国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中東の秩序を搦め手で攪乱する中国

2018/06/24

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月24日(日曜日)
         通巻第5735号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中東の秩序を搦め手で攪乱する中国
   兵器を武器に密輸にも手を染め、はてしなく拡がる闇
****************************************

 中国はアメリカ製ドローン「プレデター」の模造品を大量に生産している。
 これが発覚したのはヨルダンで開催された武器展示会だった。ドローンのメーカーは「中国航天空気動力技術」や「軽准科学技術」で、しかも大型のドローンは無人の攻撃機(「彩虹」号とよばれ、西側のコードはCH―4,CH―5など)である。

 商業用の軽ドローンは世界一の生産量であり、すでに日本でも愛好家が中国製を購入している。中国製はアメリカ製のドローンの四分の一という廉価。これを大量に紛争地域に輸出しているから手に負えない。中東情勢を掻き乱していることになる。

中国製のドローンを導入したことで、シリアの戦局がかわり、またヨルダン、アルジェリア、イラク、サウジ、エチオピアも購入したとみられる。『NEWSWEEK』(日本語版、2018年6月5日剛)に拠れば、ナイジェリア、ザンビア、トルクメニスタン、パキスタン、ミャンマーにも輸出されたと推定されている。

 実際、シリア政府軍は、中国製ドローンと用いてISの拠点を攻撃し、その命中度は100%だったという。ただしプレデターとはことなり宇宙衛星とはリンクしておらず、有視界である。

 しかしアメリカはなぜ、この中国の武器市場壊乱を拱手傍観したのか。
 第一に高度軍事技術を外国に売却するには議会承認が必要であること。武器輸出は厳格な規制があり、台湾への武器供与でいつも議会が揉めるように、対日武器輸出にしてもF35で様々な議論があった。したがって米国製ドローンを輸入したのは英・仏とイタリアだけである。
 
第二にMTCR(ミサイル関連技術規制措置=国際協定)の遵守である。ところが中国はこのMTCRに加盟していない。やりたい放題になり、軍事輸出で金を稼ぐ、てっとり早い道である。

 中国にはモラルが存在しない。
 中国軍の一部の部隊や傍系の武器商社は迂回ルーの密輸にも手を染めている気配がある。
 イラン・イラク戦争のときは双方に夥しいスカッド・ミサイルを売っていた。シリア政府にドローンなどを供与する一方で、中国はあろうことか、ISにも機関銃、弾薬、そして指令系統を維持できる特殊携帯電話も売っていた。
 
米国の『スターズ&ストライプ』紙(2014年10月6日)に拠れば、ISは26ヶ国から多彩な武器を、砂漠に暗躍する武器商人から購入していたが、このうちのじつに26%が中国製であったことが分かっている。
ISの部隊間の連絡も中国製の特殊携帯電話(PT580H)が使われた。軍人の通信はデジタル数字など暗号化も可能で、戦場では20キロ範囲の距離で電波が飛ぶ、会話が敵に防諜されにくい設計であり、中国の「好易通科技有限公司」製。ブランドはHYTERA」。

 なにしろ中国軍の腐敗はシナ人のDNA、歴史的体質である。
蒋介石軍の幹部が毛沢東の八路軍に米国から供与された武器を横流していたように最近の中国の国産空母の設計図などを高官が米国に売り渡していた。この不祥事はロシアの「スプートニク」や、香港の「アジアタイムズ」(6月22日)が報じた。

報道に拠れば国有企業「中郷船舶重工業集団」の孫波社長が中央検査規律委員会に摘発され、「重大な規律違反」とされた。
中国国産空母は試験航海を適当におえるとただちに大連に運ばれ、改修工事に入ったのも、いたるところ不具合が見つかったからだ。また孫波社長は空母の設計図や機密をアメリカに売り渡していた疑惑が持たれているという。

東西冷戦時代、ソ連は九隻の空母を造った。ぜんぶが失敗だった。
最後の一隻はウクライナが所有していたが電気信号系統とカタパルト設備などを取り外して、鉄の塊をスクラップとして中国に売った。
それを十年掛けて回収したのが中国初の空母「遼寧」だった。孫波は、この秘密情報をアメリカに売ったようである。
     ◎◇◇◎ ▽◎◇◎◎ ◎◇◎◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1750回】            
――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(6)
  中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政?社 大正四年)

    △
 「日本一」であるかどうかは判断の分かれるところだが、考えてみれば「領事の背後にある外務省」だけが「無定見」だったわけではなく、「滿鐵の背後にある政府」も「都督府の背後にある陸軍」も共に「無定見」だったはずだ。
せんじ詰めれば政府それ自体が「日本一の無定見」だったという結論に至らざるをえない。それは政府を組織する各々の機関の「無定見」に止まるものではなく、政府総体、いわば日本が国家として関東州・満州を如何に対処すべきかの大方針がなかったということを意味することになる。

  現在でもメディアでは永田町に対しては「党利党略・派利派略のみ」、霞が関に対しては「局?あって省益なし、省益あって国益なし」などと批判し、国民不在を難詰する声が絶えないが、どうやら日本では既に大正の時代に政府――とどのつまりは国家としての基本的大方針を定めないままに(ひょっとして基本方針など定める必要なしと考えていたのかも知れない)、列強が手練手管を盡して国益を求めて火花を散らした国際政治の舞台に踊り込んでいったということだろうか。それならば暴虎馮河・・・まさに匹夫の勇としかいいようはない。空恐ろしいことだが。

 中野は、政府無定見の結果としておこる満洲における三頭政治の弊害を具体的に説く。
  日本は各々に「異なる國際上の性質を有す」る「關東州と、州外の鐵道附屬地と、附屬地以外の開放地」の3地を持つが、それぞれが「都督府、滿鐵、領事なる三機關」の下に置かれている。「關東都督は關東州に於ける行政の主體」だが、「一歩州外に踏出せば、鐵道沿線の附屬地」では都督府ではなく満鉄の行政権の下に置かれる。だが満鉄には「兵權は勿論警察權すらも附與せられざるなり」。「警察權に關する限りは、總て都督府の支配を受けざる可らざるなり」。そこで都督府は該当する地域に警務署を置く。ところが「附屬地以外の開放地」の「一定地域においても日本人の居住は許されている」から、これら日本人を保護するために設けられた領事館には領事警察署が設けられている。

  ここで都督府管轄下と「附屬地以外の開放地」における二重の警察権という問題が生ずる。そこで都督府は致し方なく領事警察署に都督府の警察権を付与するのだが、領事警察は外務省と都督府の双方の指揮下に置かれることなる。領事警察は命令系統の上から「往々にして都督府の意向に悖りても、外務省よりの使命を全うせん」するが、都督府は外務省の意向を無視してでも領事警察を自らに従わせようとする。
かくして外務省と都督府、つまり陸軍との間に軋轢が生じてしまう。そのうえに「附屬地以外の開放地」は「支那警察官」も管轄し、「其傍には支那兵が傲然」と控え日本側守備兵を監視している。

  いわば「附屬地以外の開放地」の治安は日本側の「三頭政治の矛盾」と「日支間の紛議」の中で複雑な仕組みによって維持されている。

 「例えば外務省は支那に對して所謂温和主義を以て一貫す」るのとは反対に、都督府は「威を示すを必とすべしとなすことあり」。また駐屯軍は「或は陸軍省の方針により、或は參謀本部の意向により別個の考を持し、常に領事の優柔なるを憤慨す」る。
こういった混乱した対応の最中、「領事の優柔」が愈々もって「支那人の侮蔑を招けば」、「軍人側の憤慨は?々抑ふ可らざるに至る」ことになる。かくて「領事警察官が支那兵に毆打」される事態が起れば、「日本守備兵が急馳せして支那兵いに報復する」ことになる。領事(外務省)が「守備兵の輕擧」を批判すれば、「都督府と陸軍とは領事の軟弱なるを責めて已まず」。

たしかに「軟弱なるを責むるは、至極尤も」だろうが、とどのつまり都督府(陸軍)は「所謂腕力主義にて弱者を力制すれば足れりとなす短見の外に出でず」。かくて営業に影響を及んだとしても満鉄の立場では効果的対応は不可能であり、事態は紛糾するばかりだ。

        ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
7月8日発売 予約の受付を開始しました
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、予価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
 ――独裁皇帝は間違いなく中国を自滅させる
 ――北朝鮮の核ミサイルを巡って東アジアが激変するなか、習近平はいつまで独裁を維持できるのか? 
――憲法改正によって党の「核心」となった習近平。絶大な権力を手にした習近平だが、経済格差、権力闘争、軍の掌握、米国との貿易戦争など、内外に大きな難題が存在する
――独裁者・習近平の権力基盤は盤石なのか? 日本はどう対処すべきか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080154/
  (↑ AMAZONで予約受付を開始しております。
            ◇◎○ ◇□△ ◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)今朝(24日)の産経に田村秀男氏が米中貿易戦争で、これから中国は外貨不足に陥り、日本に通貨スワップを要請してくるだろうと書かれています。日本は、絶対に人民元スワップなんかの話に乗るべきではないと考えます。
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)第一段階は500億ドル相当の物資へ高関税を掛け合い、第二段階は合計2000億ドル。つまり中国は外貨収入がなくなり、人民元はいよいよ暴落を始めるでしょう。
しかし、中国は逆に人民元を25%切り下げて対応するかも知れませんね。三日ほど前から人民元安誘導は現実に始まっています。
    ▽◎◇◎◇▽◎◇◎◇◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。
NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン、定価1404円)
        ◇◎○ ◇□△ ◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■絶賛発売中!!
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (6月29日発売。定価1296円)
 『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/24

    東西冷戦時代、ソ連は九隻の空母を造った。ぜんぶが失敗だった。

    最後の一隻はウクライナが所有していたが電気信号系統とカタパルト設備などを取り外して、鉄の塊をスクラップとして中国に売った。

    それを十年掛けて回収したのが中国初の空母「遼寧」だった。孫波は、この秘密情報をアメリカに売ったようである。←中国人は、金さえだせば、中国の機密情報も売り渡すということですね!

  • 名無しさん2018/06/24

    今回も楽しく読ませていただきました。

  • 名無しさん2018/06/24

    アメリカ軍は、前哨戦としてハザールマフィアの影響下にある組織に対して次々に手入れを行った。2017年10月30日から11月10日までの期間に、全米24の地域で、確認されているだけでも2万2500人に及ぶ大物政治家や財界人などの有力者が逮捕・起訴されている。その中には、FRBの資金によって権力の座に就いた人物なども含まれている。



    今回の逮捕劇で、多くの逮捕者を出した地域はバージニア州のプリンスウィリアム郡だ。ワシントンDCから近い、マネーカースト上位の富裕層が住む高級エリアである。ハザールマフィアの息のかかった政治関係者に、軍の手が伸びているのだ。今回の逮捕劇の中心になっているのは、政治家の給料には不相応の財産を持つ人物や、大財団の所有者だ。



     以前より、「今後、アメリカも大物政治家50人以上が逮捕される予定だ」と言う話を聞いていたが、実際には、それよりもさらに大規模な逮捕が断行されることになったのだ。



     しかし、逮捕前の大物被害者の逃亡や証拠隠滅を防ぐために、逮捕劇が一段落するまでは、その名前や容疑などの情報は一切公表されることはない。



     大量逮捕劇と関連した動きで、2017年10月以降、上下両院合わせて30人以上の議員が政界引退を発表した。「ワシントンD・Cからおとなしく退場するのであれば、代わりに刑務所行きは免除する」と言う軍当局の取引に応じた模様である。



     2018年1月20日、オマロサ・マニゴールド大統領補佐官、ディナ・パウエル大統領副補佐官が辞任した。さらに、同年3月に入って、経済担当大統領補佐官を務めるゲイリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長の辞任も発表された。



     彼らの辞任と同時に、複数のホワイトハウス職員も解任されている。これで、トランプ政権の発足後4か月以内に就任した職員の4割以上が解任もしくは辞職したことになる。



     そして同じ週に、アメリカ最大大手金融機関ゴールドマン・サックス会長兼CEOのロイド・C・ブランクファインの退任の意向が報じられた。「シティ」勢力系の国際金融資本であるゴールドマン・サックスは、先に辞任したパウエルやコーン、2017年に更迭されたステイーブ・バノン主席戦略官を含めて6人もの同社関係者をトランプ政権に送り込んでいた。



     さらに、同年3月には、レックス・ティラーソン国務長官が電撃解任された。政権の重要ポストにおける解任劇の要因は、アメリカ軍の意向に反して「諸悪の根源はロシア」とするプロパガンダ・キャンペーンを展開したためだ。同年3月4日に起こった、イギリスに亡命中の元ロシア諜報部員セルゲイ・スクリパリとその娘への神経剤を使った暗殺未遂事件について、ロシア当局の仕業と決めつけたティラーソンに対するバージである。



     以上はすべて、ワシントンD・C内にいる「ハザールマフィアの息のかかった人間」を駆逐する動きの一環である。現在もワシントンD・Cの「大掃除」は続いている。

  • 名無しさん2018/06/24

    高笑う金正恩の対韓侵攻“開戦前夜”を形成した米朝会談 ──韓国を完全に見捨てたトランプ

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/06/23/004631

    辻元清美氏が塀倒壊現場視察

    違法建築物の責任の所在を明らかにすべきだ。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53284819.html

    また朝日新聞が虚偽!「ニュース女子」放送継続は17局なのに15局と嘘!上念司が生放送中に電凸

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7125.html

    市場法改悪法案、承認に抗議

    http://blog.rederio.jp/archives/3607

    中山寮

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E5%AF%AE&chips=q:%E4%B8%AD%E5%B1%B1+%E5%AF%AE,online_chips:%E9%A7%BF%E5%8F%B0%E4%B8%AD%E5%B1%B1&sa=X&ved=0ahUKEwj7wojm3ejbAhWLy7wKHbGeCdgQ4lYIKygF&biw=1097&bih=531&dpr=1.75

    ★【要拡散】 日本の芸能人は在日・帰化人しかなれない ※芸能界は闇組織の温床

    http://check.weblog.to/archives/3476668.html

    普通のチョコレートで摂れるカカオはどれくらい?カカオ含有量を比較! 

    http://genkionaka.com/chishiki/chocolate/

    続、江ノ電に行きました [江ノ電]

    http://sl-taki.blog.so-net.ne.jp/2011-05-29

    難民収容に関する報道の裏側(坂東学校授業参観ご招待!)

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12385067911.html

    【尊い】イタリアとロシアのハーフ美女が妖精すぎる! まぶしい白金の髪と透き通る肌は完全にエルフの神々しさ!!

    https://rocketnews24.com/2017/08/05/937439/

    湘南モノレール大船駅アナウンス(12月26日放送記)

    http://blog.fmyokohama.jp/sky/sky/

    桜上水「とんかつ 山路」

    http://blog.livedoor.jp/go_backdrop/archives/51935436.html

    遺伝子の研究は人種差別につながるか?

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-300.html

    カルビー松本会長、ZOZO田端氏「高プロ(残業代ゼロ)が残業なくす」という #呪いの言葉の解き方

    http://blogos.com/article/305370/

    【大阪地震ブロック塀事件】辻元清美「人災だ!」 ⇒ 高槻市長「反省しなければ…」

    http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071373507.html

    米中戦争はもう始まってる?その2 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

    皇籍を離脱した宮家と皇族の一覧

    http://kyukouzoku.web.fc2.com/contents/ridatu.html