国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ベトナム全土で反中国デモ、「中国にベトナムの国土を売り渡すな」

2018/06/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月11日(月曜日)
         通巻第5722号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ベトナム全土で反中国デモ、「中国にベトナムの国土を売り渡すな」
  ベトナム共産党への批判か。当局が異様な警戒
****************************************

 6月10日は世界のメディアがシンガポールに釘付けだった。
 予測したように、金正恩は中国の飛行機を借りて、シンガポールへやって来た。北朝鮮のエアフォースワンは、せいぜいが北京までしか安全に飛べないからだ。習近平が、何かを交換条件に、特別機を貸し出したのだ。

 シンガポール観光の目玉マーライオンの前ではトランプと金正恩のそっくりさんが、多彩なパフォーマンスを演じて、カメラが集中した。

 当日、ベトナム全土で反中国抗議デモが行われ、当局の必死の封じ込めにも拘わらず、多くが参加した。
 パリと東京でも、ベトナムの民主化を求める抗議集会とデモが行われた。
デモ隊の封じ込めが出来たのは首都のハノイだけだった。

 中国批判は2014年に暴動となった。
こんかいのデモも、表向きのスローガンは「外国企業へ経済特区に限って99年のリースを認めると言うことは、中国にベトナムの国土を売り渡すと同義語だ」というもの。

ベトナム国会でも反対が多く、決議は秋に持ち越されたが、現行法では外国企業への土地貸与が70年間は認められている。
多くの外国企業がベトナム各地の工業特別区に進出している。それが29年伸びたからといって、取り立てての問題ではなく、この反中デモの本質は、ベトナム共産党の一党独裁への批判なのである。
       ▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)6月14日から18日まで海外取材旅行のため小誌は休刊です。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号にモン族の悲劇がのべられていましたので、ラオスのルアンプラバンのモン族について。
 ラオスのルアンパバンはメコン川の合流地点に位置し、今はわかりませんが、昔はNHKワールド(国外向けTV局)で「アジア最後の秘境」という謳い文句の下にCMや特集が組まれていました。
ところが、実際にルアンパバンを旅行してみると、謳い文句の「アジア最後の秘境」とはちがって、完全に「商業化された街」だったことに驚きました。例えば、ほとんどすべての寺院は見学料を取ります。
一ドルや二ドルでしたが、10個も見学すれば10ドルで嫌になってきます。私はタイのチェンマイやチェンライでお寺に入場料をとるなんて決してありえないことを知っていたため、商業主義がとても目につき、いやになりました。
チェンマイの寺院とルアンプラバンの寺院は同じなんですもん(両者ともラナ様式)。一般物価は非常に高く、狭いルアンパバン市内だけ突出した「観光客向けテーマパーク」という印象です。
またところどころには、国連のなんとかかんたらという表示がでています。「最後の秘境」でもなんでもなく、「国連の手が入った街」でした。
寺院の拝観料で思い出すのは、タイの例外として、バンコクのエメラルド寺院は外国人に1700円位の入場料を課しています。なお、タイ人は無料です(二度と行っていません)。
タイの寺院のおすすめは北タイ・チェンマイのドイステープで拝観料無料です。ドイステープはエメラルド仏が一時的に置かれていたこともある寺院です。ミャンマー・ヤンゴンのシュエダゴンパゴダも外人から拝観料をとりますが、エメラルド寺院の半分以下だったと記憶しています。
話をルアンパバンに戻して、ナイトマーケットでモノを売っている人達はすべてモン族でした。また宿泊したゲストハウスもモン族経営で「銀行融資でGHを建てた」といっていました。銀行融資って事実上のモン族への補助金ではないでしょうか。
どこの銀行から融資を受けているのかはわかりませんが、差別というよりも逆に「モン族はとても優遇されているなぁ」という印象を受けました。
国連の「虚偽広告」や銀行融資の背後には「アメリカの力」があるのかもと想像しました。
またルアンプラバンへ行くには、ビエンチャン(エメラルド仏が置かれたこともある)からバスでバンビエン(ベトナム戦争時に基地、現在は大麻観光客多し)を通って行けます。
10時間位か。昔はゲリラが出没する地帯でしたが、今は大丈夫。飛行機は私が旅行したときはラオ航空だけで、運賃がとても高かったのが印象に残っています。
  (R生、ハノイ)


(宮崎正弘のコメント)ルアンパパンは小生も十数年前に行きましたが、貴見と同様な印象ですし、最近行ってきた人の話によれば、ホテルは異様に高い由です。
 チェンマイの当該寺院はもちろん拝観しましたが、チャイナタウンはバンコクと比べてこじんまりと纏まっているという印象を受けました。
 チェンマイはバックパッカーの穴場のようで、安ホテルに長期滞在が目立つこと、また喫茶店とラーメン屋が多いですね。



  ♪
(読者の声2)石巻の時、中国軍は現場でつぶさに記録していました。指揮命令系統は完全に分析されているでしょう。
どこをつぶせばいいのか・・。避難所巡回訪問に新聞配達やお弁当の配布、部隊ごとの展開が観察されていました。
 諸先輩の方々のコメント見ておりますと、歴史や宗教問題も重要でしょうが、現場は今そこにある危機にどう対処すべきかです。
我々は、陛下のお言葉を現場で聞いて死んでもやると決めました。どこかの総理や官房長官談話ではありません。上海事変も朝鮮戦争も台湾海峡封鎖も、日本国の国家存亡の危機に値します。
【できていないこと)】行動理念 機動・先制・集中 行動規範 確認・修正・実施 たった三つのお約束も満足にできていません。後期高齢者の方々はマニュアル運転する人だけ免許許可。クラッチ踏めない、バックギア入れられない・後方確認できない、パワステでないとハンドル回せない。
どおですかね 事故率大幅に削減できます。備えよ、常に。
(つけめんだいおう)



  ♪
(読者の声3)アメリカ関係の原文テキストの御案内です。
 6月7日、安倍総理大臣はワシントンを訪れ、トランプ大統領と首脳会談を行いました。 
 会談後の共同記者会見 
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-president-trump-prime-minister-abe-japan-joint-press-conference-2/
 ポンペオ国務長官によるプレスブリーフィング 
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/press-briefing-secretary-state-mike-pompeo-060718/
 以上です。



  ♪
(読者の声4)元駐日イスラエル大使エリ・コーヘン氏『神国日本』(ハート出版)について語る。6月21日(木)憲政記念館にて
 エリ・コーヘン氏は、『神国日本』をどのように理解し、そしてどのように評価しているのでしょうか?エリ・コーヘン氏は元駐日イスラエル大使でありますが、日本の歴史・文化に対する造詣が深いばかりでなく、武道の達人でもあります。空手は松濤館流の最高位段を有し、居合は5段です。イスラエルに、空手道場を持っています。
 また、コーヘンという姓は、イスラエルで祭祀を司る家系ということですが、エリ・エリヤフ・コーヘン氏は当然のことながらユダヤ教義に深い造詣をお持ちです。
 コーへン氏の講演に続き、葛城奈海氏との対談、さらに二宮連合会各派会長との討論会も行われることになっています。
 概要は下記のとおりです。

とき   6月21日(木) 17時30分開演
ところ  憲政記念館 講堂
基調講演 エリ・コーヘン
     対談:エリ・コーヘン 葛城奈海
    いもこじ討論会:二宮報徳連合会各派会長
会費   1000円
主催   二宮報徳学園(理事長 藤田裕行)、宮報徳連合
後援   史実を世界に発信する会、新しい歴史教科書をつくる会、美味し国
     日本を知る会 英霊を守り顕彰する会ほか。
詳しくはこちらを! http://www.sdh-fact.com/CL/0621.pdf

      ●○●━ ━ ━●○●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   宮崎正弘の最新刊    ◎◎ 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社) ◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにある
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (AMAZONから購入は上記サイト。定価1404円)
       ◇◎○△◇ □△◇○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
 ********************************
 Amazonで購入できます。 発売中!  定価778円 
https://www.amazon.co.jp/dp/4286199231/

 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有。とりわけ二人が合点したのは自存自立の精神の回復だった。
西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。
「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言っている。「安保反対」も「全学連委員長」も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
八年前の対談ですが、内容的に時粧が色褪せておらず、文庫になりました!
          ○○○○○ ○○○○○ ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
七月刊予告『習近平の死角』(育鵬社、予価1512円)
           (六月下旬から予約募集を開始します)
■絶賛発売中!!
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ―日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)6月14日から18日まで海外取材旅行のため休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/12

    トランプは金正恩に騙され、日本はVX弾頭ノドン脅威が百倍・万倍に急騰する米朝会談

    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/06/09/135947

    拉致被害者全員奪還!北朝鮮はアメリカが支配ww 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-300.html

    新潟知事選

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/06/11/2559-%e6%96%b0%e6%bd%9f%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e9%81%b8/

    【書評】拉致を「密出国」と報じる朝日新聞は今も死んでいる…櫻井よしこが読む『メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道』

    http://kimsoku.com/archives/9851436.html

    清楚

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E7%99%BD%E3%81%84%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9&chips=q:%E7%99%BD%E3%81%84+%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96+%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9,online_chips:%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9&sa=X&ved=0ahUKEwie_vODmMvbAhWDf7wKHVNqCLMQ4lYIJigA&biw=853&bih=413&dpr=2.25

    【悲報】信じられないブラック企業、日本に現る

    http://himasoku.com/archives/51922171.html

    俺「このロードバイクは俺のです」女「私のよ!」警察「う?ん…」俺「じゃあ乗ってみろよ」女「えっ」→結果wwww

    http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/53636678.html

    新幹線などの座席シートはいざという時に外せる 

    https://twitter.com/i/moments/1005586155079733248

    【漫画でわかる】左翼の政治活動、動員の実態  自治労による日当疑惑(証拠付き)

    https://samurai20.jp/2018/06/m-demo-2/

    本能寺の変:通説の創作者は秀吉!

    https://blog.goo.ne.jp/akechikenzaburotekisekai/e/a3e86f62049f614bd2c656abe7b7ba16

  • 名無しさん2018/06/11

    マレーシア航空機墜落の謎

    ・隠れた内戦の一環にマレーシア370便事件がある。

    ・マレーシア航空が真相を発表する。

    ・中国が半導体技術を手に入れたい。85%を輸入している。

    ・米半導体大手フリースケール・セミコンダクターの技術者が中国へ行く予定であった。

    ・米軍基地のディエゴ・ガルシアへ送られた。

    ・370便はイスラエルのテルアビブ→フロリダ(核を搭載して)→蘭の核サミットに飛ばされた(蘭に発見され失敗)→17便に変えられてれてウクライナに飛ばされ撃墜されて→ロシアと紛争の工作に使われた

    ・この工作の首謀者たちは大手マスコミのトップやトランプ政権攻撃者であるので、これらの人たちの引きずり落としにつながる。

    ・この人たちは311、911にもかかわった人たちである。

    ・トランプが貿易赤字について頑張っているが、基本の枠組みに問題があり、世界の金融仕組みを変えることになりそうである。

    ・米国が米ドルを使わなくするしか手はない。



    ・金塊がないので仮想通貨に走ろうとしている。

    ・イタリアの反ユーロ政権誕生がユーロを揺るがす。





  • 名無しさん2018/06/11

    ベトナム全土で反中国デモ、「中国にベトナムの国土を売り渡すな」 ベトナム共産党への批判か。当局が異様な警戒←素晴らしい情報ありがとうございます。

  • 名無しさん2018/06/11

    英団体「ライダイハンのための正義」韓国兵の性暴行追及へ・米議会議事堂での慰安婦像計画に合わせ

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7106.html

    除鮮(じょせん)はマスコミから

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12130512149.html

    在日特権の醜い実体

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-338.html

    女性宮家に反対80%「よるバズ」視聴者アンケ

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6686.html

    日本式の礼節は韓国人には通じない

    http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-1183.html

    【これは酷い】日韓ワールドカップ2002で韓国がやらかした事まとめ【サッカー】 会場で「FUCK YOU JAPAN」の巨大な人文字画像…ドイツ選手にも「ヒトラーの息子は帰れ!」 イタリア選手には「北朝鮮に負けた1966年の再現を!」 さらに、絶頂期のジダンを悪質ファールで破壊…やりたい放題の韓国に世界中がブチ切れ 

    http://www.news-us.jp/article/373888418.html

    ライダイハン、韓国人が触れてほしくない過去。

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-301.html

  • 名無しさん2018/06/11

    アメリカが「金本位制ドル」から「石油本位制ドル」へ切り替えた後の動きは、リアルタイムのニュースで見聞きしてきた世代の方も多い。



     ドルの価格が下がりそうになると、ナチス派ハザールマフィアの私兵たちが暗躍して、産油国が集中する中東で内戦を起こし、原油価格を高騰させる。世界の治安維持を名目にアメリカ軍が出動して戦争を起こす。軍事力によって圧倒した後、産油国の内政に干渉する。これが「中東戦争」である。



     産油国を支配する目的は原油価格のコントロールと、原油流通ルートの寡占である。金は歴史的に価格も安定しており、保有をしていればよいが、石油は値動きがある上に消費物である。ドルの価値を管理するのも、手間がかかるようになった。



     裏で産油国支配の指揮をしたのは、エネルギー資源マフィアのロックフェラー一族である。デイヴィッド・ロックフェラーは、第1次オイルショックが起きた1973年に日米欧三極委員会を発足させて、産油国包囲網を敷いていく。ロックフェラー一族と連携して、世界でテロや戦争を引き起こしていったのはナチス派ハザールマフィアのブッシュ一族である。



     このような手管でニクソンショックで打撃を受けていたドルの価値を何とか回復させた後、石油ドル体制をテロと戦争の「自転車操業」で継続させていく。



     しかし、1980年代に入り、アメリカ経済はさらに混迷していく。インフレ抑制のための高金利政策によりドル高となり、アメリカでは輸出が伸びず貿易赤字が膨らんでいく。貿易赤字と財政赤字の「双子の赤字」である。この苦しい赤字を乗り切るために何をしたかと言うと、国債を発行してドルを刷り続けたのだ。結果、米国債の債務残高は急上昇していき、ついにはアメリカ政府の存続を脅かすレベルに到達した。この時、深刻な債務状況の打開策として目を付けたのが、アメリカの奴隷国家・日本である。



     当時の先進国=G5(アメリカ、イギリス、フランス、西ドイツ、日本)を集め、アメリカは国際貿易で「対外不均衡」の被害を受けていると難癖をつけて、「協調的な」ドル安路線を図る合意を取り付けた。いわゆる1985年の「プラザ合意」である。アメリカ国内の高金利政策を続けながら、ドル高だけを押さえて貿易赤字を改善しようという離れ業である。



     プラザ合意の標的となったのが、対米貿易黒字が膨らんでいた日本である。強制的に円高に転換された日本は、輸出企業を破綻から守るために低金利政策を余儀なくされた。そして、株や土地へと資金流動が起こり、「バブル」が引き起こされたのである。



     そして、ハザールマフィアはドル安体制の中で各国のドルを買い戻して、目論見通りドルの破綻を回避したのである。その目的が達成されると、「BIS規制」により日本の金融機関や企業の海外展開に規制をかけて、バブルを崩壊させた。さらに、行きがけの駄賃とばかりに、軒並み破綻していく日本の金融機関や企業を、ハザールマフィアの下部組織であるハゲタカファンドが買い叩く。日本がその後、「失われた20年…30年・・・」を続けているのは、御存知のとおりである。



     その後、ハザールマフィアは、円に加えてドルを支える通貨=ユーロを作り出すため、1993年にEU(欧州連合)を発足させる。西へ東へ餌食を探して荒れ狂う、手負いの猛獣である。