国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ベトナムとフィリピンで「反中デモ」が再燃

2018/06/25

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月25日(月曜日)
         通巻第5736号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ベトナムとフィリピンで「反中デモ」が再燃
  「中国はでていけ」「スカボロー岩礁から立ち去れ」
****************************************
 
 ドゥテルテ大統領はフィリピン領海のスカボロー岩礁が中国に盗まれ、ハーグ國際裁判所が「中国の言い分には根拠がない」という判決をだしたにも関わらず、中国に厳重な抗議せず、むしろ中国から援助を獲得するという狡猾な外交を展開した。
 二年間のドゥテルテ大統領の対中外交は一定の成果をあげたかに見えた。

 漁場を失った漁師らは執拗に政府に抗議し、フィリピン外交の弱腰を批判してきた。
しかしドゥテルテ大統領は「中国と戦争をしたら勝てるはずがない」「中国から物資が輸入できなくなり」「出稼ぎ労働者が中国で解雇され」「バナナは陸揚げを拒否されて腐ったではないか」と、むしろスカボロー沖合の資源開発を共同で行うアイディアを振りかざし、習近平とは何回もの会談をこなした。
またミンダナオのイスラム都市マラウィの復興には中国資本の参入を歓迎する。


▲フィリピン政府はパシフィズム

しかし、スカボロー岩礁に中国軍が軍事施設を構築して以後、「近海から魚がいなくなった」と漁民が訴える。「もぅあそこは漁場ではなくなった。昔のように豊かな資源の漁場に戻して欲しい」。
ところが中国とフィリピンの沿岸警備隊が共同パトロールすることで合意した沿岸警備活動も、いまでは「フィリピンの警備艇はいない。付近をパトロールしているのは全部、中国の艦船だ」と地元漁民はフィリピンのテレビのインタビューに答えている。
フィリピンの民衆は立ち上がって「スカボロー岩礁から中国は立ち去れ」のスローガンを掲げ、マニラ市内て反中デモを展開した。
2009年制定の「フィリピン基本法 第9522号」にはスカボローはフィリピン共和国の領土と明記されている。

 一方のベトナム。
 一党独裁の全体主義国家でもあるベトナムは、中国との友好関係を謳い、中国企業の工業団地を提供するとして以来、反中抗議デモが全土で展開されている。
 デモ隊は中国企業の工場に繋がる高速道路を塞ぎ、ホーチミンから始まったデモは、ダナン、ハノイへと伝播した。またたくまに数千の労働者らが抗議の列に加わり、台湾企業まで巻き添えをくらって、生産活動が停止した。


 ▲ベトナムの反中暴動の背後にあるもの

 ベトナムでは2014年に大規模な反中暴動が発生し、中国人に死傷者がでた。ベトナムの怒りはスプラトリー諸島領海に展開される中国の海洋リグ開発を巡って、中国海軍がベトナムを威嚇し漁船を追い払い、何隻かを沈没させ、そのうえ近くに島にミサイル基地を建設したからだった。

 2018年のデモは、ベトナム共産党が中国企業用に特別団地を三箇所、99年租借という条件で提供するという議会の動きに反撥しておこった。
これら工業団地創設プロジェクトは、総計68億7000万ドルの投資となり、またヴィンタン水力発電所の建設も中国がオファーしているが、総工費は17億6000万ドル。

 くわえて貿易関係ではベトナムの出超がつづき、そのうえに中国からの観光客と、マンション建設などへの投資が顕著なった。表向き、中国の侵略行為を非難しながらも、投資と貿易は歓迎という二枚舌がベトナム政府の姿勢だった。
 「中国は交易増大、輸出の拠点が欲しい。ベトナムは中国の投資と金が欲しい」(ロバート・ロス、ボストン大学教授)。

 したがって民衆の怒りをもっともしながらも、ベトナム政府は都市部での抗議行動には弾圧をもってのぞみ、百名の抗議デモ参加者を逮捕した。ハノイの中国大使館が「在ベトナムの中国人の生命と財産を守るようにk」との要請に応えたからだ。

 民衆の反中抗議デモの目的は「ベトナム領土から中国を叩き出せ」「中国に一寸の土地も渡すな」だが、実際は反中行動というよりも、全体主義独裁のベトナム共産党批判が、真の目的である。
 
共産党支配層は、そのことを熟知しており、最近はネットの監視を強めて、反政府言論を厳しく取り締まり、言論空間を圧殺しつつある。
 ベトナムが最近議会を通過させた「サイバー・セキュリティ法」はフェイスブックやグーグルに対して、データの蓄積はベトナム国内で行えとしている。

 ベトナム議会は「99年租借を認める」法案審議を秋に延ばして抗議デモとの妥協を図った。
     ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 あまたいた妖怪変化。孫文に張作霖親子、王兆銘、李哲元、張自忠エトセトラ。。
  ソ連に愛想を尽かされ絶望の淵に落ちた毛沢東、起死回生の秘策とは

  ♪
田中秀雄『中国共産党の罠』(徳間書店)
@@@@@@@@@@@@@@@

 かの「日中戦争」は中国共産党と背後にあったコミンテルンの謀略によって巧妙に仕組まれた世紀の陰謀、罠だった。結果的に蒋介石は駒として弄ばれたのではないか。
 本書は現代中国史の論客、田中秀雄氏が心血を注いで叙述した裏面史。それこそ満州事変から廬講端事件まで、表向きのプロパガンダを覆し、本当は何が起きていたかを、様々な第一級史料と照合しながら迫る労作である。
 用いられる資料は、今日の現代史家が見落としてきた、あるいは左翼や親中派の歴史家が「意図的」にスルーしてきた重要な報道、回想録、インタビュー、そして当時の夥しい刊行物である。

 しかも田中氏は意外なことにエドガー・スノーの著作を屡々引用する。というのも、嘘だらけのスノーの親共産党プロパガンダ的な報道に、いっぺんの真実、僅か一行の記述に、ホンネが秘められているからである。
 スノーの墓は北京大学の敷地の中にひっそりとあるが、後年、スノー未亡人が語ったところに拠れば、「文化大革命の最中に訪中した彼は、毛沢東の神格化と独裁に幻滅の思いであった」という。
 評者(宮崎)も、数年前に石平氏の案内で北京大学構内をゆっくりと歩いた折に、所謂「北京大学版・三四郎池」の側にひっそりとスノーの墓があることを発見した。石氏の指摘がなければ見落とすところだった。
 本書の骨子は「満洲事変から廬溝橋事件」までに絞りこまれ、「満洲が日本の国防上いかに重要であったか、また満洲建国とその後の日本の行動の正しさの証拠」を列挙しつつ、「アジアに重点を移したコミンテルンの世界戦略、これと協働する中国共産党の満洲事変前からの策謀の実態、彼らが防共の砦としての満州国を打倒し、中国国民党を放逐し、中国を共産化するためにいかなる手段をもちいたか」を白日の下に晒すことにある。
 歴史的経緯は日清・日露の闘いにあるが、義和団の大混乱。そのどさくらに紛れて、ソ連は満洲全域を占領した挙げ句、「1896年には、ロシアと清国の間に対日軍事同盟密約が結ばれていた。その存在の噂はポーツマス会議以前からあったのだが、日本は確信ができないまま」、ポーツマス会議が進んでいたのだ(16p)。

 しかしシナの「実情を理解しないアメリカは、中国北京政府にとっては絶好の標的であった。外国の利権回収という目的達成のためにアメリカを利用するのだ」(21p)
 アメリカを舞台にシナのスパイや宣伝隊が躍動し、ジャーナリストを買収し、世論誘導工作を行った結果、アメリカの世論は日本に冷たく、シナに同情的となった。
 誤解を解くために新渡戸稲造は渡米し、各地で演説したが、短期的地域的理解しか得られなかった。とにかく日本は宣伝が下手なのである。
 そのうえ日本には東洋の理想という大義があり、中国とは友好関係が構築できるという理想論が先走り、善意の行為を続けた。

 その全てが中国人によって踏みにじられた。
 「支那は長年の日貨排斥、即ち廉価なる日貨を排斥し、高価なる西洋品を購入し来たれることにより、出超国が入庁国となり」(135p)、財宝、資金は海外へ流出した。中国経済は疲弊し、経済的破綻の惨状を描いていた。
 当時、酒井隆(支那駐屯軍参謀長)が『満洲時報』(昭和9年11月23日付け)に中国の裏切りの風土を語っている。
 酒井はこうも指摘した。
 「日本人はよく日支親善というけれども、この一語を聞いて、支那人の頭に、ピンと来るものは、利益交換主義である(中略)。一対に物事を僻(ひが)んで考えることと、機会ある事に自己をなるべく高値で売りつけようとする」(168p)
 彼らが命の恩人を避けるのは、そのときに代償を求められるからである。頭の中は貸借対照表で成り立ち、一流の駆け引きをもっとも得意芸とするのである。
 また支那人は約束事を守らない。
協定、条約を厳格に遵守する日本と、この点が根底的にことなり、いつも臍をかむのが善意に溢れる日本人である。
 一例を挙げる。
1936年8月、米国ヨセミテで開催された太平洋会議で身勝手な演説をした胡摘に対して日本代表の吉沢謙吉が次の反論をした。
 「ワシントン会議で日本は九カ国条約を結び、山東省を中国に還付し、関税自主権を認めた。関税自主権で率先したのは日本である。しかるに中国はこの恩を仇で返す。関税をどんどん上げて日本商品の流通を阻止した。あまつさえ日本との条約上の義務を守らず、鉄道平行線をつくるなどして日本の権利を取り上げようとした。中国に対する我々の融和的態度が官署の態度で迎えられず、中国側の継続的な暴力政策にあったことが満州事変の原因である」(213p)

 西安事件で国民党優位の軍事状況を戻した共産党は、それでもモスクワから信頼を得ていたわけではなく、周恩来は廬山におもむき、蒋介石と会談しているが物別れに終わっている。
第二次国共合作が陰謀的である事態に蒋介石は腹を立てていた。
 そのうえ、日独伊防共協定が締結されると、
「ソ連の国民党に対する比重が共産党より高くなっている。ボゴモロフ・ソ連大使の帰任がまぢかで、彼へのモスクワからの指示には、中国共産党との緊密な連絡を絶ち、これを指導することで中国の統一を妨害するのは止め、国民党の国内統一に協力することがあるという(中略)。そうした自党軽視の環境変化を毛沢東は敏感に感じ取っていただろう。南京政府の貨制改革が成功すれば、わが共産党には脅威である。乾坤一擲の勝負をかけるときが来てはいないか。国民党と日本軍を戦わせるのだ。『抗日戦争をすることにより、革命勢力は政権に就くことが出来る』と周恩来は言う。しかも『抗日戦争の初日が蒋介石失脚の始まりを意味する』のだ。。。」(268p)。

 かくて廬溝橋の発砲は中国共産党によってなされた。
 「国民党は1928年以来の無責任な排日政策、反日教育に自縄自縛され、それを共産党に逆用されることにより、対日開戦をせざるを得ない羽根に陥らされたのである。自業自得というべきであろう」(288p)。
 こうした歴史的事実は、今日の日中関係、ときにふんぞり返り、ときに猫なで声の豹変男たち、江沢民、胡錦涛、習近平の立ち居振る舞いや、対米外交における反日宣伝の謀略、約束を守らず、自己を高く売り抜ける処世など。満洲事変から廬溝橋までの近代史を彷彿とさせてくれるのではないのか。
   ▽◎◇◎◇◇◎   ▽◎◇◎◇◇◎   ▽◎◇◎◇◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「とびっきり講演会」のお知らせです。次回の詳細ならびに予約の電話番号などです。

とき   7月26日(木曜) 午後六時
ところ  神奈川県民サポートセンター 304会議室
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

講師   老川祥一(読売巨人軍オーナー)
演題   「日本政治所感」
主催    自治調査研究会
定員    90名。要予約は下記へ
電話   (045)263−0055

    ▽◎◇◎◇▽◎◇◎◇◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。
NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン、定価1404円)
        ◇◎○◇○◇□△◇△□○◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ♪♪
7月8日発売 予約受付中
♪♪♪
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、予価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる
 ――北朝鮮の核ミサイルを巡って東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にした習近平だが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
 (↑アマゾン予約受付中です)
        ○○○ ◇◎○ ◇□△ ◎○□   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■絶賛発売中!!
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (6月29日発売。定価1296円)
 『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/25

    2018年に入り、東海岸の大掃除(大量逮捕)は大方、終わった。そして、捜査の中心は既に西海岸カリフォルニア州の超富裕層へと移され、同州内は、極度の緊張状態に陥っている。



     2017年10月18日、トランプは連邦取引委員会(FTC)の委員長に、独占禁止法(競争法)を専門とする弁護士、ジョセフ・シモンズを指名した。また、同年12月21日、トランプはIEEPA(国際緊急経済権限法)を発動した。同法の内容を要約すると。「アメリカ政府がアメリカに対する脅威があるとみなした場合、組織・個人を問わず国内外の資産を没収して金融取引も禁止する」法律である。



     シモンズの人事やIEEPA発動の狙いは、グーグルやフェイスブック、マイクロソフトと言った、ハザールマフィアの権力の源泉となってきた大手IT企業である。IEEPAの対象者は、外国の組織もしくは外国人とされているが、多国籍企業大手IT企業はもちろん対象範囲内である。



     グーグルは長らく、真実を伝えようとする世界中の多くのジャーナリストや告発者の「情報潰し」に加担してきた。さらに、NSAが、ネット上にある全世界の企業や個人の情報をすべて見られるように便宜を図ってきたのだ。



     それだけではない。彼らは傭兵を雇い企業の利益のために、アメリカ政府の管轄外にある世界各地で軍事的な活動や工作にも携わってきたのである。



     2018年1月、グーグル(およびグループ企業)の持ち株会社「アルファベット」のエリック・シュミット会長退任は、同法の発動が発端だった。



     2013年1月、シュミットは北朝鮮の平壌を訪問した。表向きは北朝鮮にインターネットを普及させるためとしているが、真の目的は、「北朝鮮問題」を演出するため同国に弾道ミサイルを発射させ、その謝礼として3000万ドルを渡すためだったとされる。また、シュミットは2014年の「マレーシア航空17便墜落事件」への関与も疑われている。



     何者かの手で発射された地対空ミサイル「ブーク」によって、マレーシア航空の定期旅客便がウクライナ領空で撃墜された事件である。ハザールマフィアがロシア製のミサイルを使用して、ロシア軍の犯行と見せかけるために仕掛けたプロパガンダだとされている。



     このように、数々の軍事的工作に携わてきたシュミットの退任に対して、これで重要な駒の一つがゲームから取り除かれたとされる。



     ハザールマフィアに牛耳られた大手IT企業の脅威。大部分のコンピューターにはバックドアが仕込まれている。今後、徹底的に追い詰められたとき、ハザールマフィアは最後の悪あがきにインターネットの接続を切るつもりだ。その瞬間、世界中のすべての金融情報が消える。



     このバックドア(不法アクセスのための裏口)に関する情報は、2018年の以下の報道の内容とリンクしている。



    「半導体大手インテルやアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、ARMホールディングスの半導体を内蔵するコンピューター機器から情報が流出する可能性を伴う安全上の欠陥が2件見つかった。米アルファベット傘下のグーグルでセキュリティの改善に取り組む組織「プロジェクト・ゼロ」などの研究者らが発表した。欠陥のうち1件は、「メルトダウン」と呼ばれる。・・・・・・別の1件は「スペクター」と呼ばれ、インテルとAMD、ARMの半導体に影響。本来なら正常に稼働するアプリケーションが錯乱されて機密情報をハッカーに渡す可能性がある」(「ロイター」2018年1月3日付)



     この欠陥とは、いずれもパスワードやログインキー、画像などのハッキングを可能にするものである。これこそが、プログラム開発時点で意図的にコンピューターやスマートフォンに仕込まれた「バックドア」に他ならない。



     そしてこの欠陥は既に世界中の個人や企業のコンピューターに内蔵されているのだ。現段階で「スペクター」に関しては修正する手立てはないという。現代社会では国家、企業、個人の金融情報の大半が、パソコンでデータ管理されている。それらを一瞬で凍結させるボタンを、ハザールマフィアに握られてしまっているのだ。



     2018年3月にはグーグル社員による内部告発も起きている。その告発によれば、弾圧したい言論人に対して「ロシア工作員」と言うレッテルを貼ることでネット上からの排除を行っているという。さらにツイッターやフェイスブックなどのSNS上でチャットボット(AI自動会話プログラム)を駆使して、ハザールマフィア勢力の求める方向に世論を誘導しているのだという。



     この内部告発については日本では報じられていない。ペンタゴンは、このような大手IT 企業の現状を危険視しており、「グーグルを国有化して政府で管理する必要がある」との見解を示している。



     悪事が露呈しているのはグーグルだけではない。2018年3月、フェイスブックから8700人分の情報が流出して、不正に利用された疑惑が持ち上がった。同年4月上旬には、ザッカーバーグが議会での証言を求められる事態となった。ザッカーバーグはデイビッド・ロックフェラーの孫と目される人物である。フェイスブックが全世界に対するハザールマフィアの監視装置であった可能性は高い。

  • 名無しさん2018/06/25

    泣き虫将軍・本間雅晴と健気なる妻

    http://melma.com/backnumber_115_6700215/

    辻元清美氏が塀倒壊現場視察(2)

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53284947.html

    お子様ランチの日の丸にバッテン!2013年に左翼おばさん・2015年に徳永エリも街の国旗にケチ

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7123.html

    【真相】 帰化人した韓国人も実は韓国籍のままだった

    http://check.weblog.to/archives/4586754.html

    俺のしょうもない思い出を話そうと思う。誰か聞いて

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BF%BA%E3%81%AE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84%E6%80%9D%E3%81%84%E5%87%BA%E3%82%92%E8%A9%B1%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86%E3%80%82%E8%AA%B0%E3%81%8B%E8%81%9E%E3%81%84%E3%81%A6&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj0y_7JqOvbAhUMvrwKHajADzgQ_AUICygC&biw=1097&bih=531

    大豆の安全保障を!

    http://blog.rederio.jp/archives/2280

    【定期】竹中平蔵「生産性の低い人に残業代という補助金を出すのは一般論としておかしい」お前らタダ働きしろってよ

    http://crx7601.com/archives/53696686.html

    雑草が国土を守る?草刈り前に考えること

    https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20180611-00086343/

    弓道の呼吸法ー教本第二、第三巻から学ぶ

    https://blog.goo.ne.jp/kyuudou-syugyounikki/e/ae0a3be92c8a1168384cf571a589828f?fm=entry_awp

    悪法「退位特例法」を「新・皇室典範補遺」に改正を 

    https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/66033609.html

    江ノ電に行きました [江ノ電]

    http://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2011-05-27

    思い出のイクセル マトンゲ・聖ボニファス地区 (個人メモ) 

    http://cenecio.hatenadiary.com/entry/2016/11/29/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%B3%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%A7%85_-1-

    駿台予備校 下総中山寮を訪ねて [日記]

    http://kotoro.blog.so-net.ne.jp/2014-07-27