国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <<関税による貿易戦争は五十年つづく、経済史未曾有の大戦になる

2018/07/07

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月7日(土曜日)
        通巻第5753号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 かくて「米中百年戦争」が開始された
  関税による貿易戦争は五十年つづく、経済史未曾有の大戦になる
****************************************

 トランプ大統領は、決意を翻さなかった。2018年7月6日を後世の歴史家は「米中百年戦争が開始された」と書くだろう。中国からの輸入品に25%の高関税を課して、過去の損失分を取り返すという報復的な手法は、単純なバランス上の問題ではない。
 米国からみれば、世界のヘゲモニーを中国には渡さない、という戦略的決意の表明であり、繰り返し述べてきたように、商いレベルの発想ではないのである。

 潜在的な米国の目標は中国のBRI(一帯一路)と[MADE IN CHINA 2025]の実現を阻むか、あるいは大幅に遅延させることにある。

WTOに加盟させれば、ルールを守り、中国が経済的に豊かになれば、民主化が達成されるとした米国の読みは真っ逆さまに外れた。
WTOのルールを何一つ守らず(外資参入条件も、金融市場の整備も、変動相場制への移行も)、欧米から先端技術を盗み出して創ってきた模造品も、世界のハイテク競争に伍せるほどの高いレベルに達し、同時に民主化に背中をむけて、デジタル全体主義国家を実現した。

 これらは欧米ならびに日本、インド、アジア諸国の価値観とも巨大な懸隔がある。だがアセアンやインド経済圏の多くも中国の経済的軍門に下って、米国との絆を薄めてきた。米国にとっては由々しき事態の到来だった。

 7月6日午前零時を期して、関税率の適用が開始され、中国はただちに応戦した。米国からの輸入品に25%の関税を課す。これは中国の消費者にとって、大豆の価格が上がればインフレになる。豚肉もトウモロコシもあがる。中国のメンツどころではないはずだ。

 ▲ペロポネソス戦争は半世紀、ポエニ戦争は1世紀以上続いた。

 「米中貿易戦争は五十年続くだろう」と中国のエコノミストの一部も予測をしている。
 アテネとスパルタの「ペロポネソス戦争」は二次にわたり、第一次(BC460−445)は混戦、第二次(BC431−404)はスパルタの勝利に終わり、ペルシアを巻き込んで、結局はマケドニアの台頭を促した。世界の文明の発祥といわれたギリシアの国力は弱まり、やがて衰退に向かった。
 ペロポネソス戦争は54年続いたのだ。

 ローマがカルタゴを滅ぼした「ポエニ戦争」は三次にわたり、第一次(BC264−241)はシチリアをめぐり、第二次(219−201)では猛将ハンニバルがローマに迫った。第三次(149−146)でカルタゴは、今日の日本のように無防備で戦って滅ぼされた。じつにポエニ戦争は118年続いた。

 「米中百年戦争」は、いつを持って始まりとするかは後世の歴史家が算定するだろうが、シナ事変から中華民国支援を開始し、第二次世界大戦以後、とくに朝鮮戦争以後、敵対関係となった米中関係を「第一次」と見るならば、現在は貿易を巡っての「第二次米州戦争」であり、ローマと戦ったカルタゴのハンニバルの猛追こそは、BRIと[MADE IN 
CHINA 2025]であり、おそらく中国の負けとなるだろう。

 しかしその後も膂力を失わず、中国が臥薪嘗胆を果たすとするならば、米国の衰弱もまた自明の理であり、EUは末期的、日本は退嬰的、インドは興隆の途上。であるとすれば、半世紀後の米中戦争がどちらに軍配があがるかは不明である。
 
      ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)日本文化チャンネル桜からお知らせです。来る14日(土曜)。午後八時からの「闘論!倒論!討論!2018 日本よ、今...」 はテーマが経済討論「これでいいのか?骨太の方針」(仮)です。
放送予定:平成30年7月14日(土)夜公開
チャンネル桜。「YouTube」「ニコニコチャンネル」「Fresh!」オフィシャルサイト
< パネリスト:50音順敬称略 >
安藤裕(衆議院議員)、上島嘉郎(元産経新聞社『月刊正論』編集長・ジャーナリスト)
島倉原(経済評論家・株式会社クレディセゾン主任研究員)、長尾たかし(衆議院議員)
三橋貴明(経世論研究所所長)、宮崎正弘(作家・評論家)、渡邉哲也(経済評論家)
 司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)



  ♪
(読者の声2)貴誌前号「すでに上海株は3000を割り込んで、暴落気配。人民元は年初来下落傾向にあったが、これから本格的暴落が始まるだろう。とくに上海株式指数は、一年前が3587・03ポイントから、7月5日に2733・88と27%の下落を示している。つられて香港のハンセン指数は一年前が33484・08から、7月5日に25315・91へと30%の下落を示してきた」とあります。

 シナ経済の実体が誰の目にも明らかになってきたようです。
ところで、(ゴールド)価格が現在1254ドル(トロイオンス)と冴えません。シナ人の間に人民元を金に換えようという動きはないのでしょうか?
またシナだけではなくて、他通貨、例えばインドルピーも史上最安値を記録しています。インド人の金選好は強まっていないのでしょうか?
(R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)世界一の金消費国は中国、ついでインドですが、その次にアラブ諸国が続きます。中国もインドも、途中でビットコイン投機があったりして、購買に疲れがでたのでは?



  ♪
(読者の声3)81年目の「通州事件」。靖国神社昇殿参拝と慰霊祭へのおさそい
平成30年7月29日(日)午後4時。通州事件慰霊祭を靖国神社にて開催いたします。どうぞご参加くださいませ。 以下は告知用画像です。クリックすると大きな画像が表示されます。
http://tsushu.sakura.ne.jp/archives/166
今年も猛暑の到来とともに、戦没者や殉難者の慰霊の季節が巡って参りました。なかでも7月29日は、通州事件殉難者の命日に当たります。
 昨年は「通州事件80周年」の節目の年でしたので、実行委員会方式を採用し、多くの団体や著名人の呼びかけをいただき、靖国神社の昇殿参拝・慰霊祭と国民集会を盛大に開催いたしました。
お陰様で両者とも多数のご参会をいただき、通州事件についての国民の啓発にも一定の貢献をしたのではないかと自負しております。 
 今年は「通州事件アーカイブズ設立基金」単独の主催で開催します。世の中には多数の課題があり、毎年大々的に呼びかけるのは必ずしも適切ではないと考えたからです。しかし、わが基金は殉難者と遺族の思いを決して忘れること無く、当基金が存続する限り靖国神社昇殿参拝と慰霊祭を毎年継続して参ります。皆様のご参加をお待ち申し上げます。詳細は別紙チラシをご覧下さい。
 なお、昨年開催した「国民集会」やシンポジウムなどの、通州事件そのものの研究的な会合企画は、今年からは「昭和12年学会」の一部として研究が発表されます。
ちなみに、今年の11月11日に開催されます同学会の第1回研究発表大会では、通州事件に関連する研究発表が、小山常実さんの戦時国際法的検討と、緒方哲也さんのアヘン問題の2件行われます。こちらのほうも、ご関心のある方にお勧めです。
   (藤岡信勝)



  ♪
(読者の声4)みなさんから頂いた署名(紙+電子署名)を7月6日11時、朝日新聞東京本社へ届けてきました! ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。
その際申し入れしたものが以下になります。
--------------------------------------
株式会社 朝日新聞社
代表取締役社長 渡 辺 雅 隆 殿
御社英語報道に関する申し入れ
所謂「慰安婦問題」に関し、朝日新聞デジタル英語版では記事の内容とは無関係に、下記の表現が必ず挿入されています。
Comfort Women, who were forced to provide sex  to Japanese soldiers before and during World War II.
第二次大戦前、および大戦中に、日本兵に性行為を強制された慰安婦

Comfort women is euphemism for women who were forced to provide sex to Imperial Japanese troops before and during the war. Many of the women came from the Korean Peninsula.
慰安婦とは戦前および戦中に日本軍部隊に性行為を強制された女性達の婉曲表現である。女性たちの多くは朝鮮半島から来ていた。

朝日新聞社はこれまで、「女性を拉致して性奴隷にしたとは書いていない」と弁明していますが、英語ネイティブスピーカーが読めば、「軍隊による物理的な強制で性行為を強いられた」という印象を受けることは、カリフォルニア州弁護士のケントギルバートが証言するように明らかです。
このような表現の使用は、朝日新聞社が2014年8月に吉田清治の証言を虚偽と認めて記事を撤回した事実と真っ向から矛盾する行為であり、今なお世界中に「慰安婦強制連行・性奴隷説」を積極的に流布していると見なさざるを得ず、看過できません。
私たちは、朝日新聞社に下記を申し入れます。
 1.今後、前記の表現(forced to provide sex)を使用しないこと
2.吉田証言が虚偽であり、 記事を撤回した事実を改めて英文で告知すること
3.もし、前記表現が軍隊による 物理的強制連行や性奴隷化を意味しないと主張するなら、 具体的に、「性行為を強制された(forced to provide sex)」とは何を意味するのか明確に説明すること。
4.今後慰安婦の説明的表現を追加するなら、
comfort women who worked in brothels regulated by the military authoritiesなどの表現を使用すること。
また、朝日新聞社は、類似した表現がアジア女性基金のサイトにて使用されていることを挙げて当該表現の使用を肯定していますが、外務省は国会にて杉田水脈衆議院議員の質問に対し、鯰参事官が「外務省の見解は必ずしもアジア女性基金の見解と同一ではなく、国連女子差別撤廃委員会における、慰安婦強制連行、性奴隷化を否定する杉山審議官(当時)の発言を公式見解とする」旨を明言しており(平成30年3月28日)、
アジア女性基金サイトの表現は御社の表現を肯定する根拠となりません。

朝日新聞の誤報による被害は現在に至るまで甚大で、海外で反日団体によって建てられる慰安婦碑や慰安婦像に付随する碑文には、吉田清治の虚偽の証言の影響が依然として濃厚であり、それらが反日教育に利用されることにより、在外邦人、特に日系子女への侮辱や
いやがらせが発生したケースが数多く報告されています。
朝日新聞社は過去の報道が現在の日本人の名誉の侵害や生活への悪影響に結びつくことはないとの立場ですが、かかる英語表現を現在において継続使用することは恣意的な印象操作であるとの嫌疑を免れず、日本と日本人全般の名誉を貶め、特に海外では実生活に害を及ぼし得ます。
 朝日新聞社の迅速で誠意ある回答を求めます。平成30年7月23日までにご回答を頂けますよう、お願い申し上げます。

朝日新聞英語版の「慰安婦」印象操作中止を求める有志の会
●ケント・ギルバート(米国カリフォルニア州弁護士)
●山岡鉄秀( Australia-Japan Community Network (AJCN) Inc.代表)

     ◎◎▽◇◇□□◇□◇□□◇◎▽□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1756回】         
――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(12)
  中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政?社 大正四年)

    △
 合弁で着手した吉長線の建設において満鉄側は満鉄の基準で延伸を目指すが、「支那總辨」は自己の都合を持ち出すのみ。最後には、そこまでいうなら満鉄側で「(支那側の)一萬哩の既設鐵道を破壊して、之を滿鐵式に改め」るべきだとまで言い張る。
じつは最初に定款を作る際に失敗していたのだが、当事者である「我外務當局は、彼が斯の如く傲慢なる應答に對して、一言も返すべきを知らず、以て不便の儘今日に及」んでいる。

  万事が自己本位で都合が悪くなると「有耶無耶」に終始し、時に「空威張りの言辭を弄」す。冷静に考えれば双方共に損にしかならないのに、「彼は自ら犠牲を拂ひても、我に損失を與へんとするものゝ如く」であり「其不便測る可からざるものあり」・・・ヤレヤレ、である。昔も今も。

  「最近我國は滿蒙五鐵道の布設權を獲得した」などと「山本内閣は俄に得意の色」をみせるが、はやり「其條件に至りては甚だ曖昧」だ。
じつは相手方は「其名義を日支合辨とすべし」と主張するが、資材は日本が提供しろ、技術者は日本が雇え、借款の金利は超低めに設定せよと主張する。
「斯の如き鐵道を布設して、支那人に勝手放題に振舞はれ、鐵道に沿ひて我國民の土地所有權を得ざるは勿論、居住さへ覺束なかるべき愚を見んとして、猶も得意の色ある我外務省は、精神全く錯亂せるに非ざるか」。こう記されると、「精神全く錯亂せるに非ざるか」は、21世紀初頭の今日まで脈々と受け継がれる「我外務省」の伝統と考えざるを得なくなるから情けない。
「精神全く錯亂せる」は「我外務省」の病理、いや業病、はたまた宿痾なのか。どちらにしたところで不名誉極まりないだろうに。

 中野は議論を一歩進める。
 「序でながら合辨々々と稱して支那と取組みさへすれば、以て經濟的發展を成し得べしとなす我政府者の蒙を啓き置くべし。合辨は固より不可なけれど、合辨の後方に信用を有し、合辨の協約に十分の權利を確保せざれば、支那人との共同事業は悉皆失敗に終わるべし」。その証拠に、「今日までの日支合辨にて成功せるものは一として是なしと言う」ことができる。吉長線が「其好例なり」。

  最悪の一例として鴨緑江採木公司を挙げる。同社は資本から役員まで折半としたところ、役員も上から下まで2人。ということ半数はムダなのである。
そのうえ「支那人の猜疑心、利己心は遺憾なく〔中略〕發動し、我にして一人出張せしむれば、彼も亦同時に一人を出張せしめて、以て出張員を監視し、併せて旅費の請求」まで行う始末だ。
 「合辨事業の前途有利なるを説くもの」があるが、彼は「利權云々を口にして已まざる國民なれば」、「彼の勢力毫も事業の上に行われ」ない。経験からすれば、やはり「支那人が事務に關與する程度に反比例して、成功の見込みを増減せらるべし」である。

  これを要するに「支那人を交ふれば必ず悲境に陷り、全然支那人に委ぬれば必ず失敗す」。じつは「中華を以て誇りとする支那人、個人の商業道徳に於ては實際中華の名に背かざる支那人も、公共的事業に對しては全く能力なきものゝ如」し。
だから「凡そ事の公共に關する限りは出來得るだけ誤魔化して出來得るだけ己を利せざれば已まざらんとするものゝ如し」。

  「斯の如く支那人に合資合力上の經營の能力なし」であればこそ、合弁を掲げても「其實權全く我手」に掌握しない限り、「合辨事業の前途は頗る悲觀すべきに非ずや」。

  彼らの性向から考えるなら合弁事業に手を出すべからす――中野の主張は、以後現在に至るまでの数々の合弁事業が傍証している。
やはり「利權云々を口にして已まざる國民なれば」、「支那人が事務に關與す」ればするほどに大損害を被るのは日本側なのだ。
      ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□▽□ 広告 □▽◎ Advetisement  ◇□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
明日(8日)発売! 
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ▲とにかく本書は常識を覆す中国分析です!!!
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる。これほど脆弱な独裁者も中国史では希である。なぜならカリスマ性もなければ、凶暴で暴力的な政敵排除の特殊部隊がいない
 ――北朝鮮の核ミサイルで東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にしたはずだが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
  (↑ アマゾン) 
        ○○○○○○ ◇□△◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
 宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (定価1296円) 
『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

https://www.amazon.co.jp/dp/4198646376/
 ――米朝首脳会談は予想通り二転三転、そして四転五転となった。
――強硬な手段を発動して相手を揺さぶる。さすがにディールには馴れているのがトランプの遣り方であり、敵対するメディアもこの点の豪腕は認めるところであろう。
――ところが日本のメディアに登場する「北朝鮮専門家」たるや、情報もなければ取材もしていない人々が平然と間違った見通しを述べていた。
  

   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   (定価1404円。在庫切れ。暫時お待ち下さい。)

 ――アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン 定価1404円。在庫切れ。近日中に入荷予定です)
             △◎□◇○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
  ■絶賛発売中!!
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)
♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告) 小誌は海外取材旅行のため7月15日から23日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/07

    トランプ大統領は、決意を翻さなかった。2018年7月6日を後世の歴史家は「米中百年戦争が開始された」と書くだろう。中国からの輸入品に25%の高関税を課して、過去の損失分を取り返すという報復的な手法は、単純なバランス上の問題ではない。

     米国からみれば、世界のヘゲモニーを中国には渡さない、という戦略的決意の表明であり、繰り返し述べてきたように、商いレベルの発想ではないのである。



     潜在的な米国の目標は中国のBRI(一帯一路)と[MADE IN CHINA 2025]の実現を阻むか、あるいは大幅に遅延させることにある。←米国の勝利を熱望しています。そして、日本は軍備を備え、カルタゴになってはいけない!ということだけは、たしかです。

  • 名無しさん2018/07/07

    要するに、旧満州と北朝鮮、韓国、そして日本をひとまとめにしたネオ満州国とも言うべき国を作ろうとした勢力があるのです。3.11の人工地震は、1,000万人以上の難民を作り出し、この計画を先に進める予定だったのが失敗したということのようです。

      この計画では、北朝鮮の核ミサイルはネオ満州国のものであり、最終的に中国をいくつかの国に分解するためのものだったわけです。北朝鮮が武力によって南北を統一するために、日本でのオウムによる大量殺戮テロが計画されていたということになります。

      オウム真理教を仕立てたのは、北朝鮮、統一教会、創価学会であり、それらをCIAがコントロールしていたのです。

  • 名無しさん2018/07/07

    日本銀行とは何か? FRBシステムは、ドルを刷れば刷るほど、ハザールマフィアの利益となり、アメリカ国民が貧窮していくシステムである。FRBと同じく日銀も「政府銀行」ではなく「民間銀行」であり、株の55%を政府が所有しているので、建前上は半官半民銀行と言ったところだが、問題は残りの45%の株の持ち主である。実質的に、この45%の持ち主が日銀、ひいては日本経済を支配している。



     日銀株の大量保有者は非公開になっている。しかし、そこが日本経済のネックであると確信を抱いた。日銀株の大量保有者のリストには、ロックフェラー一族とロスチャイルド一族の名が並んでいた。つまり、日銀とはハザールマフィアが日本に作ったFRBの縮小版なのである。



     日銀のマークは、2匹のライオンが「目玉」を抱えているマークである。この目玉こそが、「イルミナティ」のシンボルマーク「プロビデンスの目」に他ならない。



     このプロビデンスの目はドル紙幣にも印刷されている。日銀がFRBと同じく、ハザールマフィアの支配下にあるという証拠なのである。



     そして、円もまた、日本国債と引き換えに作り出される「借金札」に過ぎない。その借金を背負うのは、もちろん日本人である。



    日銀が国債(国の借金)と引き換えに大量の円を作り出し、金融緩和を行う。



    日銀が株式、国債、投資信託、不動産投資信託などを購入し続けて、金融市場に円を大量に流し込み続ける。



    日銀の買い支えにより、意図的に株高が作り出される。



    ハザールマフィアの息のかかった、インサイダー情報を持つ一部の既得権益者と、スーパーコンピューターで超高速取引を行う金融機関が金融市場で莫大な利益を上げる。



    国債残高を喧伝して日本人を委縮させ、各種税制の税率アップにより、国民に国の借金を払わせる。



    現在、日本の大企業の30%は、その株式を外国人が握っているが、その大半がハザールマフィア傘下のハゲタカファンドや金融企業である。



    株式市場を買い支えた結果、2017年、日銀の株保有額は17兆円を突破した。無尽蔵に円を刷り続けるとこはできない以上、いつかは必ず金融緩和政策を縮小する必要がある。いわゆる「出口戦略」の際に株を売却せねばならない。しかし、日銀が「出口戦略」をにおわせるだけで株価が急落してしまうので、日銀は大量に買い続けることになる。借金に借金を重ねて円を作り出し、株バブルを支えねばならないのだ。



     このバブルで荒稼ぎをしているのが、外国人投資家である。こちらも当然、ハザールマフィア関係者である。さらに、日銀による金融緩和で市場金利が大きく下がった結果、日本の資産が利回りのいい海外に流出した。2017年、日本の海外資産はついに総額1000兆円を突破する。



     このようにして日本人は、大切な資産をハザールマフィアに吸い上げられていった。その結果、生み出されたのが「アンダークラス」と呼ばれる900万人以上の非正規労働者だ。平均年収は約186万円で、貧困率は39%と高く、女性の貧困率については、5割に達している。男性の66%が未婚、女性の44%が離死別を経験、4人に一人が健康状態が悪いと自覚している。

  • 名無しさん2018/07/07

    二階・幹事長の「産めよ」発言こそ、亡国に走る日本を救う正論で真理──日本人三千万人を殺した“赤い人喰い鮫”朝日新聞 

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/07/04/104030

    世界中で(重大犯罪により)極秘起訴された人々について

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52028834.html

    青山「玉木さんは獣医師会から献金」→フジテレビ「なぜ台本どおりやらない!玉木氏がお怒りです」

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7137.html

    水道民営化ってガチでやばくね? なんでニュースで騒がないの? 

    http://military38.com/archives/52195970.html

    秘境駅

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E7%A7%98%E5%A2%83%E9%A7%85&backchip=g_48:%E7%A7%8B%E7%94%B0&chips=q:%E7%A7%98%E5%A2%83%E9%A7%85,online_chips:%E7%A7%8B%E7%94%B0%E5%86%85%E9%99%B8&sa=X&ved=0ahUKEwi0iJWyiYrcAhVEf7wKHdZlCCYQ4VYIJCgB&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    HSを許さない川崎市民ネットは暴力集団

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53286374.html

    心の旅   ファド

    https://blog.goo.ne.jp/ken2006_2006/c/58ba0c2f11d14c22df1b838688034cc1

    黄禍論を吹き飛ばした「金子堅太郎」

    https://ameblo.jp/jjtaro

    高血圧は自律神経の働き

    https://blog.goo.ne.jp/tobira2002/c/de32d321bb84ce3aef03d65715276470

    デカ盛り立ち食いそば!上野「つるや」で冷しジャンボ五目蕎麦!

    https://foodfighter.jp/%E3%83%87%E3%82%AB%E7%9B%9B%E3%82%8A%E7%AB%8B%E3%81%A1%E9%A3%9F%E3%81%84%E3%81%9D%E3%81%B0%E4%B8%8A%E9%87%8E%E3%80%8C%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%82%84%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%86%B7%E3%81%97%E3%82%B8%E3%83%A3/

    China(支那)のカニバリズム【閲覧注意】

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/b07086e1ed672c004909abc5e0e0efa4?fm=entry_awp_sleep

    【体験談】ギャンブル依存症。パチンコ依存症に陥った異常すぎる2年間 

    http://soredemo-blog.hatenablog.jp/entry/izonsyo

    アルゼンチン、遺伝子組み換え大豆の農薬噴霧で居住不能になった町

    http://blog.rederio.jp/archives/1402

    朝鮮人の日本支配は完了した

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-325.html

    ボルトン米大統領補佐官は「そう悪いやつじゃない」=正恩氏

    https://jp.sputniknews.com/politics/201807015063205/