国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <トランプ外交の全貌が、霧が晴れるように見えてきた

2018/07/02

●宮崎正弘のホームページ更新 http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)7月2日(月曜日)
         通巻第5745号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 トランプ外交の全貌が、霧が晴れるように見えてきた
  喫緊の議題はないが、プーチンとじっくり話し合おう(7月16日。ヘルシンキ)
****************************************

 就任以来、トランプ大統領が行ったことはと言えば、国内的には(1)オバマケアの改編(2)メキシコ国境に壁(3)雇用の増大、米国企業を本国へ戻すなど公約の実行である。結果的にはフェイクニュースを垂れ流すリベラルなメディアの偽善も明るみに出た。意外なトランプ効果、支持率は51%以上ある。

 対外的には次の公約を果たした。デメリットも大きいが、トランプは気にしている様子がない。
(1)TPP交渉から離脱(結局「TPP11」が発足したが、RCEPに勢い)
(2)「パリ協定」から離脱(地球温暖化は嘘だった)
(3)イラン核合意から離脱(EUが慌てた)
(4)NAFTAの見直し(カナダ、メキシコとも紛糾)
 (5)「一つの中国に拘らない」→「台湾旅行法」
(6)エルサレムへの米大使館移転

 トランプが掲げたのは「アメリカ・ファースト」であり、「世界一の軍事力を保持し」「中国には強硬に対応する」「日韓独などに防衛費負担増を求める」などである。
 MAKE AMERICA GREAT AGAINはトランプの出願した商標でもある。

 「太平洋艦隊」を「インド太平洋艦隊」とし、インドへの姿勢を旋回させた。そして「リムパック」の軍事演習から中国を排除し、南シナ海では「航行の自由」作戦を継続して実施している。

 オバマ外交の否定を次々と続け、クリントンの曖昧戦略とG2、オバマのピボットからリバランスへの変遷を、一気に乗り越えての中国敵視政策を鮮明にした。

 底流にあるのは米国のヘゲモニーを新興国に渡さない、つまり中国が米国を凌ぐ軍事力を保有することは阻止する、という決意である。
「ツゥキディデスの罠」という歴史の法則を思い出した。この戦略を達成するための具体的な地域外交とは、北朝鮮を引きずり込み、逆に中国への布石として活用できないか。すくなくとも中国が北朝鮮に疑惑を抱かせただけでも成功である。
つぎにロシアを反中国包囲網に加えることが出来ないか、という目的が生まれる。

 北朝鮮の金正恩との会談は、非核化を表向きの交渉課題としてはいるが、ホンネは北朝鮮の対米姿勢の変化(その後、北は「米帝国主義打倒」を言わなくなった)。ともかく不気味に鎖国してきた北朝鮮のドアを蹴飛ばして、風通しを良くしたのである。
 ポンペオは「二年以内」(ボルトンは議会向けに「一年以内」と言い換えているが)という交渉期限を記者会見でおもわず喋った。ということは2020年東京五輪のころに、劇的な政治ショーが実現する。

 なぜならトランプは本気で在韓米軍の撤退を唱えている。縮小を検討せよとすでにペンタゴンに指示している。在韓米軍が撤退すれば、在韓アメリカ人の生命の危険を顧慮しないで、北朝鮮を攻撃できるからである。同時にトランプは「宇宙軍」の創設を検討するように指示した。


 ▲これからが米中対決の本戦を迎える

 中国に対してはすでに(1)輸入物資に高関税を課した(2)知財盗取を許さないために、中国資本の米国企業買収を認めない(3)金融で締め上げる。中国の在米資産凍結などの手段を法制化(4)為替操作で対抗する中国の外貨市場への攻撃準備。(5)華為技術と中興通訊(ZTE)を米国市場から排除。(6)習近平の唱える「2025 製造大国」への懸念表明、5Gなど次世代技術を渡さない。等々。

 イスラエルの要望に添ってのイラン制裁、サウジへのテコ入れ、エルサレムへの大使館移転などで、アラブ諸国の反撥が殆どなかった。中東のエネルギー政策で大きな懸念はトルコの扱いが慎重さを欠くことだ。

 そして、ここでロシアの活用が次の段階の外交目標となる。カナダのG7で、トランプは「ロシアをG8に復帰させよう」と提言している。欧州勢は無反応だったが、プーチンが反応した。

 先週、ジョン・ボルトン安全保障担当大統領補佐官はモスクワへ飛んで、プーチンと下打ち合わせを完了、記者団の「クリミア併合を黙認するのか」という質問に「それはありえず、合意できないポイントがあることで合意することにもなるだろう」と煙に巻いた。 
米露首脳会談では議題を設けず、ロシアと接近する必要があり、いずれ中国包囲網の仲間に加える腹づもりと推察できる。

 ロシアは中国人をまったく信用しておらず、現在までの「蜜月」の演出は武器と原油を購入してくれる大事な顧客であるという打算がさせたものである。
 7月16日、ヘルシンキでの米露首脳会談は、1989年12月のブッシュ・ゴルバチョフのマルタ会談(東西冷戦の終結を決めた)に匹敵する歴史的意議をもつことになるかも知れない。
      ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 地球温暖化なんてまことしやかな嘘に踊らされた人、儲けた人
  日本は数兆円も投じて「善意の暴走」、効果がゼロだった事実を知っていますか?

  ♪
渡辺正『「地球温暖化」狂騒曲 ――社会を壊す空騒ぎ』(丸善出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 シェイクスピアの『空騒ぎ』は、善意と悪意の騙し合いである。
 まさに過剰、誇大宣伝の「地球温暖化」というドタバタ騒乱をみていると、これに近いのではないか。
 筆者の渡辺教授は、これを「善意の暴走」と譬喩されるが、まさにその通りだろう。
 ちなみにこの著者が使っている「狂騒曲」とはクラシック音楽で、自由な形式の曲を意味する「狂想曲」とイメージを繋げ、大騒ぎ、狂乱を意味する広範囲な文脈で使われる。 

 おりしも新聞を開くと、環境対策のために講じられた予算は国防費よりも多いうえ、最近は環境債(グリーンボンド)の発行額が鰻登りという。
2018年上半期だけで、発行額は6兆6000億円だ(日本経済新聞、7月1日)。
著者はこう言う。
 「2006−11年に約三兆円ずつだったところ、民主党政権が2012年に導入した『再生可能エネルギー補助金』のせいで、2107年は約5兆円(単純平均で一日あたり約140億円!)にふくらみました。四人家族のお宅なら月々、電気代よりやや多い1万3000円を、そうとは知らず『温暖化対策』に献上している」
 しかも、「その巨費がCO2の排出量を減らした気配はありません(中略)。要するに温暖化対策は、亡国の挙としか言いようがありません」
この予算をぶんどって肥った、一群の人々がある。
 
 テレビの天気予報は台風被害予測を大袈裟に報じるが、かならず地球温暖化議論を結びつける。意図的である。
 島国が水没するとしてNHKは「ツバル危機」を訴えたが、しかし潮位観測のデータは横ばいを示している。 
 氷河がとけてクマが絶滅するという予測もあった。しかしシロクマ(北極熊)の数は二万頭から二万六千頭に増えていた。これなども捕鯨禁止と鯨の増殖の関係に似ている。
 
日本ばかりではない。発祥地アメリカでも、地球温暖化を声高に叫んで、人々に恐怖を煽り立てたのはクリントン政権の副大統領一派ではなかったか。
 トランプが決断した「パリ協定」からの離脱はまことに正しい選択であり、日本も三兆円をどぶに捨てる愚をやめ、パリ協定も京都議定書は廃棄するべきではないかと、本書を読了後に考えたのである。
 著者の渡辺氏は環境化学などを専攻する東京大学名誉教授。これ以上の専門家はいないだろうし、そのエキスパートが地球温暖化なるは、嘘であると言い切っているのだ。
 福島原発、豊洲のベンゼン騒動などもこの類いである。
 こうした真実を知って、グリーンピースや反原発の虚偽を見抜き、運動から離れて真実を訴え始めた科学者が、日々夥しい数で増えているのである。
     ▽◎◇ ◎◇◇▽ ◎◇◎ ◇◇◇◎ ◇◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)いつまでもモリカケで大騒ぎを続ける野党とマスゴミのレベルの低さにあきれて政治ブログも読む気がせず、朝鮮半島問題では八百長の南北和解ポーズのバカらしさに半島関連のブログもほとんど読まなくなりました。
もっぱら読書三昧でしたが国際情勢を見ると国連など無用の長物、大国の利害を中心とする百年前に戻ったよう。
 現在、ロシアで行われているサッカー・ワールドカップも政治と絡めてみると面白い。
日本がベスト16で対戦するのはベルギー。19世紀には陸軍強国で、のちには欧州統合の中心となる。
そんなベルギーにNATO日本政府代表部が開設されました
二年前には英国のユーロファイター・タイフーンと航空自衛隊F-15・F-2戦闘機の共同訓練が行われ、今年4月には英国海軍と海上自衛隊が共同訓練を実施。フランス海軍とも共同訓練をしていますから日本はNATOの準加盟国として中国包囲網を着実に狭めています。
日本は(特定アジア含む)極東ではなく(西側の価値観に基づく)極西だということですね。米海軍主催のリムパックでは中国は排除され、逆に日本からは陸上自衛隊の「地対艦誘導弾(SSM)」を使った日米初の共同訓練が行われるなど離島防衛に本腰を入れるようです。
アメリカからは中古の強襲揚陸艦の購入を打診されたり、GDP比防衛費2%基準への布石でしょうか。
 アジアではマレーシアのマハティール氏が中国べったりだったナジブ氏を破り92歳での返り咲き。三島由紀夫と同年生まれですから月日の立つのは早いもの。
早速、中国主導の高速鉄道計画を白紙撤回。台湾関係ではアメリカが「台湾旅行法」を成立させ米国在台協会台北事務所の新庁舎の落成式に国務次官補を出席させるなど外交関係を格上げしているのに対し、半島では在韓米軍司令部をソウルから南に60キロも後退させるなど順調に韓国切り捨てが始まっているようです。

 ワールドカップ予選リーグ敗退のドイツ、ドイツ銀行の巨額負債は以前から噂されていましたがアメリカFRBによるストレステストに米国子会社が落第。
自動車の排ガス規制でさんざん不正を繰り返してきたドイツですが、日本人の感覚からすると「お天道さまが見ている」。中韓ともどもバレなければ不正をやりたい放題。
同じく予選リーグで破れたお困りの国「韓国」。とにかく反則が多くボールを蹴るより足を蹴っていると中国人にまでバカにされている。
室谷克実氏の著書では韓国サムスン電子の工場が韓国電力の送電線から「盗電」していた話がありました。
日本では町工場でも考えられないことです。友達付き合い同様、国家間の付き合いも中朝韓の特定アジアは極力避けるべきですね。
  (PB生、千葉)
   ▽◎◇◎◇▽◎◇◎◇◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
発売と同時に重版出来!
   ▲
 宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (定価1296円) 
『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 米朝首脳会談。トランプ大統領の動きにより、朝鮮半島やアジア諸国が急変してくことは必至だ。「人民共和国」化しやがては連邦制で共存すると思われる朝鮮半島、いよいよ激化する米中の貿易戦争が背景にあるなかで、日本はこれからどのような道を進むべきなのか?
 中国事情の裏側を知る宮崎正弘と時事通信社ソウル特派員を歴任した室谷克実による恒例のシリーズ対談。米朝首脳会談後の最新事情を網羅した緊急出版!
https://www.amazon.co.jp/dp/4198646376/

 ――米朝首脳会談は予想通り二転三転、そして四転五転となった。
――強硬な手段を発動して相手を揺さぶる。さすがにディールには馴れているのがトランプの遣り方であり、敵対するメディアもこの点の豪腕は認めるところであろう。
――ところが日本のメディアに登場する「北朝鮮専門家」たるや、情報もなければ取材もしていない人々が平然と間違った見通しを述べていた。
           ◎◎◎◎  
   

♪♪
7月8日発売 予約受付中
♪♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる
 ――北朝鮮の核ミサイルを巡って東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にした習近平だが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
  (↑アマゾン予約受付中です)
        ○○○◇◎○◇□△◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ――現在、在庫切れの状態です

 ――アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン、定価1404円。在庫払底中 )
             △◎□◇○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊  ▼宮崎正弘の新刊   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
  ■絶賛発売中!!
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店、1296円)
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽ □◇◎ ◎▽□ ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊予告) 小誌は海外取材旅行のため7月14日から23日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/07/02

    就任以来、トランプ大統領が行ったことはと言えば、国内的には(1)オバマケアの改編(2)メキシコ国境に壁(3)雇用の増大、米国企業を本国へ戻すなど公約の実行である。結果的にはフェイクニュースを垂れ流すリベラルなメディアの偽善も明るみに出た。意外なトランプ効果、支持率は51%以上ある。←いつのまにか、トランプ大統領閣下の支持率が51%とは、すごい!それと、地球温暖化狂騒曲・・という、渡辺正東京大学名誉教授の新刊、おもしろいですね。武田先生のように地球は温暖化していない!という学者がどんどん増えていく予感がいたします。

  • 名無しさん2018/07/02

    >氷河がとけてクマが絶滅するという予測もあった。しかしシロクマ(北極熊)の数は二万頭から二万六千頭に増えていた



    知りませんでした。大手メディアが報道したがらない情報なんでしょうね。

  • 名無しさん2018/07/02

    クリントン一族は、「売国奴」のそしりを免れない行為も繰り返してきた。クリントン一族とロシアのウラン事業である。その疑惑を理解するには、十数年前のカザフスタンまで遡る。



     2005年、頻繁にカザフスタンを訪れるようになったビルは、悪名高い独裁者ヌルスルタン・ナザルバエフ大統領と、公式会談及び私的なミーティングを重ねるようになった。ビルが同国を訪問した表向きの理由は、HIV患者への援助活動である。しかし、実際にはカザフスタンにHIV患者など、ほとんど存在しなかった。



     クリントンがカザフスタンに近づいた本当の理由は、同国の巨大なウラン鉱床と関係する。クリントン一族のウラン事業利権のキーパーソンとなったのは、カナダの鉱業界の大物フランク・ギウストラである。カナダ鉱業株のインサイダー取引の噂もある、いわくつきの男だ。2006年のニューヨーカー誌の取材で、ギウストラは「自分のほぼすべてをビル・クリントンに賭けている」と、あけすけともいえる本音を述べている。



     クリントン一族とギウストラは、CGSGI(クリントン・ギウストラ・持続可能な成長イニシアチブ)という、胡散臭い名称の組織を作る。



     ギウストラは、鉱業に関してはベテランであったが、ウラン事業に関しては未経験であった。そのようなギウストラが作ったペーパーカンパニー、ユーラシア・エナジー社が、カザフスタンの国有原子力公社カザトムプロムとの取引権を取得した。裏には、ナザルバエフ大統領の強い支持があった。



     2007年、ギウストラはユーラシア・エナジー社を、カナダに拠点を置くウラン採掘企業ウラニウム・ワンに吸収合併させる。国有原子力公社の主要取引企業の合併には、当然、カザフスタン政府の承認が必要であったが、ここで当時上院議員であったヒラリーの力が発揮された。ヒラリーがカザフスタン政府の高官にこの取引の保証を迫ったと、後にカザトムプロム社長が証言している。



     そして、2008年から2009年にかけて、ギウストラはクリントン財団に3130万ドルを寄付し、さらに、それ以降のウラン事業による収益の半分を財団に寄付することを約束した。カザフスタンのウラン事業絡みで財団が得た寄付金の総額は、1億4500万ドルに及ぶ。



     その後、カザフスタンのウラン利権獲得に成功したクリントン一族は、同種のビジネスをアフリカのコンゴ、エチオピア、スーダン、さらには南米のコロンビアなどでも展開している。



     2010年、ロシアの原子力事業を統括する国営原子力企業ロスアトムが、ウラニウム・ワンの株式の過半数52%を取得するという計画を発表した。同年10月22日、この過半数取得に対して、ヒラリー国務長官が中心メンバーであるCFIUS(対米外国投資委員会)が承認を与えた。



     もともと、ヒラリーはCFIUSの中では、アメリカの戦略的資産を海外へ売却することに反対の意向を示していた。しかし、ビルとクリントン財団が関わるウラニウム・ワンの件については、この従来の意向は忘れ去って承認を支持している。さらに2011年1月12日、ヒラリーはオバマを後押しして、2008年に締結されながら凍結されていた米ロ原子力平和利用協定を発効させる。この協定は、後にロシアがウラニウム・ワンの支配権を強めていく強力なバックボーンとなった。



     その後、ロスアトムはウラニウム・ワンの支配権を100%得る。そして、2015年までウラニウム・ワンはアメリカのウラン生産量の半分をコントロールするほどになる。



     ロシア政府からは、サリダ・キャピタルと言うロスアトムの系列会社の疑いがある投資会社を通じて、2010年から2012年の間にクリントン財団に対して数百ドル規模の寄付があった。



     さらに、ロスアトムは株所有権移行の際に、数百万ドルに及ぶ株価の32%のプレミアムをウラニウム・ワン社長イアン・テルファーら株主に与え、その裏でイアンはカナダの事業体とCGSGIをトンネルとして、クリントン財団に235万ドルを寄付している。



     このクリントン一族のロシア疑惑を大手メディアは無視続けた。トランプはツイッターで「クリントンが協力し、オバマ政権も容認していたロシアとのウラン取引は、フェイクメディアがもっとも扱いたがらないストーリーだ!」と怒りをあらわにした。トランプ政権誕生後、クリントン一族の不正疑惑に対して捜査のメスが入るようになった。

  • 名無しさん2018/07/02

    公民教科書読み比べ(6)

    http://melma.com/backnumber_115_6703220/

    前科のある幹部らは、今度は実刑・刑務所

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53285779.html

    米情報機関が、北朝鮮との合意への違反に向けて裏工作

    http://parstoday.com/ja/news/world-i46058

    トランプ政権下の司法省が大量の医療従事者を検挙、告訴します。

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52028648.html

    奥大井湖上駅

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A5%A5%E5%A4%A7%E4%BA%95%E6%B9%96%E4%B8%8A%E9%A7%85&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiSwqq1xv3bAhUGdt4KHedWDfkQ_AUICygC&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    デウス

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9

    グリホサートのEU5年使用延長はモンサントの終わりの始まり?

    http://blog.rederio.jp/archives/3119

    江ノ電(藤沢 鎌倉高校前)

    https://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2008-07-24

    ソロスとクリントン

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180620.pdf

    洗脳されてる事に気付いてないですね?

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-177.html

    北鮮の方が日本より賢い ?! / 武器の使い方を知らない日本人

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68721228.html

    死の予防接種  米国医療に学ぶ    医療殺戮より 

    http://www.asyura2.com/0401/health8/msg/475.html

    世界に比類のない縄文文化。これこそが日本人のDNAやんか。

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

    駿台中山学生寮跡地です

    http://blog.livedoor.jp/nama_j/archives/1239182.html