国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ドゥテルテ大統領、「バンサモロ基本法」に署名

2018/07/27

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月28日(土曜日)
        通巻第5770号   <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 フィリピンは分裂。ミンダナオ独立の可能性が高まった
  ドゥテルテ大統領、「バンサモロ基本法」(イスラム教徒の国、地域)に署名
****************************************

 フィリピンの国語はタガロイ語と考えている人が多い。タガロイ語はマニラを中心としてルソン島とその周辺で通じるが、南のミンダナオへ行くと、殆ど通じない。英語も通じない。

 もともとフィリピンは一個の国ではなかった。スペインがやって来たときは、ルソン島を支配した。アメリカが事実上の植民地として英語を普及させたが、宗教はカソリックがすでに根付いていてプロテスタント勢力の伸張はうまく行かなかった。

 スペイン時代に、日本とは深い繋がりがあって、日本人町もあり、カソリック使節団は支倉常長も行き帰りにフィリピンに寄港したし、切支丹バテレンが禁教となるや高山右近はマニラに亡命した。

 このフィリピンで南北分裂へ向かう可能性が高まった。
 ドゥテルテ大統領が7月25日、「バンサモロ基本法」(イスラム教徒の国、地域)に署名したのだ。

 基本法に従うと、ミンダナオ諸島の自治政府は自治の範囲を大幅に拡げ、選挙で首相を選出するほか、独自の議会をもち、予算の立案・執行権を持つため、現行の自治区よりはるかに権限が高まる。
2019年1月までに、対象とされるイスラム地区で、新政府に参加するか否かの住民投票が実施され、暫定的な自治政府とうプロセスを経て、2022年に通常選挙が行われる。かくてフィリピンは分裂気味となり、ミンダナオ独立の可能性が高まった。 
     ▽◎◇み◎◇◇や▽◎◇ざ◇◇◎き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)アジア自由民主連帯協議会、国連人種差別撤廃員会に、中国政府のウイグル、モンゴル、チベット人への人種差別政策を指摘。
 下記リンク先に英文が掲載されています。
 「国連人種差別撤廃条約に対する中華人民共和国における違反状況」
 国連の第86回人種差別撤廃委員会(CERD)が、8月6日より開催されます。対中国審査は9日、10日、対日審査は16日、17日に行われます。「慰安婦の真実 国民運動」は、友好団体と協力してNGOレポートを提出し、またジュネーブの委員会に代表団を派遣することにしています。
 最初に行われる、対中国審査に向けて「アジア自由民主連帯協議会」(会長:ペマ・ギャルポ)は、中国に人種差別を受けているウイグル、南モンゴル、チベットの状況を報告し、結論の3で、「国連常任理事国の一つである中華人民共和国が、このような人種差別と迫害・民族ジェノサイドの可能性があることを行っていることは、国連の存在意義に関わる重要な問題であり、国連は,人種差別撤廃と人権擁護の視点から、中華人民共和国の上記各民族自治区に対し、中立的、国際的な人権査察団の派遣と調査を行うべきである。」との提言を行っています。
 レポート全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/un.pdf
 この英訳レポートは、国連に提出され、国連の Official Site に、すでに掲載されています。
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
英文全文
http://www.sdh-fact.com/CL/The-report-is-for-consideration-of-the-State-Party-China.pdf
    (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)



   ♪
(読者の声2)第40回 家村中佐の兵法講座(兵法書として読む『古事記』『日本書紀』)のご案内です。
 日本最古の史書とされる『古事記』『日本書紀』には、遠い昔から今に伝わる日本人の戦争観や武力行使のあり方、優れた戦略・戦術や軍隊の指揮・統率など、現代社会においても十分に役立つ最高の兵法書としての教えが数多あります。
今回の兵法講座では、6世紀後半の仏教導入をめぐる崇仏派・蘇我氏と排仏派・物部氏の対立激化と武力抗争への発展、これによる物部守屋の滅亡、勢いを得た仏教勢力・蘇我馬子による崇峻天皇の暗殺など、日本史上「最も混迷した時代」の出来事を図や絵を用いながらビジュアルに、分かりやすく解説いたします。
        記
日 時:8月25日(土)13:30開演(16:30終了予定)
場 所:文京シビックセンター5階 会議室A
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2等陸佐)
演 題:第13話「 敏達天皇から崇峻天皇まで」
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください)。
(日本兵法研究会会長 家村和幸)



  ♪
(読者の声3)今、巷では「安倍おろし」ならぬ、人権・多様性を振りかざしての杉田水脈議員たたきが、野党によって盛んに展開されているようです。
当然、これを擁護しようとする動きもあるようですが、野党が、黄門さまの印籠よろしく、これが目に入らぬか!とばかりに「人権」・「多様性」を振りかざして攻撃してくるのに対して、なかなか真っ向からそれを反論できず、もっと言葉を選ぶべきだったなどと非を認めるかのような主張まで出てくる始末です。
 これを真っ向から反論するためには、先方が根拠としている人権主義そのものの欠陥を鋭く突く必要があるのですが、政府も同じ人権主義を取っているために、なかなかそうもいかないようです。
そこで、自由な立場にある私が、本来あるべき国家論の立場から、この問題の根本的批判をしていきたいと思います。

 まず端的にこの問題の本質を指摘しておくならば、竹田恒泰氏が鋭く喝破したように、この問題は天皇の平民化問題と同根の、いってみればコインの表裏を為すものだということです。
つまり自由・平等の名の下に、国家の要である天皇も、国家の外道であるLGBTも差別なく、皆平等にすべきだとして、国家の国家たる由縁を希釈して、国家を衰退させ解体しようとするものだということです。実はこれこそが国家論としての民主主義の根本的欠陥なのです。

 そもそもヘーゲルと、ロック・ルソーなどの人権論者との違いは何かと云えば、ヘーゲルは、哲学者であり学問の完成者であるのに対して、ロックやルソーは、政治色の強い思想家に過ぎないということです、
つまり学問を創り上げた学者などではないということです。彼らのいう「人権」とは、社会・国家の生成発展の、学問的な研究の結果として導き出されたものではなく、奴隷状態にあって虐げられていた平民が、それを跳ね返すべく立ち上がる精神的武器として、自称唯物論者が、王権神授説に対抗して観念論的に考案した屁理屈に過ぎないということです。
 だからまず自然権によって保証された人権をもった、人間なるものがあらかじめ存在して、その架空の人間の契約によって、社会が成り立っているとする、現実離れした空想に過ぎない「社会契約説」なる机上の空論が、さも学説であるかのようにまかり通っている現実は、異常と言う他ありません。
しかも本物の学者であるヘーゲルによって、その珍説は、直ちに否定され、論破されているのです。
このように本物の学者によって学問的に否定されたものが、どういうわけか現在に至るも堂々とまかり通って、人類を、国家を苦しめているのが偽らざる実態に他なりません。
 そして興味深いことに、学問でもなんでもない単なる政治的思想である人権思想と、学問を標榜しながら重大な欠陥をもつマルクス主義とは、国家そのものを敵対視する点で共通しているばかりでなく、即自的な自分を絶対視して、即自と対自とをより高度に統一したより高品質な人間らしい人間を目指そうとはしない、という点でも共通しています。
だから左翼的・反日的マスコミは、即自的な非国家的LGBTを礼賛して、国家が衰退していくのを歓迎しているのです。
さらに言えば積極的にLGBTをテレビに登場させて、彼らを英雄のように扱い、より多くの日本人が、彼らに憧れてLGBTになりたがるように、国民を一生懸命教育して、国家が衰退してくように意図的に画策しているのです。

 杉田水脈議員のLGBTへの正当な発言への野党のバッシングも、対自のない即自オンリーの誤った人権を、正しいと錯覚した者たちによる、不当な批判にすぎません。なぜ不当なのかを、彼らが根拠にしている「多様性」について、取り上げて少し検討してみましょう。
 彼らは国家が多様性を認めて差別しないことが、あたかも進んだ国家のあり方であるかのように主張しています。
彼らが分かっていないこと、勘違いしていることは、一般性の否定として、国家の普遍性とは関係ないところに多様性があると思っていることです。
国家における多様性とは、国家の普遍性との統一において初めて華開くものです。
個人レベルで云えば、国家の普遍性という対自的認識との融合統一において形成される即自的な個性・多様性こそが、本物の多様性であり、価値のある、生産性のある個性であり、多様性なのです。
 もともと社会は、単純平等なものでは無く、多様性を必然性として内に持つ存在です。
それを、一元的・体系的にまとめ上げ統括するのが、国家の使命です。
ですから多様性の中に国家としての普遍性が貫かれなければなりません。その国家としての普遍性の第一は、国家理念をもって歴史性・発展性をもって存続し続けることです。そのことを杉田議員は「生産性」といったのです。
これのどこがおかしいのですか?国家としての普遍性ですから、最も大事なことです。それは多様性の中にも貫かれなければなりません。

 さて問題は、問題になっている多様性というオブラートにくるまれたLGBTは、一国民として、国家の普遍性に貫かれた多様性と云えるのかという疑問が生じることです。
なぜならそれは国家の普遍性が正しく教育されなかった結果として、対自抜きの即自の感情のままに、結果的に国家の普遍性を自らの意志で否定する生き方を選択した、という意味での国家の必然性を持たない多様性だからです。
したがって自分で否定しておきながら、一般の夫婦と同等に扱え、というのは少々厚かましすぎるのではないか!といえます。
行政もそこはきっぱりと線を引くべきです。ところが、誤った人権思想に感染した行政が、彼らを甘やかす行政に税金を投入している現実があるから、そのことを杉田議員は指摘しただけです。
何のバッシングもされる筋合いの、一切ないものです。
そのように育ってしまって改める意思のない者を、差別する必要はありませんが、手厚くする必要も助長する必要も更にないことです。
放っておけばよい問題でしかないのです。実際、多くの一般のLGBTと呼ばれる人たちは、皆そう思っているようです。国家を弱体化したい連中だけが、ことさらに政治利用したくて騒いでいるだけなのです。
本当に余計なお世話でしかありません。

 ここが子供が欲しくてもできなかった夫婦と、LGBTとの決定的な違いです。
すなわち人間として、国民としての正道を歩んでいるかどうか、の違いです。それを同列にして、子供ができない夫婦の心を傷つけた、などと批判するのは、お門違いも甚だしいというべきです。
 この問題の根本的解決は、教育に求めなければなりません。
それは、人間の認識は、ゼロの状態で生まれて、後天的に創り創られて育つものだからです。
国家が責任をもって、日本国民として、皆一人ではなく、偉大な先達の労苦のたまものとして世界一等の環境で生きていける幸せを感じるとともに、それをより良くして次の世代に引き継いでいく責任と、生きがいとを教育しなければなりません。
そう言う対自の認識をしっかりと教育して、即自の感情のままに自分勝手に生きることの、人間としての価値のなさをしっかりと教えなければなりません。

 ところが人権主義は、人権尊重・多様性尊重・個性尊重の偽善のもとに、人間が人間としてまともに教育されて、育っていくことを邪魔するのです。
それは人権主義が、人間は生まれつき自由で平等だとしているから教育する必要を感じないからです。
というより教育すると自由で平等でなくなる、という恐怖を持っているからです。だから生きていること自体に価値がある・個々の命は地球より重い、とまともな教育をしないで、低レベルで皆同じ平等にすることが人権主義だと、競争を排除して、皆を主役にしてお茶を濁して、自己中心的で子供のまま大人になったような日本人を、大量に量産しているのが、人権主義による欠陥教育の実態なのです。   
       (稲村生)

 △◇△ ◎◇◎ □□◎ ◇△◇ ◎△△ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です●   ■宮崎正弘の最新刊予告です●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊予告 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
定価994円 新書版240ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪
●宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************

『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月4日から6日まで地方講演旅行のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/27

    フィリピンは分裂。ミンダナオ独立の可能性が高まった  ドゥテルテ大統領、「バンサモロ基本法」(イスラム教徒の国、地域)に署名←情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/07/27

    いつもありがとうございます。

    とても勉強になります。