国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ロシアは保有してきた米国債券の殆どを売却していた

2018/07/26

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月26日(木曜日)弐
        通巻第5767号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ロシアは保有してきた米国債券の殆どを売却していた
  そして金保有を高めていた。1944トンと日本の二倍半
****************************************

 プーチンはやはりしたたかだった。
 ウォール街ではロシアが保有してきた米国債券の大量売却が話題となった。昨年末に920億ドルを保有していた米国債が、現時点(7月25日)に、149億ドルに減っていた。替わりにロシアは金保有を急増させ、7月だけでも106トンを追加購入していた。合計してのロシアの金保有は1944トン。時価に換算して4600億ドルになる。いまや世界六位の金保有国である。

第一にプーチンは米国を揺さぶるために、通貨の崩壊に備えているという政治的なジェスチャーを示す必要がある。
全世界の負債総額247兆ドル(世界すべてのGDPの318%)という異常なマネー市場をながめれば、ドル、ユーロなどで資産を保有するより、ゴールドに替えておいたほうが良いとする「戦争に備える」貯蓄の原則も手伝う。

第二はロシアの場合、新興財閥が持ち去ってしまった資産がドル建て、あるいはユーロ建て(一部は英国ポンド建て)のまま海外に置かれていて、しかも欧米の経済制裁を受けて、殆どが凍結された事態への対応だ。銀行の記録の残らない実物の金で保有するのは、昔から世界中の金持ちの常識でもあった。

第三はドルの崩壊に備えるというより、人民元の崩壊への備えだろう。
ロシアは中国への輸出代金をドルで受け取ってきたが、一部決済を人民元建てとしている。原油、ガスの相当量をロシアはパイプラインと、鉄道輸送で中国に輸出しており、このうえに武器輸出が加わっている。一部は金での支払いも行われている。

通貨とは所詮、紙切れである。
1971年のニクソンの金兌換停止以来、紙切れが市場に乱舞しているが、裏打ちされてきた金との兌換という保証がなければ、大変動がきた時に「紙くず」となってしまう。
こういう認識は安定した民主主義国家では考える人が少ないが、ロシア人は本能的に自国通貨の危機を知っている。同様に怪しげな人民元の脆弱性も知っている。

こうした事情をうけて、ゴールド市場は急騰する筈なのに、原油高騰に反比例して、むしろ金価格は下落している。


 ▲日本の危機意識の鈍さはゴールドの国家備蓄の少なさが象徴する

日本の場合、ドル建ての金価格ゆえにドル高状況下では、顕著な下げは見られず、また消費税を回避する密輸がさかんに行われてきたため、ブラックマーケットが形成されている。

消費税が金売買の取引のたびに課税されるのだから往復で16%であり、金価格がそれなら16&以上上げる日がくるのか、と投資に二の足を踏む人が多い。
個人的な備蓄を好むのは中国人、インド人、そしてアラブの人々であるが、國際市場では中央銀行がそれなりに金備蓄をしている。

ところが、国家としての金保有も先進国のなかで、日本が一番少ない。
以下は列強の金保有の一覧である。

米国    8733トン
ドイツ   3373(米国から預託分1700トンを取り返した)
IMF   2814(SDRの保証システムとも言える)
イタリア  2451
フランス  2450
ロシア   1944(2017年は536トンだったから急増している)
中国    1054(ほかに金企業と民間とで合計3000トン強と推定)
スイス   1040
日本     764(全量をアメリカに預託している)
オランダ   612
以下、トルコ、ECB,インドなどが続く。
     ▽◎◇み◎◇◇や▽◎◇ざ◇◇◎き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)ザーライ省を本拠とするベトナム企業ホアン・アイン・ザーライ(HAG)の会社説明会ツアーで洪水舞台のアタプー(ラオス)を訪問したことがあります。
HAGがアタプーで広大なゴム農園、サトウキビ農園を保有し、加工工場を建設していました。同社はベトナムのプレイクという街が本拠(本店はサイゴンですが)です。
サイゴンから飛行機でプレイクまで行き、同社のプロサッカーチームの施設や病院を見学そしてHAGホテルに泊まるというツアーでした。
ホテルでは立志伝中の人物ドゥック社長の演説を社用飛行機のパイロットの米国人と同じテーブルで聞いた記憶が残っています(我々はベトナム語わからないので眺めたり、写真とったり、少々食ったり・・米人も居心地悪そうでした(笑))。
プレイクからはバスで国境を越えてアタプーまで行きました。
途中でホーチミンルートを越えます。道路はHAGの力なのかアスファルト舗装が行き届いていて、HAG社長の言う通り、アタプーの農場の商品を現地加工して、トラックでダナンまで運べそうに(当時は)思えました。
なお、ゴムの最大用途は自動車タイヤで、そこまで考えているかどうかw)?「呂錣・蠅泙擦鵑・▲瀬淵鵑砲魯瀬淵鵐織ぅ筺蕗・漬・ぢ)というベトナム上場企業(これも会社訪問したことあり)が存在し、シナへの輸出港ダナン港があります。HAGの株価は2014年前半をピークに低迷していますが、理由は不動産市況の低迷(最近は嘘みたいに上昇しているが、特にダナン)、農産物価格の低迷、投資過多による借金経営からか、サイゴン出身のズン前大統領が現在のフック首相に交代したことによるものか。ミャンマー(ヤンゴン)では同社開発のビルも見ましたが、すでに半分は売却したはずです。

今回ダム決壊による洪水(街の中心部ではないが)に襲われた町アタプーはHAGの城下町そのものでHAGホテルとかいろいろHAGの頭文字が付いた施設が目立つ街でした。
アタプー空港もHAGがかなり出資しており、ラオス高官への賄賂も飛び交ったと想像します。
また2014年前半から下がり続けたHAG株式ですが、7月半ばから上昇しているのは面白い。韓国の建設会社はたしか、インドネシアの証券取引所建物を建設しましたが、建物崩壊しました。
カンボジアでは韓国が作った橋が崩壊し ました。たしかカw)?」鵐椒献⊂攘・莪晙蠅牢攅颪・暙澆靴燭呂此・ぅ鵐疋優轡△任論重棺蠅・枻・4攅餽馥發任睚・郢・里・身・蕗・孀侭ぢ参照)。クアラルンプールではツインタワーの韓国建設側が傾いて、日本タワーに支えられているとか聞きます。
ハノイにはベトナムで最も高いビル「ランドマーク72」がありますが、韓国によるもの。日産自動車とかスタバとかグローバル企業が入っていますが、オープン当初はエレベターの不具合が頻発したとか。
なお忘れてはならないのはベトナムメディアは報じていませんが、建設中にベトナム人建設作業員が20名以上事故でなくなっています(ベトナム人から聞いた話ですが、残念ながら正確な人数は失念したが、25名位だったと記憶している)。
かなり荒っぽい。したがって、安全を最重視する日本の建設会社はなかなか踏み込めないのでしょう。
また、日本にとっては、2007年にメコンのカント?橋が建設中に崩落し、多数の死亡者(多くはカンボジア人労働者)をだしたことがトラウマになっているのでしょう。
   (R生、ハノイ)



   ♪
(読者の声2)貴誌前号、読者の声2(道楽Q)氏の投稿にイランとイスラエルの関係がでてきました。
革命前のイランはナイトクラブもあり飲酒も自由、韓国人経営の日本料理店ではタイ人女性が接客するなどホメイニ以後のイランからは想像もできないほど自由かつ国際的だったようです。
市内にはアラブ諸国の上空を飛べないエルアル航空のオフィスまであったといいますから、世俗国家イランとイスラエルの関係は親密だったのでしょう。
イランの秘密警察を指導したのもモサドだという説もあります。ホメイニについてはMI6のエージェント説からソ連のエージェント説まで多様ですが欧米の持ち上げ方はいかにも不自然でした。
 イラン革命後にアメリカ大使館占拠事件が発生し、イランとアメリカは断交、しかしイラン・イラク戦争でのアメリカからイランへの武器供給のためイラン・コントラ事件もありました。
この件にもイスラエルが絡んでいたように思います。
イスラエルとイランの腐れ縁といえばイスラエルのレバノン侵攻後、イスラエル軍がイランの麻薬密売にかかわり、麻薬利権を得る代わりにヒズボラへの武器援助を黙認したという話もあります。
 ヒズボラなどイスラエルにとってはいつでも潰せる勢力、なんというかイラン・イスラエル双方が利益を得る馴れ合いの戦争ですね。
イラク・シリアを巡るIS(イスラミックステート)にしてもイスラエルが関わっているという説が根強くあります。その証拠にISはイスラエルを一度も攻撃したことがないではないか、というもの。
中東情勢を日本の政治に例えると、イスラエルは長期政権の自民党、周辺アラブ諸国はかつての社会党・民主党、ハマスやヒズボラは社民党や共産党といった弱小政党。イスラエルに向けてたまにロケット弾を撃つだけで幹部はパリで優雅な暮らしができます。
自民党・社会党の馴れ合い体制の裏には米ソがいたところも現在の中東情勢に似ているような気がします。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)パーレビ時代のテヘランは女性がビキニで街を歩いていたとか。小田実の『何でも見てやろう』にも、当時のイランの自由な空気が描かれています。
小生は、80年代前半に一度、イラン各地を回った経験があるくらいですが、北京経由テヘラン便だったので、北京から人民解放軍の軍人幹部が多数乗り込んできた光景を思い出しました。
 △◇△◎◇◎□□◎◇△◇◎△△ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新刊予告です●   ■宮崎正弘の最新刊予告です●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊予告 8月22日発売!
宮崎正弘 vs 石平 対談第九弾!
『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! 』(ワック)
定価994円 新書版240ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4898317812/
(予約受付を開始しております)
        △●◇△●◇△●◇△●◇△●△

  ♪
●宮崎正弘のロングセラーズ。大好評発売中!
*********************

『習近平の死角』(育鵬社、1620円) 
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)


♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 


   ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
      ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)8月4日から6日まで地方講演旅行のため休刊です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。