国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<やっぱり中国製だったドローン。ベネズエラ大統領暗殺未遂

2018/08/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)8月7日(火曜日)弐
        通巻第5780号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 やっぱり中国製だったドローン。ベネズエラ大統領暗殺未遂
  ドローンはいつでも殺人兵器になりうす
****************************************

 ドローンは空中撮影に駆使され、ドキュメントフィルムから不動産の物件紹介、秘境探検など「平和利用」で多くのメリットがある。
 とりわけ日本では世界旅行などの番組で、バスを追いかけたり、従来は難しかった手法がドローンノ活用で、多角化している。

 だが、一転してダークな目的に転用されると、軍事的には偵察、監視、そして殺人兵器になる。
とくに米軍特殊部隊やCIAは、アフガニスタンで、ドローンを活用し武装勢力の指導者の潜伏先を発見し、除去してきた。

 7月4日、ベネズエラでマドゥロ大統領の式典の最中、二機の大型ドローンが飛翔してきた。
プラスチック爆弾を搭載したドローンは、大型で、中国製だった。あやうく難を逃れたが、ドローンへの通信妨害がなされていたためとする。

 ベネズエラは事実上、国家財政が破綻しており、鉱区開発権をもつ中国が420億ドルという大金を融資している。
 このため、大統領選挙の裏側では、中国の支援が囁かれた。

 大統領暗殺未遂は、なにも初めてでもないが、ドローンを兵器に転用したケースは、初めてであり、背後に反政府勢力が蠢動した。米国のジョンボルトン補佐官は「ベネズエラの自作自演説もある」とした。
        ▽◎◇み◎◇☆や▽◎◇ざ☆◇◎き□◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1771回】              
――「實に亡國に生まれたものは何んでも不幸である」――釋(3)
  釋宗演『燕雲楚水 楞伽道人手記』(東慶寺 大正七年)

     △
 釋宗演が現に仏教の復活が絶望的なら「多少生命を繼いでゐる孔子?を事實上の國?と定めて、國民の幸福を計り思想を統一されんことを希望」したところ、梁啓超は「其厚意を非常に喜んで謝し同感であることを話した」という。
その際の梁啓超の態度は「單にお世辭ばかりでもなかつた様だ」とか。だが、両者の遣り取りは奇妙だ。一方の釋宗演(ということは日本の大方の仏教者)は中国における仏教を誤解し、梁啓超は釋宗演の誤解を判ったうえで「非常に喜んで謝し同感である」と意思表示した。つまりは「單にお世辭」だったように思えるのだが。

  いったい中国における仏教の立場は、それが禅宗であれ日本とは違うように思う。仏教が名もなき民衆の日常生活を大きく律しているわけはないから、どだい「國?」化はムリな話だ。
「多少生命を繼いでゐる孔子?」にしたところで、やはり広く流布しているとは思えない。となれば、「多少生命を繼いでゐる孔子?を事實上の國?と定め」たくても定めようがないだろうに。どうやら円覚寺の高僧の誤解に基づく“独りよがり”に基因する一方通行というのが、両者に会話が成り立たなかった背景にあったようだ。

 次いで表敬した外務総長の汪大燮に向っても釋宗演は宗教について語りだし、「孔子の道が優れてゐて、宗?の要素を遺憾なく持つてゐる故、之を向上せしめて不文の國?としては」と慫慂する。
これに対し汪大燮は「別に異議はない」と応える。これに気を良くしたのか釋宗演は、「孔子の?に君臣の關係を嚴格に説いてあるが、今の御國の状態では夫が全然一致しないと思ふが」と問い掛けた。すると汪大燮は「是は一應尤ものことだが」と口にしたうえで『易』に記されている「小康大同」の4文字を持ち出し、「君の字を狹く解する必要はない、廣い意味に用いて差支えない筈である、モツト低く云へばお互いに使ふ所の君とか僕とか云ふ時の字も、同一の字を用ふるではないか」と返してきた。

 随行者・二條毅堂は汪大燮には「此(仏教や儒教)の方面の研究に充分向ける程の餘裕は絶對にないことと思」い、「隨分窮した答辯を捻り出した」と酷評する。
だが、ここでも梁啓超との遣り取りと同じように、釋宗演の解釈に問題があるはずだ。「君の字を狹く解する必要はない、廣い意味に用いて差支えない筈である」という汪大燮の見解が正しいと考えられる。
どだい融通無碍の人々である。日本化された厳格な概念をぶつけたところで、彼らにとってみれば余り意味をなさない。

 まさにすれ違い。思い違い。これが同文同種の実態である。
同じ漢字を使い、同じく儒教経典を繙き、同じく仏教を学んだとしても、その内実には千里万里の径庭があるということを、やはり日本人は理解しておくべきだったろう。これは現在にも通じるはずだ。

 「有名な萬壽山に遊」んだ際、「其の規模の宏大なる事は支那式を發揮してゐて、其の思ひ切つた計劃は將來を考へないで、唯現代に理想を實現すれば滿足と云つた調子に思うはれた」と嘲笑気味に感想を綴った後、とはいうものの「考へ方によつては痛快な筆法である、將來ばかり考へていぢけてゐる島國人の到底眞似の出來ない藝當である」とした。
 「將來ばかり考へていぢけてゐる」かどうかは異論のあるところだが、いずれにせよ「島國人」からすれば、「計劃は將來を考へないで、唯現代に理想を實現すれば滿足」であるなんぞという彼らの振る舞いは判る訳がない。逆も、また然り。

  紫禁城で宝物参観の機を得る。「陳列範圍が甚だ狭いが澤山古畫が陳列」されていた。
「予の鈍眼から見ると雪舟の如く雄渾豪毅な筆なく、又光琳の樣な堅實で構圖の優美な靈筆は無いように思はれた、是等が支那の代表的繪畫とすれば失望せざるを得ない」。
 まあ、「雄渾豪毅な筆」や「堅實で構圖の優美な靈筆」なんぞ求めるだけムリです。
           ◎○◎☆□△◎△□◎◎☆□□☆□△◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)広島へ史上初の原爆が投下されて満73年。
 日経新聞・朝刊(1面『春秋』)は、「日本中の都市が次々に焼け落ちていくのに」と題して、次のように述べている。

 「日本中の都市が次々に焼け落ちていくのに、なぜか広島には空襲がなかった。・・・そのころ米軍は日本本土への原爆投下計画を着々と進め、・・・犠牲とする都市を絞り込んでいた。さまざまな候補地が浮かんでは消え、実際に投下されたのが広島と長崎だった。核を使うため、2つの都市は『温存』されて焼夷弾の猛威を免れていたのである。『直径3マイル(約5キロメートル)以上の大規模市街地を有すること』『爆風によって効果的な損害を与えうること』。目標検討委の議事録に、投下都市の条件を挙げた記述が残る。広島はそれにぴったり合っていた。・・・淡々たる、そして残酷な筆致だ。計画は無慈悲に遂行され、安芸門徒の国はおびただしい数の命を失った。73年前の、きょうのその朝まで無事を保っていた都市を一瞬にして滅ぼした非道である。」

 そして、文末を「ひたすら原爆投下へ突き進んでいった米国。情勢を見極められず、いたずらに惨禍を拡大させた大日本帝国。歴史に学ぶべきことが、まだまだ山のようにある。」と結んでいる。
 これを読んで想起するのは、米国は、原爆を投下するまで日本を降伏させないように図った、とする鳥居民氏の説(『昭和史を読み解く』草思社、2013年。『原爆を投下するまで日本を降伏させるな』草思社、2005年。)である。
 少し長くなるが、鳥居氏の説を以下に挙げておく。

広島・長崎への原爆投下がなぜ行われたかについては、戦後長くにわたって流布されている二つの伝説がある。
  一つは「百万人の米国人兵士の生命を救うためだった」という、ハリー・トルーマン米国大統領の口上である。
 もう一つが「日本がもっと早くポツダム宣言を受諾していれば避けられた、当時の首相・鈴木貫太郎が降伏しなかったことが原爆投下を招いたのだ」というものである。
 しかし、この二つの「伝説」には決定的な誤りがある。ポツダム宣言の内容は、日本が決して受諾できないよう直前に変更されていた。
 戦後、突如登場した「百万人の戦死者」という「創作」と、ポツダム宣言の内容変更には、いずれも二人の人物が密接に絡んでいた。トルーマン大統領と国務長官ハリー・バーンズである。広島・長崎への原爆投下は、この二人による意図的なものであり、そのために「原爆を投下するまで日本を降伏させるな」という綿密な計画の下、実行されたのである。
 5月8日にドイツが降伏して以降、トルーマンはソ連がいつ対日参戦するかを執拗なまでに知ろうとする。ソ連が参戦すれば日本が降伏し、原爆を投下するチャンスを失ってしまいかねないからだ。
 5月31日と6月1日には原爆開発に関わった科学者を集め、会議を牛耳ったバーンズは、「できるだけ早く日本に対して原爆を使用する」「目標は都市とする」「事前警告をしない」の三項目、いわゆるバーンズ・プランを決定する。
  7月24日、トルーマンは原爆投下命令の案文を作成、そしていよいよ7月26日に「ポツダム宣言」を発表する。ここには、最初の草案とは大きく異なる点があった。共同署名国からソ連が消されていたこと。そして、第12項目「天皇の地位の保持」が、まるごと削除されていたことである。
 当時、日本は6月22日の天皇の「戦争終結の決意」を受け、降伏の準備を進めていた。7月12日には、東京からモスクワへ「大至急・親展」と電報が打たれたが、その内容は米国陸軍情報部に解読され、日本が、早急な和平を求め、ソ連を仲介役にしようとしているという情報は、トルーマンのもとに届いていた。
 共同署名国からソ連を外すことによって、日本をしてソ連が和平の仲介に立ってくれるものと信じこませた。そして「天皇の地位の保持」を削除して、日本にこの宣言を無視させるように企んだ。さらに巧妙なのは、ポツダム宣言は、それが最後通牒であることを意識させないように、形式も伝達方法も公式の外交文書とは違う「宣伝文書」のような形で発表したのである。
 かくして気息奄々だった日本の降伏は遅れ、原子爆弾は何の警告もなく、8月6日に広島、8月9日に長崎に投下された。ソ連は広島に原爆が投下されるや、日本がただちに降伏することを恐れ、予定を早めて8月9日に満州に侵攻した。
 そして8月10日、日本政府は「天皇の国家統治の大権を変更するとの要求を包含していないとの了解のもとに」との条件をつけて、米国政府にポツダム宣言の受諾を伝達。米国は天皇の地位の存続を暗黙のうちに承認した「バーンズ回答」を出した。しかし、その内容は実質的には「天皇条項」を復活させただけのものだった。
 
結局、7月26日のポツダム宣言で「天皇条項」を削り、8月11日に再び「天皇条項」を戻すまでの16日間は、2種類2個の原子爆弾を日本に投下するための期間でしかなかったのである。
    (CAM)



  ♪
(読者の声2) 広島原爆投下事情について。 8月6日は73年前の広島原爆被害の日だった。この問題への対応として以下を記します。ご参考まで。
 ●今後日本はどうすべきか(核自衛を急ぐ。世界は残酷だ。情け容赦ない。「戦前日本が核自衛していれば日米戦争にはならなかった」パキスタン大統領談)
 ●反核運動の正体(日本侵略のため核自衛させない。自国では運動をやらない。騙されない)
 ●原爆投下の歴史(米国の狙いは満洲占領直前のソ連を威嚇し、ヤルタ密約を守らせるため。しかし失敗)
 
原爆投下の歴史
1.理論の発見:1930年代には理論は知られていた。2つの高濃度のウラン塊を衝突させると百万分の1秒で核分裂を起こし、大量の光と高熱を発する。しかし実現には膨大な量のウラン鉱石、精製用の大量の遠心分離機、膨大な電力が必要なので不可能と思われていた。亡母も戦前マッチ箱くらいの大きさの爆弾で都市が破壊されるという話を知っていたという。

2.開発着手:ナチスからの亡命者アインシュタインらはルーズベルト大統領にドイツの原爆開発を恐れて、先行開発を嘆願した。ルーズベルトはマンハッタン計画を命じた。

3.ナチス独事情:当時ナチスには、ノーベル賞受賞のハイゼンベルグ博士、チェコの大ウラン鉱山、大量のガス遠心分離機製造能力、電力など原爆製造に必要なものがそろっていた。しかしヒトラーは、核物理学が理解できず、ユダヤ人の学問として否定したので、原爆の開発を許可しなかった。無知だった。このため国防軍は産業動力用に実験原子炉を製造した。しかし原子炉は原爆とは全く異質である。

4.スターリン:兵器としての重要性を察知して、情報を盗むためにロスアラモス研究所に複数のスパイを潜入させた。独人共産主義者のクラウス・フックスは有名である。

5.ヤルタ会議:1945.2ルーズベルトはスターリンに満洲の代理占領と蒋介石への移管を依頼した。スターリンは代償(外蒙古、日本の領土、米国の武器)を条件に同意した。これがソ連の満州占領の伏線となった。

6.米国の心配:米国はドイツ敗北後、ソ連の態度が大きくなったので、ソ連が満洲を蒋介石に引き渡すか不安になった。そこで原爆で威嚇することにした。それが広島原爆である。

7.しかしスターリンは、スパイを通じて、米国国民が厭戦であり大陸で戦争をする気がないことを知っていたので、原爆を無視して満洲を毛沢東に渡してしまったのである。米国は1949年支那から蹴り出された。

8.米国の偽善:日本の降伏の意向は既に伝わっていたが、米国は無条件降伏にこだわり、降服を受け付けなかった。それは原爆の完成を待っていたという説もある。

9.ポツダム会談:原爆実験が成功するとトルーマンはポツダム会談でスターリンに小声で新兵器の完成を伝える。しかしスターリンは素っ気なく「それは素晴らしい.日本の降伏に役立つと良いですね」とだけ答えたので、トルーマンは反発を覚えた。しかしその裏でスターリンは原爆実験成功の情報を在米スパイから受け取っていたと思われる。

10.米国の原罪:トルーマンの原爆投下は、ナチスもやらなかった蛮行であり米国の歴史的原罪となった。原爆投下を主張したバーンズ国務長官はポケットに原爆を入れた男として米政界で忌避されたという。

●当時広島憲兵隊に収監されていた米兵捕虜12名の被爆死は米政府により戦後長く隠されてきた。呉沖で撃墜された航空兵カートライト氏(後大学教授)は、丁度尋問で上京していたので助かったが当時日本の敗戦は必至で原爆投下は全く無意味であったと記している。(ロンサムレディ号)
●東京裁判ではブレイクニー弁護士は米国の原爆投下の責任に言及した。すると通訳は停止し裁判長は隠蔽を図った。これは米国の大犯罪である事を知っていたからである。東京裁判は裁判ではなかった。

11.1949年米国は空中警戒機が人工放射能を検知し、ソ連の原爆実験成功を知った。これが核拡散の始まりである。
12.中共原爆:中共はスターリンの死後、フルシチョフを騙して原子炉を手に入れ、スパイ交換で東独に戻ったフックスの指導で1956年原爆を開発した。佐藤首相は米国に日本の核自衛の可能性を伝えている。

13.日本と原爆開発:日本は戦前理化学研究所の仁科博士らを中心に原爆開発を調査した。しかし必要なウラン鉱石、ガス遠心分離機も、大電力がなかったのであきらめた。しかし仁科博士は被災後直ちに広島に現地入りし原爆を確信した。

14。被災者について
●「この怨みを晴らしてくれ」という死者の遺言がある。
●被爆した方で90歳を超えて元気だった人を2人知っている。1人は20Km位離れた平地を行軍訓練中に被爆。もう1人は死体置き場で意識を取りもどした。
●知人は土塀の陰を歩いていて助かったが、反原発運動が被爆者を利用する反日運動と分かって手を引いたという。

15.今後の日本の核自衛:半世紀前に米大統領特別補佐官のブレジンスキーは、極東の緊迫を見て、日豪同時核自衛を提言している。米国の時代遅れの非核方針がアジアを不安定にしている。日本は今後アジアに回帰してきた核保有国英仏および印度との協力もあり得るのではないか。

16.謀略:昭和天皇が原爆開発を止めさせたというのは虚偽である。天皇の権威を使った敵国の謀略だから騙されてはならない。

17.その他:
●ソ連(開戦直前)は爆発翌日広島に入り、スターリンに報告した。
●陸軍の原爆被災に関するガリ版の指針は現在見ても適切なので、現代の医療関係者
が感心している。
   (落合道夫)



  ♪
(読者の声3)反吐が出る様な、盛り掛け蕎麦報道はのび切って誰も食わなくなりました が、今度はLGBT問題ですか。
 生物の基本に照らせば杉田水脈議員の発言は、「正論」だと思っています。人権とか差別問題とは、別次元の問題と思っています。
 同姓の結びつきが結婚と云うかたちで成立するのであれば、生物社会は一体どのように成るのでしょうか。莫迦莫迦しい議論です。
(北九州素浪人)



  ♪
(読者の声4) 国連人種差別撤廃委員会96セッション 第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート その2―1、琉球/沖縄の状況
 人種差別に反対するNGO日本連合
1、琉球/沖縄の状況(日本文):
 http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-2.pdf
  (英文): 
http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-2.pdf

 国連人種差別撤廃委員会は2014年、日本政府に対する最終見解の中で、「日本政府が琉球を先住民族として承認することを検討し、また彼らの権利を保護するための具体的な措置を取ることを勧告する」というとんでもないことを言ってきました。
 もちろん国連自体が調査をした結果出した勧告ではありません。沖縄先住民説、沖縄独立論を唱える極左人権派の少数グループのNGOが、人種差別撤廃委員会に提出したレポートが、何の検証もされることなく、勧告に化けて国連から出されたものです。
 この撤回を求めているのがこのレポートです。その理由として、
(a)  沖縄県民は自らを日本人だと認識しており、沖縄先住民としての自己認識を持っていない。その根拠として石垣市、豊見城市の撤回意見書、沖縄選出衆議院議員宮崎正久氏に撤回要求質疑などを付属書として添付。また沖縄で独立を公約に掲げて当選した政治家はいない。
(b)  国会でも自治体の議会でも沖縄県民が先住民族なのか議論されたこともない。沖縄県議会翁長知事発言(付属書)
(c)  日本人である沖縄県民に先住民勧告を出すことは、沖縄県民に対する差別であり人権侵害であり、人種差別撤廃委員会の存在意義に反する。
(d)  沖縄の言語は日本の方言であり、日本語の一部である。
(e)  琉球列島に住む人々の核ゲノムDNAを解析した結果、遺伝的に琉球列島の人々は、台湾や大陸の人々とつながりがなく、日本本土により近いという研究結果が出ている等々、この「1、琉球/沖縄の状況」は詳しい根拠データを示しています。
            (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)
      ◇◇◎◇◇△◇○◎○△○□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です  ■宮崎正弘の最新刊予告です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊予告 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック、994円)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△
  
♪♪
 最新刊予告(その2) 8月29日発売
 宮崎正弘 v 藤井厳喜 激談シリーズ第二弾! (海竜社、予価1296円)
 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  (間もなく予約募集開始します)
              △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************
『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
☆□△◎△□◎◎☆□□☆□△◎

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/08/07

    北九州素浪人さんの意見に賛成です。私も同意見です。

  • 名無しさん2018/08/07

     やっぱり中国製だったドローン。ベネズエラ大統領暗殺未遂 ドローンはいつでも殺人兵器になりうす←日本国内でも、ドローンによる要人暗殺に用いられる危険性大ですね、十分に注意していただきたいです。