国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <<受験を欺く新兵器の数々、消しゴムに隠された補聴器、指紋のニセモノ

2018/07/08

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月8日(日曜日)
        通巻第5754号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 裏口入学なんてメじゃないって。予備校もカンニング機器の販売に手を貸した
  受験を欺く新兵器の数々、消しゴムに隠された補聴器、指紋のニセモノ
****************************************

 詐欺にかけては世界一の技術を誇る国は?
 正解はシナ。指摘する必要もないだろう。裏口入学で日本は大騒ぎをしているが、コネによる裏口入学が常識でさえある中国で、昨今、話題となっているのはカンニングの新兵器である。

 当局は5月24日に李と名乗る入試カンニング機器販売の主犯格を逮捕し、出荷寸前だった10万個の「機器」を押収した。不正な機械を販売してきた12の団体を手入れし、容疑者を拘束した。

この国家考査(全国統一模試)を突破するためにカンニングの新製品が年々歳々向上していた事実が浮かび上がった。
 予備校の中には、この機器を購入したところが八校もあったという(サウスチャイナモーニングポスト、2018年7月7日)。
 
 まず指紋である。身代わり受験を防ぐための中国の模試会場の入り口で指紋の照合がある。荷物検査は金属探知機があり、ここを突破する新しい、金属探知機にみつからない兵器が求められていた。

 注目は小さなイヤホンで、金属探知をのがれる。また消しゴムに内蔵されたスクリーンや計算機を偽造した液晶パネル。これらを入試会場から三キロ以内に陣取るグループが問題を解いて受験生に送るシステムであり、やっぱり中国人の発想は違うなぁと感心するばかりである。

 ロス米商務長官は中国を「ルール違反常習」とは言わず、「貿易の詐欺師」とまで酷評したが、科挙試験以来、替え玉やカンニングは彼らのお家芸であり、あげくは入試不合格でも、つぎは有名大学の「卒業証明」の偽造である。

      ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 終戦から半年後に、通化では日本人三千人が惨殺された
  この中国軍がやった「通化事件」のことを戦後史家はなぜ書かなかったのか

  ♪
加藤康男『八月十五日からの戦争 通化事件』(扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 日ソ中立条約を破棄してスターリンは満州への侵攻を命じた。
八月十五日まで防衛線と要塞を死守した日本軍は多くで玉砕した。満州各地では激しい戦闘がつづいたが、陛下の玉音放送で、ぴたりと戦いをやめ、降伏した。スターリンを信じて、迂闊にも武装解除に応じてしまった。
 まさか、ソ連兵が日本軍兵士をシベリアに抑留し、また残留日本人をあれほどの残虐性を示して虐殺、國際ルールの無視をやるとは、善意の日本人の想像を超えていた。戦車で日本人をひき殺し、婦女子は暴行したうえで殺害し、あらゆる物品を奪った。
 この残虐に輪をかけて、人類の想像を超える残酷をみせたのが中国人の武装ゲリラ、朝鮮人の盗人集団などである。
当時、満州にはこうした匪賊が三百万人ほどいた。
 本題の「通化事件」とは、戦争がおわって半年もすぎたときに、引き上げを待っていた日本人が三千人も惨殺された事件のことで、犠牲者は「通州事件」の十倍以上である。河は血の海となって鮮血に染まった。

しかし日本はこの事件の抗議も行わず、沈黙した。だから誰も知らない。
 加藤康男氏は、こうした戦後史の闇に葬られてきた事件を丁寧に掘り起こし、深層に迫る仕事を丹念に精密に調査されながら、息の長い、かずかずの仕事をこなされてきた。
 さて通化事件は、近年「通州事件」が知られるようになって慰霊祭も行われていることとは対比的に、じつは殆ど何もなされていない。
通化事件は全貌の検証もされていないのだ。
 評者(宮崎)は、通州事件のあとには二度行って現場を検証したが、じつは通化事件の現場にも足を運んで、つぶさに街をあるいた。
十年以上前のことで、まだソ連兵の司令部跡や、参謀部跡、処刑場のあとなどが確認できた。それを写真と地図入れで、拙著のどこかにワンチャプターを建てて報告したのだが、いま、何という本だったかの記憶がない。つまり誰も注目しなかったので、評者の問題提議に、これといった反応がなかった。
 しかし、いま加藤さんの新作がでるに及んで、本格的な慰霊や追悼講演会などが企劃されても良いだろうと思う。

 本書にはもう一つ、これまた誰もが忘れてしまった「お町さん」という女傑の物語が挿入されている。
雲南省の山奥の拉孟(らもう)で、最後まで日本兵とともに敵と戦った慰安婦の日本人女傑がいたことは、近年、桜林美佐さんの活躍でしられるようになった。評者も八年ほど前に現場を歩いた。
 お町さんとはどういう女性だったのか?
 「お町は日本の女で御座います」と胸を張ってロシア、シナの匪賊と立ち向かった。
 お町さんの活躍ぶりは、当時遼寧省の安東(いまの丹東)で引き揚げ船をまった芦田伸介や藤原作弥氏らの回想録、著作にひょいと名前がでてくる。つまり敗戦後のどさくさに、ソ連兵の暴行を防ごうと、お町さんは立ち上げり、「ソ連兵相手のキャバレーを創ったのだ」(安寧飯店)。
ただしプロの女性だけを雇用した、事実上の慰安所であり、これが防波堤となって、多くの日本人女性を悪魔の被害から救った。
 しかし、この女傑が経営したキャバレーは、八路軍から国民党のスパイのたまり場と因縁をつけられ、お町さんは八路軍の手にかかって銃殺された。鴨緑江が血に染まった。
 その女傑を顕彰する石碑は、じつは三ヶ根の殉国七烈士の墓場近くと、出身地の吉崎御坊の近くに建立されていた。
 加藤さんはそれを見つけた。本名も探り当てた。関係者を訪ね歩く苦労を重ねながら、津軽半島の奥地から、福井の芦原温泉近くの出身地で、顕彰碑を発見し、ついに石川県の願慶寺に建立されていたお墓にたどり着いた。
そこで住職が保存していた僅かに残されていた資料と写真を手に入れた。ようやくにして、足で歩いたノンフィクションが完成した。

    ▽◎◇◎◇◇▽◎◇◎◇◇◇◎◇◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)米国海軍が駆逐艦を二隻、台湾海峡を通過させます。台湾海峡には、戦雲が漂っているのでしょうか?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)駆逐艦を二隻、今晩にも台湾海峡を通過する予定とか。注目すべきは、この日、トランプ政権による対中貿易戦争の火蓋が切られたというタイミングでしょう。
 それにしてもトランプは就任早々に「ひとつの中国には拘らない」と応援歌を送り、さきには「台湾旅行法」、そして先週は台北の、事実上の大使館新設除幕式。くわえて、海兵隊を駐屯される(いまは私服で警備についています)。補佐官のボルトンは沖縄の海兵隊を台湾へ移動せよと訴えています。
 これだけの環境の変化、良い条件が整えされている時期に、適宜に対応した政策効果を挙げられない蔡英文政権は、いったい何をしているのかと、民進党支持者のなかに、蔡英文支持から離れている人が多いようです。



  ♪
(読者の声2)御新著『習近平の死角』(育鵬社)、紀伊国屋書店で店先に高く積み上がっていました。購入して、早速読み始めましたが、いつもながら取材のゆきとどいた好著に感銘を受けました。
 とくに誰も行かない、それこそ特派員も行かないような国や場所へ行かれて中国の進出ぶりを観察されるなど、貴重な仕事だと思います。
老生の家内も、以前から先生のファンですが、本著も熱心によみだしました。さらなるご健筆をお祈りします。
   (TI生、神奈川県)


(編集部から)予告期間が長くてお待たせしましたが、全国一斉に発売されました。
11日の産経新聞の二面に大きな広告がでる由です。
     ◎◎▽◇◇□□◇□◇□□◇◎▽□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□▽□ 広告 □▽◎ Advetisement  ◇□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ▲とにかく本書は常識を覆す中国分析です!!!
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる。これほど脆弱な独裁者も中国史では希である。なぜならカリスマ性もなければ、凶暴で暴力的な政敵排除の特殊部隊がいない
 ――北朝鮮の核ミサイルで東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にしたはずだが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
     (↑ アマゾン) 
        ○○○○○○ ◇□△◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (定価1404円。在庫切れ。暫時お待ち下さい。)

 ――アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン 定価1404円。在庫切れ。近日中に入荷予定です)
             △◎□◇○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
  ■絶賛発売中!!
   ♪
 宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (定価1296円) 
『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 https://www.amazon.co.jp/dp/4198646376/
 ――米朝首脳会談は予想通り二転三転、そして四転五転となった。
――強硬な手段を発動して相手を揺さぶる。さすがにディールには馴れているのがトランプの遣り方であり、敵対するメディアもこの点の豪腕は認めるところであろう。
――ところが日本のメディアに登場する「北朝鮮専門家」たるや、情報もなければ取材もしていない人々が平然と間違った見通しを述べていることは驚きである。

  
  ♪♪
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告) 小誌は海外取材旅行のため7月15日から23日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/09

    ジェイソン・モーガン著『アメリカも中国も韓国も反省して日本を見習いなさい』を読む

    http://melma.com/backnumber_115_6706132/

    共産党「パチンコ依存症が深刻!現金化が犯罪生む」・警察庁「一概に言えない」・パチ屋で殺人事件

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7139.html

    コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/e1f0897014374e5340858dfb7f826ce8?fm=entry_awp_sleep

    伝えなきゃいけない、朝鮮がやった極悪非道を!参考に見てください!

    https://ameblo.jp/syouyuya8/entry-11678307341.html

    上七軒 ビアガーデン

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%8A%E4%B8%83%E8%BB%92+%E3%83%93%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi31trZsY7cAhXIULwKHRqqA8kQ_AUICygC&biw=960&bih=465

    米国では枯れ葉剤耐性遺伝子組み換えの再調査

    http://blog.rederio.jp/archives/2175

    ホロビッツ博士の警告・ワクチンによる大虐殺 

    http://asyura2.com/sora/bd15/msg/647.html

    外国人の生活保護と、人類普遍の原理。

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12388132449.html

    北陸鉄道石川線【鶴来?加賀一の宮】の廃線跡を訪ねて

    http://iso4z.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-f542.html

    「フジ住宅」裁判報告。うんざりやな、朝鮮人の恫喝裁判の手口。 

    http://gekiokoobachan.jp/blog-entry-324.html

    鎌倉 和田塚 [江ノ電]

    https://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2009-09-19

    韓国の間違った歴史観(転載)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

    日本から在日が誰もいなくなる

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-11975097620.html

    ブリュッセル

    http://www.belgium-travel.jp/brussels/ruedenamur.html

  • 名無しさん2018/07/08

    4万人の逮捕状 最高裁判所がトランプ側の手に! アメリカで大きな神の裁きが起きる!







    ・欧米権力の最高峰で権力紛争が根本的変化に向かっている。



    ・NATO最高司令官「大西洋をまたがる同盟は永遠のものではない」



    ・7/11.12のNATO首脳会議で、NATOの存在意義が問われる。



    ・7/16にロ米首脳会談(フィンランド)で、ロシアも入っている欧州会議(47か国)をEUに置き換える議論が始まる。



    ・米国内ではロシア疑惑を煽るマスコミは嘘を流すと批判されている。



    ・最高裁判所がトランプ側になり、大規模パージが始まる。



    ・革命が始まる。



    ・そののち日本の似非政治家も掃討される。



    ・クリミアと東ウクライナのロシア編入を米が認めるかどうか。



    ・ゴラン高原もシリアに返される。

  • 名無しさん2018/07/08

    ハザールマフィアは日本人の資産だけでにとどまらず、「生殺与奪」の権利も握っている。その実態を知るために、ハザールマフィアの「人間像」に目を向ける。



     例えば、雑誌などで階級社会を紹介する記事のイラストを見ると、特権階級の人間は、金にものを言わせて奔放なセックスや薬物におぼれる「快楽主義者」として描かれている。酒池肉林である。



     しかし、このイメージは間違っている。マネーカーストにおける特権的富裕層が、その実態を隠すために意図的に流したイメージである。



     ハザールマフィアの人間は、エコであり、ロハスであり、ナチュラル志向である。食生活はオーガニックでベジタリアン。水道水も飲まない。酒の飲みすぎしない。煙草も吸わない。定期的な運動で体を鍛える。そして受ける医療はホメオパシーをはじめとする自然療法である。



     健康的で健全なライフスタイルを送る。それでは彼らがそのようなライフスタイルを世界に広めるかと言ったら、そうではない。彼らのライフスタイルが被支配階級に広まらないように管理しているのだ。彼らが被支配階級に与えるのは、不健康で不健全な、何から何まで全く逆のものだ。なぜなら、「家畜」を飼いならすには、「家畜」に会ったライフスタイルを用いる方が効果的だからである。



     ハザールマフィアの「家畜」に対する基本方針は、「増やさず」「絶滅させず」「力をつけさせず」である。搾取し続けるのに最適なように、種を管理するのだ。その管理方法の基本は、「餌」である。



     家畜に与えられる餌とは、スーパーマーケットやファストフード店に並ぶ「市販の加工食品」だ。それらの食品には、家畜に「依存」をもたらすよう計算された加工が施されている。



     2015年にアメリカのミシガン大学が発表した研究結果によると、依存性の高い加工食品トップ10は以下のとおりである。



    1位=ピザ、2位=チョコレート、3位=ポテトチップス、4位=クッキー、5位=アイスクリーム、6位=フレンチフライ、7位=チーズバーガー、8位=ソーダ、9位=ケーキ、10位=チーズ。



     欧米企業の大型ファストフード店が大量に売りさばく商品ばかりである。



     多量の農薬を散布して大量生産した小麦やジャガイモに、有害な化学溶剤漬けの油、石油原料の化学調味料、さらに防腐剤、合成着色料、軟化剤、防臭剤、人工香料、人工甘味料などを混ぜ合わせた代物である。これらの化学化合物つまり毒物は、当然、人体に様々な障害を引き起こす。その中でも、例年、日本人の死因第1位である「癌」の発生を高める「発がん性物質」を中心に見てみる。



     「硝酸ナトリウム」「亜硝酸ナトリウム」→ソーセージ、ハム、ベーコン、冷凍ピザ、チルドハンバーグ、調理パン、菓子パンなどの多くに発酵剤として使用されている。摂取し続けると癌を発症する。アメリカではすでに禁止の動きが進んでいる。



     「亜硫酸ナトリウム」→ワインの酸化防止剤に使用されることで有名。ビタミンB1欠乏の原因となり、肝硬変、肝臓がんのリスクを高める。ドライフルーツの漂白剤として使用される。



     「ソルビン酸」「ソルビン酸K」→ソーセージ、ハム、ベーコン、魚介類加工品、調理パン、菓子パンなどの多く使用される保存剤。許可基準が低く、日本人は大量に摂取している。



     「タール系色素」→合成着色料として多くの食品のほか、化粧品、石鹸、ボディソープ、ジャンプー、消臭剤などに使われている。発癌性の疑いから、食用青色1号・2号、食用黄色5号、食用緑3号、食用赤色2号・3号・105号・106号などは、市でに世界各国で使用禁止となっている。しかし、日本では依然として使われ続けている。



     「ブルチヒドロキシアニソール」→輸入食品の油脂やバター、魚介類の加工品に多く使われている酸化防止剤。1980年代から発がん性の疑いがもたれていたが、油脂やバター、加工品の輸入先である欧米からの圧力により、規制が潰された。



     厚生労働省に圧力をかけて数々の食品や日用品の中に「発がん性物質」を投入した政治家に、中曽根康弘がいる。1985年の「プラザ合意」を受け入れた日本の総理大臣である。日本の金融システム破壊と、日本人の生命破壊は、ワンセットで推し進められてきた。因みに中曽根は癌で早死にはしない。2018年5月27日には満100歳を迎える。

  • 名無しさん2018/07/08

    気象コントロール戦争レースの行く末は… : 世界最大級の「高層電離層の攪乱システム」を建設している中国政府。そして「2025年までに気象を手にする」と宣言したアメリカ政府。「地球の気象を牛耳る」のはどちらか

    https://indeep.jp/weather-control-war-america-vs-china-2018/

    TBSはオウム3事件全てに重大責任・坂本堤弁護士一家殺害、松本、地下鉄両サリン事件

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7140.html

    ある朝鮮人ハーフの独り言

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-326.html

    金委員長、「強硬派」のボルトン補佐官に「二人で写真撮ろう」提案した理由とは?

    http://japan.hani.co.kr/arti/international/30996.html

    どすこい

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A9%E3%81%99%E3%81%93%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiZpvnytYzcAhUJUrwKHRpcBbgQ_AUICigB&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    北陸鉄道 加賀一の宮駅舎が改修され活用へ!登録文化財も視野に

    http://kanazawamachigation.com/built/17234/

    台本を無視する自民議員を『フジテレビが猛抗議する』惨事が発生。玉木議員が怒っているぞ

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511863.html

    難民収容に関する報道の裏側(坂東学校授業参観ご招待!)

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12385067911.html

    江戸の藩の石高ランキング

    http://kitabatake.world.coocan.jp/rekishi3.html

    マスメディアは徳永弁護士先生の取材を正確に伝えたか?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53285857.html

    接種禍・:山のような証拠があってもまだやりたがる理由は 

    http://www.asyura.com/sora/gm3/msg/199.html

    江ノ電 茶電

    https://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2009-09-17

    モンサントのジカンバ耐性遺伝子組み換え大豆承認にストップを!

    http://blog.rederio.jp/archives/1716

  • 名無しさん2018/07/08

     ロス米商務長官は中国を「ルール違反常習」とは言わず、「貿易の詐欺師」とまで酷評したが、科挙試験以来、替え玉やカンニングは彼らのお家芸であり、あげくは入試不合格でも、つぎは有名大学の「卒業証明」の偽造である。←宮崎先生、情報ありがとうございます。加藤さん、宮崎先生の新刊も素晴らしいですね!購入検討です!