国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<パキスタンでまた中国人を狙った自爆テロ

2018/08/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月12日(日曜日)
        通巻第5788号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パキスタンでまた中国人を狙った自爆テロ
  バロチスタン州は、独立運動が盛ん。イスラマバードの統治及ばず
****************************************

 8月11日、パキスタンでまたも中国人を狙った自爆テロが発生した。
 現場のダルバンディンはクエッタから340キロ南西に位置しており、イランに近い。この国道上で、中国人三名を載せたバスが襲撃を受けた。
このミッションは、イランとの国境付近で銅、金、銀の鉱脈を探査する鉱山エンジニアが三名、ほかに運転手と二人のパキスタン兵隊が警備していた。

 ハイウエイに止まっていた車が、この中国人バス通過時に爆発し、六名が負傷した。自爆テロで、ただちにバロチスタン解放同盟(BLA)が犯行声明を出した。
 バロチスタンはパキスタン中央政府の統治が及ばない無法地帯が多く、州都のクエッタでも中国人教師の誘拐事件が起こり、一人が殺害されている。

 中国が進めるCPEC(中国パキスタン経済回廊)の建設現場ではテロが頻発しており、すでに数名の殺害がでているため、7000名の中国人労働者を警備するために、パキスタン軍は15000名を派遣して、安全を保証している。
真っ逆さまのポンチ絵である。
 そのうえパキスタン政府は、30000名の兵力増派を考慮中である。

 このCPECはシルクロードも目玉プロジェクトでもあり、570億ドルを投じての建設だが、すでにパキスタンの外貨は払底し、中国は緊急融資に応じている。でなければIMF管轄下に入り、プロジェクトの中止が勧告される可能性が高いからだ。
 結局、CPECプロジェクトは総額620億ドルに達することが予測されている。新政権誕生でも、パキスタン経済が中国依存という体質は変わらないだろう。
   ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1774回】                
――「實に亡國に生まれたものは何んでも不幸である」――釋(6)
釋宗演『燕雲楚水 楞伽道人手記』(東慶寺 大正七年)

    △
 大連を離れ渤海湾を南下して青島へ。青島から「山東線に依つて中部支那に深く入り込む」ことになる。「停車塲は何れも畑の中に獨逸式の建物で淋しく孤立している」。これら駅には「汚い乞食の樣な支那人」が溢れ、その中に「日本人の驛長や憲兵が混つて活動してゐるのがなんとなく氣強く思はれた」。

  やがて驕に乗って始皇帝が頂上に立って天を祀ったことで知られる泰山に登る。
  「岩谿の清冽な水の流れに添ふて驕は進む、兩側に松柏の並木が來たり石橋が來たりする、狹い景ではあるが支那趣味で滿ちてゐる」。
すっかり「支那趣味」に浸っていると、「時々子供の乞食に襲?される」。「それが路傍の百姓の子で遽かに乞食に成る」。どは、どのようにして乞食になるのか。「母の指揮命令の下に突貫してくるのもある、五月蠅いのとひつこいので詩興がそがれる」。
その母も「母の指揮命令の下に」、泰山遊山の客に「突貫」した。かくて親から子、子から孫、孫から曾孫、曾孫から玄孫と乞食稼業は伝承されたのか。

 さて「一個は奥の谿谷に面した一室に陣取つて晝辨當」となった。
じつは「茲は尼寺で若い尼が昔は澤山居て朝のお勤めに身が入らず、夜の怪しいお勤めに綿々密々であつたそうだ」。夜ごとの「綿々密々」のお勤めによって極楽弥陀の浄土の愉しみを堪能したということは、尼寺は廓であり、尼は女郎だった。いや廓を尼寺風に設え、女郎がコスプレで尼に扮したということか。もう廃れた風習だと思ったが、「今でも多少其の惡習があるとの事で、現に汚い尼が澁茶抔運んでヒョコヒョコ出て來た」そうな。

  泰山を下りれば定番コースは孔子廟詣となる。
 「殿堂を仰いで昔を思ふと色々の妄想が出る、後世の人に絶大の尊敬を受けてかくの如き立派な殿堂を建てさした孔子は實に偉い」。だが「其の裏面を推察すると多くの人民の膏血を絞つて、或は重税をかけ或は勞働を強制し、悲惨な苦痛を甜めさせた事が數限りなくあつたであらう」と。人民に痛苦を強いたことは「孔子の意に合致してゐようか」。

  ここで一転して現実に戻る。「支那は孔子を始め聖賢人の輩出が引續きあつたにせよ、今の有樣はどうであらう、此の貴い精神は國民から抜け出てゐるのではなからうか、堂内で孔子の像も欠呻をやりだすだらう、實に亡國の状態は鐵をも腐らすと云ふが洵に恐ろしい事ではないか」。
そうだ、そうだ、その通り。

  ここまで来て國教もなにもあったものではないことに、少しは気づいたようだ。
  旅は続き徐州へ。「ムクムクと舞ひ上る塵埃を吸」いながら徐州城内を見物する。「狹い汚い火事場塲の樣な騒ぎの中を無暗に行つたが、仲々苦しいものだ。彼等は毎日譯もなく樣々な事を繰返してこの塵埃の中に生活してゐる、實に哀れな不幸な人民である」。加えて「宿屋の前庭も通行人が素通りするから、各自の部屋には鍵をかける、全く油斷も隙もならない所であつた」。

 夜寝ると「豚のいかにも苦しい悲鳴が前の往來から聞えて」くる。「實に可憐そうで堪らなかつた」。昼は昼で血潮に染まった豚を眼にした」。「支那人の殘性を恐しく思つた」。ところが残忍なのは人間だけはない。首を切られ苦しんでいる雄鷄に向って「他から雄鷄が飛出して頻りにその頭をこついでゐる」ではないか。「實に亡國に生まれたものは何んでも不幸である」そうな。

  嵩山少林寺に詣でる。
「初祖菴の凡ての建物は何れも極めて荒廢して修繕する事も出來ず全く手の附け樣もない程の慘状である」。その昔は「四圍山鬱々、一徑柏森々」と詩に謳われた周囲の山々は、「恐らくは後世人の濫伐に逢うて、平凡極まる殺風景の谿壑となり果てゝ仕舞つたのだらう」。「實に亡國に生まれたものは何んでも不幸である」のだ。
    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 歴史・公民>新東京塾・第8回研修会のご案内です。「正統な皇統〈萬世一系〉の護持 ・ 國體破壊〈内外諸工作〉の阻止」
      記
日時   平成30年9月22日(土)13時00分〜16時30分
会場   文京シビックセンター・5階 会議室 C
1)  講演 ? (13:10〜14:10)
      「御代替わりにおける皇室儀礼・皇宮中祭祀とは−その歴史と意義を考察する−」            講師 小川揚司氏 (つくる会 東京支部 顧問)
2) 講演 ? (14:20〜15:50)
   「反日日本人が推進する『女性宮家』は日本解体の一里塚−如何に阻止するか−」        講師 水間政憲氏 (近現代史研究家・ジャーナリスト)
3)  質疑応答(16:00〜16:30)
                応答者  水間政憲氏、小川揚司氏
会費 研修会1500円(予約優先で先着 概60名様まで)
    懇親会 4000円(予約制で 先着30名様まで)
主催 「新しい歴史教科書をつくる会」東京支部
連絡先 小川 揚司    TEL090−4397−0908
                          FAX 03−6380−4547
                MAIL  ogawa1123@kdr.biglobe.ne.jp



  ♪
(読者の声2)日本文化チャンネル桜から番組のご案内です。
「闘論!倒論!討論!2018 日本よ、今...」 テーマ:「どこへ行く習近平政権」(仮)
北戴河会議後の中国習近平政権の行方について議論します。
放送予定:8月25日(土)夜公開
日本文化チャンネル桜。YouTube」「ニコニコチャンネル」
「Fresh!」オフィシャルサイト。インターネット放送So-TV
<パネリスト:50音順敬称略>
河添恵子(ノンフィクション作家)
坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
野口裕之(産経新聞政治部専門委員)
ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授・チベット文化研究所名誉所長)
宮崎正弘(作家・評論家)
鳴 霞(月刊「中国」編集長)
山田吉彦(東海大学教授)
 司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
(日本文化チャンネル桜)
        □◎□◎□○◎□◎○◎○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です  ■宮崎正弘の最新刊予告です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
月末に宮崎正弘の新刊が三点、そろいます!
最新刊予告(その1)
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、8月29日発売予定 予価1200円
        ◎○
  ♪
最新刊予告(その2) 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

 最新刊予告(その3) 8月29日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、予価1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  (間もなく予約募集開始します)
              △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□★◇◎◎▽★□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/12

    パキスタンでまた中国人を狙った自爆テロ

    バロチスタン州は、独立運動が盛ん。イスラマバードの統治及ばず 8月11日、パキスタンでまたも中国人を狙った自爆テロが発生した。 現場のダルバンディンはクエッタから340キロ南西に位置しており、イランに近い。この国道上で、中国人三名を載せたバスが襲撃を受けた。このミッションは、イランとの国境付近で銅、金、銀の鉱脈を探査する鉱山エンジニアが三名、ほかに運転手と二人のパキスタン兵隊が警備していた。←宮崎先生、情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/08/12

    匿名希望

    U.S.' Pompeo warns against IMF bailout for Pakistan that aids China | Article [AMP] | Reuters



    https://www.reuters.com/article/us-imf-pakistan/u-s-pompeo-warns-against-imf-bailout-for-pakistan-that-aids-china-idUSKBN1KK2G5