国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国は航空機産業の中堅、特殊技術企業をすでに数社買収している

2018/07/11

★小誌愛読者25550名! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月12日(木曜日)
        通巻第5758号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプの中国制裁関税、ハイテク企業買収もなんのその
  中国は航空機産業の中堅、特殊技術企業をすでに数社買収している
****************************************

 AVIC(中国航空工業集団有限公司.)は中国最大の航空機製造グループで、国有企業である。従業員は全体で56万人のマンモスである。
ジェット戦闘機、爆撃機、ドローンなどの製造でも有名だが、民間旅客機も製造する。

その実態は中国空軍であり、2008年に中国航空工業第一集団(AVIC I)と中国航空工業第二集団(AVIC II)とが合併した。ハルビン工場はブラジルの航空機メーカー「エンブラエル」との合弁。同年に欧州のエアバスと天津に合弁工場を開設し、2010年に米国エピックエアクラフト社、テレダイン・テクノジー社を買収した。

さらに2011年には、子会社の中航通用飛機を通じて、米国の航空用エンジン・メーカーであるコンチネンタル・モータースと、シーラス・エアクラフトを買収した。

AVICは111の企業集団、36の研究開発センターからなり、工場はハルビン、成都、西安、南昌などに分散されている。

落ち目だった米国の航空産業を飲み込んだため、いきおい注目を集めたが、以後、米国インテリジェンス機関の監査の対象となって、かれらのスパイ活動を監視してきた。

もちろん、AVICはボーイング、ノースロープ・グラマン、ゼネラル・ダイナミックス、ロッキード・マーチンなどの大手の軍需産業を狙っているのではなく、その部品やエンジンなどを製造する中堅メーカーを標的としてきた。中小の部品メーカーなどは所有する特許ごと買収された。

米国だけに留まらずAVICはドイツの「ティレート航空機エンジン」社、英国のAIM(レーダーパネル、ミサイル格納庫、センサーなどを製造)、同英国のジロ工業(ロータリー・エンジン)なども買収している。

一方、エンジニアとして米国企業に潜り込んだ中国人スパイは、最高機密の技術情報、設計図などをせっせと盗み出した。

ボーイングに潜り込んでいた中国人スパイのグレッグ・チュン(音訳不明)をB2爆撃機、スペースシャトルなどの機密を盗んでいた容疑で逮捕、チェンは、ほかにチ・マク、グ・ウィエハオら共犯者と組んで、航空機製造過程の設計図やノウハウなど機密書類を盗み出し、中国軍と関係の深いAVICに売り渡した容疑で起訴され、それぞれが16年から24年の懲役刑に処せられた。

AVICは戦闘機のほかに輸送機、武装ヘリ、地対空ミサイル、巡航ミサイルなども生産しており、いかに米国雄航空宇宙産業が、中国の間接侵略に無警戒であったかをしめしている。
       ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 加賀藩下級武士の末っ子、幼き頃からのペシミズム
  這い上がっても、そこに理想はなかった。徳田秋声の生涯

  ♪
松本徹『徳田秋声の時代』(鼎書房)
@@@@@@@@@@@@@@

 かなり長い時間、ツンドク状態だった。三島由紀夫研究の第一人者が、「なぜ? 徳田秋声なのか」
 加賀藩の下級武士の小せがれ、廃藩置県で父は職を失い、一家離散。ペシミズムが身についている。
 徳田は当時の文学状況に、尾崎紅葉や二葉亭四迷、坪内逍遙の活躍を夢見ながらも、「そこに自身の目標だとか理想はなかった。その点で(秋声は)怖ろしく冷淡で、冷めていた。それというのも、そこに理想を見出したところで、没落の過程に身を置く者が、どうしてそれを目指して進むことが出来るだろう。自分はその資格を欠いた者、との気持がいよいよ深まる一方だったのである」(171p)。
 そうした青春時代に転機がきた。
 徳田秋声は泉鏡花とならんで尾崎紅葉門下、もうひとりの弟子は田山花袋であることは知っていたが、現代日本人から見れば、いかにもかび臭い作家、そういえば徳田秋声には『黴』という作品もありましたが。

 評者(宮崎)にとって、秋声と泉鏡花は石川県人なので、親しみはあるし、室生犀星とともに、金澤には文学館もある。釈超空も、鈴木大拙も石川の人である。文学、哲学で、巨人を産んだ叙情の豊かな土地だったけれども、いまや石川県は「巨人の松井」という選手が有名なだけ。
 おくに自慢はそれくらいにして、徳田秋声は通俗小説と自然主義文学との境目を、はてしなく彷徨した。流浪の貧困人生。ある日、突然流行作家になる。
なぜ流行作家になれたのかと言えば、正統な評価からではなく、かの檀一雄と同様に、現在進行形のフリン物語を書いた。檀には、『火宅の人』があって、映画にもなって、ベストセラー。本来は浪漫派の作家だった。傑作は『花かたみ』と『夕日と拳銃』だろうが、誰も顧みない。
 徳田秋声もまたフリンの実話(いわゆる「順子」もの)を現在進行形で連載小説とし、完成前に映画になるという時代の寵児だった時期がある。

 しかし尾崎門下時代は、英語力を買われ、片っ端から西洋の小説を翻訳して糊口を凌いでいたという。
 翻訳は自ら丸善にでむいて選択するのではなく、紅葉のもとに新聞社、雑誌社から翻訳依頼がきて、その仕事を貰っていたということで、他方、田山花袋はモーパッサン、ゴンクールに集中した。
 松本氏はこう書く。
 「取り組み方が対照的であった。花袋は能動的、秋声は受け身的である。また、花袋は理念的、秋声は実際的と言って良いかもしれない。しかし花袋は、自分の語学力もあまり気にせず、関心の趣くまま、読んだのに対して、秋声は、紅葉訳とされる『鐘楼守』にしても、英訳本を参照して、かなり厳密に訳している」(30p)と、その姿勢の違いを明らかにしている。
 そのうえ、秋声はと言えば、田山花袋と異なって、翻訳から「本質的に影響らしい影響をほとんど受けず、我が国の風土、暮らしに根付いた、すぐれた自然主義的文学を生み出すことになった」。
 以下、秋声の伝記と文学論が続くが、国文学ファンでもなければ、徳田文学の意味は、卒論のテーマにもないにくい時代となった。
 それにしても、この徳田秋声と三島由紀夫研究とは、松本氏の脳裏のなかで、いかなる相関関係になるのか?
十年ほど前に金澤の徳田秋声文学館開所式に行くという松本氏に訊いたことがある。「それは、三島研究の合間に、息抜きとして徳田秋声がちょうど良いのです」という意味のことをいわれて、なるほど、そういう相関関係の方程式で、この謎がとけたような気になったのである。
             ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 皇帝の如くに金正恩を呼びつけたが
  はたして習近平の独裁度は、どの程度なのだろう?

  ♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、発売=扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 憲法改正により終身独裁の道を開いた習近平。北朝鮮の核問題で存在感を示せなかったが、米朝首脳会談直前に皇帝のごとく金正恩を呼びつけ、北朝鮮の後ろ盾をアピールした。
 そんな独裁者的な言動とは裏腹に、中国の国内外に、習近平の地位を脅かす5つの懸念が広がっている。
?幹部の間で外交スタンスがバラバラ
?軍の掌握ができていない、
?ライバル「団派」との権力闘争、
?対米貿易戦争
?国内経済の悪化
などだが、いずれも対応の仕方を間違えると、習近平の権力基盤が一気に揺らいでいく可能性がある。
 南シナ海の実効支配や尖閣問題のように覇権主義的な行動を推し進める中国に対して、独立国日本はどのように対処すべきなのか。
 本書は、中国評論家として第一人者の著者が、混乱する中国の実情を国際政治の観点も交えて読み解き、同時に習近平の政治基盤の脆弱性がもたらす危険に対して警鐘を鳴らす。
             (『夕刊フジ』、7月10日付けより再録)

    ▽◎◇◎◇◇▽◎◇◎◇◇◇◎◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「言論テレビ」からのお知らせです。
番組名 『花田編集長の右向け右!』(櫻井よしこ氏主宰の「言論テレビ」のインターネットの番組です)
 記
放映日時 7月13日(金)22時から
テーマは、「米中激突が始まった」
ゲスト  宮崎正弘
以下のサイトで上記時間は誰でも無料で見られます
http://www.genron.tv/ch/hanada/
(上記時間以外は、会員限定となります)



   ♪
(読者の声2)国会論戦を見ると、一時盛り上がった憲法改正の火が消えかかっています。このままだと、最も重要な憲法9条に向き合うことなく、当たり障りのない改正でお茶を濁すことも危惧されますし改正論議の先送りも懸念されます。
 この時期、集まり、憲法改正の熱気を再び呼び起こすため、そして、これに取り組む参議院議員の宇都隆史(うと・たかし)先生から自民党案の細部や国会情勢を直接お聞きし、これを正しく理解し、改正論議を広める資とするために、講演会を計画しました。

日 時:7月21日(土)13時〜15時
場 所:じょいあす新潟会館(新潟市中央区幸西3丁目3-1  電話:025-247-9307)
     http://www.niigata-kaikan.com/
講 師:宇都隆史先生(参議院議員、参議院外交防衛委員長)
     http://www.utotakashi.jp/
演 題:憲法9条はこのままでよいのか? 我が国の安全保障から憲法9条改正を考える!
資料代:500円
 なお終了後、15時15分から2時間の予定で講師を囲み懇親会を行います。ご都合の許す方、ぜひご参加ください。会費5,000円です。
 出席ご希望の方、電話、メール或いはFAXで連絡下さい。18日までに連絡いただければ準備の 都合上助かります。
・お申し込み・お問合せ先  日本李登輝友の会新潟県支部 事務局長 北條雄一
 電話(FAX):025-269-3708  携帯電話:070-5071-2327
 E-mail:yukita61@gmail.com



  ♪
(読者の声3)日本文化チャンネル桜、から番組のお知らせです。
放映日    7月14日(土曜) 夜
番組名    「討論! 闘論! 倒論!」
http://www.nicovideo.jp/watch/1340333069
テーマ    「骨太」(安倍政権の新経済再生プラン)を巡って
パネラー   宮崎正弘、上島嘉郎、安藤裕(衆議院議員)、長尾たけし(同)、三橋貴明、
       渡辺哲也。島倉原。(司会 水島総)
      


  ♪
(読者の声4)三島由紀夫研究会の七月の公開講座は、国防問題研究会と共催で、憂国の空の将軍として知られる織田邦男元空将を迎えて「国防講座」を開催します。

日時  平成30年7月26日(木)18時半開演(18時開場)
場所  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師  織田邦男(おりたくにお)空将(退役)、元航空支援集団司令官
演題  「混迷する東アジア情勢と日本の安全保障」
参加費 2000円(会員千円)
   (織田氏の略歴 昭和27年生れ。愛媛県出身。昭和49年防大卒(18期)同年航空自衛隊入隊。F4戦闘機パイロットを経て第6航空団司令、航空開発実験集団司令、航空支援集団司令官などを歴任。平成21年空自退官。現在は東洋学園大学客員教授。一般社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員をつとめる)
       ◎◎ ▽◇◇ □□◇ □◇ □□ ◇◎▽ □◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□▽□ 広告 □▽◎ Advetisement  ◇□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ▲とにかく本書は常識を覆す中国分析です!!!
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる。これほど脆弱な独裁者も中国史では希である。なぜならカリスマ性もなければ、凶暴で暴力的な政敵排除の特殊部隊がいない
 ――北朝鮮の核ミサイルで東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にしたはずだが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
     (↑ アマゾン) 
        ○○○○○○ ◇□△◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
<<近刊予告>>
  ♪
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧(続編)』(仮題。海竜社。予価1296円、8月25日発売予定) 
  ♪♪
書き下ろし 宮崎正弘『米中百年戦争が始まった』(仮題、徳間書店、定価未定)
  8月29日発売予定

    ♪
●大好評発売中!!
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告) 小誌は海外取材旅行のため7月15日から23日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。