国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米国、外国人の土地所有、不動産購入にも厳格な審査

2018/08/19

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月19日(日曜日)
        通巻第5796号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 米国、外国人の土地所有、不動産購入にも厳格な審査
  日本も早急に類似の法律を策定するべきではないのか
****************************************

 中国の米国ハイテク企業買収は事実上禁止された。アリババは外貨送金エージェントの買収に失敗したほど、トランプ政権は関税以外の方法でも、中国の進出に厳しい姿勢を取っている。

 現在、連邦議会は新法を準備中である。それは中国を名指ししないけれども、外国資本の不動産所有、土地の購入に、より厳格は審査をなすとする内容である。日本も早急に、外国人の土地購入を制限する新法を策定するべきだろう。
 具体的には米国への外国資本の投資を審査する「米国外国投資審査委員会」(USFIC)の権限を強化する新法だ。

 切っ掛けとなったのは2014年のウォルドルフ・アストリアホテル買収だった。
中国の安邦保険が、この老舗名門ホテルを買収したが、直後にオバマ大統領が宿泊し、批判された。このホテルには先帝陛下も宿泊され、地下には大統領専用のプラットフォームがあった。

中国資本となったからには、ホテルの施設内にどういう仕掛けが施されたか不明であり、通信機器はシークレットサービスを含め、使用禁止にある(ちなみにポンペオ国務長官が北朝鮮訪問のとき、随員と新聞記者は通信機材の持ち込みを禁止されて上、スマホの使用も禁止された)。

新法への声があがったのはHNA集団(海航集団)が、トランプタワーの近くのビルを買収していたことが明るみにでてからで、当該ビルには警察の施設(交番)がある。

したがって要人の警備上も、問題が多く、さらに危険なのはHNA集団が、国家副主席の王岐山と密接な関係があるからである。

        ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1777回】                
――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(2)
徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

    △
 奉天は「今春以降、頓に活氣を加へつゝありとは、間違なき話ならむ」とした後、「内地政府の一歩前進は、在外邦民の百歩前進を意味し、一歩退却は、百歩の退却を意味する」。「滿洲に於て、既に特殊の位置を、世界列強より識認せられたる我國は、今少しく根本的に、世界の期待に應ずる」ためにも、「我が經綸を徹底的に實行するの力」を「統一」し「集中」し「發揮」すべきだと説く。

 「今春」、つまり大正6(1917)年春の主な出来事を拾ってみると、1月11日には第一次世界大戦が勃発し、3月15日にはニコライ2世が皇帝を退位(ロマノフ王朝滅亡)し、国家臨時委員会が臨時政府を樹立している。
4月4日には日本がロシア臨時政府を承認し、半月ほどを経た4月17日にはロシアに帰国したレーニンが「4月テーゼ」を発表し、ソビエトによる権力掌握の大方針を打ち出た。

  「頓に活氣を加へつゝあり」の根拠をどこに置いているのかは不明だが、徳富は「滿洲に於て、既に特殊の位置を、世界列強より識認せられたる我國は、今少しく根本的に、世界の期待に應ずるの施設なき乎、否乎」としている。
革命によるロマノフ王朝崩壊とそれに続くロシアの混乱によって北方からの圧力が減じたことを奇貨として、満洲における日本の立場を確固としたものにすべきだといった辺りが、徳富の腹積もりではなかったろうか。

であればこそ「内地政府の一歩前進は、在外邦民の百歩前進を意味し、一歩退却は百歩の退却を意味す」るわけであり、かくして「今日の急務は、其力(「我が經綸を徹底的に實行するの力」)の統一にあり、集中にあり、而してまた發揮にあり」となるわけだ。

  「奉天にて見物に値ひする」ところの2つのうちの1つである張作霖との面会を、早い時期の陸軍支那通の1人である菊地大佐の紹介で果たしている。

  「豫て馬賊の親方にて、手から銃殺の刑を行ふ程の荒男と聞き、定めて水滸傳中の人物らしからんと思ひたる」が、豈はからんや「瘦肉?面、寧ろ支那大官流の大?樣然たる福相とは、正反對」で、「ピヨコピヨコ然と小男來り、握手」した人物が張作霖だった。「眼細く、人と對話する時には、正視せず、稍や?に向く風あり、聲極めて小、但だ眼に底光りあり、聲に抑揚あり、顔面稍や緊張の風あり。而して談話の際に往々佗の急所を衝かんとするの機辨あり、又た汝は汝の思ふ如く思へ、我は我がふ如く行はんと、云ふが如き趣ある點に於て、聊か這漢の本色を見る」ようだった。

  徳富は張作霖との間で交わされた会話の詳細を記してはいないが、張作霖は「怖獨病に罹り、獨露同盟して、北滿より直下し來らば如何抔と語」る一方で、「日本政府の態度の曖昧には閉口するとて、頻りに怨言を漏らせり」。彼が支配下に置く盛京省(現在の遼寧省)の年間経費の70%は軍事費というのも、「萬事を差し置き、唯だ兵を養ふ」ためである。だが「其兵が國家の兵にあらずして、張本人の私兵たること勿論也」。それというのも、「吉林の孟督軍、?龍の鮑督軍を操縦して、自から東三省」、つまり満洲全域を押さえることを狙っているからだ。この時、張作霖は「今尚ほ四十三歳の、分別盛りの壯年」だった。

  どうやら徳富は、張作霖が単なる「馬賊の親方」ではなく、いずれは満洲全域に覇を唱え得る人物と見做していたようだ。
それにしても「談話の際に往々佗の急所を衝かんとするの機辨あり」やら「汝は汝の思ふ如く思へ、我は我がふ如く行はんと、云ふが如き趣」といった人物評は興味深い。「ピヨコピヨコ然」とした「小男」ながら、相手の「急所を衝かんとするの機辨」があるだけではない。「汝は汝の思ふ如く思へ、我は我がふ如く行はん」とは、曹操の「寧可我負天下人、天下人不負我(オレが天下に背いても、天下を俺に背かせない)」の『心意気』に通じるものがある。
「馬賊の親方」に一癖も二癖もあり。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)地方講演旅行のため8月25日―27日が休刊です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
***************************************
 ■読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 日本の軍事力(自衛力)が気になってしょうがない中国メディアの中国網、『日本敗戦73周年 日本の艦隊が北欧遠征』などとバカな記事を出している。
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-08/16/content_58916949.htm
 調べてみたら海上自衛隊恒例の練習航海の一環でスウェーデンのストックホルムに寄港しただけ。中国網の写真は護衛艦「まきなみ(DD-112)」ですが練習艦「かしま(TV-3508)」も同行。5月のニュースでは「この航海は163日をかけてインドネシア、アラブ、バーレーン、サウジアラビア、スペイン、スウェーデン、フィンランド、イギリス、メキシコ、アメリカの10カ国12都市、総航程は58,000キロメートルを巡ります」とある。
https://flyteam.jp/news/article/94658

 中国は日清戦争で日本に負けたのがよほど悔しいのか山東省威海市に戦艦「定遠」の復元鑑を展示して「愛国教育」を推進中。
http://www.afpbb.com/articles/-/3021895?pid=14136990
以下、記事の紹介。
『多くの敗戦国とは異なり、中国では日清戦争に敗戦した日を熱烈に迎える。愛国主義
を取り入れ、一党独裁の正当性を主張する中国共産党は、歴史的被害者としての側面を強調しているかのようにもみえる。

『清国軍の艦隊がかつて拠点とした中国東部の山東(Shandong)省威海(Weihai)市沖の自然の要塞、劉公島(Liugong Island)には、日清戦争に関する多数の画像や文書、武器などを展示する博物館がある。ここでは「侵略戦争」を行ったとして日本を非難しているだけでなく、当時の清国の脆弱性や腐敗、後進性などにも矛先を向けている。ある展示コーナーには「屈辱の敗戦…開発の遅れは敗北を招き得る」との一文が添えられていた。

 日清戦争は、数世紀にわたって続いた清国の王朝支配の終焉と、鎖国していた日本の大国として台頭を象徴する出来事となった。それから10年後には、日本は日露戦争でロシアを破って世界を驚かせ、朝鮮半島を植民地化。その後の傀儡(かいらい)政権による満州国建国を経て、第2次世界大戦(World War II)参戦へとつながる1937年の日中戦争に突入していく。
「中国から覇権の座を奪った日清戦争は、アジアにおける旧来の勢力均衡を覆した」と米海軍大学(US Naval War College)の戦略研究専門家、SCM・ペイン(SCM Paine)教授は語る。ペイン教授はあくまで自分の個人的見解だと強調しつつ「以来、中国はそれ以前の圧倒的な優位を回復しようと試みてきた。その優位性は軍事面に限らず、経済、外交、技術、文化に及んでいたものだ」と述べる。

 120年前の日清戦争は、中国にとっては昨日の出来事のようでもあり、開戦の日には毎年、新聞から雑誌、テレビまで国営メディアがこぞってこの題材を取り上げる。国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)は前週の社説で、中国の「史上最悪の敵」に対する敗北は今も「中国の国民精神に開いた傷口」を作ると論じていた。

 劉公島の博物館の1コーナーは「日本による中国支配の欲望」と英語で書かれているが、その出口で目にするのは中国の近代的な海空軍力を再確認させる映像の数々であり、来館者に無敵とはいわずとも「安心できる」メッセージを伝えて帰宅させるかのようだ。
 そうしたコンセプトは来館者に届いている。16歳の男子学生はこう述べた。「中国は今や強くなったと思うし、僕たち中国人は本当の意味で歴史に向き合うことができると思う。今や僕たちは自分たちの国の主権を守ることができるし、昔のように日本に頭を下げることはないだろう」』
 いやはやなんとも、中国が日本をどれだけ恐れているのか、中国人は未だ帝国主義の時代にいるようです。日中の軍事交流で人民解放軍の将軍の勇ましい発言に対し、自衛隊側は「いつでも相手をする」というと中国側は押し黙ってしまう、という話があります。
日中間の戦争を抑えるには自衛隊の抑止力だけでは足りません。中国人の発想なら日本が北京・上海を攻撃できる能力を持たない現状では核で日本を恫喝できると思っているのかも。
 日本は半島民の成りすましだけでも手を焼いているのに、さらに民度の低い大陸民の面倒を見るなど真っ平御免。日本の長い歴史では大陸・半島と関わるとろくなことがなかった。中韓が経済的に自滅しつつある今、日本は生暖かく見守りつつ、日本への影響を最小限に抑える策が必要ですね。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)江沢民時代に、劉公島の甲午戦争記念館を見学しに行ったことがあります。青島の威海衛から船がでていて、島全体が軍事施設の再現でしたが、客は釣り人ばかりで、海岸沿いに海鮮料理の屋台が並んでいました。
十数年前ですので、いまはわかりませんが、記念館の入り口に、あの特徴のある江沢民の揮毫がありました。しかし、当時の展示パネルには「日本に負けた」とは書いてなかった記憶があります。



  ♪
(読者の声2)貴誌5754号の投書子が「日本で孔子学院の廃止がなぜ問題にならないのか」という意見を寄せていましたが、老生も満腔の賛意です。最大の理由は孔子学院で、儒学を教えず、孔子の教えと対極的な中国共産党の政治イデオロギーが濃厚、まるで中国のプロパガンダの施設ではないですか。
 広く国民運動の拡大を期待したい。
   (SD生、神戸)


(編集部から)同様なご意見を多数いただきました。

       □◎□◎□○◎□◎○◎□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告  ■宮崎正弘の最新刊予告
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
最新刊  8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付中)
        △◇△◇△◇△◇△△

  ♪♪♪
最新刊 8月30日発売
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、256ページ。定価1296円
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646716
 (アマゾンで予約受付を開始しました)
        ◎○ 


9月1日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1623-0.html
  (↑ 海竜社の紹介ページです。アマゾンで間もなく予約募集開始)
              △◇△△◇△◇△△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』(徳間書店)
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円)  
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)


  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 藤井厳喜『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社、1296円)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社)  
宮崎正弘 v 石平『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◎◇ ◎◎▽ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告)地方講演旅行のため8月25日―27日が休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。