国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<中国の「起業第二世代」はベンチャー・キャピタルの資金が集めやすい

2018/06/22

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月22日(金曜日)弐
         通巻第5732号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の「起業第二世代」はベンチャー・キャピタルの資金が集めやすい
  ならば大蹉跌したとき、責任は所在は誰になるのだろう?
****************************************

 小紙の前々号だったか、トランプ政権で強引な対中制裁路線を推進するピーター・ナバロ通商産業政策局長が報告した中国の経済レポートで、中国人留学生は年間30万人との指摘があった。
しかし、この数字は古い。現在は年間60万人以上が米国に留学し、しかも40万人前後が中国に帰って、隙間ビジネスからEV、ロボット、自動運転、IT、AIなど米国で学んできたの最新技術を背景にベンチャーを起業する。

 現在、中国の大学卒業生は790万人から810万人ほどおり、米国留学はこのうちの7・5%程度になる。異常に高い数字である。日本人の米国留学が激減している現象と対照的である。
 なぜこうなったかと言えば、大学卒業が現代中国の「科挙」を意味するからであり、一人っ子が殆どの中国社会ではブルーカラーにはなりたくない。花嫁も来ない。一生うだつが上がらない。だから両親も祖父母も、自らの生活を切り詰めてでも、こどもを大学へ送り込む。

 いや、幼稚園からすでに中国では競争である。
保育園にも「名門」があり、なんと保育料は月に20万円という(年間ではない。毎月である)。公立保育園は一万円程度だが、一人っ子を「小皇帝」とする中国では、有名幼稚園におくることから始めるのだ。

 となれば大学は駅弁大学、インチキ臭い大学も出来るだろうし、金を積めば卒業証書を呉れる悪徳経営陣も出てくるだろう。

 統計によれば2017年の帰国組は48万人で、このうちに23万人が博士号もしくは修士号取得者だったそうな。

 この中国版「新人類」は、大企業に勤めたり、公務員になるより、技術に自信があれば、すぐに起業する。自分が自分のために人生を賭けるのだ。
しかも起業に際しては、中国政府が奨励し、補助金を出している。第十九回共産党大会と2018年の全人代で、李克強首相が懸命に訴えたのは「MADE IN CHINA 2015」だったように、次世代技術に本格的に取り組むためには若者の起業を促すことに力点が置かれるとした。

この中央政府の方針に便乗して、地方政府はビルのフロアを格安で、かれらに提供する。多くは三ヶ月以内が条件で、その間に将来の見通しがたたなければ立ち退きとなる。なかでも広東省政府はビルの家賃無料どころか、ベンチャー企業社員のマンションの家賃まで負担している。背景に中国共産党が進める「メイドインチャイナ2025」という大戦略があり、ふんだんな予算がついているからだ。


 ▲若者に「起業」を薦めるのは失業対策でもある

もとより起業を盛んにすすめた理由は、失業の若者が反政府暴動を起こしかねないからで、就職難の状況に活を入れるためにもベンチャーを奨励して補助金をつけるという絶妙のアイディアを発見したのだ。
エネルギーを反政府に向かわせないためでもある。

 ウーバーも、ネットの出前サービスも、車の自動運転技術に特化した新興企業も、こうして雨後の筍のごとく乱雑に粗製された。
「これは!」という技術を持っていると、米国などのファンドがやってきて幹部に面会し、ベンチャーキャピタルがどんと入ってくる。

げんにアリババなどは、ベンチャーのなかでも、将来性のある「飢了磨」(ウーラマ)やOFO(シェア自転車)を買収した。ついでに言っておくとアリババは「アリペイ」(スマホ決済)、陶宝(ネット通販)、借唄(小口金融)など将来性のある起業を片っ端から傘下におさめ、総合的なネットビジネスの覇者を目指している。

 そのうえ中国的特質は株式上場がしやすいという資本主義社会ではおよそ考えられない支援体制がある。
一般的に日本の場合は経理報告を念入りに調べられ、過去三年くらいは連続的に経常利益が計上されていること。取引先の信用度など、あれもこれもと調べられてから株式の上場が認められる仕組みだから、この「インスタントIPO」(IPOは新規株式公開)という遣り方は常識外である。

 また中国人のドライな感覚はアメリカ人と同質なところがあって、いつまでの自社にしがみつかない。儲かっている企業を横から買収するという敵対的なM&A(企業買収&合併)のやり方も中国人とアメリカ人は感性が酷似している。


 ▼粗製乱造も中国人の感性にぴったりなのだ

 中国のこうした環境の下では粗製乱造のベンチャー企業に巨大な夢が集まりやすい。しかし成功するのは「千三つ」(千件に三件)ではなく「万三つ」の世界だ。大概は失敗して、ファンドの出資金は返せず、そのうち行方不明になる。
 あるいは腕を活かして成功したベンチャー企業に入り、腕をさらに磨いて次の起業に備えるのだ。

 韓国でも大手財閥に就職できるのは、大学卒業の2%程度で、あとは「負け組」に勘定されるが、かれらもまた、すぐに起業するのである。ところが韓国通の室谷克実氏によれば、「起業」の内容たるや、九割が屋台。しかも年収はせいぜい50万円ほど。一年後にはほとんどが廃業しているという。

 中国の若者を引き付けてやまない起業家への夢は、アリババ、テンセントなどが、大成功という道を辿ったからで、アリババのジャック馬や、百度のCEO李彦宏、テンセント(騰訊)の馬化騰などが現代中国のヒーローとなる。
 もし仮にジャック馬らが[起業第一世代]とすれば、いまは『第二世代』の時代に突入しているのである。

 そして第二世代がもっか集中して開発しているのが自動運転テクノロジーである。
もともとは米シリコンバレーのグーグルで生まれ、先駆者は「ウェイモ」「オーロラ」「クルーズ」など。基本はグーグルからの独立である。

中国も同じようなスタイルで「百度」からスピン・オフしたエンジニアらが「仔馬智行(ポニーa)」、「深せん星行科技(ロードスター)」「景馳科技」など注目株にベンチャーを立ち上げた。まったくの新興勢力である。

 スマホ決済が中国で急速に進展した理由も、じつは簡単である。
 日本と違って現金は偽札が多い。中国で流通している紙幣の20%が偽札である。つぎに信用カードだが、これもニセモノがおおいうえに、スキミングされやすく、詐欺に使われることが多い。
 それゆえ、スマホ決済にみなが飛びついたのだ。

 末端の若者とてつねにニッチを狙う。典型が「飢了磨」で、マックの注文を個別にとり、代理にマックで希望の品物を購入し、注文主に配達して、しっかりと手数料をとる。
元手もかからず、瞬く間に、あらゆる出前に適用され、これに目を付けたアリババが買収したのだ。

 原型はむかしからあるダブ屋である。
鉄道駅に並ぶとかならず声をかけられる。先頭付近に並んでいる相棒に合図して、順番をとり、手数料をとる。病院でも朝から順番待ちの札を確保して、遅れてきた患者に売りつけるビジネスがあった。あれを出前に適用したに過ぎないが、当ったのである。

 日本はこうした中国人のエネルギーに負けているかも知れないが、しかし日本でも孫正義、楽天の三木谷、ライブドアのホリエモンなどの成功者がいる。
いずれにしても世界中で成功者にのみ光りが当たっている。その陰に隠れたが多くのベンチャーが失敗に終わっている。


 ▼日本も中国人留学生、研修生のヴィザを制限するべきではないのか

 しかしちょっと待った。
たちどまって考えてみると、中国のやり方が不公平である。WTOは政府補助金の輸出を不公平取引と規定している。だから太陽光発電パネルや風力発電装置を中国政府は奨励し、補助金もつけたが、それを輸出する際には国際的な問題となった。

 国内産業の奨励とはいえ、補助金はほかの国の状況を比較すれば不公平である。
なぜ、中国政府は表向き「MADE IN CHINA 2025」などと標榜して優秀な人材、エンジニア、発明家を特定のテクノロジー開発に集中され、補助金をつけているのか。


答えは明瞭である。
AIもITも、そして自動運転も将来の軍事技術に直結するからである。自動運転はドローンではすでに実現しているが、これが自動車から転用され、装甲車、戦車に転用しようとしている。AIもITも、そしてリチュウムり電池も、将来の兵器、そしてロボット兵士への技術転換が容易になるからにほかならないだろう。

アメリカは中国の「MADE IN CHINA 2025」戦略に潜む中国の軍事的野望をすでに見破っている。だからハイテク企業への中国のベンチャー・キャピタルの出資を制限し、企業買収を阻止してきた。

そのうえ、中国人へのヴィザの制限を実施し始めた。
中国人留学生のヴィザはこれまで五年間だったが、一年間の短期に「修正」された。中国の現実の脅威を目の当たりにして、米国はようやく重い腰を上げたのだ。
     ◇◎○△み○▽◇○や△○◎○ざ◎△◇○き◎◇□◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1749回】        
――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(5)
  中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政?社 大正四年)

    △
 三頭政治の行われている関東州と満洲は、じつは「既に支那の領土にあらず、又日本の領土にあらず、是れ實に一種の變態の下に在る土地なり」。
しかも「支那も亦後日自己の領土として之を保有すべき實力なく、日本人にも亦敢えて之を永遠に領有せんとするの決意なし」。つまり関東州と満洲は現在も将来も誰のものでもない『宙ぶらりん』の状態が続く可能性が大であり、将来にわたっても所有者が定まらないから「變態」というわけだ。

  日本においても「我帝國に百年の大計を抱きて、斷じて之を實現せんと努力するの政治家」が見当たらない以上、出先機関が次々に設けられはするものの結果として「無定見の數を盡して、一般居住者の非難の中心となるのは自然の勢ひ」というものだ。

  一般に日本では「關東州とは、〔中略〕露西亜の租借權を繼承して、我國の租借する所」であり、「南滿は最近に我國が露西亜と協定して、内蒙と共に我勢力範圍に置きたる所」であり、「此勢力範圍内を貫」く南満鉄道が「我國に屬する期間、之も滿鐵の支配下に在るものなり」と説明されている。
租借地というからには「条約の文面に指示するが如く、年限經過後、文句なしに支那に返却すべきものなるか」。そこで中野は、そんな安易な考えでよいのか、と疑問を呈す。

  中野は「租借なる語は、歐洲と清國とが始めて條約を締結せる以來、清國の土地に表示する外國人の私權(事實上所有權に等しき)を表示する通語となり居れり」とのドイツによる解釈を援用しながら、租借地・関東州に対する日本当局の腰の定まらない対応を批判する。
だから関東都督府にしても満鉄にしても、将来にわたる確固たる方針が打ち出せない。「我消極的政治家の中には此滿蒙に於ける我の無形の權利」を放棄せよ、「鐵道及び鐵道沿線附屬地に於ける、有形の權利すら他に讓り渡」せと主張する者がいる始末だ。

  たしかに満蒙における日本の地位を保持することは困難ではあるが、「國勢の均衡上一歩も退く」ことは出来ない。
それというのも日本が退いたと「同時に進み來る一國あ」るのみならず、列国係争の地になることは火を見るより明らかだ。満蒙を棄て南方に転ずべきだとの主張も聞かれるが、「南北と東西とを論ぜず、抵抗力乏しき所に向つて發展し行くべき」が国際政治の現実だ。だから日本が北方を棄てたら、「列國若くは或國は安んじて北方を奪」うだけでなく、余勢を駆って日本の南方進出を抑えにかかる。満蒙を棄てたら、「地勢上朝鮮も抛棄せざる可からず」。

かくて「宛かも大氣の低気壓區域に向つて流動し來るが如く」に「島帝國」に攻め寄せることは明かだ。いわば日本はノー天気に内向き志向を続けていたら「列國若くは或國」がまるで飢えた猛禽のように日本に襲い掛かって来るに違いない、ということだろう。

 「南下せんとする露國の力と、北上せんとする我が帝國の力の均衡」によって現状が維持されているわけで、「滿洲に於ける日露両国は、進む可らず、引く可からず、苦しきなりにも現状を維持せざる可からざる」状況にある。だから満蒙は「決して唯の外國」ではない。
 であればこそ、「滿蒙の脊髓たり、且勢力の基點たる南滿鐵道及び其附屬地」の経営は最重要なのだ。にもかかわらず我が政府は「一定の方針の下」で諸般の施策を打つわけでもない。

  「滿洲は何と言ひても支那と稱する他國の一部分」だが、日本の利害には大きく関わっている。
他国に置かれた領事館とは性質を異にするにもかかわらず、他国に置かれたそれと同様に「外務省に直屬し、其外務省なるものが日本一の無定見」だというのだから、「都督府及び滿鐵と共に、南滿一帶に於て矛盾、齟齬、撞着の奇態を呈するは自然の勢いなり」。
 それにしても「外務省なるもの」が、この時代既に「日本一の無定見」だったとは。
        ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)三島由紀夫研究会の会員勉強会、六月は荒岩宏奨氏を招いて行われます。
 展転社の若き編集長・荒岩宏奨氏を講師にお迎えして、「影山正治と維新文学」のテーマで語って頂きます。これまで蓮田善明、保田與重郎,伊東静雄について論じて頂いた日本浪曼派シリーズ第四弾です。
 とくに影山正治氏(1910〜1979)は戦前より維新運動家として大東塾・不二歌道会を主宰するとともに、保田與重郎、浅野晃、林房雄など日本浪曼派の巨人達と親しく交際し、三島由紀夫先生を昭和の神風連と高く評価して憂国忌の発起人となり、昭和54年元号法案の成立を熱?して自裁されました。
                   記
日時   6月29日(金)午後6時半開演(午後6時開場)
会場   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
   (JR・地下鉄「市ヶ谷」駅2分)
講師    荒岩宏奨氏(あらいわひろまさ、展転社編集長)
演題    「影山正治と維新文学」
講師略歴 昭和56年山口県生まれ。広島大学教育 学部卒、プログラマー、雑誌編集者を経て現在展転社編集長。著書『国風のみやびー国体の明徴と天業の恢弘』(展転社)
会場分担金  会員・学生千円(一般2千円)
 なお一般の方も当日入会を受け付けます。
  ▽◎◇◎◇◇◎ ▽◎◇◎◇◇◎ ◇◎□△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 アメリカは、なぜ対中制裁に踏み切ったのか? 現状を冷静精密に分析し、明日の米中関係、そして日米、日中関係を展望する!
 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、国連人権委員会からも離脱。
NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにあるのだ!
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (↑アマゾン、定価1404円)
        ◇◎○ ◇□△ ◎○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
7月10日刊行決定
宮崎正弘『習近平の死角』(育鵬社、予価1620円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
          
■絶賛発売中!!
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 室谷克実 第五弾! (6月29日発売。定価1296円)
 『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢――岐路に立つ日本』(徳間書店)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。