国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <中国軍「極超音速巡航ミサイル」が米のミサイル防衛網を突破できる

2018/08/10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月10日(金曜日)
        通巻第5785号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

米、「宇宙軍」創設を本格化、ペンス副大統領がペンタゴンに乗り込む
中国軍「極超音速巡航ミサイル」が米のミサイル防衛網を突破できるからには
****************************************

 「アメリカ防衛のアキレス腱」とは、ミサイル防衛網が突破されるというリアルな脅威が目の前に迫っていることだ。
中国が四年前から公表し始めた「極超音速巡航ミサイル」(コード名=WU14)は、核弾頭も搭載し、従来の東方31など長距離ミサイルとは、設計概念が異なる。

 秒速8キロ。時速12000キロ。これまでに西側の巡航ミサイルでも、時速は最速で900キロだ。
 この中国の「極超音速巡航ミサイル」は、パトリオット、THAADなど米のミサイル防衛網を楽々と突破できる。

 「宇宙は新しい戦場となる」とペンス副大統領は演説をしている。8月8日、ペンタゴンに乗り込み、幹部を集めて「宇宙軍の創設を早急になすべきである」と、トランプ大統領が言い出した「宇宙軍」のアイディアをより具体化して、「2020年が目標だ」と期日も、明確化したのだ。

 マティス国防長官はこれまで慎重だった。「国防予算の削減と効率化が優先事項である」としてきたからだが、国防省の機構の大再編に繋がるゆえ、これは一大事である。
なぜなら、従来の五軍体制(陸海空、沿岸警備隊、海兵隊)に「第六軍」としての宇宙軍が加わることになり、そうした宇宙軍の創設が、大統領国家安全会議で検討され、国防省の頭越しで具体化が進んでいたことにもつむじを曲げたと言われる。

しかし、いまや組織のメンツとか派閥争いに興じている閑はなくなった。あまりにも急速な中国のミサイル技術発展ぶりに、ペンタゴンは喫緊の脅威と認識した。

 ホワイトハウスはペンタゴンとの協議にはいって「準備会議」を急がせ、同時に議会への根回しを始めていることが分かった(ワシントンポスト、8月9日)。
「この目的のため、向こう五年間で、80億ドルの追加予算を議会に求め、超党派による宇宙軍創設の立法化を進める」と同紙は報じている。
 
 最初はレーガン政権が主張していた「スタ―ウォーズ」の延長線上にある、思いつきと考えられたトランプの「宇宙軍」創設は、意外な速度で、具体化が進捗している。

        ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 日本文化チャンネル桜からお知らせです。番組名:「闘論!倒論!討論!2018 日本よ、今...」 
テーマ:「もし大東亜戦争の開戦が無かったら?」
放送予定:8月11日(土)夜公開。
日本文化チャンネル桜。「YouTube」「ニコニコチャンネル」「Fresh!」オフィシャルサイト、インターネット放送So-TV
<< パネリスト:50音順敬称略 >>
岩田温(政治学者・大和大学政治経済学部専任講師)上島嘉郎(ジャーナリスト)
小堀桂一郎(東京大学名誉教授)、高山正之(コラムニスト)、田中英道(東北大学名誉教授)、西岡力(「救う会」全国協議会会長。モラロジー研究所歴史研究室室長)
林千勝(戦史研究家)、宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)



  ♪
 (読者の声2) 今週の民放のニュース番組、中国江西省で「火葬以外は禁止する」という当局が住民の反対を押し切って棺桶を重機で破壊する映像が放映されました。
中国の農村部の伝統として今でも生前に棺桶を用意しておくのは当然で、子供たちが何年も金を貯めて作ってくれた棺桶を無慈悲に没収され破壊される様子を見ると、省政府を飛び越して習近平が恨まれるのではと余計な心配をしてしまいます。
http://toychan.blog.jp/archives/53927277.html
 2014年に安徽省で火葬を義務付ける政策を打ち出しと際には高齢者の自殺が増加した
という。
https://matome.naver.jp/odai/2140145994785018101?&page=1
 パール・バックの「大地」には革命政府(国民党政府)が新首都建設のため、古い食堂や商店を有無をいわせず破壊する場面が出てきます。百年経っても中国人のやり方は同じだとよくわかる映像でした。
   (PB生、千葉)
○◎○□ ○◎○□ ○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1773回】           
――「實に亡國に生まれたものは何んでも不幸である」――釋(5)
 釋宗演『燕雲楚水 楞伽道人手記』(東慶寺 大正七年)

    △
 「民國の御大將馮國璋」と釋宗演の話は1時間ほど。「一國の大總統丈に宗?方面にも多少考へを持つて居られた事を喜び且つ感謝するものである」などと記すが、2人の会話を読む限り、釋宗演が『受け太刀』であったように思える。

  いったい当時の日本人の通例で、釋宗演もまた自らが学んだ漢学知識によって描き出した支那像に基づいて判断を下す。
だが、それは飽くまでもバーチャルなものであり、バーチャルであればこそ自らが現地で見聞きする現実とは違って当たり前だろう。だからこそ自らが抱くバーチャルな支那像を現実に沿って修正すべきはずを、敢えてそうはしない。
なぜだろうか。とどのつまりはバーチャルを実相と思い込み、現実を間違いと見做すがままに判断を下してしまうからこそ、いよいよ現実とはかけ離れてしまう。だが、それは飽くまでも日本人が描いたバーチャルなイメージに過ぎないのである。釋宗演が思い描いてきた国教、儒教、仏教と相手のそれが違っていて当り前であることを自覚しないゆえに、行き違いが起り、誤解が生じ、時に不必要な対立が生まれてしまうのではないか。

  次いで釋宗演は総理の段祺瑞と面談する。「氏は軍人上りだから宗?には縁が遠いので」、「民國の御大將馮國璋」との話程には面白くはなかったそうだが、ここでも釋は「宗?の必要を説いて孔子?をして不文の國?とすることを奨め」ている。だが「總理は孔道を宗?として認めない」という立場に立ち、釋の提案に賛意を示すことはなかった。

  次いで「?育總長の范源漉氏を尋ねた」が、ここでも釋は「例によつて國?に就いて説」くのだが、范は「現に國?を定むるの當否を論じて大問題となつてゐる」と語るに止めた。かくして当然ながら「談話は別に面白い事もなかつた」のである。

  当時の政府で親日派として知られ、後に1919年の五四運動の際、反日学生によって襲撃された交通総長の曹汝霖を訪ねている。
ここでも釋は「例に依つて孔子?と國?との關係を説」いたものの、曹は「現今の状態では希望はあつても實行する程の餘裕がない」と応えてい。釋がなぜ、ここまで他国の国教化にこだわるのかは不明だが、そこは日本ではないことにそろそろ気づいてもよさそうなものを。

  会話の中で曹は、「支那人は僧侶の肉食帶妻を非常に嫌つて、そんな破戒の僧侶は斷じて相手にしないと云つてゐた」。
さらに「此の事は日本の僧侶に熟考して貰ひたい事柄で、實際肉食帶妻の僧は全然今の支那人を?化することは出來ないだらう」と続けた。かりに釋が妻帯していたするするなら、強烈な皮肉としかいいようはない。

 当時、本願寺派などは布教に乗り出していたことから、日本布教権問題が懸案になっていた。
この問題に対し曹汝霖は、「米國の宗?家の如く眞面目でやれば好いが、既に過去に隨分面白くない事を散々にやつたから大いに困る」と述べた。
この親日派の言を、釋はどう聞いたのか。それにしても「ワザト自己の寺を焼いて置いて、その原因を支那人にかこつけて賠償を澤山分取らうとした」り、「亞片やモルヒネを密賣した」り、「車夫を撲つた」りと、日本の坊さんも“大活躍”をしていたらしい。

 それにしても「米國の宗?家の如く眞面目でやれば好い」と言うが、その「眞面目」の内実が知りたいところである。

 北京を離れ天津経由で大連へ。大連では満鉄で「『生と死』と云ふ題で一時間以上の講演」をしたり、落?の身を寄せている肅親王に食事に招かれたり。大連を去るに当たり、「市の整然たる港や建築物或は道路殖林又は交通機關等種々萬端の設備、夫れから日本人の一大勢力や滿鐵萬能を今更の如く記述するも始まらない、別に珍しい事でもなく且又能く世人の知つてゐることであるから」と、敢えて言及を避けている。

    □◎□○ひ△◎□◇い○◎○□ず□◎□○み○◎○□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 突然ですが、宮崎正弘の新刊予告です 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
突然ですが新刊予告です
宮崎正弘『米中貿易戦争で始まった中国の破滅――世界各国の取材で見えた実相』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 徳間書店、8月29日発売予定 予価1200円
        ◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 アンディ・チャンのアメリカ情報  アンディ・チャンのアメリカ情報  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
アメリカが危ない。民主主義が暴発に近くなっている
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

AC通信:No.704 Andy Chang (2018/8/08)
AC論説 No.704 アメリカ民主主義の変遷

アメリカが危ない。民主主義が暴発に近くなっている。
毎日大きな都でデモが起きている。しかも理由いかんに関わらず殆どのデモンストレーションの根本は反トランプなのだ。あと90日に迫った中間選挙に向けて民主党は政策目標をすべてトランプに向けている。人種差別、違法移民、国境に塀を作る、女性問題と堕胎合法化問題、みんなトランプの責任にして、毎日のように各都市で黒人、違法滞在者、女性グループなどがデモを行っている。
 
デモは何の結果も生まない。
大量の民衆が仕事をせず、街頭でプラカードを掲げたり大声で叫んだりして交通を麻痺させ、警察はデモの暴発を警戒するために出動する。何たる資源とエネルギーの浪費。
しかも各都市では警察がデモや暴徒を制御できなくなっているので、いつデモが暴発してもおかしくない状態だ。先週の週末はシカゴで銃撃事件が多発して金曜から日曜の三日だけで75人が負傷、17人が死亡した。

アメリカでは民主党系市長の大都市が勝手に聖域都市(Sanctuary City)と称して違法移民を放縦し、警察はほとんど無力、違法滞在者が犯罪を犯しても拘束せず放免するようになった。違法入国者を送還してもすぐにまた違法入国して聖域都市にやってくる。
聖域都市では彼らを捕まえない。民主党議員のなかにはICE(Immigration and Custom Enforcement=移民警察)を解散しろ、国境を開放しろという者もいる
国境を守れずスパイやテロが簡単に潜入するようになったら国家の安全は赤信号である。

●国家と国民の相互関係

 人が集まって共同生活をするため国家を作る。国は国民の安全と自由人権を保障し全体に共通する国法を作る。国民は国を愛し国を守り法律を遵守しなければならない。これが国と国民の相互関係と双方の義務である。国家は人の自由人権を守り、国民は国家の制度を守らねばならない。
 行政、立法と司法は国家の基本であり、国民は国法を守る義務がある。今のアメリカは群衆が街頭でデモンストレーションを行って国家に抗議し、国に反対することを唆す者が社会の混乱を招いているのだ。警察が無力で法を維持できなくなればデモ民衆は簡単に暴徒化する。

●自由を放任すれば暴徒化する

 憲法で言論の自由と集会の自由が保障されているから、どんな不合理なことでも主張できるし集団で抗議デモも出来る。だが言論と集会の自由とは他のグループにも同じ自由と権利があることを認め尊重しなければならない。
 去年の今日、バージニア州のシャーロッツビルで保守のデモにサヨクが大挙して抑え込むデモが起きて暴動になった。この事件が起きる数週間前から、サヨクがアメリカ南部州の各地で南北戦争の南軍の旗を掲げることに抗議し、リー将軍の銅像を引き倒す暴動が多発した。
これに保守が不満でシャーロッツビルでサヨクとホシュのデモが衝突、一人の若者がキレて車を運転して群衆に突っ込んだのだった。

 最近はこれに似たような事件が起りそうな状況になっている。
ホワイトハウスのサラ報道官とその家族があるレストランに入って食事をしようとしたらオーナーにサービスを拒否されて追い出された事件があった。この事件が起きたあと、民主党のウォータース議員は街頭で集まった群衆に向かって、トランプや彼の部下や公務員を見つけたらレストランでもデパートでも、みんなで野次や悪罵で苦しめてやれと煽動した。
国会議員が反政府、反トランプを街頭で宣伝したのだ。

●自由と権利の集団化

憲法は個人の自由と権利を保障する。サヨクは個人の自由と権利でなく、集団の権利を主張する。数が多ければ何をやっても構わない、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」である。

 アメリカは多民族国家である。国家の安全より民衆問題、いろいろな違ったグループの要求を優先するから問題が多い。
黒人問題、違法移民、女性問題、セクハラ問題、堕胎合法化の論争、麻薬の氾濫、貧富の格差、これに加えて社会主義者が共産思想に似た大衆運動をしている。メディアは正論を報道せず勝手な私論で視聴率を高める。これがアメリカの現状だ。
 中間選挙まであと90日、サヨクの横暴が増幅して暴徒化したら大変だ。しかも彼らの目標が反トランプに集中しているのは危険である。

トランプは織田信長に似たところが多い。織田信長は桶狭間の急襲で今川義元を倒したあと数年で天下を取ったが、性格が悪いので悲惨な結末を迎えた。
トランプも性格は決して良くないし、世間の顰蹙を買う言動が多いが、大統領としての業績は悪くない。
心配なのは民主党が選挙宣伝でトランプ憎悪を大幅に宣伝しているのに加えて警察は無力、聖域都市はサヨクの横暴を慫慂し、三大メディアも反トランプに加担していることだ。
選挙まであと90日、この期間に世情がどのように悪化するか、どのような形で暴発するかが心配だ。
              (アンディ・チャン氏は在米評論家)
  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です  ■宮崎正弘の最新刊予告です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊予告 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△
  
♪♪
 最新刊予告(その2) 8月29日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、予価1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  (間もなく予約募集開始します)
              △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□★◇◎◎▽★□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。