が主導するラオス新幹線の北部の拠点はビエンバンに置かれる。
 ビエンバン新駅は車庫や操車場も設けるため140ヘクタールの広さの用地が確保された。
ということは村人の移転が強要されたが、保証金は微々たる額でしかなかった。介在した地方政府幹部が懐にいれた分のほうが多かったといわれる。
 新幹線プロジェクトに伴い、ラオス全土で立ち退きとなる総面積は3832ヘクタール(1haは一万平方メートル)。強制退去される居住者は4000家族、およそ2万人である。

その一方で、ラオス北部にすでに建設された高層ビル、マンションなど、ラオス政府が秘かに中国と契約し8000人の中国人の居住区となっている。あたりの不動産広告の大看板はすべて中国語、販売価格も人民元表示である。
狭い道路に長距離トラックはひしめき合い、すでにカジノホテルから、デューティー・フリーショップ(免税店)のけばけばしいビルも出来ていた。

 開通の暁には旅客用新幹線は時速160キロ。2時間40分で昆明――ビエンチャンを結ぶ。貨物列車は時速120キロである。
このために造成するトンネルが53本、橋梁は167箇所(現在46の橋梁が工事中)。総工費は60億ドルである。

 問題はラオスのような小国にとって、この60億ドルの捻出と回収をどうするのか、いかなる計算で元が取れるのか。

 正確に言うと工事着手から現在までの建設費用は24億ドルで、中国とラオスが共同事業体を組み、中国が70%を出資し、30%がラオスの負担となった。つまりラオスの出資は7億2000万ドルである。
しかし最貧国のラオスとしては、国家予算から毎年5000万ドルを出費し、五年計画としており、残りの4億2000万ドルを中国輸出入銀行からの融資で補った。
条件は金利が2・3%、35年で返済する約束となっている。工事全体は残り36億ドルで、どのような資金調達をなすのかは不明である。

 ところがラオス側は、この鉄道が中国の推進するシルクロードの一環であり、メンツをかけたプロジェクトであることを認識し、中国が追加融資をおこなうと楽観的なのである。また中国人が沿線の土地を買っているため、その所得も当て込んでいる。

 ちなみにラオスのGDPは僅か180億ドル、ひとりあたりのGDPは2705ドル、経済成長率は過去十年間平均で5−8%だ。
新幹線への投資が、GDP比でみると、ほかの福祉予算などを食いつぶしていることになりIMFは遅ればせながら警告を発している。


 ▲現地ラオス人の不満は爆発寸前

 ほかに問題が起きた。ラオス新幹線の目論見では現地に夥しい雇用が生まれ、またホテル、レストラン、ガイド、旅行代理店業務などが潤うとされた。
ところが現実には中国から囚人らが労働者として派遣され、およそ三万の建設労働者をやしなう宿舎は中国が建設し、食事はコックを含めて食材も中国から運び込み、ラオス人が経営する沿線各地のレストランは閑古鳥、ホテルもガラガラ、現地人の雇用とはならなかった。

 これら少資本のホテル、レストランの経営悪化を聞いて、安値で買いたたいているのが、雲南省からきた華僑と韓国の商人たちだという(アジアタイムズ、8月18日)。

 そればかりではなかった。風紀の乱れである。建設現場には売春宿がつきもの「LOVE BAR」とかのピンクのネオンの小屋があちこちに粗製乱造されたが、中国人の安い賃金では女性も買えないこととなった。

 また将来の不安として、長距離バスのドル箱であるビエンチャン ー ルアンパルパン路線は新幹線に食われることにならないか。航空路も同様である。しかし現地を視察した専門家によれば、バンビエン新駅は市内から13キロ離れており、ルアンバルパンの新駅も旧市内から8キロも離れている。新幹線需要は、従来線を脅かすことにはならないだろうと見る。


 ▲ハンバントラを取られたスリランカ、コロンボ沖人工島建設は進捗中

 スリランカはどうだろう。
 南方のハンバントタ港を借金のカタにとられ中国の軍港と化ける。近くのラジャパスカ空港はついに国際線すべてが乗り入り中止。閑古鳥。
 なのに、懲りずにスリランカ政府はコロンボ沖合の人工島プロジェクトを中国に委託している。これも借金のカタである。

 スリランカ政府はセリナセ新政権となって、いったんはコロンボ沖合人工島プロジェクトを中止するとした。ところが資材、セメント、ブルドーザ、クレーンはすでに陸揚げされており、契約破棄となると天文学的な違約金を取られることが分かり、渋々工事継続を承諾した経緯がある。しかし中国側も追加融資を飲まざるを得なかったため、資金枯渇という問題が表面化した。

 当初の計画では、人工島をオフショア市場とし、国際金融のハブ化させるばかりか、なんと60階建ての高層ビルを三棟、港も整備し、国際貿易の中継基地とする等、薔薇色の未来図だった。
 主契約社は中国最大の港湾建設企業として世界的に有名なCHEC(「中国港湾=英語名はチャイナ・ハーバー・エンジニアリング」)だ。同社はパキスタンのグアダール港、マカオの国際空港、カラチの湾内肥料ターミナル、ペナン島の第二橋梁などの建設実績を誇り、シルクロード関連では軒並み入札に顔を出し、最近はアフリカ諸国、とくにエジプトにも進出を果たしている。

 新都市は「ニューコロンボ・シティ」と命名される。
ここには中国と敵対するインド企業の誘致も図るように方針転換がなされた。隠れた理由はインドからも投資資金を呼び込もうとするもので、いよいよ資金が底をついた現れである。

 269ヘクタールの人工島の89%が海を埋め立てて造成され、ジョイントの主体は中国港湾エンジニア公司を基軸に、スリランカ政府、当該地方政府などが参加した。
もっかのところ、インド、シンガポール、タイ、マレーシアそして日本にも資本参加を呼びかけている。

 あたかも三年後に完成予定のマンションを、はやくに販売して頭金をかき集め、ローン契約で銀行から資金を融資して貰い、完成を急ぐデベロッパーの如く、販売チームはアジア諸国を訪問し、まだ完成もしていない未来図をもとに売り込みに必死だ。

 工事の現状といえば、埋め立て工事の20%がようやく終わった程度で、この先の懸念は資金が続くか、どうか。人口島の埋立と整備だけで総工費14億ドルである。60階建ての高層ビルは別予算である。
 
       ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)地方講演旅行のため8月25日―27日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
***************************************
 ■読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「日本文化チャンネル桜」からのおしらせです。明日(21日)夜の「フロント・ジャパン」に宮崎正弘さんが出演です。ホストは福島香織さん、ゲスト宮崎さんでテーマは「挫折、頓挫の続く中国のシルクロード」(予定)など、です。
   (日本文化チャンネル桜)



  ♪
(読者の声2)前々号でしたか、貴誌の投書欄で、PB生さんが、日清戦争で有名な定遠艦とその記念館の話をされていますが、日本にも定遠記念館があるのです。
しかも無料です。
http://ki43.on.coocan.jp/sonota/teienkan/tei.html
  (HT生、大田区)


(宮崎正弘のコメント)福岡にあるとは存じませんでした。敵の将軍を称える日本の武士の伝統でしょうか。



  ♪
(読者の声2)8月20日(月曜日)通巻第5797号中の、宮崎氏コメントに、永井陽之助(以下、原則として敬称略)のほか、林房雄、高坂正堯、会田雄次と並んで、神島二郎などという名前を見いだし、懐かしくなりました。
 いずれも、私の学生時代に親しんだ著者たちでした。神島二郎については、教養課程の京極純一教授『政治学』で、指定図書の中に『近代日本の精神構造』(岩波書店)がありました。
手許の保有書を見ると、1961年2月第1刷で、私は1964年第5刷を所有しています。林房雄『大東亜戦争肯定論』ですが、手許のものを見ると、1964年8月初版発行とあります。続編が1965年5月初版です。
 宮崎氏の叙述を読んで感じたのは、宮崎氏たちは、行動とともに相当の学習もしておられたのだな、ということです。私なども学生時代にシコシコと読書はしていましたが、しょせんはノンポリであり、何らの「行動」「発言」をした訳ではなかった。
 大学紛争の中で、私は永井陽之助編の『政治的人間』(平凡社、1968年11月)を何度も読み返したりしていました。
 今は、興にまかせて読書等で日々を送る清貧老人の身ですが、近未来において、中国経済は、そして何よりも我が国の財政問題等は、現実にどのような展開と着地をしていくのだろうか? 
私の目が黒いうちには、結末を見ることができるのだろうか?ということは考えざるを得ないところです。 
   (CAM)


(宮崎正弘のコメント)神島二郎の本も勉強会で使っていると言うと、村松剛先生が「立教大学で同僚だけど、へぇ」と呆れた顔をされたことがありました。それで読むのをやめたのでしたか、記憶は曖昧です。京極さんのは、まさに教科書でしたね。
 それはともかく、目の黒いうちにあの独裁政権が潰えることがあって欲しいと期待している人も多いはずです。



   ♪
(読者の声3) 第40回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事記』『日本書紀』
 日本最古の史書とされる『古事記』『日本書紀』には、遠い昔から今に伝わる日本人の戦争観や武力行使のあり方、優れた戦略・戦術や軍隊の指揮・統率など、現代社会においても十分に役立つ最高の兵法書としての教えが数多あります。今回の兵法講座では、6世紀後半の仏教導入をめぐる崇仏派・蘇我氏と排仏派・物部氏の対立激化と武力抗争への発展、これによる物部守屋の滅亡、勢いを得た仏教勢力・蘇我馬子による崇峻天皇の暗殺など、日本史上「最も混迷した時代」の出来事を図や絵を用いながらビジュアルに、分かりやすく解説いたします。
         記
日 時:8月25日(土)13:00開場、13:30開演(16:30終了予定)
場 所:文京シビックセンター5階 会議室A
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
演 題:第13話 敏達天皇から崇峻天皇まで
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください。事前に、「新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一」(宝島社新書486)をお読みいただくと、理解が深まります)。
    (日本兵法研究会会長 家村和幸)
       □◎□◎□○◎□◎○◎□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告  ■宮崎正弘の最新刊予告
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
あさって8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付中)
        △◇△◇△◇△◇△△

  ♪♪♪
最新刊 8月30日発売
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
 (アマゾンで予約受付を開始しました)
        ◎○ 


9月1日発売(予定より三日ほど遅れます)
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1623-0.html
  (↑ 海竜社の紹介ページです。アマゾンで間もなく予約募集開始)
              △◇△△◇△◇△△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』(徳間書店)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)


  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◎◇ ◎◎▽ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)地方講演旅行のため8月25日―27日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/20

     戦後の欧州復興計画は、荒廃したヨーロッパの社会インフラ、経済の立て直しを図ろうとして、米国務長官だったマーシャルが立案し、当時の金額で100億ドルの支援と援助をなした。後半には軍事援助が主体となってNATOへの足がかりとなるのだが、とりわけドイツの復興に力点が置かれた。

    マーシャルはこれによりノーベル平和賞を贈られている。

     

     つまりマーシャルプランとは「公共財」の提供によって援助対象国を経済的に豊かにすることが目的だった。

    中国のシルクロード(BRI)プロジェクトは公共財の提供ではなく、過剰な在庫処分と大量の失業者の輸出であり、巨額のプロジェクト資金も無償援助ではなく、高利で貸し付け、担保を取るという阿漕な高利貸し。すなわち相手国から収奪するのであり、これを「キンドルバーガーの罠」と呼ぶ。←宮崎先生、情報ありがとうございます。きょうも目から鱗過ぎる情報でありました。