国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読 <<寧夏回族自治区でモスク移転改築めぐり、ムスリムが反対、大騒擾

2018/08/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月11日(土曜日)弐
        通巻第5787号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 寧夏回族自治区でモスク移転改築めぐり、ムスリムが反対、大騒擾
  清真寺を建て替え、アラブ風を中華風の寺院にせよと地区党委員会
****************************************

 8月20日、寧夏回族自治区の辺鄙な地方に、陸続とムスリムが集まりだした。
その数およそ数千人、寺院に泊まり込みを開始し、長期戦にそなえる構えだ。庭には大きな鍋が二つ用意され、大量の食糧も運ばれているという。

回族とは、イスラムに改宗した漢族を中心に中世からのトルコ系、ペルシア系が混在し、となりの甘粛省、陝西省などに散在するイスラムを含めると、およそ一千万人がいる。

 中国は革命後、これらの宗教活動を監視し、あるいは規制を強化して、各地のモスクを監視下においた。
中国でモスクは「清真寺」と呼ばれる。コルランは、一切禁止されており、一日五回の祈りの時間も締め付けが厳しいために、実践できない信徒が多い。

 とりわけ新橿ウイグル自治区のカシュガル、ホータンなどでは環境整備などとして、古くからの寺院を取り壊し、住民を団地に強制移動させるなど、モスク周辺には特段の取り締まりをしてきた。

 寧夏回族自治区は、しかしながら砂漠の真ん中、唯一の都会である銀川はオアシスとし栄え、緑も多く、古代の「西夏王国」が栄華を極めた。風の強い街だ。
近年は共産党の政策によって、漢族の入植が激しく、70%の住民がいまや漢族となった。

一段と監視を強化し、規制を強めるために、地区の清真寺を建て替え、アラブ風を中華風の寺院にせよと地区党委員会が命じた。

場所はウェイゾウ(偉州? 音訳)で、この土地のモスクは地域住民のコミュニティの象徴でもあり、これを破壊して、あたらしい清真寺に改築すると言われても、住民は納得しない。壊したままのケースが多いからだ。

 沿岸部ではキリスト教の教会がつぎつぎと破壊され、信者は地下に潜った。イスラム寺院はまだ多く残るとはいえ、内蒙古省フフホトのように、完全に街が作り返されたところもある。宗教をめぐる騒擾事件、つぎに何が起きるだろうか。
    
   ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 靖国忠霊祭が今年も8月15日、下記の要領にて斎行されます。
【日時】8月15日(水)午後1時着座
※午後0時45分までにご参集ください
※午前11時30分より参集殿前にて受付を開始いたします
【集合場所】靖国神社参集殿
【玉串料】 1人3000円を目安にお願いいたします
【記念写真】祭典の後に遊就館の前にて記念撮影を行います
【お問い合わせ先】靖国会事務局09031052030(沼山光洋)
以上、謹んでご案内いたします。

 靖国忠霊祭は昭和36年8月15日、旧侯爵の徳川義親氏を総代、旧帝国陸軍大将の今村均氏を副総代として始められました。
今年で第58回目となり、毎年300名を超える方々が参列されます。靖国忠霊祭を司っているのは、民間在野の敬神尊皇団体である靖国会です。靖国会は平成最後の夏となる現在、天皇陛下靖国神社御親拝祈願を強く強く強く執り行っています。
 天皇陛下靖国神社御親拝祈願のため、昨春には靖国会事務局長の沼山光洋氏が北海道から沖縄まで全国各地の護国神社を巡拝いたしました。
 靖国会については同会のホームページ
http://yasukunikai.com/
をご参照ください。なお、現在の総代は第9代となり、元航空幕僚長である田母神俊雄氏が務められています。
   (三澤浩一)



  ♪
(読者の声2)弱り目の習近平と言います。反日を抑え込んで、日本にゴロニャンと、異様な態度で、擦り寄ってきています。
これこそ、またとないチャンスではないでしょうか。いまこそ安部首相は靖国神社に参拝してほしいものです。
    (SE生、山梨)



  ♪
(読者の声3)「日本文化を学ぼう会」主催、「板垣退助」講演会の案内をさせて頂きます。
平成30年は明治維新150年、明治の元勲:板垣退助百回忌。
第1部:久野潤先生に、板垣退助を講義して頂きます。
第2部:板垣退助の遺著『立国の大本』に訓点註釈を施したことで知られる、退助玄孫の高岡功太郎氏をお迎えしてのトークセッションを予定しております。
    講師:久野潤先生:昭和55年大阪府生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、京都大学大学院法学研究科修了。学問的専門分野は近現代日本の政治外交とその背景思想で、
これまでに大阪国際大学や皇學館大學で政治・経済・外交系の講義を担当。現在は大阪観光大学専任講師、名城大学非常勤講師、一般財団法人竹田研究財団 理事、日本国史学会事務局長。著書に『新島八重』(晋游舎新書)『帝国海軍と艦内神社』(祥伝社)『帝国海軍の航跡』(青梅堂)のほか、共著書多数。
     記
日時:平成30年8月25日(土)午後2時より受付
場所:芦屋市民センター 2階203号室
http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/shimin_center.html
   芦屋市業平町8-24 、電話0797-31-4995
会費:1000円(学生無料)
   ※講演会終了後、簡単に懇親会を行います。
主催:日本文化を学ぼう会
お問い合わせ先:井上090-5250-8196、mail : ginza1929@gmail.com
協賛:一般社団法人 板垣退助先生顕彰会

  ♪♪♪
(編集部から)訂正とお詫びです。
通巻第5786号 「アップルの共同創業者であるセルゲイ・ブライン」 → 「グーグルの共同創業者であるセルゲイ・ブライン」です。
前々号の「松村健三」は「謙三」でした。謹んで訂正します。

        □◎□◎□○◎□◎○◎○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です  ■宮崎正弘の最新刊予告です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
月末に宮崎正弘の新刊が三点、そろいます!
最新刊予告(その1)
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、8月29日発売予定 予価1200円
        ◎○

  ♪
最新刊予告(その2) 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△
  
♪♪
 最新刊予告(その3) 8月29日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、予価1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  (間もなく予約募集開始します)
              △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

  ♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円)  
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□★◇◎◎▽★□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。