国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<米朝首脳会談を過大な期待で予測したメディアは何を間違えたのか

2018/06/13

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月13日(水曜日)
         通巻第5724号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)明日6月14日から18日まで海外取材旅行のため小誌は休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 米朝首脳会談を過大な期待で予測したメディアは何を間違えたのか
  会談は始まりにすぎず、金正恩は中国の意向(何も約束するな)を実践した
****************************************

 日本の期待は夢幻に終わったのか。
 発表された米朝首脳会談の共同声明を「素晴らしい」とトランプは自画自賛したが、多くの人々から見れば、具体的内容を欠いているため、「失望」だろう。

 第一に「非核化への努力」は謳われたが、「完全な、検証可能な、不可逆的な」という文言は共同声明のどこにもないではないか。
 期限も方法も明記されていない。要するに具体的には何も成果はなかったのだから。安倍首相が「高く評価する」などと、トランプの成果を渋々評価したのも、納得するには無理がある。

 米国政府筋は「これから高官による詰めが行われて、具体的な日程などがでてくる。ともかく歴史的文脈に於いて、この会談は意議がある」と総括して、今後の交渉に大きく期待する方向にある。

 とはいえ、「完全な、検証可能な、不可逆的な非核化」は結局、並ばず、「非核化」の現地を金正恩から得ただけだった。

中国の後ろ盾を得た金正恩は強気になっていた。アメリカとの世紀のショーを演出するために、人質を解放し、使い物にならなくなった核実験場を廃棄処分としたが、これをトランプは記者会見で「成果」と総括した。ディールの名人も、ここまでか、との感想を抱いた読者が大いに違いない。

 「総合的に前進した」という米朝首脳会談は、アメリカにとっては中間選挙向け、北にとってはやっぱり時間稼ぎと中国との関連。唯一の歯止めが、米国は「制裁を続ける」という姿勢だけだろう。
大きく期待した人は失望の谷は深い。期待しなかった人にとっては、なんとか、一歩前進したというのが率直な感想ではないか。

 「歴史的に米朝が『初の会談』という意議いがいにないもない」(NYタイムズ)
 「希望を抱かせたが、保証がない」(ワシントンポスト)
 「希望に向けての前進」(ウォールストリートジャーナル)


 ▲「人権」「拉致」の文言は声明には盛り込まれていない

 米国メディアは消極的だが、否定はしていない。しかしトランプは記者会見で「人権に言及した」「日本の拉致問題についてはちゃんと伝えた」と言い訳に終始し、いつものような強気が見られなかったように、そのうえ、米軍撤退を示唆したように、これでは過去の歴代大統領の、その場の人気取り対応と大きな違いはない。

 けっきょく、この米朝首脳会談で一番の勝者は、中国である。
 おそらく中国は、前進があったとして『制裁』緩和の方向へ舵を取るだろう。『中国抜きには何も進まない』と国際社会に印象づけることに成功し、金正恩の背後でシナリオを描き、トランプに米軍撤退の発言を誘発させた。 

 同じ日に上野動物園のパンダが誕生一周年とかで、長い長い行列ができた。パンダはチベットの動物であり、中国が外交の道具としているものだ。
これを行列してみるという、あきれ果てた日本人がいるように、精神的劣化がますます進んでいる。
       ▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <<< 緊急特番のお知らせ >>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
今晩(13日夜)、緊急特番「米朝首脳会談とこれからの日本」があります
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 出演  宮崎正弘、高山正之、加藤清隆、西岡力ほか。
放送予定:平成30年6月13日(水)夜公開
日本文化チャンネル桜
「YouTube」。「ニコニコチャンネル」。「Fresh!」オフィシャルサイト。インターネット放送So-TV。
         ◇◎◇◎◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ***************************
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1744回】                  
――「我は大清國の民なりと」――遲塚(3)
  遲塚麗水『山東遍路』(春陽堂 大正四年)

    ▽
 やがて青島を辞し済南に向う。その道すがら目にした「狂婦」について綴る。
  彼女は「宛轉して麥田の上に在り、垢面蓬髪、身に襤褸を着け、喃々をして獨り語りて或は泣き或は笑ふ、往來の人、顧みるものなし、哀むべし狂婦は終に溝壑の中に死せん」。かくて遲塚は「支那の國民性は絶對の個人主義なり、這の憐むべき生靈を綏撫して、平靜の治下に置くもの、正に我が帝國の使命なるを思ふ也」と。

  たしかに「這の憐むべき生靈を綏撫して、平靜の治下に置く」ことを「我が帝國の使命なるを思ふ」ことは自由である。
いや、それなりに立派なことであり、同時に当時の我が国における一般的風潮だったかも知れない。だが、第一次大戦前後の創成期の中華民国を囲繞する現実――彼我の人口比、風土や民族性の違い、20世紀初頭の中国に対する欧米列強の思惑と複雑に絡む利害関係――からして、それが至難、いや我が国将来の足枷になることに、どうして当時の人々は思い至らなかったのだろうか。
「正に我が帝國の使命なるを思ふ也」とイキガルのもいい加減にすべきだ。常識的に考えてできもしない大言壮語は国を誤ることを、やはり肝に銘じておくべきではなかったか。

  途中、曲阜駅から孔子廟を目指す。どうやら道に迷ったらしく、「余等を載せた馬車は、早や青を抽く三寸の麥の上を漫々として行く」なり。
つまり稔りを待つ麦畑の上を走ったわけだ。それというのも「支那には正しき道路なし」。だから「皆麥田の上を度り行くなり」。そこで「往來の頻りに繁きところ自から蹊を成す」。自分の麦畑を道路代わりに踏み荒らされたら堪らないので、持ち主は「其處に深き溝を穿ち」て「路を拒ぎ止め」るのである。そこで車馬は別の麦畑の上を「漫々として行く」ことになる。かくて「葛天無懷の民の世は、遠く五千年の昔に在らずして今に在る也」と。5000年の昔も今も変わりないじゃないか、というのだろう。
魯迅は人の歩いた後が道になる口にしたが、はて、このことか。

  だが、「葛天無懷の民」と侮ってはいけない。急げと御者に命ずると、彼は後ろ手に差し出して「『大人、酒錢』と曰ふなりき」。ダメだと断ると、「鞭を棄てゝ煙草を薫らし、唯馬の歩むに任すなり」。サボタージュだ。
かくて「葛天無懷の民と思ひしに、狡猾甚だ憎むべき也」と。ナメンジャねえよ、といったところだろう。

 「葛天無懷の民」とナメて掛かると、トンだしっぺ返しを食らうのは必定。「這の憐むべき生靈を綏撫して、平靜の治下に置く」なんぞと、口が裂けても言ってはならなかった。

 曲阜の街に入れば、「『日本人來』『日本人來』、街を擧りて來り觀けん」。老若男女が次々に集まって来て遲塚を囲む。乞食は「余の行く手を遮りて兩掌を高く捧げつゝ錢を乞ふ」。そのうちに曰く因縁のありそうな土産物の売り子が集まる。
おそらく彼らからすれば、カモがネギを背負って、といったところだろう。これが「葛天無懷の民」の現実なのだ。

  聖地・泰山に登る。
宿坊の主人は「我を異邦の人と侮り」、バカ高い宿料を吹っ掛けただけでなく、茹卵子も倍の料金を要求して来た。「詐辯し、茶錢、炭錢、貪りて?くことを知らず」。そこで「余は怒りて其の不當を叱詰すれば、主人飽くまで頑囂に、大聲揚げて喚き立つ」。「町の有象無象ども何時しか庭に入り來り」、やんやヤンヤの掛け声を挙げて「主人聲援す」。憤懣やるかたない遲塚は口にした煙草の吸殻を主人の顔に投げつける。
すると「主人怒號して余が携へたる行李を奪ひ、金を出さずば還さじ」と息巻く。こと此処に至っては「多勢に無勢、敵すべからず、金をへて僅に此の重圍を脱したり」。情けない。

 「葛天無懷の民」に翻弄されながらの旅を終え、「秀麗なる富士の山を仰」ぎ、「泰山は支那の五岳の宗といふといへども、天下復た此の富士に優れる山のあらめやは」と。
「葛天無懷の民」を前にして「我が帝國の使命」は空しいばかり・・・噫嗟!

        ▽□◎ひ▽□◎い□▽◎ず□◇◎み▽□◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)明日6月14日から18日まで海外取材旅行のため小誌は休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)御近刊の『アメリカの「反日」は本気だ』(ビジネス社)を読了しての感想です。
 元来、世界地区を眺めていることが好きで、少年時代にみていた世界地図と現行のそれとを比べてみては、世界の支配的勢力の変遷について感慨にふけることがあります。しかし現在の地図を見ても、そこに表記されている新興の国々についての表徴は自前ではまずゼロに近いのです。
 そこで貴著を拝読して、にわかに具体的な映像が浮かんでまいりました。まさに目を開かれた思いです。
しかも貴著で展開されている世界像は、驚くほど新しい現実に充満しておりました。ただただ唖然として呆然とするばかりです。
 結論として、現在の日本における世界情勢について宮崎さんが指摘している通りの、頼りなさ。政治家たちに是非本書を熟読し勉強してもらいたいものです。
  (KK生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント)御感想ありがとうございます。静かに拙著は売れているようですが、中味が新鮮すぎて難しいのか、爆発的な反応はまだありません。



  ♪
(読者の声2)貴誌5722号のベトナムの記事ですが、「多くの外国企業がベトナム各地の工業特別区に進出している。その契約期間が29年間、伸びたからといって、取り立てての問題ではなく、この反中デモの本質は、ベトナム共産党の一党独裁への批判なのである」とありました。
  ベトナム人に確認したところ、宮崎先生のおっしゃる通りでした。中国共産党の横暴に抗議するために「反日」を借用した、2012年の反日デモと相似のようです。ただ、ここハノイでは実感はありません。
  (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)在日ベトナム人が6月10日に抗議デモを行い、300人が参加しています。また6月17日にも渋谷で予定されております。
http://viettan.sakura.ne.jp/?p=238



  ♪
(読者の声3)キツネとブタの化け試合だったトランプ・金正恩のシンガポール会談が一日中放映されすっかり食傷しました。
トランプはG7サミットで袋叩きにあい、America firstがAmerica aloneになりましたが、シンガポールでも格下の金正恩に判定負けとの感想です。
 ロケット小僧は超大国アメリカのボスと堂々と張り合った実績で箔がつきました。これからますます増長するでしょう。アメリカにコンプレクスを持つ韓国人は、北嫌いのものもこの点、ロケット小僧に喝采しています。
 安倍首相がトランプに懇願した「拉致問題」解決ははぐらかされました。そもそも安倍がだらしない。自力で解決しようとせず、アメリカに泣きつく。これでは金正恩からバカにされるのは当然です。
 宮崎さんが指摘するように「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊が駐屯している。
アメリカの保護領であるとの基本的事実を直視して、自存自立精神を回復することがなによりも急務です。
  (TW生、ソウル)



  ♪
(読者の声4)平成30年7月29日(日)午後4時。「通州事件慰霊祭」を靖国神社にて開催いたします。どうぞご参加くださいませ。
 午後4時から昇殿参拝を行います。靖国神社参集殿の2階に控室を用意しました。少し余裕をもってお出かけ下さい。
【参加費】は千円です。
主催  通州事件アーカイブス設立基金
http://tsushu.sakura.ne.jp/archives/162
   (三浦生)



   ♪
(読者の声5)宮崎先生のことを「白皙の奇人・犀利なジャ−ナリスト」などと評される方が居られますが、白皙の奇人評は論外として、犀利なジャ−ナリストという評価も今一つ物足りなさを感じていました。
 ところが西部邁氏が、「私のみるに、氏は『思想家』なのである」との言(対談『アクティブ・ニヒリズムを超えて、文藝社文庫)を読んで、そうだ、宮崎正弘先生は犀利で偉大な日本の「思想家」だと、ようやく腑に落ちました。
宮崎先生はハ−ド・スケジュ−ルで活動しておられますが、無理は禁物です。呉々も健康管理には気を使ってください。
   (TK生、佐賀)
      ●○●◎●○●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにある
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (AMAZONから購入は上記サイト。定価1404円)
        ◇◎○△◇ □△◇○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
*******************************
 Amazonで購入できます。 発売中!  定価778円 
https://www.amazon.co.jp/dp/4286199231/

 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有。とりわけ二人が合点したのは自存自立の精神の回復だった。
西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。
「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言っている。「安保反対」も「全学連委員長」も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
八年前の対談ですが、内容的に時粧が色褪せておらず、文庫になりました!
          ○○○○○ ○○○○○ ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
七月刊予告『習近平の死角』(育鵬社、予価1512円)
           (六月下旬から予約募集を開始します)
■絶賛発売中!!
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)明日6月14日から18日まで海外取材旅行のため休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • かぶきもの同士2018/06/13

    顔見世興行に一喜一憂

  • 名無しさん2018/06/13

    藤井厳喜+井上和彦、国会議員の国籍情報公開すべきでは!2重国籍議員は?!を解説!

    http://ken-ch.vqpv.biz/no/20752.html

    テロ朝女性56%が社内でセクハラ被害・朝日新聞セクハラ事件・毎日新聞女性78%がセクハラ被害

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7110.html

    石橋学記者と4秒間の謎?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53283442.html

    研究: 癌細胞 はカンナビス(大麻 、マリファナ )に触れると自殺する

    http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180608.pdf

    日土小学校

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E5%9C%9F%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwizo9TJjs3bAhXCmpQKHTYXDq8Q_AUICygC&biw=853&bih=413&dpr=2.25

    美少女

    http://livedoor.blogimg.jp/brow2ing/imgs/4/5/456729e6.jpg

    横田めぐみさんの小学校時代の作文

    https://blog.goo.ne.jp/blue-jewel-7/e/1d0de487fe8b9867c3b33cc919f362e7

    宇佐神宮 世襲家権宮司を解雇 

    http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4684191.html



    https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%AD%97

    日本はベトナム戦争の枯れ葉剤の大幅規制緩和へ?

    http://blog.rederio.jp/archives/3602

    吉川洋・吉川節子の仕事場

    http://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/103035.html

  • 名無しさん2018/06/13

    本文最後の『パンダ』の件、全くその通りで中国の思惑に乗ってしまっている「パンダファン」、本当に困ったものです。

  • 名無しさん2018/06/13

    武建一の世界観 反米・親共和国(北朝鮮)・反安倍政権

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53283379.html

    「強制連行の主犯は朝鮮人売春業者だぜ!」

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

    どんたく日弁連会長声明

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/06/10/2556-%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%9f%e3%81%8f%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a3%e4%bc%9a%e9%95%b7%e5%a3%b0%e6%98%8e/

    江戸時代の方が今よりずっと豊かやった?今こそ地方に投資せんかいや。 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

    穴井伸久の解任騒動!宇佐神宮には到津克子が返り咲くか? 

    http://info-watch.net/2407.html

  • 名無しさん2018/06/13

    2013年、BRICSの拡大と歩みをそろえる形で、中国主導による国際開発金融機関のAIIB(アジアインフラ投資銀行)が発足した。その後、参加国を増やし、2017年にはアメリカ支配下のADB(アジア開発銀行)を上回るようになった。



     そうして、アメリカ大手格付け機関であるムーディーズ・インベスターズ・サービスから、統治の仕組みがしっかりと評価され、最上級の格付け「トリプルA」を取得するまでに成長している。



     AIIBの中心的な目的は、習近平総書記によって提唱された、中国を中心とする経済圏構想「一帯一路」の金融面でのバックアップである。



     BRICSでは「政治」、AIIBでは「金融」、そして一帯一路では「通商」において、ドル(アメリカ)を排除する大きな流れが生まれた。



     欧米勢力が経済的にアジアを凌駕していた時代はすでに終わっている。



     実際の経済力を直に反映する購買力平価(モノの値段を基準にした通貨の交換比率)をベースに算出したGDPで見ると、アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、日本を合わせても世界全体の40%に満たない。しかし、AIIB加盟国のGDPをトータルすると80%近くを占める。



    世界経済の中心は、すでに欧米からアジアへとシフトしている。このような流れを受けて、2016年10月1日、IMF(国際通貨基準)は、人民元を特別引き出し権(SDR)構成通貨と認定した。すでにSDRに採用されていたドル、ユーロ、円、ポンドと並び人民元も国際通貨に認められたのだ。欧米側も人民元の力を無視できなくなった。



     中国の目標は、人民元をAIIB管轄エリアの基軸通貨にすることである。その先に、人民元を世界の基軸通貨にする未来を描いている。中国は、その世界基軸通貨・人民元への大きな一歩を踏み出した。2018年3月26日、「人民元建ての原油先物の上場」が開始されたのだ。



     「中国は、人民元建ての原油先物を3月26日に上場する。中国証券監督管理委員会(証監会)が9日に発表した。中国は米国を上回る世界最大の原油輸入国で、自国の需要動向を国際価格に反映させることを目指す。中国の先物市場として初めて外国人の参加も認める。・・・米エネルギー情報局(EIA)などによると、中国の2017年の原油輸入量は日量840万バレルで、790万バレルの米国を初めて上回った。中国は、最大の輸入国になったのに、欧米主導で国際価格が決まることに強い不満を抱いてきた。原油先物を自国に上場することで既存の価格形成の在り方に一石を投じる」(「日本経済新聞」インターネット版 2018年2月9日付)



     香港や上海の取引所では金と交換することも可能である。すでにベネズエラやイラン、ロシアなど、多くの産油国が「金本位制の人民元建て原油先物取引」に応じる方向で動いている。今後、石油ドル体制を支えてきたサウジアラビアをはじめとする湾岸協力会議(GCC)加盟国が追随すれば、国際基軸通貨が「石油本位制の米ドル」から「金本位制の中国人民元」へと置き換わるのも時間の問題である。