国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み <「中国はアメリカに追いつき、追い越しつつある」(ペンタゴン報告)

2018/06/08

▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)6月8日(金曜日)
         通巻第5720号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

AI兵器開発、ドローン攻撃機、ステルス戦闘機の開発競争で衝撃
  「中国はアメリカに追いつき、追い越しつつある」(ペンタゴン報告)
****************************************

 将棋の名人達がつぎつぎとAIに負けている。パターン認識において、AIは疲れを知らず、健忘症もない。だから人間を超えることが出来るのだ。

 このAIとビッグデータ技術を重ね合わせ、次世代兵器開発に血道を上げるのは、いうまでのないが、中国人民解放軍である。
昨秋11月、広東の「国際見本市」で展示されたCH5偵察機、ならびに無人攻撃機ドローンは、関係者の度肝を抜くに十分なハイテク兵器の新型だった。しかも中国製なのである。

 五月初頭、習近平は人民解放軍を統括する中央軍事委員会において、兵器開発の責任者であるエンジニア畑の幹部らを招き、秘密の会合を開催した(アジアタイムズ、5月30日。ビル・ガーツ記者=ちなみにガーツは安全保障関係のすっぱ抜きで有名なジャーナリストで前ワシントンタイムズの辣腕記者)。

 習近平と握手を交わしたのはリー・ディイ(音訳不明)中将らで、とくにリーはAI兵器開発部門の責任者とされる。この軍事委員会での会合は殆ど注目されなかったが、観察を続けてきたペンタゴンは「異様なスピードで中国のAI兵器開発は飛躍的進歩を遂げている」と総括した。

 AI、ビッグデータ、クラウドの開発に一貫した戦略的な整合性をもたせ、無人攻撃機や戦車の無人化、ロボット兵士などの開発を急げと習近平は二年前に軍に発破をかけていた。

 この軍事委員会では、劉国治・少将が「AI兵器が近い将来、戦争のかたちを大きく変革するだろう」として、軍の科学技術部門を統括する。

 楊衛(成都軍事アカデミー)はステルス戦闘機(J20)開発の責任者だった。
楊衛は「AI搭載の戦闘機は空中戦での優位を確保することになるだろう」と昨秋の兵器展示会で演説したという。
また深海を遊弋する無人の潜水艦にも攻撃力をもたせる技術の開発に余念がない。


 ▲アメリカの優位性は崩れ始めている

 すでにサイバー戦争においてアメリカの軍ネットワークも中国のハッカー部隊の攻撃を受けているように、「将来、中国の巡航ミサイルにAIを搭載した新型は(巡航中も)リアルタイムで地図や速度などを判断し、目的を瞬時に変更したり出来るスグレモノになる」(中国軍兵器デザイナーの王長慶)

 ペンタゴンの専門家は口を揃えて、「AI技術によるインテリジェンスの優位が中国側に確保されれば、ほかの如何なる分野で(アメリカが)優位性を保とうとも忽ちにして軍事的意味を失う」と中国軍の異様な開発加速の現実を脅威視している。

 敵のモラルを分裂させ、士気を喪失させるのは第一撃でインテリジェンスの優位を破壊することであり、電子戦争の第五世代ではベテラン兵士よりAI兵器が優れた機能を持ち、敵のデータベース破壊、通信網の寸断などで、敵の指揮系統をずたずたに出来れば、戦争はどちらの勝利となるか、火を見るよりも明らかだろう。

 マティス国防長官は「こうした中国の開発状況を精密に分析し、これからの米軍は、優先的に、この方面の準備を急がなければ、優位性が脅かされる」と二月の演説で警告している。

 なぜ、アメリカの優位がいとも簡単に喪失したのかと言えば、シリコンバレーの私企業が、開発費用を掛けすぎて、新興のベンチャーキャピタルに依存し、そのベンチャーキャピタルが、面妖な株主、多くは香港の実業家を詐って、じつは中国軍の関係者であることによる。

 すでに対米外交投資委員会(USFIC)の調査によれば、2013年から2015年の外国からの投資物件387件のうちの、74件が中国からだった。全体2割である。


 ▲「ハイテクを無造作に売り渡す行為を、中国はバカかと嘲笑しているに違いない」

 典型例はデラウエア州裁判所に会社更生法で訴えたシリコンバレーの「Atop テクノロジー社」のケースだった。裁判の過程で、同社の買収に乗り込んできたのは「アバター・インタグレィテッド・システム」というわけの分からないファンド系企業、株主を調べると香港に登録されていた。

 私企業のベンチャーは、連邦政府との契約関係がないため、裁判所の段階で明るみにでるケースが多い。連邦政府や軍との契約がないからだ。

  「バラ園に侵入してきたブルドーザーのようだ」と譬喩するのはクリス・ニコルソン(シリコンバレーでAI開発企業を創業した一人)は言う。(サウスチャイナモーニングポスト、5月22日)

 「ハイテクを無造作に売り渡す行為を、中国はバカかと嘲笑しているに違いない」と、議会で最も対中強硬派のシューマー上院議員が言う。
 この言葉でレーニンの譬喩を思い出した。「やつらは自分を吊すロープを売り渡している」とレーニンは西側の対ソ武器援助を嗤いながら受け取った。

 「中国ば米国のハイテク企業買収を『投資の武器化』を目指して行っている」との譬喩は上院共和党院内総務のジョン・コ−ミャン(テキサツ州)である。

 アメリカの対中警戒は本物なのである。

        ▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)地方取材のため、明日(9日)と明後日(10日)は休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
            \\ 宮崎正弘の最新刊 //
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ◎◎◎ 『アメリカの反中は本気だ』(ビジネス社) ◎◎◎
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
  ♪♪♪
宮崎正弘『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 ――アジア市場争奪の深刻な米中貿易戦争が始まった
――南シナ海は「中国の海」となり、「一帯一路」はアジア諸国への間侵略ではないのか?
――AIIBは「阿漕な高利貸し」。親米だった国のなかには中国シフトが鮮明に。
――インドは反中に米国とともに立ち上がったが、日本はどうするのか?
――トランプは歴史的な同盟の組み替えを行っている。TPP離脱、NAFTA見直し、パリ協定離脱、イラン核合意離脱。なにもかも、そのグランドデザインは、中国を同盟国から敵国への認定替えにある
 ――現況を世界史的視点から見ると世界とアジアの近未来はこのように見えてくる
 https://www.amazon.co.jp/dp/4828420320/
 (AMAZONから購入は上記サイト。定価1404円)
       ◇◎○△◇ □△◇○□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 平泉へ讃岐へ、そして吉野・熊野と、西行の旅は荒修行だった
  歌聖は乱世の虚無に果敢に立ち向かい、花と月とをうたいあげた

  ♪
松本徹『西行 わが心の行方』(鳥影社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

 数年前だったが、大阪で石平氏と二日がかりの対談を終え、昼飯のあとに連れだって河内長野へ出向いた。楠木正成の千早城跡、赤坂などを見て回り、石氏が雇ったタクシーで山を下りると小さな集落があった。
緑の木立に四方を囲まれているため、地元のタクシーも正確な道筋を知らなかった。ここに西行終焉の地とされる弘川寺がある。西行は「廣川の里」と読んだ場所だ。

本書を読みながら、そのときに見学した記憶が甦った。
 緑濃い廣川の里、松本徹氏はこう描写する。
「石段はその門の前を過ぎ、広壮な建物の瓦屋根よりも高い位置の、簡素な門へと導かれる。潜り入ると、左手が本堂であった。(中略)密教寺院として法具を並べた檀が据えられ、奧には等身より小ぶりな薬師座像が安置されている」(344p)
 「西行堂」は、その裏山へ登る場所にあって、「生い茂る楠の陰に茅葺の小さな建物」である。お墓と伝えられる土盛りがあって、それが、どうやら西行の墳墓らしい。

西行といえば、誰もが知っている歌は、

願わくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ

 著者の松本氏は西行が営んだ庵を訪ね歩いた。23歳の若さで出家して、その生涯を河内で閉じた73年の長い生涯のうちに、西行は平泉から讃岐まで、とりわけ高野山、吉野、伊勢、富士の裾野、鷺立沢と荒修行を兼ねた旅を続け、その先々でも歌を詠んだ。
 旅の目的は荒修行にこそあった。最初から歌詠みではなかった。その人が「歌僧」というよりも「歌聖」となって、日本文学史に輝かしい業績を残し、勅撰和歌集、新古今集に多くが残る。
 平安時代からの「大規模な逸脱が、平安王朝そのものを掘り崩す方向へと突き進み、一時代の夕映えを華麗に繰り広げつつあった」というのが乱世、この「大きな渦のただ中を、独自な姿勢を貫いて生きたのが西行であった」と松本氏は言う。
 そして西行は「武芸に秀でているだけではなく、凛々しくも美々しい衣装に身を包み、貴人の警護に当たれば、盛大な儀式の進行を実質的に司り、官位は低いが、都人の注目を集める存在であった」(9p)。 
 松本氏は西行の旅した道程を追った。旅の連載は六年以上に及んだ。

 西行はたんに漂泊の歌人ではなく、鳥羽院の北面の武士だったのである。
 朝廷に近く、苛烈かつ陰湿な政争をかいくぐり、保元・平治の乱に巻き込まれ、世の無常を体験し、そのうえ、平清盛、源頼朝と渡り合う政治力を発揮し、人徳があったので、数々の寺の再建資金を集め、その交遊は広く、乱世を矍鑠と生き抜いた稀有の歌詠みであった。
 その基底には多くの恋愛も含まれていて、それが作歌のモチベーションとなった。
 松本氏は西行ゆかりの庵、寺、場所を次々と尋ね歩きながらも、「在ったはずのそれらすべてが実体を失って透明になり、わたし自身、光りになってそれらを通り抜けて行く。。。。と思う。九百年近くの年月が経過した後、再びその時点に立ち戻ろうと思いつつ現地を歩いていると、時間や空間意識が捩(よじ)れて、こういう感覚が生まれる」(23p)

西行は崇徳院が流された讃岐へ向かう。
孤独と寂寥の極にあって、「もろもろの存在の根底を貫く『あはれ』に触れたとの思いを覚えたのであろう。それぞれが個として個別に在りながら、時に出会い、ともに過ごし、また別れて行く、そこにこそ、『命』が端的に働いている」
西行は「浄土教の厭世観、虚無感をふつきれずに、密教に近付いたが、ここではつきり脱却したと思われる」(262p)というのが、西行の数々の現場を踏んだ松本氏の、現場感覚である。
かくして平泉へ讃岐へ、そして吉野へ熊野へと西行の旅は荒修行が主だったこと、この不世出の歌聖は、乱世の虚無に果敢に立ち向かい、花と月とを見事に謳いあげた。
夜を徹して本書を読み終えたが、感動の余韻が脳裏に残る。
      ○○ ○○○○○ ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎さんが『エルネオス』の今月号に書かれた「カリーニングラード旅日記」を面白く拝読しました。とくにカントの墓には献花が絶えないという箇所には感動しました。
イメニエル・カントが実際にあそこに生きていたという事実が、我々には分かり難いのですが、生存のrealityは意外に難解です。西田幾多郎と実存問答をカントとにさせたかったのです。そういうリアリティです。
 パレスチナでもそうでして、あそこに神様が出たというのが面白いのです。何であんな不毛の土地で殺し合うのか?
昔、我々の先祖が、切支丹バテレンを追い出して呉れたから、我々は、たとえばパレスチナに興味を抱かないのですが、危ないところでした。
若しキリスト教が日本に入っておれば、中近東がもっと身近に感じられていたことでしょう。それが恐ろしいし、忌まわしいのです。
我々には古事記、日本書紀があり、あんな野蛮な場所に自己を位置づけなくとも良い訳で、日本人であることは有難いことです。
 さてカント先生は、生涯故郷を離れなかったそうですが、若しパレスチナや中近東を旅行でもしておれば、どんな感想を得たでしょうか?
カントは70歳でフランス革命に遭遇しています。
人並みに興奮した模様です。ただ王様を殺したりする段になると、批判的にはなります。
話は飛びますが。ドイツ映画の「ブリキの太鼓」で、ソ連兵がケーニヒスベルクに雪崩れ込む場面があり、そのシーンで朝鮮兵がソ連兵に交じっているのを知り、驚いたことがあります。
それは満州辺りの朝鮮族を中に取り込んでいたのですね。奇妙な感じでした。
   (YK生、愛知県知立市)


(宮崎正弘のコメント)スターリンの強制移動で、朝鮮族はウズベキスタン、カザフスタンに移住させられました。また毛沢東は、これに倣い満族を、革命後、新彊ウィグル自治区などへ追いやりました。
        ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ■宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘vs西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)
 ********************************
 Amazonで購入できます。 発売中!  定価778円 
https://www.amazon.co.jp/dp/4286199231/

 「主権国家」であるはずの日本に外国の軍隊があり、事実上、アメリカの保護領であるという基本的認識を共有。とりわけ二人が合点したのは自存自立の精神の回復だった。
西部氏が盛んに「アクティブ・ニヒリズム」に言及し、また三島由紀夫論の精髄を語り、アンドレ・マルローへの憧れを語った。
「アクティブ・ニヒリズム」を西部氏は「ひたすら何かのアクションへ自分を駆り立ててしまえという衝動」と言っている。「安保反対」も「全学連委員長」も、西部氏の中ではチャレンジであり、保守への目覚めも「転向」ではなく「天性」のものだった。
八年前の対談ですが、内容的に時粧が色褪せておらず、文庫になりました!
          ○○○○○ ○○○○○ ○○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼宮崎正弘の新刊   http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
<宮崎正弘の書き下ろし単行本>
+++++++++++++++
『アメリカの「反中」は本気だ』(ビジネス社、1404円)
『米国衰退、中国膨張。かくも長き日本の不在』(海竜社、1296円) 
『AIが文明を衰滅させる  〜ガラパゴスで考えた人工知能の未来』(文藝社、1404円) 
『習近平の独裁強化で、世界から徹底的に排除され始めた中国』(徳間書店、1080円) 
『連鎖地獄―日本を買い占め、世界と衝突し、自滅する中国!』(ビジネス社、1188円)
『西郷隆盛 ――日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1620円) 
『金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる』(育鵬社、1512円)
『米国混迷の隙に覇権を狙う中国は必ず滅ぼされる』(徳間書店。1080円)
『日本が全体主義に陥る日  旧ソ連圏30ヵ国の真実』(ビジネス社、1728円)
『吉田松陰が復活する』(並木書房、1620円)

♪♪
<宮崎正弘の対談・鼎談シリーズ> 
++++++++++++++++
宮崎正弘 v 西部邁『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫、778円)
宮崎正弘 v 福島香織『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 福島香織『暴走する中国が世界を終わらせる』(ビジネス社、1188円) 
宮崎正弘 v 河添恵子『中国、中国人の品性』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹『激動の日本近現代史 1852−1941』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 藤井厳喜『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』(海竜社) 
宮崎正弘 v 高山正之『日本に外交はなかった』(自由社、1080円)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 宮脇淳子『中国壊死』(ビジネス社、1188円)
宮崎正弘 v 小川榮太郎『保守の原点』(海竜社。1620円) 
宮崎正弘 v 室谷克実『赤化統一で消滅する韓国、連鎖制裁で瓦解する中国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『悪あがきを繰り返し突然死の危機に陥る中国と韓国』(徳間書店)
宮崎正弘 v 室谷克実『日本に惨敗しついに終わる中国と韓国』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 室谷克実『仲良く自滅する中国と韓国』(徳間書店、以上4つは1080円) 
宮崎正弘 v 石平『いよいよ、トランプが習近平を退治する!』(ワック、994円)
宮崎正弘 v 石平『私たちの予測した通りいよいよ自壊する中国』(ワック、994円) 
宮崎正弘 v 渡邉哲也『世界大地殻変動でどうなる日本経済』(ビジネス社、1404円)
宮崎正弘 v 渡邊哲也『激動する世界経済!』(ワック、994円) 
    ♪♪
宮崎正弘 v 石平、福島香織『日本は再びアジアの盟主となる』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 石平、福島香織『中国バブル崩壊の全内幕』(宝島社、1296円)
宮崎正弘 v 田村秀男、渡邊哲也『中国経済はどこまで死んだか』(産経新聞出版) 
       ◎◎▽□◇◎◎▽□◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)6月14日から18日まで海外取材旅行のため休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2018 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/06/08

    AI兵器開発、ドローン攻撃機、ステルス戦闘機の開発競争で衝撃 「中国はアメリカに追いつき、追い越しつつある」(ペンタゴン報告)←朝鮮の兵器はお笑い兵器ですが、中国の武器開発の裏には、米国からパクリがあるんで、超警戒ですね!

  • 名無しさん2018/06/08

    日本マスコミが一切報道しないシナのAI兵器、実に恐るべしです。

  • 名無しさん2018/06/08

    天安門大虐殺29周年。

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12381453753.html

    逮捕された共産党議員の『輝かしいエリート経歴』が暴露された模様。純粋培養の共産党一家だった

    http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511322.html

    蓮舫議員の黒歴史を『経済学者が辛辣に糾弾する』凄絶な光景が爆誕。あの時代のことを忘れるな

    http://newsweb.blog.jp/archives/26748299.html

    イルミナティーは黒人至上主義? 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72408347.html

  • 名無しさん2018/06/08

     「ドルシステム」がいかに、アメリカ国民の利益と相反するものであるか。



     米ドル紙幣を見ると、それらには「紙幣」を意味する「BILL」と言う文字はなく、「証書」を意味する「NOTE」と言う文字が書かれている。



     ではFRBは何を印刷しているのか? 一言でいえば、米国債と言う借金に対する「借用証書」である。いわゆる借金札と同じ種類である。



     つまり、1ドル札を持つことで、1ドル分の価値があるものを手に入れたわけではなく、あくまでもFRBに「1ドル貸した」だけなのだ。つまりドルとは、米国債と言う「借金札」と引き換えできる「借金札」なのだ。



     借金札(ドル)をその価値分のものと交換しようとしても、渡されるのは別の借金札(国債)で、今度はその借金札(国債)を持っていくと、渡されるのは別の借金札(ドル)である。まるで童謡の、白ヤギと黒ヤギの手紙のやり取りの様なことが起こってしまう代物なのだ。



     ここで「ドルが金本位制であった時代には、ドルを銀行に持っていけば、金と交換してくれたのではないか?」と言う疑問が生じる。



     金本位制とは金を担保に紙幣の価値を裏付けする制度である。例えば1ドル紙幣に対しては1ドル分の金と交換せねばならない。しかし、ニクソンショックでドル金本位制が崩れる1970年代まで、アメリカ国民は個人で金を所有することを法律で禁じられていたのである。これも、アメリカ政府が意図的に仕組んだことである。



     「ドルシステム」の要となる部分だが、ドルが刷られるたびに、アメリカ政府からFRB、そしてFRBからその株主へとカネが流れるシステムになっているのだ。



     通貨発行権を持たない政府はドルを刷ることができない。そこで政府は財務に必要な金額に合わせて米国債を発行する。そしてFRBがその国債と引き換えにドルを発行する。つまり、政府はFRBに借金をしてドルを得るのだ。当然、米国債の金利分の返済が政府に発生する。短期ー長期で1ー3%の金利だが、米国債の債務残高から計算すると、その返済額は毎年約4000億ドルに及ぶ。これだけの金利が、刷ったドルと同じ分の米国債を所有しているFRBの株主の懐に入るのである。そして、この政府の借金を背負うのは当然、アメリカ国民である。ドルが刷られるだけで、毎年4000億ドルも搾取される。その後、ドルが世界の基軸通貨となるに及び、世界でドルが必要とされればされるほど、アメリカの借金が増えて国民が貧しくなっていくパラドックスが続く。



     ドルシステムの悪質なところは、国民に直接借金をさせるわけではない点である。国家に借金をさせて、結果的に税金などの形で国民の財布から抜き取るのである。段階を経ている分、その悪辣さがカモフラージュされている。奴隷には搾取されていることすら気づかせない。洗練された近代の「階級的奴隷システム」マネーカーストなのである。



     そして当然だが、米国債を担保としているドルは、毎年、金利の返済分だけ目減りして、価値が下がる一方である。