国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」とトランプ

2018/08/09

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月9日(木曜日)弐
        通巻第5784号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」とトランプ
   私的な夕食会で、おもわずホンネ? 中国は日本に異様な擂りより
****************************************

 慰安婦に関してのシンポジウム(8日、上海で予定されていた)を突如、中国は中止した。日本を刺戟したくないから?

その一方で、むかしむかし日中友好に尽くした松村健三を偲ぶ会などと、誰もが名前さえ忘れた人を思い出した。不利になると、昨日まで敵視して罵詈雑言を浴びせてきた日本が、急に懐かしくなったらしい。

北京で開催された「松村健三を偲ぶ会」には富山県出身の政治家もかけつけ、日中国交正常化に尽くした政治家の想い出を語ったそうな。

さて中国を顔面蒼白にしたトランプ大統領は、夏期休暇中だ。
ニュージャージー州にあるトランプのゴルフクラブで、8月8日、私的な夕食会が開かれ、メラニー夫人、イバンカ夫妻、クドロー国家経済会議委員長らが出席した。
この私的な夕食会に13人が招待されたが、主にトランプと長い友人関係にある財界人。ペプシ会長、ボーイング、ジョンソン&ジョンソン、クライスラー、アーンスト・ヤングなど錚々たる大企業幹部である。

 席上、トランプは思わずホンネを漏らしたという(サウスチャイナモーニングポスト、8月9日)。
 「あの国からアメリカにやって来る留学生らは全員がスパイだ」
 「あの国」の名指しはなかったが、誰が聞いても、どの国かは明らかだろう。

        ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 ハッカーに襲撃され情報やデータが盗まれている
   中国と北朝鮮の「情報泥棒」の手口と、その防御策

  ♪
浜口和久、江崎道朗、坂東忠信著 イラスト=富田安紀子
 『日本版 民間防衛』(青林堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ときおり地政学的・軍事的な危機が迫ると、日本でも「民間防衛」について熱心に語られた時代があった。昭和三十年代からしばらくは、モデルがスイスと言われた。
しかし国内擾乱、共産革命の危機が去ると皆は関心を失い、日常の安逸さに埋没してしまう。自衛隊退役の予備自衛官が、いかに少ないか、信じられないほどの体たらくを示すのが、平成の日本だ。
しかも拉致被害に遭おうと尖閣に中国の軍艦が押し寄せようと、日本の空が敵機で蔽われようと、目の前に危機に鈍感となり、何をどうしたら良いのか分からない。
まともな防衛策を主張すると、左翼メディアは「極右」などと言いがかりをつける。中国の敵対行為をなかったかのように意図的な印象操作を展開するのだから、利敵行為である。
軍事的侵攻を受けたときだけではなく、日本は二十四時間、中国からの「間接侵略」を受けている。だが、国民は不感症なのだ。よほど鈍感か、無神経か、それとも善意の塊なのだろうか?
 この本は戦国武将時代からの地政学に詳しく城の研究家でもある浜口氏と、戦中のスパイ活動や現在の諜報工作の専門家である江崎氏と、そして移民問題に鋭角的な問題提議をつづける警視庁刑事出身の坂東氏との合作、まさに名物トリオの執筆陣となった。
 民間防衛の役割が平易に、イラスト入りで説かれ、テロ、戦争、移民問題、そして地震、異常気象、災害など予期せぬ事態に遭遇したときに、いかに対応するかのマニュアルでもある。
 第一章の「テロとスパイ工作」、第二章『戦争』、第三章が「自然災害」と、これらは浜口氏の執筆範囲である。第四章の『移民問題』はこの人をおいて専門家はいないと言われる坂東氏。そして第五章「インテリジェンス」が江口氏と、まさしく適材適所の陣容で、内容は多彩にみえて、一貫した整合性がある。
 
 さて中国がハッカー攻撃で標的とするのは何々か?
 指揮系統をずたずたにし、日常生活を成立させなくするには、まず首相官邸、放送局、ガスタンク、水道施設、発電所、化学工場、鉄道、空港、石油コンビナート、駅、通信網、金融ネットワークなどである。
 すでに日本の官公庁や大手企業の被害は続出しているうえ、年金機構が狙われ、125万人分の個人データが盗まれてしまった。
 中国ばかりか北朝鮮のハッカー部隊も格段の進歩を遂げているとの指摘がある。
 北はサイバー戦力の一元化を図り「人民武力部偵察局隷下にあったサイバー部隊121所を偵察総局の直属とした。(中略)兵力をそれまでの500人から3000人の規模に増強している。」
 その目的は韓国軍の機密資料をハッキングし、指揮系統を痲痺させることにある。
「現役軍人や入隊対象の青年に厭戦思想を広めて、戦闘力の質的な瓦解を実現し、国内対立を煽り、社会的混乱を増大させるなど、韓国社会を根底から揺るがすことまで想定している」という(59p)。
 また北朝鮮は「朝鮮コンピュータセンター(総勢4500人)が中心となって、日本の重要インフラのコンピュータシステムへのサイバー攻撃のシミュレーションを行っている」(60p)。
 油断大敵である。
    ▽◎◇◎ ◇◇▽◎ ◇◎◇◇ ◇◎◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 週末開催の千田会はメディアでお馴染みの評論家 潮匡人先生講演会「激変する安全保障」です。
 具体性に乏しい形で合意に至った米朝会談、その影響と今後の日本の安全保障について、メディアでもお馴染み、安全保障の第一人者である潮匡人先生が目からウロコ間違いなしの内容で語ります。皆様のご来場をお待ちしております。
【講 師】潮匡人(うしお まさと)先生 国際安全保障学者、評論家
https://sites.google.com/site/ussy02
 プロフィル(昭和35年生まれ。早稲田大学法学部卒。旧防衛庁・航空自衛隊に入隊。航空教育隊区隊長、第8航空団計器 小隊長、同304飛行隊付幹部、大学院研修(早大院法学研究科博士前期課程修)、航空総隊司令部幕僚(総務課兼防衛課)、長官官房(広報課)勤務等を経て3等空佐で退官。聖学院大学政治経済学部専任講師、防衛庁広報誌編集長、帝京大学人間文化学科准教授、拓殖大学(日本文化研究所) 客員教授など歴任。アゴラ研究所フェロー。公益財団法人「 国家基本問題研究所」客員研究員。NPO法人「岡崎研究所」 特別研究員。めざましテレビ、朝まで生テレビ!、ビートたけしのテレビタックル、報道2001、とくダネ!、ニュースアンサーをはじめとするメディアに多数出演。著書は『安全保障は感情で動く』(文春新書)『誰も知らない憲法9条』(新潮新書)等20冊強。

【日 時】 平成30年8月11日(土) 14時30分〜16時30分(開場:14時)
【会 場】 文京区民センター2F 2-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
        東京都文京区本郷4-15-14  Tel:03-3814-6731
交通:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒
東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」5番出口から徒歩3分
【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の大学生:500円、高校生以下無料
【懇親会】17時〜19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】 8月10日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は8月9日 21時迄)
 ★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます
【主 催】 千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
      FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp



   ♪
(読者の声2) 第七回「南京戦の真実を追究する会」のお知らせです。「外務省は自覚せよ、南京事件はなかったのだ」。熱弁で語る歴史の真実。
 ふるってご参加ください。
     記
とき   9月19日(水)午後六時半(1845開演)
ところ  文京シビック小ホール
http://bunkyocivichall.jp/access
講演   「国際社会は南京事件をどうみているか」    杉田水脈
     「第六師団は軍規厳正だった」         中山成彬
     「カナダはなぜ南京記念日を創ろうとしているか」原田義昭
     「松井石根大将が建立した興亜観音とは」    渡辺 周
                    (弁士はいずれも衆議院議員)
参加費   1000円、学生は500円
主催    南京戦の真実を追究する会(阿羅健一・代表)
協賛    新しい歴史教科書をつくる会、英霊の名誉を守り顕彰する会、チャンネル桜、
      東京郷友連盟、二宮報徳会、展転社ほか
問い合わせ howitzer@waltz.ocn.ne.jp
FAX   (03)5843−9302



   ♪
(読者の声3) 中国のワクチンスキャンダル、彼の国の日常なのでしょう。支那事変当時のアサヒグラフの記事を元にした『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』(水間政憲著 PHP研究所 2013年)には日本軍が占領地の住民に種痘の予防接種を無料で実施している写真が出てきます。
中国では悪名高い「731部隊」がペスト菌をばらまいたなどと左翼勢力が言いますが、中国・満洲はもとより病原菌だらけで731部隊がそんな面倒なことをするはずもない。
 同書には興味深い写真が満載。上海の租界を警備するインド人警官はターバン姿ですからシークですね。
ヒンドゥーのカーストに因われないため軍人にも多かった。プロレスで昔、タイガー・ジェット・シンというレスラーがいましたがシンはシークの名前。マンモハン・シン前首相もターバン姿でした。
 天津の写真に出てくる子供たちはオシャレすぎてヤラセというか演出なのではと思ってしまいますが、内戦を生きのびた遠藤誉さんが天津のホテルに着いたときには都会ぶりに驚いていますから、実際に都会っ子だったのかもしれません。
南京では「孫文像は日本軍が守った」との見出しに続く本文は『南京の中央軍官学校講堂前にある孫文の銅像。その孫文こそは攻囲軍の最高指揮官松井石根大将とは肝胆相照らした親友で、共に東亜人の東亜を語り合った中だった。
孫文の霊としても、南京で日本軍を迎えようとは思わなかったであろうし、松井大将としても感慨無量であろう』と続きます。
銅像背景の講堂上部には右から左へ「親愛」でしょうか、漢字が見えますが、「愛」の字には心がない。簡体字の愛に心がないのは戦前から一般的だった略字を採用したのでしょうか。
 北京はじめ日本軍が制圧した都市では反蒋介石のスローガンと五色旗が何度も出てきます。
ウィキペディアによると1912年から1928年まで中華民国の国旗だったとあります。
各勢力の旗を用意しておくのは中国人の処世術ですから日の丸もまたたくさん出てきます。同書で「中国の子供に愛されていた日本軍」の見出しのページには陸軍記念日に日の丸を振る子供たちの姿。
 著者による文では『十年ほど前に上海で、大日本帝国海軍の軍艦シリーズがプラモデル化され、ブームになっていた背景には、上海市民に日本軍への憧れと信頼が語り継がれていた現れだったのでしょう。
一九七〇年代に中学生だった上海出身の複数の友人は、体育館に全校生徒が集められて、『神風特別攻撃隊』の映画を見せられたと語っており、日本軍へのアレルギーはないのです。
教師は、その映画を「この映画には人間としての最高の愛国心がある」と、解説していたとのこと。中国共産党と友好関係にある日教組も、中国に見習って、「神風特別攻撃隊」の映画を体育館に生徒を集めて上映してはいかがでしょうか』と驚くべき話が出てきます。
 経済状況が思わしくない習近平政権、上海で今週予定されていた「従軍慰安婦」問題の国際シンポジウムを急遽取りやめだという。
相手が弱っているときこそ総理の靖国参拝のタイミングだと思うのですが、日本国内の雑音が多すぎるのでしょうね。
    (PB生、千葉)
○◎○□ ○◎○□ ○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です  ■宮崎正弘の最新刊予告です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊予告 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△
  
♪♪
 最新刊予告(その2) 8月29日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、予価1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  (間もなく予約募集開始します)
              △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽□★◇◎◎▽★□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/09

    「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」とトランプ

       私的な夕食会で、おもわずホンネ? 中国は日本に異様な擂りより

    ****************************************



     慰安婦に関してのシンポジウム(8日、上海で予定されていた)を突如、中国は中止した。日本を刺戟したくないから?



    その一方で、むかしむかし日中友好に尽くした松村健三を偲ぶ会などと、誰もが名前さえ忘れた人を思い出した。不利になると、昨日まで敵視して罵詈雑言を浴びせてきた日本が、急に懐かしくなったらしい。



    北京で開催された「松村健三を偲ぶ会」には富山県出身の政治家もかけつけ、日中国交正常化に尽くした政治家の想い出を語ったそうな。

  • 名無しさん2018/08/09

    惑星地球をめぐる秘密の戦いは激化しており、ある種のクライマックスに向かっている。その理由から、秋の戦いが始まる前に、世界で最も重要な秘密結社や関連する政府、宗教、課題のいくつかを見るにはよい時期である。









    この問題を見る時に、人々が理解しなければならない最初のことは、実世界、スパイ代理人、秘密情報機関と軍隊は宗教に従属しているということである。この理由は、例え毛沢東が「銃の砲身から力が増えた」と言うけれど、実際は銃を持っている人の心から成長してくるからである。だから、惑星地球の戦いは実際は、権力闘争の間に実際に数えられる人間の心と精神のための戦いである。









    アジアの秘密結社から始めましょう。全体として彼らの見解は今、西側が十分長い間惑星を支配しており、今は彼らの番である。しかし、アジアの秘密結社は欧米の秘密結社と同様にいくつかの競合するグループに分かれている。









    最大はおそらくホンメンであり、主に中国と世界中のアジア地域に5,500万人のメンバーがいる。中国の習近平主席はこのグループのメンバーです。それは、商工会議所とギャンググループの組み合わせとして見ることができる。ところで、この種のことは、大きなお金と力をはらうためには保護が必要なため、西洋の秘密結社についても当てはまります。ホンメンは中国共産党と密接に結びついているが、同じではない。彼らの序列は能力主義に基づいており、血統ではありません。台湾を拠点とする派閥グループもあるが、彼らは、弱いリーダーシップと3月19日の秘密の誓約の裏切りのために影響力と権力を失っています。



    ホンメンは人類が平和と繁栄の中で生きることができるように世界政府が欲しいと言います。しかし、彼らが成功するためには、より多文化的になる必要がある。









    アジアの第二のグループはドラゴンファミリーです。ここは、保持者のネットワークによる古代王室の血統と歴史的金塊の隠家のグループである。台湾、中国北部、東南アジアで最も強い。北朝鮮は、清朝の間に中国を支配した満州王朝の真の後継者であるため、主要な拠点の一つである。中国北部、日本、モンゴルでも強い。彼らはモンゴルの戦士の相続人であり、パキスタンやアフガニスタンのような、その名が "スタン"で終わる国は強いモンゴル遺産である。ドラゴンファミリーはヨーロッパ王室と密接な関係にあり、世界政府を信じていますが、安定した連続性を維持するためには、血統や憲法君主制が必要だと考えています。



    依然は非常に強力であったグループは、ブラック・ドラゴン・ソサエティ(BDS)である。このグループは、ナチスが第二次世界大戦を勝つと考え、ヒトラーがマイン・カンプで指摘したように、アジアと非白人種族を奴隷化し、取り除く企みに進むだろうと考えていた。BDSは欧州/西側支配を終えるために世界中の非欧州人を募集するのに非常にうまくやった。しかし、アフリカ系アメリカ人活動家が説明したように、「我々は、彼らの目的に賛成していましたが、我々全てが日本人にならなければならず、日本人に従わなければならないことを除いてである」BDSの相続人であると主張する多くの組織はあるが、彼らのだれもが本当の力を持っていない。他の大きなアジア秘密結社はブルードラゴンであり、彼らは暗殺者の相続人である。彼らはペルシャ(イラン)とイスラム世界に、特にインドのイスラム教徒に強い。彼らはマディと呼ばれる偉大な指導者が、終末の時の前に、悪の世界を浮かび上がらせると信じている。このグループは明確な指導者を欠いているが、新植民地支配者のムスリム世界、特に中東を解放するという共通の目標に向かっている。









    神道につながる三本足烏のようなアジアの他のグループもあるが、現在の地球惑星の戦いでは主要なプレーヤではなく、勝利を収めた人たちと一緒になるであろう。









    さて、西洋の秘密結社を見てみましょう



    西洋社会における最も重要なグループはキリスト教である。西洋は数千年のために自分たちの中で戦ってきたが、彼らは静かに、共通の非キリスト教の脅威に直面して団結する傾向があります。



    それは、伝統的にイスラム教徒となっているが、これらの日、アジアの上昇を相殺するために、「キリスト教同盟」のための圧力がある。

     

    最初に、アングロサクソン社会の主要な秘密結社としてみることのできるスコットランドの儀式フリーメーソンを見る。



    彼らは英国君主制、大英帝国、非カトリックキリスト教にリンクしている。



    彼らはアングロの世界、すなわちオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国、米国の支配的な軍隊であり、彼らは背後で中国とロシアと協力している。



    彼らは改革された世界的組織の中でアジアにとってより大きな役割を担っているが、むしろアジアの奴隷よりも死を賭けて戦うであろう。

     

    他の大きな西側グループはP2フリーメーソンロッジです。このグループは15憶人のカトリック教会とマフィアを支配している、



    彼らはまた、マルタ騎士団、ツートニック騎士団などの騎士道の命令を支配することによって、軍事産業に非常に影響力を持っています。



    2013年には、教皇モレディクト(ベネディクト16世)が悪魔的な小児性愛者であることから退職した。



    だから、教皇フランシスの下で、カトリック教会はヨーロッパのその発祥の地から、その信者の圧倒的多数が住むアフリカや南米に向かって離れて自分自身を再配向している。



    今、私たちは、最も問題の西洋グループユダヤ人と彼らの秘密の巨匠、悪魔崇拝ハザールマフィアに向かっている。



    純粋な意味で、ユダヤ人の秘密結社はエルサレムがバビロニア人に落ちた後の話に基づいて、ダビデ王の男性相続人は全てが殺害された。



    従って、デイビッドの血統を保つために、彼のシークレットサービスは、彼の女の子孫を守り始めました。これは、あなたにはユダヤ人と考えられるユダヤ人の母がいなければならない習慣の起源です。



    このグループは欧州の王室と貴族家族にうまく浸透しました。



    彼らは神によって彼らに与えられた人類を支配する権利を持っていると信じている。彼らのシンボルは、欧州王室の家紋に多く見られるユダのライオンです。

     

    彼らの西洋における歴史的反対派はグノーシス・イルミナティであり。彼らはギリシャの数学者ピタゴラス(BC570?495)及び26,000年前に洪水によって破壊された文明アトランティスの生存者を歴史的起源としている。



    彼らは彼らのランクに対応した年齢ごとに天才を引き上げ、血統支配に反対している。



    彼らはフランス、アメリカとロシア革命の背後におり、今は世界革命に取り組んでいると主張している。



    最後に、我々はハザールマフィアに目を転ずる。彼らの歴史はこのリンクの記事で読むことができる。



    我々がこれに加えることができるのは、現在のハザールマフィアが何者かに対する最も早く確かな歴史の参照がヒクソス民族(紀元前1650年ごろエジプトを侵略した遊牧民族)であるということです。



    彼らは山羊の顔をした動物を礼拝しました。バールと名付けられた枝分かれした尾を持ち、そのイメージは下に見ることができる。





    a1417953793_16.jpg 





    この神は、我々が今サタン、モロクアンドと呼んでいるものの起源である。彼らの崇拝者は、2001年9月11日以降、米国と西側諸国で権力を握った。



    彼らは積極的に人類の90%を殺し、残りを奴隷にすることを計画している。多くの上級寡頭勢力はこのグループのメンバーである。









    これは例えば、毎夏ボヘミア・グローブに集まるモロクの崇拝者達に見られる。



    彼らの本部はスイス・ツーグのロスチャイルド家複合体にあるが、他にも多くの拠点がある。



    彼らの強さの主要な源泉は、世界金融システムの乗っ取りと、彼らのお金のマジックによる世界債務奴隷制度の創設である。?つまり、不換通貨?何もないところからお金を作る









    最後に白龍会に移ります









    白龍会は、欧州王室血統、グノーシス・イルミナティ指導者達、軍産複合体将軍、ロシアFSB、北朝鮮秘密警察、日本軍情報部、アジア秘密結社を含むメンバーの緩やかな同盟である。



    白龍会同盟はハザール人の大量虐殺計画に対抗して作られた。









    また、彼らは現在惑星を運営している人々の驚くべき無能さに驚いている。









    白龍会は、世界平和と貧困と環境破壊を直ちに止めるための第三次世界大戦と同規模の大規模キャンペーンを推進している。









    彼らはまた、前例のない繁栄と宇宙への指数関数的拡大の新しい時代を切り開くために、隠された技術(例えば、国家安全上の理由で米国で押さえられた6,000件の特許)を解放したい。









    これを実現するための鍵は、世界金融システムのコントロールをハザール人の手から取り返すことである。









    今年の秋の攻撃はこれを目指しており、連邦準備制度理事会、欧州中央銀行、日本銀行、英国銀行、米国銀行などの国際収支銀行(BIS)とその子会社には特に注意が向けられるだろう。









    ハザール人は、人間生贄、人食い、食料と医療システムの毒の添加、戦争の煽動を含む彼らの犯罪が明らかになれば、彼らは罰せられることを知っている。さぁ、それを実現しましょう。

  • 名無しさん2018/08/09

    【NHKが取り上げない】昭和12(1937)年7月29日は「通州事件」が起きた日【学校で教えない】

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024

    NHKカジノ世論調査の円グラフがインチキ・IR誘致に反対多数を矮小化・誰のためのIR誘致か?

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7170.html

    川崎市で撒くチラシが完成 我々は絶対に許しません。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53289831.html

    ブロンド娘を飼っている支配者 / 異教徒を搾取するユダヤ人 Part 2

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68728277.html

    民間防衛

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B0%91%E9%96%93%E9%98%B2%E8%A1%9B&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjVoZHi89zcAhWDWLwKHUVgCH8Q_AUICygC&biw=1097&bih=531

    本当に呪われた10の実例!古代の遺物を盗んだバカ者たち

    https://golden-zipangu.jp/world-stuff0121

    【連載】カルチャー美少女 Q10なカノジョ

    https://www.lmaga.jp/feature/24047/

    何が徴用工や、恩を仇で返し、どこまでも日本にタカるつもりやな。 

    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-359.html

    在日朝鮮人の日本乗っ取り計画と戦後レジームの清算!

    http://blogclub.livedoor.biz/archives/52208408.html

    正気の沙汰ではない

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

    日本が伝えた言葉・文化

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/61b2360296b372b4cece915e5cb64c71

    日本はベトナム戦争の枯れ葉剤の大幅規制緩和へ?

    http://blog.rederio.jp/archives/3602

    中国の脅威を隠蔽する琉球新報のバカ社説

    https://ryotaroneko.ti-da.net/e10546093.html

    オランダの失敗例から学ぼう 地方参政権を与えたらどうなったか

    https://blog.goo.ne.jp/nanamin-lead-wink/e/df2127e6dd03ba3b59c22e3cbb91fdf8?fm=entry_awp

    予防接種の長期にわたる危険 (白血病、ガン、多発性硬化症など) 

    http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/830.html