国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <<パキスタンがIMF管理になると、中国は困るらしい。

2018/07/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月4日(水曜日)
        通巻第5747号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 オッと。こんな手もあったっけ。10億ドルをせびる「開き直り」。
  パキスタンがIMF管理になると、中国は困るらしい。
****************************************

 借金も余り大きくなると、借りている方が開き直るという手段がある。
 パキスタンでは、570億ドルという途方もない巨額を中国が投下して、グアダル港から新彊ウィグル自治区まで、高速鉄道、ハイウェイ、原油とガスのパイプライン、そして光ファイバー網という世紀のプロジェクトを展開している。
 CPEC(中国パキスタン経済回廊)という。

 ところが資金がかならず蒸発してしまうので、CPEC工事は、地区によって工事中断。それも数カ所におよび、いったい完成は何時になるのか、はたして完遂できるのかという不審の声もあがる。
 そのうえ、工事現場の大半を占めるバロチスタン洲は独立運動が盛んで、パキスタン中央政府の統治がうまく及んでいない。クエッタでは、中国人誘拐事件や殺人事件も起きている。

 パキスタンは中国からの借金を返せず、西南部にあってインド洋に面した深海=グアダル港を向こう43年間、中国のの租借港とすることを認めた。
スリランカのハンバントラ港は99年だから、パキスタンの43年というのは、何が根拠なのか、パキスタンの国内法なのか、よく分からない。99年とは「永久」と同義語である。

 さてパキスタンはデフォルトの名人でもあり、2013年にも67億ドルを支払えず、IMF管理となって、世界の金融機関は追加融資に二の足を踏んだ。そこでパキスタンの商人等は中国の商業銀行から金を借りた(その累計も20億ドル近いという)

 IMF管理になると、中国としては帳簿を監査されるなど、まずいことになるらしく、土壇場でパキスタンは開き直り、20億ドルの追加融資を要請した。
さきごろパキスタンの執拗な要請に根負けした中国は、渋々10億ドルを追加した。
 ナルホド弱者の開き直り、って手段は、こうした場合には有効なんだ。

      ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1754回】         
――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(10)
  中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政?社 大正四年)

    △
 中野は「鐵道に沿ひて我國の勢力の延長せる最北端」に位置する長春において、「量見の小さき治者」の管理・規制・指導をものともしない「帝國住民の最も活氣を呈せる」姿に接し、「吾は愉快に堪へざる所」と綴る。

  「量見の小さき治者」の筆頭ともいえる満鉄は、「全く附屬地の總地主として獨裁的專制を人民の上に行」い、満鉄に盾突くようなことがあったら直ぐにでも土地を取り上げてしまう。
「去れば人民が安んじて永住の計畫を立てんなどゝは思ひもよらず」。満鉄のような大会社が、こんな姑息な対応を執るべきではない。だが「滿鐵の經理課は、斯くして、些細の事にまで立入りて其収入を多からしめんとし、種々の非難を受けながら毫も改むるの意なきものゝ如し」。「量見の小さき治者」が目前の“業績アップ”に汲々とする結果、国民の活力は殺がれ国益は毀損されてしまうのだが、その責任が問われることはない。

  「量見の小さき治者」を詰る一方で、中野は「活氣を呈せる」「帝國住民」の歓待を楽しみ、その席上で見聞きしたことを記す。

  長春には「意氣甚だ豪壮な」る人々の組織した長春倶楽部と名づけられた社交機関があり、「住民は一致して内外の困難に當る」ことを目的とする。
「外」とは「固より或は支那人、或は其の他の外國人に對する實業の競爭」だが、「内」は「彼等の地主たり、專制家たり、代表者たる滿鐵、都督府、領事館なり」。かくて中野は「覺えず失笑」せざるをえず。

「一人の快活漢」が「傍らに侍する紅裙連を捉へて」、「世人は此徒を卑めども、凡そ日本國中に於て最も勇氣ある者は此輩なり、北滿といはず、西伯利亞といはず、日本人の海外發展に最先鋒たる者は彼等なり。商人は彼等の腰巻を擔ぎて後へに隨ふ。是れ比喩の言に非ず、實際に然るなり此徒女流の進む所、必ず其腰に纏ひ、肩に掛くべき日本産の縮緬の類を要す、意氣地なき日本商人は此種の貨物を擔ぎて、彼等より澪れ錢を得んとするに過ぎず。彼等は國辱を晒すと稱せらるれども、余の見る所も以てすれば、彼等ほど恥を知るを重んずる者は有らざるなり」と、「盛んに彼等の爲めに気焰を吐」いたという。

  これを聞いて中野は「彼等」、つまり彼女たちの苦労と心意気を知ればこそ、「日本民族發展の爲め、男子が活動するに何の難き所ぞ」と言い切った。

  古今東西を問わず、海外進出の先兵は「紅裙連」だろう。
その尻を追っかけ彼女らに寄生する牛太郎やらやり手婆の類が続き、小商人が群がり紅灯の巷から嬌声が聞こえるようになると、本国から大企業やら当局やらの『本隊』が、やおらやって来て、あれこれ口煩く宣う。
そうなると、粗野だが活力溢れた雰囲気は後退し、小役人根性と屁理屈が幅を利かせる面白味のない社会になってしまう。満州でもまた、そうであったに違いない。

  長春は発展途上だった。
「自由經營の意氣ありて、官憲に攀ぢず、大會社に依頼せず、隨つて名士高官の送迎抔に?禮を厭ふ長春同胞」の怪気炎を聞いた翌日、「日支合辨の鐵道にて」吉林へ向かった。この鉄道の「設備の言語道斷なるは呆るゝの外なし」であるだけではなく、「其の經營の馬鹿々々しき事、其の不正の行はるゝこと、凡そ支那人と合辨事業をなすより生ずる弊害」は数限りがなかった。

  この時代、すでに「凡そ支那人と合辨事業をなすより生ずる弊害」が指摘されていたわけだから、やはり日本はどのような理由があれ「凡そ支那人と合辨事業」なんぞに取り組むことは得策ではなさそうだ。

  満州は「北に向ふに隨ひて、漸々土地豐沃」であり「滿洲の貴きを感ず」。「長春より東に折れて吉林に向へば、其刻々に地味の豐饒」な大地が続く。果てしなく広がる真っ黒い大地は、挿した箸から根が生えると形容されるほどに地味が豊である。
        ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)先月30日、潜伏キリシタンの関係遺跡が「世界遺産」に登録されました。地元の人々は大喜びで、訪れる人々もテレビを見る限りでは一様に喜びに溢れているようです。
 しかし私は一抹の不安を感じています。それは中・韓の『歴史戦』に悪用されはしないか、という危惧です。
物事には「原因」があって初めて「結果」があるのです。しかし、潜伏キリシタン関係遺跡の「世界遺産」への登録には「結果」だけがあり、その「原因」には全く触れていません。宮崎先生が5月14日、通巻第5701号の中の「平川靜『戦国日本と大航海時代』(中公新書)」の書評でおっしゃった「なぜ禁教に至ったかを日本政府は先に国際社会に説明しなければならない」が全く欠落したまま登録されたのです。「世界遺産をこのまま登録されては日本がまるで時代錯誤的な宗教弾圧国家と誤解され」てしまう、とも宮崎先生はおっしゃっています。
 そうなんです。このままでは「日本は時代錯誤的な宗教弾圧国家」だと中・韓の「歴史戦」に悪用されかねないのです。
説明すべきは如何にして禁教に至ったかであって、結果としての「潜伏キリシタンの関係遺跡」ではないはずです。

 禁教の原因としては「宣教師たちが侵略の先兵だった」ことを初め、「布教の裏で若き女性らを大量に拉致して売春婦や労働力として海外に売り飛ばしていた」ことや、「長崎を伴天連領として領有ししていた」こと、「キリシタン大名に命じて神社仏閣を打ち壊させた」こと、「倭寇も顔負けの海賊行為を働いていた」ことなどが秀吉の九州征討の際に判明し、それゆえに禁教に至ったことです。
 当時、ポルトガルやスペインの宣教師らは狡賢くも「貿易の利を吹聴」する一方で日本人を性奴隷として海外に売り渡して巨額を得たりの悪業の限りを尽くしていたのです。禁教はこうした理由から止むを得なかったのです。
 こうした真実の歴史を語らない今回の「歴史遺産登録」は、中・韓の企む「歴史戦」に格好の材料を与えるものです。とは言え、既に「世界遺産」に登録されてしまいました。せめて、日本人にだけはそうした事実を伝えたいものです。その意味でも、先ず教科書を何とかしたいものです。
 ■『「潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産への登録について』
https://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=16752
 や、『フェイクニュース?』
https://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=16393
の最後のコメント欄を参照ください
(独村)


(宮崎正弘のコメント)米国はユネスコへの拠金を凍結し、また人権委員会から離脱しました。日本もそうすべきでしょう。
   ▽◎◇◎◇▽◎◇◎◇◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
発売と同時に重版出来!
   ▲
 宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (定価1296円) 
『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 米朝首脳会談。トランプ大統領の動きにより、朝鮮半島やアジア諸国が急変してくことは必至だ。「人民共和国」化しやがては連邦制で共存すると思われる朝鮮半島、いよいよ激化する米中の貿易戦争が背景にあるなかで、日本はこれからどのような道を進むべきなのか?
 中国事情の裏側を知る宮崎正弘と時事通信社ソウル特派員を歴任した室谷克実による恒例のシリーズ対談。米朝首脳会談後の最新事情を網羅した緊急出版!
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646376/

 ――米朝首脳会談は予想通り二転三転、そして四転五転となった。
――強硬な手段を発動して相手を揺さぶる。さすがにディールには馴れているのがトランプの遣り方であり、敵対するメディアもこの点の豪腕は認めるところであろう。
――ところが日本のメディアに登場する「北朝鮮専門家」たるや、情報もなければ取材もしていない人々が平然と間違った見通しを述べていた。
           ◎◎◎◎  
   

♪♪
7月8日発売 予約受付中
♪♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる
 ――北朝鮮の核ミサイルを巡って東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にした習近平だが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
  (↑アマゾン予約受付中です)
        ○○○◇◎○◇□△◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――現在、在庫切れの状態です

 ――アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン、定価1404円。在庫払底中 )
             △◎□◇○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
  ■絶賛発売中!!
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 

    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告) 小誌は海外取材旅行のため7月14日から23日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/03

    IMF管理になると、中国としては帳簿を監査されるなど、まずいことになるらしく、土壇場でパキスタンは開き直り、20億ドルの追加融資を要請した。さきごろパキスタンの執拗な要請に根負けした中国は、渋々10億ドルを追加した。 ナルホド弱者の開き直り、って手段は、こうした場合には有効なんだ。←宮崎先生、情報ありがとうございます!パキスタンやりますねぇ!したたかです。

  • 名無しさん2018/07/03

    2017年後半、ヒラリーとジョン・マケイン上院議員が、それぞれ足の怪我を理由に、ギブス用のウォーキングシューズを履いている姿が報じられた。



     しかし、実際の足の怪我が原因ではない。2人は、逃亡できないように足に監視用のGPSを付けられ、それを隠すためにギブスを履いているのだ。



     ヒラリーのギブスの理由について、大手マスコミは「階段を踏み外して足に怪我をした」と報じていたが、ギブス着用期間が数か月に及ぶにつれて、怪我と言う理由に疑問が持たれるようになった。



     2018年3月には、ヒラリーがインド訪問中に、今度は右手を骨折したと報じられた。さすがに「足の怪我」で引っ張るのは無理があると判断して、GPSの装着個所を右手へと移動したようである。



     一方、「イスラム国IS」建設に関与したマケインに関しても、マスコミは「アキレス腱を負傷し、ウォーカーリード医療センターで治療を受けた後、治癒するまでウォーキングブーツを着用している」と報じていた。だが、2週間後、先に報道された画面とは反対の足にギブスを着けたマケインの姿がツイッターに投稿されたのだ。2週間のうちにアキレス腱のケガが、逆の足に移動してしまったとでもいうのだろうか。



     マケインに関しては、脳腫瘍治療における副作用のため、身体の衰弱が著しいと報じられたが、実際のところは当局から厳しい尋問が続いているためであろう。



     ところで、クリントン夫婦は、なぜアメリカ権力のトップへと駆け上がり、1代で巨万の富を築くことができたのだろうか?



     出生の3か月前に父親を亡くし、看護師の母親と、アルコール依存症の義父に虐待されて育ったとされているビル。不遇な環境から弁護士となり、ついには若くしてアメリカ大統領に駆け上がるという「アメリカンドリーム」を体現したような半生である。



     一方、衣料品店の娘として生まれたヒラリーも、庶民から同じく弁護士を経て、大統領夫人にまで登り詰めると「シンデレラストーリー」の主人公である。



     大統領当時から現在に至るまで、クリントン夫妻に「アメリカンドリーム」を感じている人々も多い。しかし、この2人が「1代」で立身した人物でなかったら、どうであろうか?



     結論を先に述べると、ビル・クリントンはウィンスロップ・ロックフェラーの隠し子であり、ヒラリーはデイヴィッド・ロックフェラーの隠し子である。つまり、クリントン夫妻は、ロックフェラー一族のいとこ同士の夫婦になる。2人の立身出世の出来過ぎた経歴、そして手にした権力と富、さらにビジネスの手段の悪質さを鑑みると、ハザールマフィアの血筋の人間として見るほうが現実的である。



     2017年末から2018年にかけて、ブッシュ一族やクリントン一族の資産没収がすでに始まっている。



     さらに両一族の逮捕に向けて、過去に数々の疑惑にかかわった、デイック・チェイニー元副大統領をはじめ、2万2500人に及ぶ政界やCIA、FBI、司法省などの幹部や有力者が逮捕されている。彼らはキューバにあるアメリカ海軍グアンタナモ基地に連行されて厳しい尋問を受けている。



     ベイビー・ブッシュ政権の元国防長官ドナルド・ラムズフェルドや、トランプ政権の元大統領補佐官マイケル・フリンなども司法取引に応じており、ブッシュ一族やクリントン一族をはじめとするハザールマフィアの不正を証言し始めている。

  • 名無しさん2018/07/03

    「読者の1」に関連、隠れキリシタンが何故人類に誇れる遺産なのか。倒錯した価値判断基準が情けない。