国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<パキスタンの次はミャンマーに経済回廊を、意気込む中国

2018/07/22

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月22日(日曜日)
        通巻第5761号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 パキスタンの次はミャンマーに経済回廊を、意気込む中国
  スーチー政権は西側の冷淡さに反撥、中国へ一段と接近中
****************************************

 ミャンマーのロヒンギャ問題は、世界の批判の的になった。
しかし、もとはと言えば英国の植民地政策から派生してきた問題であり、民族を分裂させ、混乱状態を醸し出して、内訌状態が続けば英国への反抗は覚束なくなるという残酷冷徹な植民地政策の一環だった。

 ロビンギャという命名は戦後のことで、ミャンマーでは、もともとが「ベンガリアン」(ベンガルからの入植者)と呼び、またベンガリアンは、殆どがイスラムであり、仏教の家々を襲い、婦女子を暴行したりしたため、仏教徒との対立感情は根深いものがある。ミャンマーが軍隊を出動し、これら過激派を追いやったのは、歴史的な対立の結果である。

 欧米は、ミャンマー民主化のシンボルだったスーチーを派手に持ち上げたが、邪魔になると冷酷な批判を開始し、この絶妙のタイミングをよんで、するりとミャンマーに入り込んだのが中国だった。
 すでにパキスタンへは570億ドルを投じてのCPEC(中国パキスタン経済回廊)を建設中であり、こんどはCMEC(中国ミャンマー経済回廊)というわけだ。CPECからCMECへと、中国の進めるBRI(新シルクロード)の一環として、雲南省からマンダレー、ヤンゴンを通り抜けてラカイン州の港湾へと至るハイウェイ建設を基軸とするプロジェクトだ。

 だがミャンマー国内では「借金の罠」論が盛んになっており、そもそもビルマ人は中国が嫌いなのである。まだパキスタンのように、中国が推進している建設現場や中国人労働者へのテロはないが、治安上の問題が大きいとして、ヤンゴン商業界のみならず、ネピドー(首都)の政界にも慎重論が拡がっている。
       ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

戦後日本の知識人は、死の想念から逃げてしまった
だから死を賭した三島由紀夫事件は衝撃だったのだ

  ♪
西部邁 v 宮崎正弘『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 行動的積極的虚無主義――本書のタイトルである「アクティブ・ニヒリズム」を翻訳するとこうなる。筆者の西部邁氏が10代に愛読したアンドレ・マルローから、何もないニヒルな気分、それでも、ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動に応えてくれたのが、マルローからのこの言葉だと告白している。
いわば、西部氏の60年安保闘争への参加の契機となった思想的背景である。
最初は三島由紀夫がマルローに憧れ、最後はマルローが三島に憧れた。その三島の晩年に近くにいたのが宮崎正弘氏だった。

本書は、言論界の泰斗による、安保条約、国防論、国家、民族、思想、日本のあり方、日本人と文化等々にまつわる「戦後の病理」を行動的ニヒリズムをもって超克できるかを
縦横無尽に語り合っている。
 哲学的アプローチの一例が、日米安保条約改定から半世紀以上の中で最大の衝撃は、連合赤軍事件と三島由紀夫自決事件で、これ以降、左翼はサヨクと化し、言葉には死を賭した責任がつきまとうようになった。
人類は、「死の意識」「死の想念」からの逃避としての「戦争のない平和な想念」に永遠に身を浸すことは不可能である。人は死ぬものであり、国家をめぐる政治的な死でさえいつ訪れないとも限らないことを忘れてはならない。
結局、戦後日本の知識人は、死の想念から逃れたのだ。だから、死を賭した三島由紀夫
事件は衝撃だったのだ。今こそ日本人に染み付いた平和主義を疑わなければならない。
                (文芸社企画編集室編集長 佐々木春樹)

https://www.amazon.co.jp//dp/4286199231/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1531528599&sr=1-10&refinements=p_27%3A%E8%A5%BF%E9%83%A8+%E9%82%81
    ▽◎◇◎◇◇▽◎◇◎◇◇◇◎◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

民主主義を破壊しているのはリベラル派の偽善
我々の税金があやしげな左翼の「研究費」に回されている

  ♪
小川榮太? v 杉田水脈『民主主義の敵』(青林堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 民主主義とは「最大多数の最大幸福」と学校で教わった。ところが日本の民主主義は、「少数者の幸福、大多数の不幸」というまことに歪つな構造になっていて、マイノリティの意見が、多数派の合意を破壊する。
つまり民主主義を破壊しているのはリベラル派の偽善である。
 禁煙ファシズムしかり。LGBT過大保護しかり。
 誰だったか、うまい指摘をしていたが朝日新聞のペンの謀略とは、革マル派が早稲田大学新聞を乗っ取っているように、少数の過激派がメディアを乗っ取って、少数派の宣伝だけをして、多数の意見を無視しつつ、それがミンシュシュギなどと言い張っている実態を指す。
 さて、ふたりの対談のなかに幾つか重大なイシューがあるのだが、紙幅の関係で以下の一点を紹介する。
 税金があやしげな左翼の「研究費」に回されているという深刻な問題である。
 杉田 「従軍慰安婦問題、徴用工問題、じつはそういう研究分野――日本に対する反対派のところに、文部科学省の研究費が出されているんです」
 小川 「あれは杉田さんが問題を提出した途端に、ボロボロと出てきましたね。翌日からツィッターなどで」

 調査して、浮上したのは4億4000万円もの金が、極左で「政治学者」を自称する山口二郎のチームに渡っていた事実である。これ、国民の税金である。
 「グローバリゼーション時代におけるガバナンスの変容に関する比較研究」とかで、2002年から06年にかけて山口二郎代表に4億4577万円が、おなじく「市民社会民主主義の理念と政策に関する総合的考察」とかの研究に9854万円(07年から11年、チーム代表は山口二郎)、同じく「政権交代の比較研究と民主主義の可能性に関する考察」とかに、北大から法政大学に移った山口チームに4498万円。
 徐勝という『北朝鮮のスパイということで一審が死刑判決』のでた男が、立命館大学で教授になっている。
ここに2800万円が研究費用として出ているのである。
 おまけに孔子学院だが、ここは日本の行政がどこもタッチしていない。まさに左翼を育成し、助長する援護射撃を、われわれの税金がしていることにならないのか。こいう大問題を国会で、なぜいままで問題にならなかったのか、二人の追求は果てしなく続くのである。
      ◎◇◇ ▽◎◇ ◎◇◇ ◇◎◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1760回】             
――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(16)
中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政?社 大正四年)

   △
 吉林を発し長春経由でハルピンへの道すがら利用したロシア経営の東清鉄道について、「露國式は單り軌道の廣くして客室の大なるに現れたのみならず、其北滿に於ける諸般の經營は、萬事に之に準じて日本の小賢しきを冷笑するに似たり」と綴り、日露戦争に破れた後のロシアの方策の見事さを述べた後、「不幸にして日本は外交的手腕の鮮やかならざりし爲、戰勝國の利?は殆ど収むること能はずして、其不人氣のみは全部繼承するに至りたり」と、日本外交の拙劣さを批判する。

  中野が説くところでは、ロシアは日露戦争の敗因を満州に利害関係を持つ「列國の同情を失ひたりし」点に求め、かくして戦後は「先ず滿洲に於て、總て支那を始めとして列國の猜疑の眼を光らすが如き行動は、思ひ切りて之を中止」する一方、自らの「從來の不人氣を擧げて、之を戰勝國たる日本の頭上に轉嫁せんと企てたり」。

  たとえば満鉄沿線では満鉄(政府)、都督府(陸軍)、領事館(外務省)が事細かい規則を設けて日本人を規制し、彼らの自由な活動を阻害するばかりだ。
ところが日本人が「足一たび我勢力範圍を出でゝ、甞て敵國たりし露國の市場に入り込むや」、土地の所有権はもちろん行政権まで認められる。現にロシアの勢力圏の中心たるハルピンでは「日本人支那人も其他の外国人も、公權上私權上總て露國人と同等にして、哈爾濱市會には支那人の議員も有れば、日本人の議員も有るなり」。
かくして「善良にして敢爲の氣ある我が同胞は、衆口一致して哈爾濱に於ける露國の寛大を頌へつゝあり。斯くして外國人を滿足せしむる所以は、畢竟露國自らを利する所以なり」。

 だが、だからといってロシアが東方への関心を棄てたわけではない。
満洲方面ではハルピン以北の経営に重点を置く一方で、蒙古にみられるように「他の目立たざる方面に於て、大膽なる活動をなし、捲土重來の基礎を作りつゝあるに至りては、吾人同胞の大に注意を要するところなり」。

  中野の記す所を敷衍するなら、日本は日露戦争勝利に浮かれロシアの意図を読み違えるばかりか、満州でも日本式縦割り行政が改められず省庁間の縄張り意識を振り回す一方で、「善良にして敢爲の氣ある我が同胞」の行動を規制して『民間活力』を殺いでしまう。これに対しロシアは日露戦争の敗因を分析し、融和・平和ムードを振りまきながら捲土重来を策す、といったところだろう。やはり昔も今も失敗のみならず成功から学ぶことが、日本人は不得手なのだ。

  ハルピン着後、馬車に乗る。顔の半分が立派な髭のロシア人馭者は「支那人の如くペコペコせざる所は、甚だ傲慢なるやに見ゆれども、規定の賃金を拂へば、高くハラショーと呼び、嬉しげに一笑して去る」。じつに「支那人の如く、五十錢を與ふれば六十錢を要求し、一圓を與ふれば一圓五十錢とつけ上る狡猾氣なき也」。やはりハルピンでも、彼らは「狡猾氣」を漂わせていたわけだ。

  「役人離れせし態度」の本多総領事の招待宴を終え、中野は馬車を駆ってハルピンの夜景見物に出かける。「日本人町の夜景は醜業婦が豚小屋を聯ねたる中に蠢動せるもの、慘酷、汚穢、其前を馬車にて通過せしのみにて嘔吐を催せり」。

  次いで「所謂五色の酒を酌みながら、夜もすがら美人の踊りを見る處」へ。「踊りを終えたる美人等」は舞台から降りて「紳士等と喃々す、其の喃々は勿論喃々料金を徴する」。
外蒙の野に活躍する露國人は、實に雄々しく見」えるが、こちらの「ロスキーは、眞にだらしなき者共なり」。
かくて中野は「露西亜は大國なりとて一から十まで恐るゝに足らず、褌締めて取り組めば、小兵の日本にても必ずしも敗れざるを得」と綴るのであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 1761回】                   
――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(17)
  中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政?社 大正四年)

        △
中野は「伊藤公の殺されしてふ」ハルピン駅で列車を待つ間に「豚の選り別け」を眼にした。

 「幾百千人とも見ゆる辮髪の苦力等が、雪崩を打つて列車の乘口に攻め寄せ」る。「罵り叫ぶ聲喧しく、大騒動にても起りたらんが如き氣色なり」。彼らの前に立ちはだかるのは、「蓬々たる鬚髯、渥丹の面、猛り狂ひて大聲を揚げ」ている「露國下士官」だった。
彼は押し寄せる乗客の切符を点検し、所持していなかったら「或は盆大の平手を以て、?面を歪むほど叩きあげ、或は蠑螺の如き拳固を堅めて?桁の外るゝ程撲りつけ、偖髪を?みし右手を強く振へば、苦力は毬の如く一二間向ふに投げ出される。其有樣恰も豚の善惡を選り別けて、可なるものを積載し、不可なるものを棄つるが如し」。彼らが乗り込んだ三等列車内を覗いて見ると、「此種の豚尾漢等、到底人間竝の衞生を以て律す可らざるなり」。いやはや、じつにタマラン。

 それにしても「豚の選り別け」とは、じつに的を得た表現というべきだろう。
  中野は「吾人は殘念ながら此等の苦力と同種類の黄色人種」であればこそ、ロシア兵の扱いには「流石に不愉快ならざるを得ず」と立腹するが、これこそが現実的で最も至極な「殖民地の土人統御策」だと考えた。

 たとえばコッサクは馬を我が子のように扱う。だが調教に当たっては時に「亂打亂?殆ど息の根を止める」ほどだ。「是を以て馬は其主人の親しむべきを知ると共に又其の侮り狎る可らざるを思ひ、其命に服すること手足の如きに至る」。つまりロシア人はコサックが馬を扱うように苦力に接するからこそ、「支那人は喜びて親しめども、侮りて害するの意を起す能はざる」ことを身に沁みて知ることになる。

  ところが日本人はロシア人とは全く違う。馬を御すに喩えれば、「叱聲口に絶えず、鞭影常に動き、馬は甚だしく主人を恐れずと雖も、寸時も氣を安んずることなし」。つまり日本人の対応はロシア人の反対だから、相手はイライラ落ち着かない半面、日本人の性質を知って足元を見切って舐め掛かってくる。
だから脅しが効かない。かくして「日本政府は、如何なる侮辱を被ることなるも、敢て支那政府及び人民を威嚇する能は」ず。

  これが外交面に現れると、「列國の顔色を覗ひて、男らしく口を利けざる我外交官が、個人としては弱き支那人に對するや、俄に威猛高にな」ってしまうから、余計に舐められてしまう。「傍より之を見ても噴飯に堪へざる次第なり」。

  かくして中野は、「畢竟露西亞人の支那人に對する腕は、強大なれど小八釜しからず、日本人の支那人に對する手先は小賢しけれど微弱」であり、ロシア人は「嚴父の如く」に対応するが、日本人は「ヒステリーの繼母の如」くに接する。かくして「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして、却て小男の爪先にて爬きむしらゝを嫌惡するなり」ということになるわけだ。

 ロシア人は「支那人が大概の狡猾手段を講ずるも容易に怒らざる」が、舐めて掛かったら半殺しにしてまでも同等ではないことを徹底して教え込む。「是を以て支那人は喜びて親しめども、侮りて害するの意を起す能はざるなり」。一方、政府も民間も日本人は「如何なる侮辱を被ることあるも、敢て支那政府及び人民を威嚇する能は」ないばかりか、「其代わりに局部々々に於て、所謂硬手段を取る者多し」。

 「硬手段」と称して「徹底せざる小威嚇を支那個人に向つて加ふる者續出し」ているが、これが「軟弱なる官憲の代表者」にまで及び、「臆病者の痩臂を張りて、?々者流と共に妄動せんとするなり」。なぜ、こういった振る舞いしかできないのか。
《QED》
        ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「沖縄はいつから日本なのか」講演会のお知らせです。日本にとって沖縄問題とはいったい何でしょうか? いま評判の書籍の作者が若い安く説明、講演します。

とき   7月23日(月曜)昼の部 1400−
              夜の部 1830−
ところ   IKE・BIX(としま産業振興プラザ)三階「美術室」
        (池袋西口から徒歩10分)
      http://www.city.toshima.lg.jp/chosha/access.html

講師    仲村覚(日本沖縄政策研究フォーラム理事長)
演題   「歴史を分断された日本民族の危機」
資料代   1500円



  ♪
(読者の声2)日本とユダヤ、整理してみました。
1.古代史的な関係:なし。地理的に東西隔絶しておりあり得ない。
2.共通性:両方民族宗教国家である。だから宣教師を派遣しない。相手を侵犯しない。一神教であるが、民族性のないキリスト教、イスラム教とは異なる。
3.日本とイスラエルの歴史的関係:(1)明治のお雇い外人:ユダヤ系が多かった。本国でなかなか出世できなかったからと云う。日本は欧米化でいろいろお世話になった。(2)日露戦争:戦費不足で外債を発行したが、引きうけ手がない中、ユダヤ系米国人のシフ氏が引きうけてくれた。戦後来日し明治天皇に招かれた。
4.戦争中のユダヤ人救出 これは1次と2次があった。日本政府が対米関係改善のためにユダヤ人を保護したという。結局、成功しなかったが、日本軍が終戦まで上海で保護したのは人道的だった。

5.共産主義運動: 20世紀はじめの欧州では各国の民族主義の勃興でユダヤ人は行き場を失った。そのため国際主義のマルクス主義運動に走ったものが多かった。これはマルクスがユダヤ人であり、マルクス主義が、ユダヤ・キリスト教の終末論の焼き直しだったので、精神文化的に親和性があったこともあるだろう。
6.ソ連とユダヤ人:ソ連共産党では、トロッキーはじめ、大幹部にユダヤ人が多かった。しかし彼等はスターリンにより皆処刑された。スターリンはユダヤ人を嫌い、後年ユダヤ人医師陰謀事件をでっち上げロシアのユダヤ民族を滅ぼすつもりであったという。これは皮肉にも、スターリンが倒れたとき一流医師が皆牢屋に入れられていたということになり、スターリンの死期を早めることになった。

スターリンはKGBなどのスパイ工作にユダヤ系をつかった。これは国際的なリンクがあると見て利用したのであろう。しかし工作が終わると、知りすぎているという理由で彼等を処刑した。クリビッキーのように米国に逃亡しても追跡して処刑した。
7.現代の日本とユダヤ人の関係: イスラエルの親日のシロニー教授(勲二等)によると、日本人とユダヤ人は相互に相手を過大評価しているというのは面白い。これは相互に利用し合えばよいのではないか。戦前のユダヤ人は日露戦争を戦った日本人に学んで建国した。
今度は日本が中東で勇敢に戦うイスラエルに学ぶ番だ。
    (落合信夫)
 □◇□□◇◎▽◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
****************************************
  ♪
●紀伊國屋書店第一位 大好評発売中!!
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
https://www.amazon.co.jp//dp/4828420320/ref=lp_12867261_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1531441097&sr=1-4
  (アマゾン ↑)
 
 ♪♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
常識を覆す中国分析です!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる。これほど脆弱な独裁者も中国史では希である。なぜならカリスマ性もなければ、凶暴で暴力的な政敵排除の特殊部隊がいない
 ――北朝鮮の核ミサイルで東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にしたはずだが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
        ○○○○○○ ◇□△◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
****************************************
  ♪
●大好評発売中!!
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。